タコとセロリのマリネ

takoseri1


魚屋で明石産の新鮮な「茹でダコ」を見つけた。
半分は刺身でいただき、もう半分はマリネにして食べよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

茹でダコ(刺身用)・・・適量
セロリ・・・1本
玉ねぎ・・・1/4個
オリーブ油・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1
ワインビネガー・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
※めかぶパックの残りダシ・・・大さじ1
ドライバジル・・・少々
オリーブ実・・・適量
レモン・・・適量


【作り方】
1.タコを食べやすい大きさに削ぎ切りする。
セロリの筋を取り、タコと同じ大きさにカット。
玉ねぎをスライスし、塩もみして水で洗う。
セロリも軽く塩もみした。
2.ボウルにマリネ液を作り、玉ねぎ、タコ
セロリを浸けて、1時間ほど冷蔵庫に置く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タコがプリプリ、セロリがシャキシャキ、うまいぞ!
絶品だ。
ずっと、タコとセロリを食べたかったこともあるが、
こんなに美味いとは、驚きだ。
思い付きで「めかぶとろろの残り汁」を入れたのも
効いたようだ。
白ワインを出して、リッチな前菜を愉しんだ。


椎茸のバター醤油焼き

siitake1


近くのスーパーで「生椎茸」が安かったので、思わずゲット。
さて、どう使おうかな?

【材料】    ※レシピは2人分です。 

椎茸・・・6枚
バター・・・適量
醤油・・・少々
レモン・・・適量


【作り方】
1.椎茸の石づきを外し、傘の内側にバター
を乗せ、オーブントースターで7~8分間焼く。
2.イイ香りがしてきたら醤油を垂らして皿に
盛る。
レモンを絞っていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、平凡で予想した通りの味だ。
工夫がなさすぎる。
やはり「塩+すだち」がベストかな?


あんかけ焼きそば

anyaki1


大好物なのに滅多に作らない「あんかけ焼きそば」を作ろう。
蒸し麺を使い、カリッとなるまで焼く。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

蒸し麺・・・2玉
豚肉・・・50g
カニカマ・・・適量
玉ねぎ、人参、ぶなしめじ・・・適量
小松菜・・・2把
干し椎茸・・・1枚
うずら卵(水煮)・・・4個
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片

チキンスープ・・・1.5C
醤油・・・大さじ1.5
酒・・・大さじ1.5
オイスターソース・・・大さじ1
塩・胡椒・砂糖・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量


【作り方】
1.干し椎茸を水に浸けて半日置く。
肉、野菜、カニカマ等を切り分ける。
フライパンにほぐした麺を入れて、中火でじっくり
と焦げ目が付くまで焼く。皿に盛る。
2.鍋にチキンスープを作り、味を付ける。
フライパンに油を熱し、刻んだニンニク、生姜、豚
肉、野菜を入れて炒める。
最後に小松菜、うずら卵、カニカマを加え、スープ
を注ぐ。
しばらく煮てから、片栗粉でとろみを付ける。
麺の上に餡を掛ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

やはり中華料理はムズカシイ。
今回は、醤油辛くなってしまった。
テレビで見たレシピを参考にしたら、色も味も
濃くなった。

本当は、”銀あん”が好きなんだけどなあ・・・。


生ハムとルッコラのピザ

piza1

   piza2

     「ベーコンときのこのピザ」
piza3

   piza4


久しぶりに冷凍ピザを焼いてみよう。
1枚は「生ハムとルッコラのピザ」、もう1枚は「ベーコンときのこの
ピザ」にする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

市販冷凍ピザ・・・2枚

ハムとルッコラのピザ
ハム、ルッコラ・・・適量
トマト、スライスチーズ・・・適量
オリーブ油、黒胡椒・・・少々

ベーコンときのこのピザ
ベーコン、ぶなしめじ、玉ねぎ、パプリカ・・・適量
トマト、スライスチーズ、黒オリーブ・・・適量


【作り方】
1.食材を適当なサイズにカットする。
フライパンを熱し、ベーコン・玉ねぎ・しめじ・パプリカ
を炒め、塩・胡椒を振る。
2.ピザ2枚にトッピングし、オーブントースターで焼く。
ルッコラは焼いた後トッピングし、オリーブ油を掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初は「生ハムとルッコラ」。
ベースはマルゲリータだったので、味が重厚になって
かなりイケてる。うまい。

次は「ベーコンときのこ」。
ベーコンの風味としめじの食感が合っていて、こっちの
方が気に入った。大成功。

 ※茹で卵とレタスのシンプルなサラダも好評だった。
   piza5


スコップコロッケを作ってみよう

coro1

  coro2


じゃがいもが残っているので、以前流行った「揚げないコロッケ」
を作ってみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

じゃがいも・・・2個
合いびき肉・・・50g
玉ねぎ、人参・・・適量
牛乳・・・100cc
スライスチーズ・・・適量
塩・胡椒・砂糖・・・少々
ナツメグ、パプリカP・・・少々

パン粉・・・適量
オリーブ油・・・適量
ドライバジル・・・少々
粉チーズ・・・少々


【作り方】
1.最初に<焼きパン粉>を作る。
フライパンにオリーブ油を熱し、パン粉をじっくりと
きつね色になるまで炒めて取り出す。
2.じゃがいもの皮を剥いて賽の目にカットし、ラッ
プをして5分間ほどレンチンする。
これを潰し、牛乳、調味料を加えてマッシュポテト
にする。刻んだチーズも足す。
みじん切り玉ねぎ、人参と合いびき肉を炒めて、
加える。塩・胡椒・砂糖で味を調える。

     coro3

3.耐熱皿にポテトを敷き詰め、<焼きパン粉
を被せてからオーブントースターで10分間ほど加
熱する。ドライバジルと粉チーズを振る。
大きなスプーンで各人が取り分ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った以上によく出来た。ウマイ!
じゃがいもベースがしっとりして風味もよく、
上に掛かった<焼きパン粉>がカリカリ食感だ

ただ、スプーンで掬って食べる形式にやや違和感を
感じた。
肉料理の付け合わせに添えて、オーロラソースでも
掛ければよいのでは・・。


肉盛り冷やしぶっかけうどん

nikumori1


まだ暑いので、冷やしぶっかけうどんでも作ってみよう。
豚しゃぶ肉があるので、たっぷりと乗せる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

豚しゃぶ肉・・・100g
めんつゆ・・・適量
冷凍細うどん・・・1玉
市販そばつゆ(ヤマモリ)・・・適量
おろし生姜・・・1片分
刻み海苔・・・適量
刻みネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.最初に豚肉を甘辛く煮る。
鍋に湯を1カップほど沸かし、豚肉をしゃぶしゃぶして
から湯を捨て、麺つゆ+水+酒を足してしばらく煮る。
そのまま出汁に浸けておく。
2.冷凍麺を2分半ほどレンチンしてから冷水で洗い、
よく水分を切って器に盛る。
そばつゆを掛け、麺の上に豚肉・生姜・海苔・ネギを
載せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは美味いぞ。
温かい肉と冷たい麺が抜群に美味い。
この夏に何度も食べた筈なのに、感動してしまった。

シンプルなトッピングにしたのが良かった。
いやあ、うまかった。


秋刀魚のかば焼き

sanma-k1


ことしの秋刀魚はどうかな? 小ぶりだと聞くが、試しに買ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

サンマ(北海道産)・・・2尾
塩・・・少々
小麦粉・・・適量

醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ0.5

椎茸・・・6枚
ミニトマト・・・適量
すだち・・・1個
粉山椒・・・少々


【作り方】
1.サンマを三枚に下ろして軽く塩を振り、
しばらく置く。
水気を拭き、全体に小麦粉をまぶす。
甘辛たれを合わせておく。
2.フライパンに油を熱し、サンマを焼く。
油をふき取ってから、たれを注ぎ入れて絡
める。
皿に盛りつけ、焼き椎茸その他を添えた。

     sanma-k2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

秋刀魚は大きなものを入手したが、まだ高価だ。
三枚におろすと身が少なくて貧相な皿になった。

味の方がなかなか良かったが、次回は王道の
塩焼きで食べよう。


焼肉寿司 ~焼肉と寿司のコラボレーション

nikussusi1

   (白しゃり玉に豚焼肉を乗せた)
nikususi2

   (黒しゃり玉と牛焼肉をサニーレタスに巻く)

nikususi3

nikususi4


寿司はもっと自由であって良いと思う。トマトやアボカドを使っても、
漬物を使っても良い。焼肉だってすし飯に合うだろう
焼肉を予め焼き、野菜やしゃり玉に各人が乗せて自由に楽しむ
方式にした。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛バラ肉(焼肉用)・・・150g
豚ロース薄切り肉・・・100g
焼肉のたれ(日本食研:宮殿)・・・適量
めんつゆ・・・適量

寿司めし
ご飯・・・1合分
すし酢、すしのこ・・・適量
バルサミコ酢・・・少々
黒胡麻・・・少々
すだち果汁・・・少々

卵・・・1個
サニーレタス、大葉、胡瓜、人参・・・適量
甘長唐辛子、パプリカ・・・適量
韓国海苔・・・1袋
ホースラディッシュ、サムジャン・・・適量


【作り方】
1.牛肉と甘長・パプリカをスキレットで焼き、市販焼肉
のタレを絡ませる。
豚肉を一度下茹でし、めんつゆ+水で煮てから冷まし、
焼肉タレを付けてフライパンで焼いた。
2.すしのこ大さじ1を混ぜたすし飯を作り、半分には
すし酢とすだち果汁を加え(白しゃり玉用)、残り半分
にはバルサミコ酢と黒胡麻を加えた(黒しゃり玉用)。
このすし飯を「にぎり寿司押し型」で”しゃり玉”にする
玉子焼きを焼いて、細長く切る。
野菜を適当に切り分けて、皿に盛る。
3.白しゃり玉の上に豚焼肉を乗せ、ホースラディッシ
ュを塗る。黒しゃり玉はそのまま盛る。
レタスに海苔や大葉を乗せ、更にしゃり玉と焼肉を置
いて丸めていただく。

       nikususi5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初に「豚焼肉すし」のレタス巻きを食べる。
豚肉の味付けが良く、野菜と西洋わさびが混然一体と
なって、すばらしい。
次にレタスの上に黒しゃり玉と牛焼肉その他を載せて
クルリンと巻いてパクリ。
こっちも濃厚な焼肉とさっぱりした酢めしがよく合って、
抜群のおいしさだ

やや食べにくさはあったものの、味は最高の手巻き寿
司パーティーになった。


カラフルサンドイッチを作ってみよう

sand11


最近、TVで見かけるカラフルでボリューミーなサンドイッチを
作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

食パン(6枚切りパンドミ)・・・4枚
バター、練り辛子・・・適量
レタス、人参胡瓜、パプリカ・・・適量
キャロットラペ用スパイス・・・少々
ロースハム・・・2枚
卵・・・1個
スライスチーズ・・・1枚
マヨネーズ・・・適量
粒マヨネーズ・・・少々
黒胡椒、ドライバジル・・・少々


【作り方】
1.胡瓜人参、パプリカを千切りし、人参
キャロットラペ用スパイスを振ってしばらく置く。
薄焼き玉子を焼く。塩・砂糖を入れた。
食パンを軽くトーストし、辛子バターを塗る。
レタス、千切りした野菜とハム・玉子焼きなど
を挟み、ラップで強く包む。
2.なじませるために5分間ほど寝かせ、半分
にカットして盛り付ける。

     sand12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは食べ易くて、思ったより美味しい。
野菜感が強い上に、ハム・卵・チーズなどの
たんぱく質がアクセントになる。

マスタードマヨソースを付けすぎないように
したので爽やかサンドになった。
パン屋で仕入れたパンドミもGOOD!


スキレット de 豚もやし

butamo1


豚肉とニラがあるので、簡単な「豚もやし蒸し」を考えた。
酒のアテに良いだろう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

豚しゃぶ肉・・・適量
もやし・・・1/2袋
キャベツ、玉ねぎ・・・適量
ニラ・・・1/2束
塩・胡椒・・・少々
酒・・・適量
すだち・・・適量

ポン酢・・・適量
サムジャン・・・適量


【作り方】
1.キャベツと玉ねぎを千切りし、もやし
混ぜておく。
ニラを5センチ長さにカットする。
2.スキレットを熱し、油を引いてもやし
を置く。軽く塩・胡椒を振る。
ニラと豚肉を上に被せ、酒を加えてから
蓋をしてしばらく蒸す。
ポン酢、サムジャンにつけていただく。

     butamo2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

当たり前に美味い。
蒸し野菜と肉をポン酢に浸けたら、それはもう
グッドです。
今回は、サムジャンの辛さが特に良かった。


«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

ローストビーフ トマト 人参 ブロッコリー 合いびき肉  椎茸 豚肉 牛肉 まぐろ  タコ 小松菜 ハム じゃがいも サンマ 胡瓜 もやし 鶏肉 ナス イカ ニラ 長芋 豚ひき肉 アスパラ 海老 とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き かぼちゃ パプリカ  ちりめんじゃこ イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ほうれんそう ベーコン わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  大根 いか スナップエンドウ 白菜 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター