ポークとパプリカのドレッシング焼き

butadore1


衝動買いしたリケンのノンオイルドレッシング「うま塩」を使う料理を
考えた。
加えて、定番の「青じそ」ドレッシングも一緒に使う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚肉しょうが焼き用・・・250g
新玉ねぎ・・・1/2個
黄パプリカ・・・1/2個
塩・胡椒・・・少々
ドレッシング「くせになるうま塩」・・・大さじ3ほど
ドレッシング「青じそ」・・・大さじ2ほど

キャベツ・レタス・ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.玉ねぎとパプリカを細くカットする。
豚肉を食べやすい大きさに切り分け、ビニール袋に
入れる。玉ねぎと「うま塩」ドレを加えて、冷蔵庫に
半日置く。
2.フライパンに油を熱し、豚肉+玉ねぎ+パプリカ
を焼き、しんなりしてきたら「青じそ」ドレを加えて絡
める。
3.器に千切りしたキャベツ等を敷き、肉野菜炒めを
乗せ、黒胡椒を振る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーん、良いアイデアだと思ったのだが、酸味が強すぎて
食べにくい。
やはり<醤油味>じゃないと、こんなにも違和感があるのか?
ザンネン。

スポンサーサイト

ごまだれ冷しゃぶサラダ

reishab1


豚の冷しゃぶに”ごまだれ”を掛け、炒り胡麻を散らす。
蒸し暑い日にピッタリのサラダ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚しゃぶ肉・・・150g
新玉ねぎ・・・1/2個
茗荷・・・1個
レタス・・・適量
貝割れ菜・・・適量
トマト・・・1/2個
昆布茶・・・小さじ0.5
キャロットラペ・・・適量

市販ごまだれ・・・大さじ3
青じそドレッシング・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
白いりごま・・・適量


【作り方】
1.野菜を適当な大きさにカットし、冷水にさらす。
鍋に湯を沸かし、昆布茶を入れる。
豚肉をしゃぶしゃぶし、粗熱を取った後、ボウル
に入れ、水気を拭いた玉ねぎと茗荷を加える。
市販青じそドレとオリーブ油を足して混ぜ合わせ、
マリネする。冷蔵庫で冷やしておく。
2.サラダボウルに野菜を敷き、豚しゃぶを乗せる。
キャロットラペがあったので、使ってみよう。
ごまだれを掛け、胡麻を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通り豚肉がウマイ。
薄くスライスした国産豚ロース肉の冷しゃぶは鉄板だ。

家族にも好評だった。


餃子の肉巻き ~ポン酢醤油掛け

gyo-maki1


肉巻き餃子”と云うと、餃子のたねを肉で巻くものが多いが、
私は市販の生餃子を豚肉で巻いてみた。
シンプルでいて、絶対に旨い(と思う)。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

餃子の王将」の生餃子・・・8個
豚バラ薄切り肉・・・8枚
昆布ポン酢・・・適量
一味唐辛子・・・少々

もやし・・・1/2袋
ニラ・・・1把
玉ねぎ・人参・・・適量
塩・胡椒・・・少々

     gyo-maki2


【作り方】
1.まな板に豚肉を縦に置き、生餃子をクルクルと巻く。

     gyo-maki3

フライパンに油を引き、肉巻き餃子を転がしながら焼き、
湯を1/2Cほど注ぎ入れて(蓋をして)蒸し焼きにする。

     gyo-maki4

2.別の小フライパンで<ニラもやし炒め>を炒め、皿
に盛る。
焼いた肉巻き餃子を乗せ、ポン酢を回し掛ける。
一味唐辛子を振る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

アレレ? 思ったほどではない・・・。
豚肉が厚かったので塩・胡椒を振るべきだったし、
餃子の皮が焼かれていないから、中途半端な蒸し
餃子風になった。

なかなか構想通りにはいかないものだ。

和風ポークソテー ~金山寺味噌バターソース

misopork1


TVで見かけたちょっとユニークなオリジナルレシピに惹かれた。
金山寺味噌バターソースって珍しい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ロース肉(とんかつ用)・・・3枚
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量

新玉ねぎ・・・1/2個
金山寺味噌・・・1/4Cほど
バター・・・大さじ1ほど
レモン汁・・・適量
大葉・・・3枚

<付け合わせ>
新じゃが・新玉ねぎ・春キャベツ・ほうれん草・・・適量
ミニトマト・・・6個
塩・胡椒・・・少々
青じそドレッシング・・・少々


【作り方】
1.とんかつ用の豚肉の筋を切り、肉叩きで叩く。
両面に塩・胡椒を振り、薄く粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、肉を焼く。
中まで火が通れば、取り出して1センチ幅に切る。

2.肉を取り出したフライパンの余分な油を除き、
玉ねぎと金山寺味噌・バターを炒める。
最後にレモン汁と刻んだ大葉を加える。
これをポークソテーの上に載せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

味噌バターソースはどうかなと思ったが、かなり良い。
甘酸っぱいソースが豚肉とよくマッチしている。
見かけは悪いが、味はグッド。

付け合わせは焼かずに(レンジで)蒸しただけ。
もう一工夫欲しかった?


濃縮ペーストルウで作るポークカレー

kiwad1


   (コーンたっぷりのコールスローサラダ)     kiwad2



最近、スパイスを多用した本場っぽい(?)カレーばかり作って
迷走気味なので、たまにはごく普通の家庭カレーを作ろう。
次世代カレーを謳う新商品”濃縮ペーストルウのカレー”を試してみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚こま肉・・・200g
新玉ねぎ・・・小1個
新じゃがいも・・・2個
人参・・・1/2本
グリーンアスパラ・・・3本
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々

カレーペーストルウ・・・1袋
(ハウス:きわだちカレー中辛
水・・・500cc
ローリエ・・・1枚
牛乳・・・適量
          kiwac1


【作り方】
1.肉と野菜を一口大にカットする。
グリーンアスパラを塩茹でして用意する。
ホーロー鍋に油を熱し、ニンニク・生姜と肉・野菜を
炒めてから水とローリエを加えて15分間ほど煮る。

   kiwad4

袋入りのカレールウを入れて、しばらく煮込む。
味を見て、牛乳を足した。
皿に盛り付け、茹でアスパラを乗せる。

   kiwad5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ルウタイプのカレーライスは久しぶりだが、普通にウマイ。
<中辛>なのに、意外にスパイシーでHOTだ。
ボイルしたアスパラも良かった。
でも、カレー粉とスパイスを使う方が、作るのも楽しい。

コーンをたっぷりと混ぜたコールスローサラダが好評だった。
(キャベツ・レタス・人参・新玉ねぎ・コーン缶・ミニトマト等)

     kiwad6


きょうのランチは「鴨だしそば」

kamo1


インスタントの袋麺を使って、温かい蕎麦を作ろう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

インスタント麺・・・1袋
 (日清:どん兵衛鴨だし
豚こま肉・・・適量
赤玉ねぎ・・・適量
オクラ・・・1本
青ネギ・・・適量
黒七味・・・少々

          kamo


【作り方】
1.鍋に所定の量の湯を沸かし、豚肉・玉ねぎ・オクラ
を入れ、乾麺も入れる。
3分間茹で、(すでに添付つゆを入れた)丼に空ける。
刻みネギと黒七味を掛けていただく。

     kamo2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

う~む、ごく普通だ。
そばつゆは美味いのだが、麺が食べにくい。
最近、乾麺が苦手になりつつある。


ココナッツミルク味噌ラーメン

cocoramen


カレーに使ったココナッツミルクが残っているので、味噌ラーメンに
入れてみた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

冷凍味噌ラーメン・・・1袋
豚バラ肉・・・適量
キャベツ・・・適量
水・・・200cc
ココナッツミルク・・・100cc
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.冷凍麺を電子レンジで指定時間通りチンする。
鍋に湯を沸かし、豚肉と千切りキャベツをしばらく
煮てからラーメンに添付された”タレ”とココナッツ
ミルクを加えてひと煮たちさせる。
丼に麺を入れ、スープを注ぎ入れて七味を振った。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

マイルドな味で悪くはないのだが、ココナッツミルクの甘さが
勝っている。
青森の名物”味噌カレー牛乳ラーメン”は、ミルクの甘さ+
カレー粉のピリ辛でバランスを取っていた。
豆板醤か、サムジャンでも溶かし入れるべきだった?


春色かつ煮

katuni1

katuni2


若い頃から「かつ丼」よりも、セパレートタイプの「かつ煮」が
好きだ。
残っている菜の花やキヌサヤを加えて、”春のかつ煮”にしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

市販ロースとんかつ・・・大2枚
玉ねぎ・・・1/2個
卵・・・3個
菜の花・・・適量
キヌサヤ・・・適量

丼つゆ
出汁・・・1C
醤油・・・大さじ4
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1


【作り方】
1.菜の花とキヌサヤを塩茹でして用意する。
とんかつを1cm幅にカットし、玉ねぎは串切りする。
卵を軽く割りほぐしておく。(10回ほど溶く)
2.大きなフライパンに丼つゆと玉ねぎを入れて、
しばらく煮る。
とんかつを加えて、蓋をして2分間ほど煮てから、
溶き卵を回し掛け、野菜を乗せて火を止める。

   (シニア夫婦は、1/2枚で充分だ。)
   katuni3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは旨い。とんかつに”甘辛つゆ”がしみ込んで、
良いおかずになる。
分厚いとんかつに、丼つゆの味がよく合っている。

出汁の量がぴったりで、つゆだくにはならなかったが、
大満足。家族も喜んでくれた。


豚バラ角煮風の肉じゃが

nikujaga1



テレビで見かけた(薄切り肉を丸めた)「豚バラ角煮丼」が印象に残った。
春野菜を添えた「肉じゃが」風の煮物にしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚バラスライス肉・・・200g(10枚)
小麦粉・・・適量
じゃがいも(男爵)・・・3個
玉ねぎ・・・1/4個
グリーンアスパラ・・・4本
スナップエンドウ・・・6本

出汁・・・2C
醤油・・・50cc
酒・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ1.5
梅干し・・・1個


【作り方】
1.豚スライス肉2枚をL字型に並べ、小麦粉を
ふるいながら交互に折りたたんでいき、手で丸
めて団子状にする。

     nikujaga2

じゃがいもと玉ねぎを適当な大きさにカットする。
2.フライパンに油を熱し、肉巻きと玉ねぎを炒
め、出汁を注ぎ入れる。
調味料を加えて、15分間ほど煮る。
思い付きで、つぶした梅干しを加えた。

     nikujaga3

アスパラとエンドウを軽く塩ゆでしておく。
3.肉じゃがを一度冷まし、再度温めてから器に
盛り付け、春野菜をあしらう。

     nikujaga4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、なかなか上手く出来た。
味が濃いかなと思ったが、ご飯のおかずとしては
ピッタリだ。
豚バラ肉は形が美しくないが、味は抜群に良い

野菜は「菜の花」と「キヌサヤ」を使いたかったが、
手に入らなかった。でも、グリーンアスパラもスナップ
エンドウの両方とも爽やか。
家族も喜んでくれた。


豚バラと大根のビール煮

beer1

beer2


テレビで見かけた”和風のビール煮”に興味を持った。
余っているビールを使って試してみよう。


【材料】     ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・250g
大根・・・1/4本
人参、ごぼう・・・適量
うずら卵の水煮・・・6個
生姜・・・1片
赤唐辛子・・・1本
缶ビール・・・1缶(350cc)
醤油・・・大さじ2.5~3
砂糖・・・大さじ2.5~3
はちみつ・・・少々

練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉大根その他を一口大に切る。
鍋に油を熱し、スライスした生姜と赤唐辛子を炒める。

     beer3

豚肉と人参、ごぼうを炒めて色が変わったら、ビール
(「金麦」)を注ぎ入れる。

     beer4

調味料を入れて20分間ほど煮込む。
途中、うずら卵を加えた。

     beer5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープはちょっと苦いが、豚肉は甘くてウマイ
炭酸の効果で、早くやわらかく出来たのだろうか?
それは疑問だが、変わっていて面白い。

ビールを使わなくても、出汁+炭酸ではどうだろう・・。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

合いびき肉 イカ ごぼう  豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 豚肉 鶏肉 海老 牛肉 ナス じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ まぐろ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター