和風ポークソテー ~金山寺味噌バターソース

misopork1


TVで見かけたちょっとユニークなオリジナルレシピに惹かれた。
金山寺味噌バターソースって珍しい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ロース肉(とんかつ用)・・・3枚
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量

新玉ねぎ・・・1/2個
金山寺味噌・・・1/4Cほど
バター・・・大さじ1ほど
レモン汁・・・適量
大葉・・・3枚

<付け合わせ>
新じゃが・新玉ねぎ・春キャベツ・ほうれん草・・・適量
ミニトマト・・・6個
塩・胡椒・・・少々
青じそドレッシング・・・少々


【作り方】
1.とんかつ用の豚肉の筋を切り、肉叩きで叩く。
両面に塩・胡椒を振り、薄く粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、肉を焼く。
中まで火が通れば、取り出して1センチ幅に切る。

2.肉を取り出したフライパンの余分な油を除き、
玉ねぎと金山寺味噌・バターを炒める。
最後にレモン汁と刻んだ大葉を加える。
これをポークソテーの上に載せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

味噌バターソースはどうかなと思ったが、かなり良い。
甘酸っぱいソースが豚肉とよくマッチしている。
見かけは悪いが、味はグッド。

付け合わせは焼かずに(レンジで)蒸しただけ。
もう一工夫欲しかった?


スポンサーサイト

ハニーレモンチキン

hone3


好物の「ハニーマスタードチキン」を少しアレンジして、春の新じゃがと
合わせてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1枚
塩・黒胡椒・・・少々
レモン汁・・・1/2個分
小麦粉・・・適量

じゃがいも・・・2個
塩・胡椒・・・少々
パンチェッタ・・・適量
ニンニク・・・少々
パセリ・・・適量

ハニーマスタードソース
はちみつ・・・大さじ2
粒マスタード・・・小さじ1
バルサミコソース・・・小さじ1


【作り方】
1.鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、塩・黒胡椒・
レモン汁を掛けて下味を付ける。
2.じゃがいもの皮を剥き、下茹でする。
フライパンにオリーブ油を熱し、パンチェッタ、ニンニク、
茹でじゃがいもを炒める。
ハニーマスタードソースを混ぜ合わせておく。
3.鶏肉に小麦粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きする。
ハニーマスタードソースをからめ、じゃがいもと合わせる。
器に盛り付け、刻んだパセリを散らす。

     hone2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うん、これは想定した通リのおいしさ。
甘酸っぱくて、塩分の加減も良い。

ナイフとフォークで優雅にいただく。
赤ワインが欲しかったが、(禁酒中なので)
ノンアル・ビールで我慢した。

サラダチキンの香味だれ ~熱い油をジュッと掛ける

komidare1


またしてもコンビニの優れもの「サラダチキン」を使って、中華に挑戦。
ユーリンチーに使う香味だれを掛けてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

サラダチキン・・・1/2個
レタス・ベビーリーフ・ミニトマト・・・適量
パクチー・・・1把
くるみ・・・適量

香味ダレ
長ネギ・・・1/4本
生姜・・・1片
ごま油・・・大さじ1.5ほど
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
一味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.チキンと野菜類をカットして準備する。
金属ボウルにみじん切りした長ネギと生姜を入れる。
小フライパンにごま油を熱し、熱々になればネギ・生
姜の上にジュッと掛ける

そこへ醤油などの調味料を加えてよく混ぜる。
2.皿にチキンと野菜を並べ、香味ダレをたっぷりと
かける。上にパクチーとくるみをトッピングした。

     komidare2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

香味ダレの香りがよくて、食欲を刺激する。
チキンもうまいし、野菜もうまい。
パクチーとくるみも効いている。
妻も絶賛。大成功!


牛カルビと豚肉オクラ巻きの焼肉


yaki1

   yaki2

yaki3

yaki4


久しぶりにファミリー焼肉パーティーをしたいが、今回はシンプルな
ものにする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉(焼肉用)・・・300g
もみダレ
市販ステーキソース・・・適量
アップルジュース・・・適量

オクラ・・・10本
豚バラ薄切り・・・10枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
黒胡椒・・・少々

パプリカ、しいたけ・・・適量

つけダレ
市販焼肉のたれ・・・適量
サムジャン・・・適量

ポン酢・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉には直前に<もみダレ>を掛けて、絡める。
豚肉に塩こうじを塗り、生オクラに巻き付け、ギュッ
と握り、黒胡椒を振る。
野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
2.卓上鉄板を熱し、各人肉と野菜を焼き、好みの
タレにつけていただく。

     yaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タレをつけてから焼いた牛肉。味は良いが焦げやすい
ので、せわしない。
豚肉で巻いた生オクラは、ややレアっぽい状態で
食べたので、マイナス5点。

漬物が美味しかったので、ご飯を山盛り2杯食べた。


春色かつ煮

katuni1

katuni2


若い頃から「かつ丼」よりも、セパレートタイプの「かつ煮」が
好きだ。
残っている菜の花やキヌサヤを加えて、”春のかつ煮”にしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

市販ロースとんかつ・・・大2枚
玉ねぎ・・・1/2個
卵・・・3個
菜の花・・・適量
キヌサヤ・・・適量

丼つゆ
出汁・・・1C
醤油・・・大さじ4
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1


【作り方】
1.菜の花とキヌサヤを塩茹でして用意する。
とんかつを1cm幅にカットし、玉ねぎは串切りする。
卵を軽く割りほぐしておく。(10回ほど溶く)
2.大きなフライパンに丼つゆと玉ねぎを入れて、
しばらく煮る。
とんかつを加えて、蓋をして2分間ほど煮てから、
溶き卵を回し掛け、野菜を乗せて火を止める。

   (シニア夫婦は、1/2枚で充分だ。)
   katuni3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは旨い。とんかつに”甘辛つゆ”がしみ込んで、
良いおかずになる。
分厚いとんかつに、丼つゆの味がよく合っている。

出汁の量がぴったりで、つゆだくにはならなかったが、
大満足。家族も喜んでくれた。


照り焼きチキン南蛮

terinan1


照り焼きチキンにたっぷりのタルタルソースを掛ける。
宮崎の名物料理「チキン南蛮」をちょっとアレンジした。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
片栗粉・・・適量

照り焼きダレ
醤油・・・大さじ1
ポン酢・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
酢・・・小さじ1

タルタルソース
マヨネーズ・・・大さじ3
プレーンヨーグルト・・・大さじ1
茹で卵・・・1~2個
玉ねぎ・・・適量
ピクルス・・・適量
レモン汁・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
砂糖・・・少々


【作り方】
1.事前に<照り焼きダレ>と、<タルタルソース>を
準備しておく。
鶏もも肉を広げて、厚さを均一にする。
塩・胡椒を振り、たっぷりの片栗粉をまぶす。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉の皮目の方から焼く。
両面を焼いてから<照り焼きダレ>を入れて絡める。
包丁でカットして皿に盛り、タルタルソースを掛ける。

   terinan2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

粉をつけて揚げ焼きにしてから、タレをからめたので
予想した通り、鶏肉にかなりとろみがついた。
もっとサッパリさせたかったが・・。

やはり、オーソドックスな”チキン南蛮”にした方が
良かったかな。(汗)


豚バラ角煮風の肉じゃが

nikujaga1



テレビで見かけた(薄切り肉を丸めた)「豚バラ角煮丼」が印象に残った。
春野菜を添えた「肉じゃが」風の煮物にしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚バラスライス肉・・・200g(10枚)
小麦粉・・・適量
じゃがいも(男爵)・・・3個
玉ねぎ・・・1/4個
グリーンアスパラ・・・4本
スナップエンドウ・・・6本

出汁・・・2C
醤油・・・50cc
酒・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ1.5
梅干し・・・1個


【作り方】
1.豚スライス肉2枚をL字型に並べ、小麦粉を
ふるいながら交互に折りたたんでいき、手で丸
めて団子状にする。

     nikujaga2

じゃがいもと玉ねぎを適当な大きさにカットする。
2.フライパンに油を熱し、肉巻きと玉ねぎを炒
め、出汁を注ぎ入れる。
調味料を加えて、15分間ほど煮る。
思い付きで、つぶした梅干しを加えた。

     nikujaga3

アスパラとエンドウを軽く塩ゆでしておく。
3.肉じゃがを一度冷まし、再度温めてから器に
盛り付け、春野菜をあしらう。

     nikujaga4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、なかなか上手く出来た。
味が濃いかなと思ったが、ご飯のおかずとしては
ピッタリだ。
豚バラ肉は形が美しくないが、味は抜群に良い

野菜は「菜の花」と「キヌサヤ」を使いたかったが、
手に入らなかった。でも、グリーンアスパラもスナップ
エンドウの両方とも爽やか。
家族も喜んでくれた。


オージービーフのガーリック醤油ステーキ

og1


近所のスーパーで格安の(豪州産)ステーキ肉をゲットしてきた。
簡単に焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

牛肩ロースステーキ肉・・・1枚
玉ねぎ・・・適量
オリーブ油・・・大さじ1
アップルジュース・・・大さじ1
ガーリックP・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
ガーリックチップ・・・適量

すき焼きのタレ・・・適量
バター・・・適量


【作り方】
1.牛肉の筋を切り、肉叩きで叩く。
肉にガーリックパウダーを軽く振る。
ビニール袋に肉+カットした玉ねぎ+オリーブ油+
アップルジュースを入れて1時間ほど置く。

   og2

2.肉を袋から取り出し、塩・黒胡椒を振る。
フライパンを熱し、中火で肉とガーリックチップ+玉
ねぎを焼く。片面1分間づつ焼いてから「すき焼き
タレ」を注いで絡める。
皿に盛り付け、上にバターを乗せた。

   og3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーむ、マリネした効果はあるのかな?
タレは悪くはないが、やはり甘すぎたので、ポン酢を
足した。

次回は、トマトソースかデミグラスソースでも掛けて
みよう。

手羽先のカレー唐揚げ

tebakara1


新潟ケンミン熱愛の”鶏半身揚げ”は、カレー風味だとか。
手羽先を使って、試してみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏手羽先・・・4本
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・大さじ2
片栗粉・・・大さじ1
カレー粉・・・大さじ1ほど
コリアンダーP・・・少々

ケチャップソース
ケチャップ・・・適量
スイートチリソース・・・適量


【作り方】
1.手羽先の骨の間に包丁を入れ、2本に分けた。
塩・胡椒をまんべんなく振る。
粉2種とカレー粉等をビニール袋に入れ、鶏肉
まぶす。
2.油でカリッとなるまで揚げる。
お好みで、ケチャップソースをつけていただく。

   tebakara2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

手羽唐は文句なしにウマイ。
カレー風味は思ったほど付いていなかったが、隠し味
程度の方がそこはかとなく良いのかも・・。

ケチャップソースもよく合っていたし、思いついて一緒に
揚げたポテトフライもGOOD!
妻も喜んでくれた。


豚バラと大根のビール煮

beer1

beer2


テレビで見かけた”和風のビール煮”に興味を持った。
余っているビールを使って試してみよう。


【材料】     ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・250g
大根・・・1/4本
人参、ごぼう・・・適量
うずら卵の水煮・・・6個
生姜・・・1片
赤唐辛子・・・1本
缶ビール・・・1缶(350cc)
醤油・・・大さじ2.5~3
砂糖・・・大さじ2.5~3
はちみつ・・・少々

練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉大根その他を一口大に切る。
鍋に油を熱し、スライスした生姜と赤唐辛子を炒める。

     beer3

豚肉と人参、ごぼうを炒めて色が変わったら、ビール
(「金麦」)を注ぎ入れる。

     beer4

調味料を入れて20分間ほど煮込む。
途中、うずら卵を加えた。

     beer5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープはちょっと苦いが、豚肉は甘くてウマイ
炭酸の効果で、早くやわらかく出来たのだろうか?
それは疑問だが、変わっていて面白い。

ビールを使わなくても、出汁+炭酸ではどうだろう・・。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

アボカド じゃがいも ほうれんそう ベーコン 厚揚げ わかめ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 トマト 生ハム キャベツ  アスパラガス 香菜 牛肉 オクラ しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜  ハマチ ナッツ  塩さば 豆腐 ニラ 焼豚 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜  ゆりね カニカマ 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム チーズ サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン ちくわ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 タラ 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター