たらことグリーンアスパラのスパゲティ

tarako1


久しぶりに「たらこのパスタ」を作ってみたい。
グリーンアスパラも加えてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

スパゲティ(1.6mm)・・・2人前
たらこ・・・1本
グリーンアスパラ・・・4本
ぶなしめじ・・・適量
大葉・・・3枚
刻み海苔・・・適量

バター・・・大さじ1
牛乳・・・100cc
マヨネーズ・・・大さじ1
醤油・・・少々


【作り方】
1.スパゲティを塩茹でする。
指定時間の1分前にアスパラを入れて茹でる。
2.フライパンにバターを入れて火を点け、溶ければ
しめじを炒め、牛乳・マヨネーズ・醤油を入れる。
茹であがったパスタとアスパラを加えて絡め、火から
下ろす。
(皮から出した)たらこを入れて混ぜる。
味を見て、塩・胡椒を少し足す。
皿に盛り、刻み海苔と刻んだ大葉を乗せる。

     tarako3

【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは抜群に良くできた。
パスタの柔らかさ、たらこソースの風味・塩味などが完璧だ。
アスパラ・しめじがアクセントになり、海苔と大葉の香りも
爽やか。
妻も「おいしいね」と、喜んでくれた。


※残った「たらこ」を使い、「おつまみ竹輪のたらこマヨソース
を作った。
竹輪に茹でたグリーンアスパラを射込み、ソース(たらこ+
マヨ+牛乳)につけながらいただく。
思った以上の出来栄えだった。

     tarachiku2


ひき肉のオムレツ ~ホワイトソースとトマトソース

om-w1

   om-w3


ホワイトソースが残っているので、オムレツを焼いて掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
ナツメグ・・・少々

・・・5個
牛乳・塩・砂糖・・・少々

ホワイトソース缶・・・1/2缶
牛乳・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
ローリエP・・・少々
パプリカP・・・少々
瓶入りトマトソース・・・適量


【作り方】
1.フライパンに油とバターを熱し、みじん切りした玉ねぎ・
人参・ひき肉その他を炒め、塩・胡椒・ナツメグを振る。
鍋にバターを熱し、しめじを炒めてから牛乳とホワイトソー
スを加えてなめらかなソースにする。
液を作っておく。
2.小さなフライパンにバターを熱し、液を3分の1注ぎ入
れ、上に肉ダネを置き、クルッと巻く。
皿に盛り、ホワイトソースを掛ける。
トマトソースを横に掛けて、2色にした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡ではあるが、ごはんのおかずになる。
昔はとんかつソースだけを掛けて食べていたが、
もうそれでは満足できない。

トマトソースがアクセントになった。
白と赤を混ぜると、良い風味になった。


カリッとふわっと、焼き厚揚げ

yakiatsu1


外はカリッとして、中はふっくら。たっぷりのおろし生姜とかつおぶし。
安くてうまい庶民の味方料理だ。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

厚揚げ・・・2個
おろし生姜・・・適量
刻みネギ・・・適量
かつおぶし・・・適量
醤油・・・適量


【作り方】
1.フライパンを熱し、厚揚げを弱めの火でじっくりと両面
焼く。
焦げ目がつけば、皿に取り、薬味をのせて醤油を掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

狙い通り、外はパリッとして中はふっくらだ。
生姜・かつおぶし・青ネギというシンプルなトッピングが
最高に良い。
ご飯のおかずにもなった。


ポークとパプリカのドレッシング焼き

butadore1


衝動買いしたリケンのノンオイルドレッシング「うま塩」を使う料理を
考えた。
加えて、定番の「青じそ」ドレッシングも一緒に使う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚肉しょうが焼き用・・・250g
新玉ねぎ・・・1/2個
黄パプリカ・・・1/2個
塩・胡椒・・・少々
ドレッシング「くせになるうま塩」・・・大さじ3ほど
ドレッシング「青じそ」・・・大さじ2ほど

キャベツ・レタス・ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.玉ねぎとパプリカを細くカットする。
豚肉を食べやすい大きさに切り分け、ビニール袋に
入れる。玉ねぎと「うま塩」ドレを加えて、冷蔵庫に
半日置く。
2.フライパンに油を熱し、豚肉+玉ねぎ+パプリカ
を焼き、しんなりしてきたら「青じそ」ドレを加えて絡
める。
3.器に千切りしたキャベツ等を敷き、肉野菜炒めを
乗せ、黒胡椒を振る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーん、良いアイデアだと思ったのだが、酸味が強すぎて
食べにくい。
やはり<醤油味>じゃないと、こんなにも違和感があるのか?
ザンネン。

くるくる鶏チャーシュー ~ホースラディッシュを添えて

toricha1


急に思い立って鶏チャーシューを作ってみた。
鶏の照り焼き風味を、ときどき食べたくなる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・大1枚
塩・・・少々

照り焼きだれ
醤油・・・大さじ3
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
おろしニンニク・・・1片分
おろし生姜・・・1片分

ホースラディッシュ・・・適量


【作り方】
1.鶏肉を広げ、厚さを均一にする。
軽く塩を振り、皮を外側にしてクルッと巻き、タコ糸でしばる。
2.これを一度茹でてから焼く
鍋に湯を沸かし、ネギの青い部分と生姜片を入れ、鶏肉
10分間ほど茹でる。そのまま粗熱を取る。
フライパンに油を熱し、表面を焼いて焼き目を付ける。

     toricha2

3.脂をふき取り、照り焼きだれを沸かし、鶏肉を転がしな
がらからめる。

     toricha3

粗熱が取れてからタコ糸をはずし、1センチ厚さに切る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは文句なしに旨い。
肉はやわらかく、味も濃すぎない、薄すぎない。
確か前回は、焼いてから茹でたが、今回は茹でてから
焼いた。こちらの方が出来は良かった?

ホースラディッシュを付けると抜群のご飯のおかずに
なった。
小松菜とキヌサヤの塩茹でも良く、妻も喜んでくれた。


手巻きパラタ・ロール

parata101

     parata100


業務スーパーで、お気に入りの「パラタ」(薄いナンのようなもの)を購入。
今回は、サラダチキンや海老、野菜などをパラタに巻いてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

冷凍パラタ(プレーン)・・・2枚

A)チキンのコールスロー
サラダチキン・・・1/2個
レタス・新玉ねぎ・人参・・・適量
マヨネーズ+酢・塩・胡椒・砂糖+ホースラディッシュ・・・適量

B)海老のチリソース
むきえび・・・4尾
レタス・新玉ねぎ・人参・大葉・・・適量
ケチャップ+スイートチリソース・・・適量

           pararata


【作り方】
1.冷凍パラタを熱したフライパンで両面を焼き、取り出す。
4等分にカットした。
チキン・野菜類を細く切り分け、海老はボイルして塩・胡椒
を振る。ケチャップチリソースを少し絡める。
2.パラタに具材とソースを載せ、巻きながらいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

当初、ブリトーのようなパラタ・ロールを巻いてみようと
思ったが、シンプルな手巻き方式に変えた。
やや食べにくいが、味はなかなかのものだ。
サラダチキンも、海老もウマイ。

楽しいランチになった。妻も喜んでくれた。


しっかりウマイ! 焼き肉ハヤシ

hayashi1


レトルトカレー(銀座カリー:辛口)に焼き肉をトッピングしたら、リッチな
美味しさだった。
今回は中辛のカレーに替えて、「焼き肉カレー」を再現してみようとしたら、
うっかり「ハヤシ」を買ってきた。(汗)


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトハヤシ・・・1箱
明治:銀座ハヤシ
ご飯・・・1人前
牛バラ薄切り肉・・・適量
新玉ねぎ・・・1/4個
塩・胡椒・・・少々
焼き肉のたれ・・・適量
黒胡椒・・・少々

          hayashi


【作り方】
1.レトルトの中袋を湯せんしている間に焼き肉を焼く。
フライパンに油を熱し、肉と玉ねぎを焼き、軽く塩・胡椒
をしてから焼肉のたれをからめる。
2.ご飯の上にルウを掛け、上に焼き肉をトッピングし、
ブラックペパーを振る。

     hayashi2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ああっ、ウマイ! 
たっぷりの肉がやわらかく、しっかりウマイ。
それにしても、ケチャップ感が強いカレーだと思って
パッケージを見ると、ガーーン、ハヤシだった。

それでも旨いです。


ナスとポテトのラザニア風

raza1


ナスとポテトを使って、”ラザニア風”グラタンを作ってみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ナス・・・1本
じゃがいも・・・1個
市販ミートソース・・・1/2瓶
市販ホワイトソース・・・1/2缶
牛乳・・・大さじ2
ドライバジル・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量
大葉・・・適量


【作り方】
1.ナスを縦に薄切りし、軽く塩を当てる。
じゃがいもを薄くスライスし、水にさらしてから、レンチンする。
フライパンにオリーブ油を熱し、(水気を拭いた)ナスを焼く。
2.耐熱皿にオリーブ油を塗り、ナス+ポテト>ホワイトソー
ス+牛乳>ミートソースの順に数回重ね、チーズを散らす。
3.オーブントースターで10分間焼き、刻んだ大葉を振る。

     raza2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、味が濃い。
市販のソース2種がハッキリとした味なので、ナスとポテト
だけでは負けている。
バゲットを焼いて、それに乗せながら食べた。

やはり、パスタかバターライスと合わせた方が良かった。

ごまだれ冷しゃぶサラダ

reishab1


豚の冷しゃぶに”ごまだれ”を掛け、炒り胡麻を散らす。
蒸し暑い日にピッタリのサラダ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚しゃぶ肉・・・150g
新玉ねぎ・・・1/2個
茗荷・・・1個
レタス・・・適量
貝割れ菜・・・適量
トマト・・・1/2個
昆布茶・・・小さじ0.5
キャロットラペ・・・適量

市販ごまだれ・・・大さじ3
青じそドレッシング・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
白いりごま・・・適量


【作り方】
1.野菜を適当な大きさにカットし、冷水にさらす。
鍋に湯を沸かし、昆布茶を入れる。
豚肉をしゃぶしゃぶし、粗熱を取った後、ボウル
に入れ、水気を拭いた玉ねぎと茗荷を加える。
市販青じそドレとオリーブ油を足して混ぜ合わせ、
マリネする。冷蔵庫で冷やしておく。
2.サラダボウルに野菜を敷き、豚しゃぶを乗せる。
キャロットラペがあったので、使ってみよう。
ごまだれを掛け、胡麻を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通り豚肉がウマイ。
薄くスライスした国産豚ロース肉の冷しゃぶは鉄板だ。

家族にも好評だった。


元気が出るビーフステーキ ~ガーリックバター醤油味

steak1

   (シニアには”ヒレ肉”を・・・)
steak2


息子に元気を出してもらうため、ビーフステーキを焼いた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

和牛ステーキ肉・・・3枚
塩・黒胡椒・・・少々
ニンニク・・・1片
新玉ねぎ・・・1/4個
酒・醤油・・・適量
バター・レモン汁・・・適量

冷凍フライドポテト・・・適量
レタス・ベビーリーフ・ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.牛肉の筋を切り、肉叩きで叩く。
焼く直前に塩・黒胡椒を振る。
フライパンに油を熱し、肉を焼く。横にスライスした
ニンニクと玉ねぎを加える。
肉の両面にこんがり焼き目がつけば、酒と醤油を
振り、バター・レモン汁で香りをつける。
2.皿に盛り付け、ナイフとフォークで切り分けなが
らいただく。

     steak3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプルな味付けにしたが、意外と良い。
息子には大きなロース肉を充て、そして我々シニアは
小さいが柔らかいヒレ肉にした。

息子は、「うまい!」と言ってバクバク食っている。
ヒレ肉も旨くて、満足した。


«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

合いびき肉 イカ ごぼう  豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 豚肉 鶏肉 海老 牛肉 ナス じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ まぐろ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター