ハニーレモンチキン

hone3


好物の「ハニーマスタードチキン」を少しアレンジして、春の新じゃがと
合わせてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1枚
塩・黒胡椒・・・少々
レモン汁・・・1/2個分
小麦粉・・・適量

じゃがいも・・・2個
塩・胡椒・・・少々
パンチェッタ・・・適量
ニンニク・・・少々
パセリ・・・適量

ハニーマスタードソース
はちみつ・・・大さじ2
粒マスタード・・・小さじ1
バルサミコソース・・・小さじ1


【作り方】
1.鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、塩・黒胡椒・
レモン汁を掛けて下味を付ける。
2.じゃがいもの皮を剥き、下茹でする。
フライパンにオリーブ油を熱し、パンチェッタ、ニンニク、
茹でじゃがいもを炒める。
ハニーマスタードソースを混ぜ合わせておく。
3.鶏肉に小麦粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きする。
ハニーマスタードソースをからめ、じゃがいもと合わせる。
器に盛り付け、刻んだパセリを散らす。

     hone2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うん、これは想定した通リのおいしさ。
甘酸っぱくて、塩分の加減も良い。

ナイフとフォークで優雅にいただく。
赤ワインが欲しかったが、(禁酒中なので)
ノンアル・ビールで我慢した。

ミニトマトの赤ブルスケッタ & パンチェッタの白ブルスケッタ

bur1

bur2


ミニトマトがたくさん残っているので、ブルスケッタを思いついた。
トマトがやや酸っぱいので”はちみつ”を加える。
パンチェッタと新玉ねぎのコンビも作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

赤ブルスケッタ
ミニトマト・・・6個
塩・胡椒・・・少々
ドライバジル・・・少々
はちみつ・・・小さじ1
オリーブ油・・・大さじ2
パセリ・・・適量

白ブルスケッタ
新玉ねぎ・・・1/4個
塩・胡椒・・・少々
パンチェッタ・・・適量
オリーブ油・・・適量

バゲット・・・1/2本
ニンニク・・・1片


【作り方】
1.ミニトマトを細かくカットする。
ボウルにトマトを入れ、調味料と刻んだパセリを加
えて和える。
2.玉ねぎをみじん切りし、塩もみする。
パンチェッタを刻んだものと混ぜ、オリーブ油をまぶ
す。
3.バゲットを3~4センチ厚さにカットし、オーブント
ースターで焼く。
カリッとなれば生ニンニクをこすりつけてから、先の
ミニトマトマリネ、パンチェッタマリネを乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

久しぶりに作ったブルスケッタは、前菜としてはなかなか
リッチでおしゃれだ。
先日、神戸で買ったカッティングボードに載せてみた。

トマトも良かったが、パンチェッタと甘い玉ねぎのコンビ
が素晴らしく良くて、好評だった。


大阪風トルコライス ~リッチなB級グルメ

toruko2


スーパー「パントリー」で、お気に入りのチキンカツを買って帰る。
チキンライスの上に乗せて、トルコライス風にしてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

市販チキンカツ・・・1枚
卵・・・2個

チキンライス
ご飯・・・1人前
鶏肉・・・適量
玉ねぎ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
ケチャップ・・・適量

特製デミソース
市販デミグラスソース・・・1/2C
ケチャップ・・・大さじ1
ココナッツミルク・・・大さじ1


【作り方】
1.<チキンライス>を作る。
フライパンにバターを熱し、鶏肉と玉ねぎを炒め、
ご飯を投入。塩・胡椒・ケチャップで味をつける。
皿にこんもりと盛り付ける。
小鍋に特製デミソースを温めておく。
2.小フライパンに油を熱し、割りほぐした卵(塩
を少し入れた)を流し入れ、混ぜる。
半熟状態になればカットしたチキンカツを配置し、
ライスに乗せる。
上から特製デミソースをたっぷりと掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

チキンライスが旨い、そしてカツと玉子にたっぷりかかった
デミソースが旨くて、ベストなマッチング。
ああっ、リッチなランチだなあ

ある人は「ハントンライスでは?」と言うかもしれないが、
私にとっては「これはトルコライスだ」。


オーブンで焼いた春キャベツのお好み焼き

harukya2

harukya1


キャベツを使ったお好み焼きを作ろうと思うが、生地を少なくして
オーブントースターで焼いてみる?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ソーセージ・・・2本
キャベツ・・・大2枚
新玉ねぎ・・・1/4個
人参・・・適量
お好み焼き粉・・・50ccほど
牛乳・・・大さじ2ほど
鶏ガラスープの素・・・少々
塩・胡椒・・・少々
卵・・・1個
マヨネーズ・・・適量

昆布ポン酢・・・適量
青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.野菜を細くカットし、生地と混ぜ合わせる。
内側に油を塗った耐熱容器に入れて、上にソーセー
ジを乗せ、(念のため)レンジで1分間チンした。
これをオーブントースターで10分間ほど焼く。
2.焼きあがれば、マヨを掛け、ポン酢につけていた
だく。

          harukya4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

云わば、お好み焼き風のキッシュ(?)だ。
キャベツと玉ねぎがシャキシャキして、味は良いが
何かが足りない。完成度が低い。

いつもオイリーなお好み焼きを食べているので、
あっさりし過ぎている。


豆ごはんと焼き塩鮭

mamego1

mamego2


春になれば、うすいえんどうの「ごはん」を食べたくなる。
デパートで買い求めた塩鮭も焼いてみる。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

うすいえんどう・・・1袋(さや付き300g)
(和歌山県産)
米・・・3合
水・・・所定の量
塩・・・小さじ1.5
酒・・・大さじ2
出汁昆布・・・適量


【作り方】
1.をさやから出して、水洗いする。
炊飯器に研いだ米、調味料を入れ、所定量の水を
入れ、昆布とを乗せて普通に炊く。
(今回は試しに”のさや”も適量加えてみた)
炊き上がれば、昆布とさやを取り出して混ぜる。

     mamego3


※塩鮭を魚焼きグリルでしっかりと焼いて、合わせる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

今回の「ごはん」は、香り・甘さ・塩加減がすごく良い
ご飯だけで何杯でも食べられそうだ。
でっかい塩鮭はやや薄塩だったので醤油をかけたが、
脂がよく乗っていた。

結局、息子と私は茶碗に3杯お代わりした。大満足。


濃縮ペーストルウで作るポークカレー

kiwad1


   (コーンたっぷりのコールスローサラダ)     kiwad2



最近、スパイスを多用した本場っぽい(?)カレーばかり作って
迷走気味なので、たまにはごく普通の家庭カレーを作ろう。
次世代カレーを謳う新商品”濃縮ペーストルウのカレー”を試してみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚こま肉・・・200g
新玉ねぎ・・・小1個
新じゃがいも・・・2個
人参・・・1/2本
グリーンアスパラ・・・3本
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々

カレーペーストルウ・・・1袋
(ハウス:きわだちカレー中辛
水・・・500cc
ローリエ・・・1枚
牛乳・・・適量
          kiwac1


【作り方】
1.肉と野菜を一口大にカットする。
グリーンアスパラを塩茹でして用意する。
ホーロー鍋に油を熱し、ニンニク・生姜と肉・野菜を
炒めてから水とローリエを加えて15分間ほど煮る。

   kiwad4

袋入りのカレールウを入れて、しばらく煮込む。
味を見て、牛乳を足した。
皿に盛り付け、茹でアスパラを乗せる。

   kiwad5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ルウタイプのカレーライスは久しぶりだが、普通にウマイ。
<中辛>なのに、意外にスパイシーでHOTだ。
ボイルしたアスパラも良かった。
でも、カレー粉とスパイスを使う方が、作るのも楽しい。

コーンをたっぷりと混ぜたコールスローサラダが好評だった。
(キャベツ・レタス・人参・新玉ねぎ・コーン缶・ミニトマト等)

     kiwad6


ヤリイカの塩焼き

ikayaki


青森県産のきれいなヤリイカを見つけた。
シンプルな塩焼きにして、いただこう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ヤリイカ・・・中2杯
酒・・・適量
塩・・・少々
レモン・・・適量

マヨネーズ・・・大さじ1
醤油・・・少々
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.ヤリイカを下処理し、酒をからめ少量の塩を振る。
魚焼き用網で炙り、適当な大きさに切り分ける。
マヨ醤油をつけながらいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ガスコンロで網焼きしたのだが、火力が出ずに苦戦した。
結果として”半生焼き”になってしまったが、味の方は
すこぶる旨い。
香ばしい香りがついているので、良かった。
妻も喜んでくれた。


きょうのランチは「鴨だしそば」

kamo1


インスタントの袋麺を使って、温かい蕎麦を作ろう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

インスタント麺・・・1袋
 (日清:どん兵衛鴨だし
豚こま肉・・・適量
赤玉ねぎ・・・適量
オクラ・・・1本
青ネギ・・・適量
黒七味・・・少々

          kamo


【作り方】
1.鍋に所定の量の湯を沸かし、豚肉・玉ねぎ・オクラ
を入れ、乾麺も入れる。
3分間茹で、(すでに添付つゆを入れた)丼に空ける。
刻みネギと黒七味を掛けていただく。

     kamo2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

う~む、ごく普通だ。
そばつゆは美味いのだが、麺が食べにくい。
最近、乾麺が苦手になりつつある。


サラダチキンの香味だれ ~熱い油をジュッと掛ける

komidare1


またしてもコンビニの優れもの「サラダチキン」を使って、中華に挑戦。
ユーリンチーに使う香味だれを掛けてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

サラダチキン・・・1/2個
レタス・ベビーリーフ・ミニトマト・・・適量
パクチー・・・1把
くるみ・・・適量

香味ダレ
長ネギ・・・1/4本
生姜・・・1片
ごま油・・・大さじ1.5ほど
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
一味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.チキンと野菜類をカットして準備する。
金属ボウルにみじん切りした長ネギと生姜を入れる。
小フライパンにごま油を熱し、熱々になればネギ・生
姜の上にジュッと掛ける

そこへ醤油などの調味料を加えてよく混ぜる。
2.皿にチキンと野菜を並べ、香味ダレをたっぷりと
かける。上にパクチーとくるみをトッピングした。

     komidare2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

香味ダレの香りがよくて、食欲を刺激する。
チキンもうまいし、野菜もうまい。
パクチーとくるみも効いている。
妻も絶賛。大成功!


牛カルビと豚肉オクラ巻きの焼肉


yaki1

   yaki2

yaki3

yaki4


久しぶりにファミリー焼肉パーティーをしたいが、今回はシンプルな
ものにする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉(焼肉用)・・・300g
もみダレ
市販ステーキソース・・・適量
アップルジュース・・・適量

オクラ・・・10本
豚バラ薄切り・・・10枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
黒胡椒・・・少々

パプリカ、しいたけ・・・適量

つけダレ
市販焼肉のたれ・・・適量
サムジャン・・・適量

ポン酢・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉には直前に<もみダレ>を掛けて、絡める。
豚肉に塩こうじを塗り、生オクラに巻き付け、ギュッ
と握り、黒胡椒を振る。
野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
2.卓上鉄板を熱し、各人肉と野菜を焼き、好みの
タレにつけていただく。

     yaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タレをつけてから焼いた牛肉。味は良いが焦げやすい
ので、せわしない。
豚肉で巻いた生オクラは、ややレアっぽい状態で
食べたので、マイナス5点。

漬物が美味しかったので、ご飯を山盛り2杯食べた。


«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

タラ ちくわ チーズ  豆腐 じゃがいも アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ 厚揚げ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 生ハム トマト キャベツ  アスパラガス 香菜 オクラ 牛肉 しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば ニラ 焼豚 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター