鶏と夏野菜の焼きびたし

yakibi


夏野菜をたっぷりと食べたいので、「焼きびたし」を作ってみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1/2枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
小麦粉・・・適量
ナス・・・1本
パプリカ・・・1/2個
かぼちゃ・・・適量
モロッコインゲン・・・4本
厚揚げ・・・適量

つけ出汁
かつお昆布出汁・・・1C
醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1.5
酒・・・大さじ1
酢・・・少々
生姜・・・1片
赤唐辛子…1本分


【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り、塩こうじをまぶして半日置く。
野菜と厚揚げを食べやすい大きさに切り分ける。
かぼちゃとインゲンを軽く塩ゆでし、厚揚げは熱湯を
掛けて油抜きをする。
2.フライパンに油を熱し、小麦粉をつけた鶏肉を焼く。
野菜と厚揚げも一緒に焼く。
鍋に<つけ出汁>を沸かし、焼いた肉と野菜などを
入れる。しばらく煮てから、火を止め冷ます。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏肉が焦げて黒くなってしまったが、味の方は
なかなか良い。
そして、野菜と厚揚げはすべて旨い。
ナスはとろりとし、かぼちゃはこっくりしている。

煮物と南蛮漬けの中間のような料理になったが、
暑い時期には、こんな冷たい料理が良い。
妻も喜んでくれた。


スポンサーサイト

ささみと胡瓜の中華風サラダ

sasakyu1


思いつきで中華風のサラダを作り、大皿に盛り付けた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏ささみ・・・3本
胡瓜・・・1本
塩・・・少々

醤油タレ
醤油・・・大さじ1
ごま油・・・大さじ1
酢・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ2
豆板醤・・・少々
すりごま・・・大さじ1~2

レタス・水菜・新玉ねぎ・人参・・・適量
市販ごまドレッシング・・・適量


【作り方】
1.ささみの筋を取り、鍋で塩ゆでする。
そのまま湯につけたまま、粗熱を取る。
冷めたら手で細く裂く。
2.胡瓜を縦に半分に切り、種をスプーンで
取り除く。
斜め切りし、塩を当ててしばらく置く。
水洗いし、よく絞ってからささみと一緒に
醤油タレ>と混ぜ合わせる。
3.器に野菜を敷き、「ささみ胡瓜」を載せる。
ごまドレを掛けていただく。

     sasakyu2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

しばらく冷蔵庫に置いていたので、味がしみ込んで
イイ感じになった。
胡瓜・玉ねぎ・人参がシャキシャキ食感でGOOD。

ごまドレッシングがよく合った。


野菜たっぷりのスパイシーだしカレー

spicy1

     spicy3


サラッとして、スパイス感があるチキン野菜カレーを作りたい。
大阪スパイスカレー」を少しだけイメージして、思いつくままにやってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

和風スープ
チキンスープ・・・2C
昆布だしの素・・・小さじ1
トマトジュース・・・1/2C
だし醤油・・・小さじ1

スパイシーチキン
鶏もも肉・・・1/2枚
合いびき肉・・・50g
おろしニンニク・・・1片分
おろし生姜・・・1片分
クミンP・・・小さじ1
コリアンダーP・・・小さじ0.5
カルダモンP・・・小さじ0.5
ターメリックP・・・小さじ1
カレー粉・・・小さじ1
チリパウダー・・・小さじ0.5
黒胡椒・・・少々
ヨーグルト・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ0.5~

焼き野菜
玉ねぎ、ナス、オクラ、パプリカ、トマト、ミニトマト、小松菜・・・適量
カレー粉・・・少々
塩・・・少々
ヨーグルト・・・大さじ1

ターメリックバターライス
ご飯・・・2人前
バター、塩・・・適量
クミンシード、ターメリック・・・少々

     spicy11

【作り方】
1.鍋に「和風スープ」を作る。
2.鶏肉と野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
小フライパンに油を熱し、鶏肉と合いびき肉を炒める。
ニンニク・生姜とスパイス等を加え、先のスープ鍋に投入
する。
     spicy12

3.フライパンにバターを熱し、ご飯とスパイスを入れて
よく混ぜ合わせ、「ターメリックバターライス」を作る。
4.小フライパンに油を熱し、野菜を順に入れて蒸し焼き
にする。
     spicy14

最後にカレー粉とヨーグルトを加え、鍋のカレースープに
投入する。
味を見て、塩・砂糖で調整する。
     spicy15

5.皿にバターライスを盛り、チキン野菜カレースープを
掛ける。
胡瓜ピクルスと自作キャロットラペをトッピングした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

期待以上の出来上がりだ。実にバランスが良い。
出汁の旨味と、ホットなスパイスと、たっぷり野菜の甘み
が融合している。
トマトジュースとフレッシュトマトの酸味が爽快感を出して
くれた。

ちょっぴりスパイシーなバターライスもウマイ。
妻も大絶賛。


豚きんぴらごぼう

kinpira1


ごぼうが残っているので、こんな「ごはんの友」を作ろう。
豚バラ肉も入れてみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ごぼう・・・1/2本
人参・・・適量
豚バラ肉・・・50gほど
赤唐辛子・・・少々

醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1

白ごま・・・適量


【作り方】
1.ごぼうと人参を太い軸に切り、水に晒しておく。
豚肉を細長くカットする。
調味料を合わせておく。
2.フライパンにごま油を熱し、水気を拭いたごぼう
人参、唐辛子を炒める。
豚肉を投入して炒め、調味料を加えて更に炒める。
水気がなくなれば、器に盛り、白ごまを振る。

     kinpira2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

残りもので作ったが、良いじゃないか。
シンプルな味付けで、出来上がりもとてもシンプル。

ごはんのおかずになった。


鴨ロースとオレンジのサラダ

kamo1


買い置きしていた冷凍の「鴨ロース」を使って、簡単なサラダにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鴨ロース・・・1/2個
オレンジ・・・1個
レタス・水菜・・・適量
黄パプリカ・・・適量

ドレッシング
オリーブ油・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・小さじ1
塩・・・少々
粒マスタード・・・小さじ1


【作り方】
1.鴨肉をスライスして、オリーブ油でマリネしておく。
野菜をカットし、冷水に浸けてシャキッとさせる。
ドレッシングを和える。
2.オレンジを包丁で房から取り出す。
皿に盛り付け、食べる直前にドレッシングを掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは良い!
鴨肉がやわらかく、風味も良し、
オレンジは思った以上に甘く、香りも良し。

ドレッシングも鴨肉によく合っていた。


ナスとポテトのラザニア風

raza1


ナスとポテトを使って、”ラザニア風”グラタンを作ってみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ナス・・・1本
じゃがいも・・・1個
市販ミートソース・・・1/2瓶
市販ホワイトソース・・・1/2缶
牛乳・・・大さじ2
ドライバジル・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量
大葉・・・適量


【作り方】
1.ナスを縦に薄切りし、軽く塩を当てる。
じゃがいもを薄くスライスし、水にさらしてから、レンチンする。
フライパンにオリーブ油を熱し、(水気を拭いた)ナスを焼く。
2.耐熱皿にオリーブ油を塗り、ナス+ポテト>ホワイトソー
ス+牛乳>ミートソースの順に数回重ね、チーズを散らす。
3.オーブントースターで10分間焼き、刻んだ大葉を振る。

     raza2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、味が濃い。
市販のソース2種がハッキリとした味なので、ナスとポテト
だけでは負けている。
バゲットを焼いて、それに乗せながら食べた。

やはり、パスタかバターライスと合わせた方が良かった。

ごまだれ冷しゃぶサラダ

reishab1


豚の冷しゃぶに”ごまだれ”を掛け、炒り胡麻を散らす。
蒸し暑い日にピッタリのサラダ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚しゃぶ肉・・・150g
新玉ねぎ・・・1/2個
茗荷・・・1個
レタス・・・適量
貝割れ菜・・・適量
トマト・・・1/2個
昆布茶・・・小さじ0.5
キャロットラペ・・・適量

市販ごまだれ・・・大さじ3
青じそドレッシング・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
白いりごま・・・適量


【作り方】
1.野菜を適当な大きさにカットし、冷水にさらす。
鍋に湯を沸かし、昆布茶を入れる。
豚肉をしゃぶしゃぶし、粗熱を取った後、ボウル
に入れ、水気を拭いた玉ねぎと茗荷を加える。
市販青じそドレとオリーブ油を足して混ぜ合わせ、
マリネする。冷蔵庫で冷やしておく。
2.サラダボウルに野菜を敷き、豚しゃぶを乗せる。
キャロットラペがあったので、使ってみよう。
ごまだれを掛け、胡麻を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通り豚肉がウマイ。
薄くスライスした国産豚ロース肉の冷しゃぶは鉄板だ。

家族にも好評だった。


たけのこと牛肉のすき煮

takesuki1


旬のたけのこを食べたい。すき焼き風に煮てみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

たけのこ水煮・・・1本
和牛切り落とし肉・・・250g
長ねぎ・・・1/4本
椎茸・・・6枚
三つ葉・・・適量

割り下
醤油・・・50cc
酒・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ2
昆布出汁・・・75ccほど


【作り方】
1.牛肉と野菜を適当な大きさに切り分ける。
鍋に油を熱し、牛肉と長ねぎをサッと焼く。
割り下を入れ、たけのこと椎茸を加える。
しばらく煮込み、最後に三つ葉を乗せる。

   takesuki2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うむ、すき焼きを器に盛ったようで、やや中途半端な感じ。
牛肉がウマイ、と好評だったが、今回の主役は”筍”の筈。
ごく普通の内容だった。

構想通りにはいかないものだ。ふうー。(ため息)


プチコロッケとアボカドのサラダ

koro1


大阪ローカルな祭り屋台フードに「東京コロッケ」というものがあるそうだ。
じゃがいもオンリーのミニコロッケを串に刺して、ソースにつけて食べる
らしい。
興味をそそられて、小さなコロッケを揚げてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

じゃがいも・・・大1個
牛乳・バター・・・適量
塩・胡椒・・・少々
(バッター液)
小麦粉・・・100ccほど
卵・・・1個
水・・・50ccほど

パン粉・・・適量
粉チーズ・・・適量
パセリ・・・適量

ウスターソース・・・適量

アボカド・トマトサラダ
アボカド・・・1/2個
ミニトマト・・・4個
プロセスチーズ・・・2P
パセリ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
オリーブ油・・・適量
レモン汁・・・適量


【作り方】
1.じゃがいもを茹でてマッシュし、牛乳・バター・塩・胡椒を
加えて混ぜ合わせる。
4cm径の小さなボールに丸め、バッター液>パン粉をつけ、
油で揚げる。
2.アボカド・トマト・チーズを2センチ角にカットし、塩・胡椒・
オリーブ油・レモン汁で和える。

   koro2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプルな”コロッケボール”が美味い。
じゃがいも本来の素朴な味が出ている。
衣がサクッとして、ウスターソースとよくマッチする。

アボカド・チーズ・トマトのサラダもシンプルで良い。
妻も喜んでくれた。


オーブンで焼いた春キャベツのお好み焼き

harukya2

harukya1


キャベツを使ったお好み焼きを作ろうと思うが、生地を少なくして
オーブントースターで焼いてみる?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ソーセージ・・・2本
キャベツ・・・大2枚
新玉ねぎ・・・1/4個
人参・・・適量
お好み焼き粉・・・50ccほど
牛乳・・・大さじ2ほど
鶏ガラスープの素・・・少々
塩・胡椒・・・少々
卵・・・1個
マヨネーズ・・・適量

昆布ポン酢・・・適量
青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.野菜を細くカットし、生地と混ぜ合わせる。
内側に油を塗った耐熱容器に入れて、上にソーセー
ジを乗せ、(念のため)レンジで1分間チンした。
これをオーブントースターで10分間ほど焼く。
2.焼きあがれば、マヨを掛け、ポン酢につけていた
だく。

          harukya4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

云わば、お好み焼き風のキッシュ(?)だ。
キャベツと玉ねぎがシャキシャキして、味は良いが
何かが足りない。完成度が低い。

いつもオイリーなお好み焼きを食べているので、
あっさりし過ぎている。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

うなぎ蒲焼き 長芋 まぐろ 牛肉  鶏肉 とうもろこし 小松菜 かぼちゃ パプリカ イカ 胡瓜  ちりめんじゃこ ナス 豚肉 イチゴ ハモ 合いびき肉 ごぼう 豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ 海老 じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム 香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム  ハマチ ナッツ  塩さば 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 ズッキーニ イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター