ボンゴレ・カレー

bongo-c1


 TVで、アサリを使ったイタリア風のカレーを紹介していた。
なかなか、うまそうだ。
ちょっとアレンジして、自己流で作ってみることにしよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     アサリ           1パック(20粒ほど)
     ベビーホタテ        適量
     ベーコン           〃
     玉ねぎ           1/2個
     ぶなしめじ         適量
     トマト           1/2個
     カットトマト缶       1/2C
     グリーンアスパラ      1本
     ニンニク          1片
     アンチョビ         適量

     チキンスープ        1.5C
     酒             適量
     カレールウ         1~2かけ
     赤唐辛子          少々


【作り方】
   1.アサリをよく洗い、砂抜きしておく。
     ベーコンを一口大にカットし、玉ねぎを粗みじんに切る。
     ”ダイソー”で購入した「アンチョビ缶」を開けて準備する。

       bongo-c2


   2.フライパンにオリーブ油とみじん切りしたニンニク、ベー
     コン、アンチョビを入れて火を点ける。
     玉ねぎを炒めた後、アサリとホタテを入れて酒を注ぐ。
     アサリの口が開いたらフレッシュトマトとトマト缶を加え、
     様子を見ながらスープを足して、しばらく煮込む。

       bongo-c3


   3.最後にカレールウを溶かして、味見をする。
     皿にご飯、カレールウを盛りつけ、塩茹でしたグリーンア
     スパラと刻んだトマトを飾る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     結論から言えば、実にザンネンだ。
     途中まではアサリの風味とニンニク・アンチョビも効いて
     良い感じだったが、カレールウを多く入れてしまったようだ。
     かなり塩辛くなった。

     妻は「味はイイけど、辛いね」と・・。
     いつものようにカレー粉を使うべきだった。ザンネン。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://jimihen3.blog88.fc2.com/tb.php/1018-7385627f

«  | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

うなぎ蒲焼き 長芋 まぐろ 牛肉  鶏肉 とうもろこし 小松菜 かぼちゃ パプリカ イカ 胡瓜  ちりめんじゃこ ナス 豚肉 イチゴ ハモ 合いびき肉 ごぼう 豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ 海老 じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム 香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム  ハマチ ナッツ  塩さば 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 ズッキーニ イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター