牛すき焼肉 ~十和田バラ焼きをイメージして

barayaki1

   barayaki2

barayaki3


B-1グランプリで優勝したことのある青森の名物グルメ「バラ焼き
をやってみたい。
市販のタレを混ぜ合わせて使う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

国産牛切り落とし・・・300g
玉ねぎ・・・1個
キャベツ、小松菜、パプリカ・・・適量

合わせダレ
焼肉のたれ(日本食研:宮殿)・・・50cc
すき焼きのたれ(エバラ)・・・50cc
レモン汁・・・大さじ1

卵・・・3個


【作り方】
1.野菜を適当なサイズにカットする。
合わせダレを混ぜ、牛肉を15分間ほど浸け込む。
ミニホットプレートに油を熱し、野菜と肉を並べ、
しんなりするまで焼く。
お好みで、生卵につけていただく。

   barayaki4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

玉ねぎとパプリカは事前にフライパンで焼いたが、ホット
プレートがミニなので、火が通るまで時間が掛かった。
味は正に「すき焼き」のそれだ。
私にはやや甘すぎたが、家族は喜んでくれた。

とてもご飯がススム料理だ。
玉ねぎをこの倍量にしても良かっただろう。


スポンサーサイト

ラムチョップの香草パン粉焼き

rum1


輸入食材店で冷凍の「ラムチョップ」を見つけた。
ラム肉は大好物だが、(家族が喜ばないので)家庭では
調理していなかった。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ラムチョップ・・・2本(180g)
塩・胡椒・・・少々
粒マスタード・・・大さじ1

香草パン粉
パン粉・・・大さじ2
ドライローズマリー、ドライバジル、マジョラム・・・適量
おろしニンニク・・・1片分
オリーブ油・・・大さじ1

レモン・・・適量

   rum2


【作り方】
1.ラム肉に塩・胡椒を振り、粒マスタードを
塗る。
ボウルに<香草パン粉>の材料を合わせる。
2.ラム肉に香草パン粉をしっかりと付ける。
フライパンに(1cm深さの)油を熱して焼く。
レモンを絞っていただく。

   rum3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通りの旨さだ。
そして、肉はワイルド! ワイルド・ワンズだ
(おっと、井之頭五郎調になってしまった)

ローズマリーの芳香に、薫り高いラム肉
特に骨周りの肉と脂身がサイコー。
久しぶりに堪能した。

マイルドな「トンテキ」を作ろう ~サラダ仕立て

tonteki1

tonteki2


「四日市トンテキ」や「大阪トンテキ」を一度も外で食べたことは
ないが、味を想像して作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ロース肉(とんかつ用)・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・大さじ1
ニンニク・・・1片

トンテキソース
ウスターソース・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
ケチャップ・・・小さじ1
酒・・・大さじ1

レタス、キャベツ、ブロッコリー、赤玉ねぎ、ミニトマト・・・適量
練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉の筋を切り、グローブ状にカットする。
軽く、塩・胡椒を振り、小麦粉をまぶす。
トンテキソース>を合わせておく。
2.フライパンに多い目の油を熱し、スライス
したニンニクを入れる。
きつね色になれば一旦取り出し、豚肉を焼く。

   tonteki3

両面をしっかりと焼き、油をふき取ってから
<トンテキソース>を加える。
粗熱が取れたら一口大に切り分け、サラダの
上に盛る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはウマイ! 大成功だ。
ソースに酒を足したので、”マイルド・トンテキ”としたが、
充分にしっかり良い味がついた。

何より豚肉が柔らかい。家族も喜んでくれた。
また作ってみたい。


塩豚もやし炒め

siobuta1


沖縄の伝統食「スーチカー」と呼ばれる塩豚(塩漬け豚)に
興味が湧いた。
スーパーで豚バラブロック肉を仕入れた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラ塊肉・・・300g
粗塩・・・大さじ3.5 (1日目大さじ2.5+2日目大さじ1)

もやし・・・適量
三つ葉・・・適量
塩・胡椒・酒・・・少々


【作り方】
1.豚肉に少し切り込みを入れ、塩大さじ2.5
を全面にすり込む。
ビニール袋に入れ、一晩冷蔵庫に置く。
水分を拭いてから、更に塩をすり込み、もう一
晩置いた。

     siobuta2

2.塩豚を水洗いし、10分間ほど茹でる。
1センチ幅にカットし、もやしと炒める。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味を見るために塩豚を5ミリ厚にカットし、5分間
ほど茹でて食べると塩辛いので10分間茹でた。

塩豚ともやしのスープ”も作ったが、なかなか旨し。
さて、残りの塩豚をどう料理しようか?

     siobuta3

エッグミートローフ ~2018正月

meatl1


ミートローフは、なんだか「温かい雰囲気がある料理」だ。
初めて正月料理に加えてみることにした。


【材料】    ※レシピは3~4人分です。 

合いびき肉・・・300g
玉ねぎ・・・1/2個
パプリカ・・・適量
・・・1個
パン粉・・・大さじ3
牛乳・・・大さじ3
ナツメグ、ドライバジル・・・少々
塩・・・小さじ2/3ほど
黒胡椒・・・少々
茹で・・・小4個

ミートローフソース
焼いた肉汁・・・すべて
ケチャップ・・・50cc
ウスターソース・・・50cc
粒マスタード・・・少々


【作り方】
1.ボウルに合いびき肉、みじん玉ねぎ、
みじんパプリカ、パン粉、牛乳、調味料を入
れて混ぜ合わせる。
耐熱容器にアルミホイルで2列の枠を作り、
肉だねの半分を敷き、茹でを並べてから、
残りの肉だねをかぶせ、更にアルミで覆う。

   meatl2

2.魚焼き用グリルで、25分間ほど焼く
粗熱をとってから取り出し、2センチ幅に切り
分ける。
フライパンに肉汁とケチャップ、ウスター、マ
スタードを入れ、煮詰めてソースにした。

   meatl3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ひき肉が上質だったせいか、とても風味よく仕上がった
キレイに成型しなかったので、ややブサイクだが、
味が良いからドンマイ。

ソースも安心できる味で、好評だった。
ハンバーグも良いけど、ミートローフも良いネ。


生ハムとチーズをはさんだスペイン風ビーフカツ

kacho1

kacho2


薄切り牛肉生ハムチーズを挟んで揚げるスペインの伝統料理
カチョポ」がどうも気になる。
クリスマス料理として作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

薄切り牛肉(国産+米国産)・・・12枚(300gほど)
塩・黒胡椒・・・少々
生ハム・・・6枚
スライスチーズ・・・3枚
オレガノ、ドライバジル・・・少々
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
パン粉・・・適量

トマトソース
トマト、玉ねぎ、パプリカ・・・適量
瓶入りボロネーゼソース・・・大さじ2
塩・黒胡椒・・・少々


【作り方】
1.牛肉を2枚重ねて広げ、軽く塩・胡椒を振る。
上に生ハムチーズを乗せ、更に牛肉2枚で挟む。

   kacho3

オレガノとバジルを振り、小麦粉>卵液>パン粉
をつける。これを3人分作り、油で揚げる。
2.小フライパンで<トマトソース>を作り、小さな
容器に入れる。カツに掛けながらいただく。

   kacho4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思ったよりサイズがでかくなったが、味は「モルト ヴォーノ」。
塩加減がキツくならないか心配したが、丁度良かった。
牛肉の旨味も充分に感じられるし、生ハムチーズも嫌味なく、
よくマッチしている。

トマトソースもよく合っていたし、付け合わせ(ポテトのバター
ソテー、人参しりしり、グリーンサラダ)も豪華だった。
家族も喜んでくれた。


ハニーチューリップ ~我が家のローストチキン

h-tulip1

 h-tulip2


メリー・クリスマス!
チューリップ(鶏手羽)があるので、「ハニーチキン」風のローストチキンを
焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏手羽チューリップ・・・6本
下味
醤油・・・大さじ1.5
はちみつ・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ1
粒マスタード・・・小さじ1
おろしニンニク・・・少々

ホースラディッシュ・・・少々


【作り方】
1.チューリップをビニール袋に入れ、下味の調味料
を加えて揉み込み、1時間ほど置く。
2.これを、ガスグリルで10分間ほど焼く。
お好みで、ホースラディッシュを付けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

香ばしい香りが鼻をくすぐる。
やや上品なタレ焼きだが、すこぶる美味い。

たっぷりのサラダにはコールスロードレと
粉チーズを掛けて、いただく。
良いオードブルになった。白ワインが進む。


野菜たっぷりの焼肉サラダ

yakiniku-s1

yakiniku-s2


野菜をもっと摂りたい。そして、スタミナ源の焼肉も食べたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

和牛切り落とし・・・300g
玉ねぎ、パプリカ・・・適量
市販焼肉のたれ(もんくたれ)・・・適量
サムジャン・・・適量
黒胡椒、白ごま・・・少々

レタス、ベビーリーフ、水菜、ブロッコリー、赤玉ねぎ・・・適量
ミニトマト、リンゴ・・・適量
ヨーグルトドレッシング(プレーンヨーグルト、オリーブ油、レモン汁、
塩、胡椒、ドライバジル)・・・適量


【作り方】
1.玉ねぎ、パプリカを1cm幅程度にカット。
フライパンに油を熱し、これを焼いて塩・胡椒を
振り、一旦取り出す。
再度、フライパンに油を熱して牛肉を焼き、たれ
を回し掛けてから玉ねぎ、パプリカを戻す。
2.サラダ野菜を盛った皿に焼肉を乗せ、白ごま
を振る。
野菜と肉にお好みで、ヨーグルトドレを掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

上級の切り落とし肉なので、焼肉が抜群にウマイ。
野菜も肉もたっぷりと大皿に盛ったので、見た目は
悪いが、家族で取り合った。

市販の和風ドレを少し掛けた上に、更にヨーグルトドレ
を足したら、爽やかなサラダになった。


焼きとり風チーズタッカルビ ~スキレットを使って

takka1


若い人の間で「チーズ・タッカルビ」が人気らしい。
焼きとりのたれを使って、日韓折衷のタッカルビを作ってみた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

鶏もも肉・・・100gほど
キャベツ、玉ねぎ、パプリカ・・・適量
焼きとりのたれ・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
コチュジャン・・・小さじ0.5
韓国唐辛子・・・少々
おろし生姜、おろしニンニク・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量


【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り分け、野菜を切る。
生姜とニンニクはすりおろす。
ビニール袋に鶏肉と調味料を入れて、もみ込み、
10分間ほど置く。
2.スキレットにごま油を熱し、肉と野菜を炒める。
最後にチーズを乗せて蓋をし、溶ければ完成。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、当たり前すぎるが、かなり旨い。
ちょっぴり甘辛の鉄板焼きとりのような・・。

これは、酒のアテに良いんじゃないか。


チューリップのフライ ~カレー風味

tulip2


鶏肉専門店で「鶏手羽チューリップ」を見つけて、思わずゲット。
ルンルン気分で帰宅し、とりあえず4本を揚げてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏手羽チューリップ・・・4本
塩・黒胡椒・・・少々

フライ衣
天ぷら粉・・・大さじ1
水・・・大さじ2
カレー粉・・・小さじ0.5
パン粉・・・適量

ウスターソース+スイートチリソース・・・適量
レタス、レモン・・・適量


【作り方】
1.チューリップに塩・黒胡椒を振る。
衣(天ぷら粉+水+カレー粉)を溶き、鶏肉
つけ、パン粉をまぶす。
2.熱した油で揚げ、ソースを掛けていただく。

     tulip3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはサイコーだ。外はバリッとして、中は
ベリージューシー。
アア、ウマイ

カレー風味も特製?ソースも大成功。
ビールがススム君。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

海老 アスパラ 豚肉 じゃがいも サバ缶 鶏肉 豆腐 カニカマ ぶなしめじ  トマト缶 ソーセージ 牛肉 アボカド ベーコン イワシ ラム肉 キャベツ  牡蠣 生ハム チーズ 合いびき肉 ローストビーフ まぐろ トマト 蓮根 長芋 大根 さつまいも ごぼう かぼちゃ 貝柱 ぶり 豚ひき肉 明太子 ブロッコリー ナス 白菜 塩鮭 人参 椎茸  タコ 小松菜 ハム サンマ 胡瓜 もやし イカ ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 梅干 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター