厚揚げとわかめのさっと煮

wakame2


わかめ厚揚げを合わせて、簡単な煮物を作る。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

絹揚げ・・・1丁分
わかめ・・・適量
鶏もも肉・・・適量

かつお出汁・・・1C
薄口醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
酢・・・小さじ1


【作り方】
1.鍋に出汁を沸かし、鶏肉と絹揚げを入れる。
醤油・みりん・砂糖・酢を入れてしばらく煮る。
最後にわかめを加え、ひと煮たちすれば火を
止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは予想した通りの出来栄えだ。
わかめを入れると、出汁が磯の香りに染まった。

美味い小鉢に満足だ。


スポンサーサイト

サラダチキンと胡瓜の酢のもの

suno1


副菜として、簡単な酢の物を作る。
コンビニで買ったサラダチキンは優れものだ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

サラダチキン・・・1/2個
胡瓜・・・1本
塩蔵わかめ・・・適量
すし酢・・・適量
梅干・・・1個
炒りごま・・・少々


【作り方】
1.サラダチキンを半分にカットし、手で裂く。
胡瓜を小口切りし、軽く塩もみしてから水洗いし、
絞る。
水に浸して戻した塩蔵わかめ+鶏肉胡瓜
ボウルに入れ、すし酢+刻んだ梅干しで和える。

     suno2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはもう、間違いない。
チキンが際立ってウマイ。
もっとたっぷりと乗せればよかった。


牛肉甘辛煮を使いまわす「肉じゃが」

nikuja1


牛肉の切り落としが残っているので、甘辛く煮てみよう。
肉じゃがにも、肉うどんにも使える。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛肉甘辛煮
和牛切り落とし・・・200g
かつお出汁・・・1C
醤油・・・大さじ2.5
みりん・・・大さじ2.5
砂糖・・・大さじ1

肉じゃが
じゃがいも・・・3個
玉ねぎ・・・適量
人参・・・適量          
インゲン・・・適量       


【作り方】
1.鍋にかつお昆布出汁を沸かし、牛肉を入れてアクを
取り除く。
調味料を加えて、しばらく煮る。
そのまま粗熱を取る。
2.じゃがいもの皮を剥き、大きく切って茹でる。

   nikuja2

鍋に牛肉甘辛煮を入れ、じゃがいも・玉ねぎ・人参を足
して、7~8分間煮る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

狙い通りあっさりしているがコクがある。
”コッさり”してウマイ!
こだわりは、やわらかいじゃがいもと、歯ざわりが良い
玉ねぎとインゲンの対比。
白ごはんがススむ。


ミニピーマンで2品

   (ピーマンのおかか和え)
pea1

   (ピーマンとひき肉のピリ辛炒め)

pea2


神戸・水道筋商店街にある鳥取県物産店でミニピーマンを1袋
買って帰る。
シンプルな料理を2品作ってみた。


【材料】      ※レシピは2人分です。 

ピーマンのおかか和え
・ミニピーマン    6個
・赤パプリカ     適量
・だし醤油      小さじ 1
・かつお出汁     大さじ 2
・かつおぶし     適量
・刻み海苔       〃

ピーマンとひき肉のピリ辛炒め
・ミニピーマン    5個
・モロッコインゲン  1本
・豚ひき肉      適量
・青ネギ        〃
・刻み生姜      少々
・塩          〃
・豆板醤        〃
・酒          〃

     pea3


【作り方】
1.<ピーマンのおかか和え
  ピーマンとパプリカを細い千切りにする。
  フライパンに少量の油を熱し、よく炒める。
  最後にだし醤油とかつお出汁を絡める。
  器に盛って、かつおぶしと海苔を乗せた。

2.<ピーマンとひき肉のピリ辛炒め
  ピーマンとインゲンをやや大きく千切り。
  フライパンに油を熱し、豚肉・ネギ・生姜・
  豆板醤を炒め、塩・酒を振る。
  ここにピーマンとインゲンを入れて、炒め
  合わせた。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

最初に、おかか和え。
ピーマンのシャキシャキとした歯触りが良い。
最低限の味付けも好印象。うまい。

豚ひき肉と一緒に炒めたものは、やや中華風。
辛みがやや強くなった。ザンネン。


ホタルイカとワカメの酢のもの

hotaru1

     hotaru2


スーパーの鮮魚売り場で新鮮な「兵庫県産ホタルイカ」を発見し、
思わず買い求めた。
酢のものにして、熱燗のアテにしてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・ホタルイカ     1パック
・胡瓜        1/2本
・ワカメ       適量
・大葉        2枚
・すし酢       適量
・醤油        少々

・おろし生姜     適量


【作り方】
1.ホタルイカを水洗いし、ていねいに下処理をする。
  (つまり、目玉・口ばし・軟骨を取り除く)
  胡瓜を薄切りし、塩を当ててしばらく置く。
  水ですすいで絞り、ホタルイカ・ワカメ・胡瓜と共にボウルに
  入れ、市販のすし酢+少量の醤油を加える。
2.器に大葉を敷き、ホタルイカその他を盛りつける。
  おろし生姜を乗せた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡な内容だが、旬の味を楽しめた。
酢味噌も考えたが、すし酢の方が気楽で良い。

妻は「生姜の風味が効いていて美味しい」と喜んでくれた。



万願寺としめじのじゃこ炒め

mangan-jako


 スーパーで、キレイな万願寺唐辛子を衝動買い。
釜揚げしらすも仕入れて、簡単な炒め物にしてみる。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
     
     万願寺唐辛子     3本
     ぶなしめじ      1袋
     釜揚げしらす     適量

     酒          小さじ 1
     みりん        小さじ 1
     醤油         小さじ 1
     ポン酢        小さじ 1
     ごま油        適量

     すだち        1個

 
【作り方】
   1.万願寺を斜め切りし、しめじはバラしておく。
     フライパンにごま油を熱し、万願寺としめじを炒める。
     しらす半分と酒・みりん・醤油・ポン酢を(用意した)
     半分ほど入れて和える。
   2.火を止め、すだちを絞る。
     小鉢に盛り、上に残った釜揚げしらすを乗せ、七味唐辛
     子を掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     おおっ、これは美味いなあ。
     火を通し過ぎなかったのが良かった。
     万願寺が甘く、しめじが香り良く、しらすが芳醇な海の
     香りを運ぶ。
     意外に良かったので、嬉しくなった。


ささみと水菜のポン酢和え

sasami-pon


 酒肴にカンタンな小鉢を作る。 「ささみポン」と呼んでも良いかも・・。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     鶏ささみ         3本
     水菜           1把
     ポン酢          適量
     七味唐辛子        少々


【作り方】
   1.ささみの筋を取る。
     小鍋に水を2Cほど入れ、少量の酒・塩と臭み消しに
     ネギの青い部分と生姜の皮を入れて加熱する。
     火を弱火にして、ささみを入れ、3~4分間茹でて、火
     を止め、そのまま浸けておく。
   2.水菜をラップに包み、30秒間ほどレンチンする。
     茹でたささみを切り分け、水菜と共に小鉢に盛る。
     ポン酢と七味を少量掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     ささみがふっくらジューシーに出来て、GOOD!
     シンプルなポン酢掛けが合っている。
     絶妙なる酒肴だ。
     (”ポン酢おやじ”は、同じようなものばかり作っている・・)

     息子は、ささみがジューシーやね、と驚いていた。


豚肉とレンコンのきんぴら

buta-kinnpira1


 冷蔵庫に残っている豚肉・レンコン水煮・こんにゃくを使って”きんぴら”
を作ってみよう。
今晩のメイン料理が焼き魚(塩サバ)なので、副菜として良いだろう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     豚薄切り肉       50g
     レンコン水煮      適量
     こんにゃく       1/3丁
     冷凍インゲン      5本
     赤唐辛子        少々
     白炒り胡麻        〃

     酒           大さじ 1.5
     砂糖          大さじ 1
     みりん         大さじ 0.5
     醤油          大さじ 1~1.5
     

【作り方】
   1.冷凍の豚肉・インゲン・レンコン・こんにゃくを細くカットし、
     軽く茹でる。
     フライパンにごま油を熱し、豚肉と韓国唐辛子を炒める。
     レンコンとこんにゃくを加えてから、調味料を入れて混ぜる。
   2.水分が飛べば、インゲンを加えて白ごまを振る。

     buta-kinnpira2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     ほぼ想定通りの”きんぴら”ができた。
     レンコンのシャキシャキ感と、豚肉の甘さがイイ。
     食材を工夫すれば、色んな”きんぴら”ができそうだ。
    
     「焼き塩サバ」は脂がよく乗っていて、ご飯が進んだ。


アオリイカのイカ納豆

aoriika-nattou


 スーパーの刺身コーナーでキレイな「あおりいか糸造り」をゲットした。
とりあえず「生姜醤油」「わさび醤油」で試してから、”イカ納豆”にして
食べてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     あおりいか糸造り    適量
     納豆          1パック
     刻みネギ        少々


【作り方】
   1.納豆に添付のタレと練り辛子を混ぜ合わせ、器に入れる。
     上にボイル(酒炒り)したイカを乗せ、刻みネギを散らす。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     ”いかそうめん”をおろし生姜醤油でいただくと、なかなか旨かっ
     たが、やや固さが気になった。
     そこで、10秒間ほど酒炒りして冷まし、刺身に添付されていた
     醤油タレとおろし生姜を少し混ぜて浸け置いた。

     「イカ納豆」は滅多に食べないが、まあこんなものだろう。


レンコンと牛肉のきんぴら

renkon-kinpira


 水煮レンコンが残っているので、きんぴらを作ることにした。
冷凍庫に眠っていた牛薄切り肉も使おう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     レンコン水煮      適量
     牛薄切り肉        〃
     キヌサヤ         〃

     醤油          大さじ 1
     砂糖          大さじ 1弱
     酒           大さじ 1
     赤唐辛子        少々
     白炒りゴマ        〃


【作り方】
   1.レンコン・キヌサヤを塩ゆでしておく。
     フライパンにごま油を熱し、レンコン・牛肉を中火で炒め、
     調味料と輪切り赤唐辛子を加える。
     調味料が絡んだら器に盛りつけ、塩茹でしたキヌサヤと
     白ゴマを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     思った通り、牛肉の”コク”が効いていて、旨い。
     レンコンのシャキシャキ感もGOOD!
 
     これは、ご飯がススム君。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

トマト 牛肉 ズッキーニ 鶏肉 塩さば オクラ 合いびき肉 鶏ひき肉 ハム インゲン 豚肉 豚ひき肉 ナス  うなぎ蒲焼き 長芋 まぐろ とうもろこし 小松菜 かぼちゃ パプリカ イカ 胡瓜 ちりめんじゃこ  イチゴ ハモ ごぼう アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 海老 じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン バナナ ソーセージ ニラ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ほうれんそう ベーコン わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ  ナッツ  大根 いか スナップエンドウ 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ 水菜 カニカマ ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター