レッドカレー照り焼きチキン

red-cc1


レッドカレー風味・ペースト調味料のモニターになった。
とりあえず、照り焼きチキンに使ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・200g
塩・胡椒・・・少々
卵・・・1/3個分
片栗粉・・・大さじ2ほど
玉ねぎ・・・適量
レタス、大根、人参・・・適量

スパイシー照り焼きダレ
ペースト調味料・・・大さじ0.5
 (ハウスエスニックガーデン クッキングペースト<レッドカレー味>
醤油・・・大さじ0.5
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ0.5

     redc-spice


【作り方】
1.鶏肉をぶつ切りにし、塩・胡椒を振る。
溶き卵にくぐらせてから片栗粉をまぶす。
玉ねぎも同じ大きさにカットする。
照り焼きダレ>を混ぜ合わせておく。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉の皮を下にして
焼く。皮に焦げ目が付けば裏返し、玉ねぎを加
える。
最後にタレを回し入れて絡め、器に盛る。
黒胡椒を挽いた。

   red-cc2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

モニター商品のスパイシーペーストを少量加えた
だけだが、香りが立って美味い。
ココナッツミルクが入っているので、辛いばかり
ではなく、マイルドな風味だ。
玉ねぎが甘くて、よく合っていた。



   スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


スポンサーサイト

ミニッツステーキ ~じゃがバター添え

steak22

steak21


薄い肉を短時間で焼いて食べる「ミニッツステーキ」を作る。
数分で焼き上げるので、この名がついた。


【材料】    ※レシピは2人分です。

牛ももステーキ肉(国産)・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・適量
オリーブ油・・・大さじ1

新じゃがいも・・・小4個
塩・胡椒・・・少々
バター・・・適量
レタス、ルッコラ、ラディッシュ・・・適量

オリーブソース
新玉ねぎ・・・適量
グリーンオリーブ・・・2個
レモン汁・・・小さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.牛肉に塩・胡椒し、おろしニンニクを塗ってか
らオリーブ油をまぶして10分間ほど置く。
フライパンにオリーブ油を熱し、牛肉をさっと焼き、
切り分ける。
2.じゃがいもをよく洗い、皮をつけたまま太い
拍子木状にカットして水に晒す。
電子レンジで3分間ほど加熱した。
小フライパンに油とバターを熱し、じゃがいもを
揚げ焼する。最後に塩・黒胡椒を振る。
3.肉とじゃがいもを器に盛り、刻んだ新玉ねぎ
・レモン汁・オリーブ油等で作ったオリーブソー
スを肉に掛ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

残念ながらステーキ肉がちょっと固い。
国産牛だが、もも肉であるし、ちょっと焼き過ぎた?
しかし、オリーブソースがサッパリとして、味はgoodだ。

次回は厚い肉を使って、ミディアムレアに焼いてみよう。


砂肝と小松菜のしょうが炒め

sunagimo11


スーパーで思わず買った「砂肝」を、どう料理しようか?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

砂肝・・・10個ほど
小松菜・・・1把
生姜・・・1片
岩塩・黒胡椒・・・少々
酒・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1


【作り方】
1.砂肝をキレイに掃除し、切れ目を入れる。
下味に岩塩と黒胡椒を振る。
小松菜を5センチ長さにカットする。
2.フライパンに油を熱し、千切りした生姜を
炒める。
香りが出てくれば、砂肝を入れて炒める。
次に小松菜を入れ、軽く塩・胡椒を振る。
最後に酒・醤油を振り、皿に盛る。

   sunagimo12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

砂肝がコリコリして、実にウマイ。
下味が効いていて、生姜の香りもイイ感じだ。

残り半分は、和風の「砂肝の生姜煮」にしてみようか。


豚しそ天と、ナス唐揚げ

butaten21


豚ロース薄切り肉を使った「豚天」がテレビで紹介された。
おいしそうだったので、試してみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚薄切り肉(肩ロース+バラ肉)・・・250g
大葉・・・10枚
白ごま・・・大さじ1

豚天の衣
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
水・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ0.5
塩、胡椒・・・少々

卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ4


ナス・・・1本

ナス唐揚げの衣
花椒塩・・・小さじ0.5
片栗粉・・・大さじ1


【作り方】
1.豚肉を5センチ長さにカットし、大葉を細い千切
りにする。
豚肉をボウルに入れた醤油・酒などを混ぜた調味
液に浸ける。
更に卵と小麦粉、大葉、白ごまを入れてよく混ぜる。
フライパンに油を熱し、カラッと揚げる。
2.ナスを乱切りし、花椒塩を振る。
片栗粉をまぶして油で揚げる。

   butaten22


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや味が濃いが、ご飯のおかずになる豚天だ。
生姜の風味がどうしても欲しかったので加えた。

思い付きで作った「ナス唐揚げ」は、かすかに花椒の
香りがして気に入った。
レモンを絞ったら、もっとサッパリしただろう。


鶏の「黄金だれ」焼き

ougon1


おっとりした京都の家庭料理家・大原千鶴さんが「黄金だれ」を紹介した。
みりんと薄口醤油を2:1で混ぜるだけの簡単レシピ。
一度使ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

黄金だれ
みりん・・・大さじ4
薄口醤油・・・大さじ2

鶏もも肉・・・大1枚(350g)
塩・胡椒・・・少々
こどもピーマン、グリーンアスパラ・・・適量
黒七味・・・少々


【作り方】
1.予め、計量カップに<黄金だれ>を作って
用意する。
鶏もも肉に塩・胡椒を振る。
2.フライパンを熱し、鶏肉の皮目を下にして
じっくりと焼く。
皮がカリッと焼ければ裏返す。
合計7~8分間ほど焼き、黄金だれと野菜を
加えて絡める。

   ougon3

粗熱を取ってから、4センチ角に切り分けた。

   ougon2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

じっくりと焼いた鶏肉は、カリッと焼けて旨い。
たれは、勿論平凡ではあるが、味が決まっている。

照り焼きの簡易だれとして、重宝しそうだ。
家族も喜んでくれた。


タンドリーチキン ~カレー炒飯とワンプレートに

tando1

   tando3


プレーンヨーグルトが残っている。
そうだ、鶏肉を浸け込んで、タンドリーチキン風に焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1枚(300g)
塩・胡椒・・・少々
ヨーグルト・・・大さじ3
カレー粉・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
おろしニンニク・・・1片分
おろし生姜・・・1片分
塩・・・小さじ0.5
はちみつ・・・小さじ1
クミンP、ターメリックP、パプリカP、チリP・・・少々

レタス、セロリ、パプリカ・・・適量


【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り、軽く塩・胡椒を振る。
ヨーグルト他を混ぜた”漬けだれ”に半日ほど
漬け込む。
2.熱したガスグリルに入れて、両面を10分間
ほど焼く。
皿にカレー炒飯を盛り、タンドリーチキンを乗せ
る。ナイフとフォークでいただく。

カレー炒飯
 (ご飯、玉ねぎ、パプリカ、人参、牛肉、塩、胡椒、カレー粉など)


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはもう、バッチリの出来だ。
初めて作ったタンドリーチキンだったが、香り・塩味・ジュー
シーさの全てが満点だ

浸け込んで5時間ほど冷蔵庫に置いたが、丁度良かった。

カレー炒飯もそれなりに美味いので、どんどんと食べ進む。
妻も「鶏肉がおいしいねえ」と、喜んでくれた。


でっかい豚しょうが焼き ~たっぷりの新玉ねぎを乗せて

butasho1


敬愛する飛田和緒さんが紹介した「ダブル玉ねぎの豚しょうが焼き」
を作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚肩ロース肉(とんかつ用)・・・3枚
塩・胡椒・・・少々
片栗粉・・・適量
新玉ねぎ・・・3/4個分

しょうが焼きタレ
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
おろし生姜・・・大さじ1
おろし玉ねぎ・・・1/4個分


【作り方】
1.玉ねぎ1/4個を「ハンドミキサー」でつぶす。
豚肉の筋を切り、塩・胡椒を振ってから両面に
片栗粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、豚肉を焼く。
焼けたら一旦取り出し、串切りにした玉ねぎを
焼き、取り出す。
そこに<しょうが焼きタレ>を入れて煮詰め、
肉を戻し入れてからめる。
2.皿に肉を盛り付け、上に玉ねぎ炒めを乗せ
てからタレを掛ける。

     butasho2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーむ、もっと期待していたのだが・・。
下味の塩をきつい目に振ったせいか、塩味強し。
それに、とろみが思ったより強く、生姜の風味が弱かった。

2~3度作らないと、自分好みにはできないのかも。

油で揚げ焼きして、湯せんする「ローストビーフ」を作る

roast-b1


今回は実験料理だ。たっぷりの油で揚げ焼きにした牛もも肉を
ジプロックに入れて湯せんする。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

和牛もも肉・・・300g
ローストシーズニング(日本食研)・・・大さじ1~2

市販ステーキソース・・・適量
オリーブ油・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量


【作り方】
1.室温に戻した牛塊肉にシーズニング粉
をまぶす。
フライパンにたっぷりの油を熱し、牛肉
揚げ焼きする。(熱油を掛ける)

   roast-b3

   roast-b4

2.少し冷まし、ラップで巻いてからジプロ
ックに入れて空気を抜く。
鍋に沸かした熱湯の中に入れて3分間程
煮てから火を止め、30分間放置する

   roast-b5

3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
薄くスライスして、ステーキソース+オリー
ブ油を掛けていただく。

   roast-b2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや火が入り過ぎたきらいはあるが、よく出来た。
下味のシーズニングの味もバッチリ!
甘辛いステーキソースとオリーブオイルを付ける
と最高だ。

肉肉しくて、適度にやわらかく、妻も喜んでくれた。


ごぼうハンバーグ

gobou-h1

gobou-h2


ごぼうが残っている。きんぴらにして、ハンバーグに混ぜて焼いて
みよう。
半分は、イタリアンパセリとチーズを入れてみる。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・300g
  (国産牛ひき肉200g+国産豚ひき肉100g)
玉ねぎ・・・1/2個
パン粉・・・適量
卵・・・1個
塩・胡椒・・・少々
ごぼう・・・1/2本
人参・・・適量
醤油・砂糖・・・各小さじ2

ナツメグ・・・少々
イタリアンパセリ・・・適量
ピザ用チーズ・・・適量

フレッシュトマトソース
トマト・・・1/2個
ケチャップ・・・大さじ1
タバスコ・・・少々


【作り方】
1.ごぼうを笹がきにし、水にさらす。
フライパンに油を熱し、ごぼうと人参を
炒め、同割の砂糖・醤油をからめる。
きんぴらごぼう>の粗熱を取る。
玉ねぎをみじん切りし、パセリは細かく
みじん切りにする。
2.ボウルにひき肉その他を混ぜ、基本
のたねを作る。
半分にきんぴらごぼうを混ぜ、残り半分
にはナツメグ・パセリ・チーズを混ぜた。
5センチ径に丸める。

   gobou-h3

2.フライパンに油を熱し、ハンバーグを
焼く。
湯を1/2カップ入れてフタをし、蒸し焼き
にする。
とんかつソースと、フレッシュトマトソース
を掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

牛肉の比率が高い所為か、肉肉しいハンバーグだ。
ごぼうのきんぴらが入った方は、素晴らしく良い風味
がする。大成功。
チーズインのものは、やや平凡だった。

取り分け方式の小さなハンバーグは、家族にも好評。
喜んでくれた。


ポークスペアリブのロースト

pork-s1

pork-s2


神戸・元町にある焼豚が評判の”新生公司”で、「味付スペアリブ」をゲット。
ガスグリルでじっくりと焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

味付スペアリブ・・・400g
レタス、胡瓜、ルッコラ、ラディッシュ他・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量
レモン・・・1/4個

     pork-s4


【作り方】
1.スペアリブをそのままガスグリルで10分間
ほど焼く。
大皿に野菜を敷き、スペアリブを盛り付ける。

 ※市販ポテサラと、ゆで卵のサラダを作った。
   pork-s3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

とりたててゴージャス感もチャイニーズ感もないが、
素直な味付けに好感が持てる。
個人的にはもう少し、甘みが欲しかったが、妻は
「おいしいね」と褒めた。

安価なので、ホームパーティーに使えそうだ。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 豚肉 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター