ひらめ薄造りの香味野菜巻き

shirame3

shirame2


「ひらめの刺身用サク」をゲットしたので、フグ薄造りのように
野菜を巻いてポン酢で食べてみよう。
旬のホタルイカも盛り合わせた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ひらめ刺身用(大分県産)・・・1サク
水菜、人参、大葉、生姜・・・適量
青ネギ・・・適量

生わかめ・・・適量
新玉ねぎ・・・適量
ほたるいか(兵庫県産)・・・20杯

昆布ポン酢・・・適量


【作り方】
1.ひらめを薄くそぎ切りする。野菜を細く切り
揃える。
生わかめを熱湯で少しボイルして水に浸す。
新玉ねぎをカットして水にさらす。
2.大皿にひらめの野菜巻きと、ボイルほたる
いかを盛り付ける。
ポン酢につけていただく。
わかめと玉ねぎには「青じそドレ」を掛けた。

    
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ひらめの身はコリコリして、噛みしめると芳醇な甘さ
がある。
シャキシャキの香味野菜と一緒に食べると、ポン酢
の風味と相まって爽やかだ。

ほたるいかも新鮮で実にウマイ。(わさび醤油)
ご飯が進む。妻も喜んでくれた。


スポンサーサイト

カレイの塩煮

karei1


鮮魚売り場で、旬の子持ち赤カレイ(福井県産)をゲットして帰る。
さて、さっぱりとした煮つけにしてみようか?


【材料】    ※レシピは2人分です。 

カレイ・・・2切
塩・・・適量
椎茸・・・2個
長ねぎ・・・適量
小松菜・・・適量
生姜・・・1片

昆布出汁・・・1C
薄口醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・少々


【作り方】
1.カレイの身に塩を振って、20分間ほど置く。
水洗いし、熱湯を掛けて霜降りにする。
すぐに冷水に取り、水気を拭く。
2.フライパンに出汁を沸かし、カレイを入れて
中火で煮る。
椎茸、小松菜、長ねぎを加えて10分間ほど煮た。

     karei3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、これはちょっとザンネン。
上品過ぎると言うか、味が薄くてぼやけている。

もっとしっかりと”振り塩”をすべきだったのだろう。
やはり、定番の「煮つけ」が良かった・・・?。


ヤリイカの塩焼き

ikayaki


青森県産のきれいなヤリイカを見つけた。
シンプルな塩焼きにして、いただこう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ヤリイカ・・・中2杯
酒・・・適量
塩・・・少々
レモン・・・適量

マヨネーズ・・・大さじ1
醤油・・・少々
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.ヤリイカを下処理し、酒をからめ少量の塩を振る。
魚焼き用網で炙り、適当な大きさに切り分ける。
マヨ醤油をつけながらいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ガスコンロで網焼きしたのだが、火力が出ずに苦戦した。
結果として”半生焼き”になってしまったが、味の方は
すこぶる旨い。
香ばしい香りがついているので、良かった。
妻も喜んでくれた。


赤貝とグリーンアスパラのみぞれ酢和え

kaisu1


TVで見かけた「みぞれ酢」(大根おろし+酢)を使ってみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

・・・6枚
グリーンアスパラガス・・・2本
キヌサヤ・・・6枚
ミニトマト・・・3個

みぞれ酢
大根おろし・・・大さじ3ほど
すし酢・・・大さじ2
柚子果汁・・・少々
薄口醤油・・・少々


【作り方】
1.アスパラを塩茹でしてから、一口大に切り分
ける。キヌサヤも塩茹でする。
大根を摩り下ろし、「みぞれ酢」を作る。
2.赤をすし酢に浸して冷蔵庫にしばらく置く。
小鉢に盛り付けて、上に「みぞれ酢」を掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

酢の物というより、フレッシュな和風サラダである。
も旨いが、シャキっとしたグリーンアスパラが
素晴らしい。

「みぞれ酢」は、やや上品過ぎるので、少し醤油を
垂らした。
贅沢な小鉢料理だった。


焼き塩サバ ~アスパラ菜炒めを添えて

shiosaba1


大好物のノルウェー産塩サバを見つけて、ゲット。
魚焼きグリルで焼いて、ご飯をワシワシ食べることにしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

塩鯖切り身・・・3切
大根・・・適量

アスパラ菜・・・適量
小松菜・・・適量
パプリカ・・・適量
焼豚・・・適量
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.塩鯖を水洗いし、よく拭く。
グリルを熱し、鯖切り身を焦げ目が付くまで
しっかりと焼く。
大根おろしを用意する。
2.フライパンに油を少量熱し、野菜と焼豚
を炒めて、塩・胡椒を振る。

   shiosaba2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やはり”塩サバ”は、脂が乗って旨い。
安くて、旨くて、白ごはんによく合う。
(神戸の産直市場で買った)アスパラ菜は、ちょっぴりほろ苦
い春の味わいだ。

姫路”赤心”流の豚汁(大きく切った豚バラ肉と玉ねぎだけの
赤だし)とのコンビネーションも良かった。


ヒラメのムニエル ~レモンバターソース

hirame1


鮮魚コーナーで、美味そうな大分県産(刺身用)のヒラメを見つけた。
ムニエルにして、洋風のディナーにしよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ヒラメ刺身用・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
バター、サラダ油・・・適量
レモン汁・・・適量

     hirame2


【作り方】
1.ヒラメに塩・胡椒を振り、小麦粉をまぶす。
フライパンにバター+油を熱し、ヒラメを焼く。
焼き目が付けば、皿に盛り付ける。
2.フライパンに残ったバターにレモン汁1/2個分
を足し、塩・胡椒で味を調え、ヒラメに掛ける。

     hirame3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはイメージした通りの美味しさ。
バターのコクにレモンの爽やかな風味が加わって
淡白な白身魚によく合っている。

刺身でも食べてみたかったが、ムニエル+塩パン
のコンビネーションは極上だった

妻も大絶賛!


ぶりの味噌カツ

buri1


旬のぶりを使って、ちょっぴり風変わりな”ぶりカツ”を揚げてみる。
名古屋土産の「つけてみそかけてみそ」を掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ぶり切り身・・・2切
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
溶き卵・・・適量
パン粉・・・適量

味噌調味料・・・大さじ3
 (「つけてみそかけてみそ」)
だし汁・・・大さじ1
おろし生姜・・・少々
柚子の皮・・・少々
白ごま・・・適量


【作り方】
1.ぶりを水洗いした後、骨を抜き2つに切り分ける。

     buri2

     buri3

塩・胡椒を振り、小麦粉>溶き卵>パン粉を付けて
油で揚げる。

     buri4

2.皿に盛り付け、味噌ダレを掛け、胡麻を振った。

     buri5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは美味いなあ。
ぶりの身がふっくらして脂も乗り、風味が良い。
味噌ダレはかなり甘いが、よく合っている。

妻も「おいしいね、また作ってよ」と、喜んでくれた。


オイル・サーディンの缶つまアヒージョ

oil-s1

     oil-s2


キッチンの食品庫にオイル・サーディン缶を発見。
いつかホームパーティーで使おうと思っていたが、機会を逃していた。
塩パンと一緒に食べることにしよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

オイルサーディン缶・・・1缶
 (英国製”KING OF KINGS”)
ガーリックP・・・少々
輪切り唐辛子・・・少々
レモン・・・適量


【作り方】
1.オイルサーディン缶を空け、ガーリックPと唐辛子
を振り、輪切りしたレモンを乗せてオーブントースター
で5~6分間加熱した。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

小ぶりなサーディンの味が抜群に良い。
塩加減も絶妙だ。
後半、醤油と黒胡椒を振ってみたが、特に必要なかった。

アヒージョのように、パンをオイルに浸して食べる。
アンデルセンの塩パンがウマ過ぎて、2個ペロリと食べて
しまった。(笑)


しらす丼 ~刺身を乗せて海鮮丼風に

sirasu1

sirasu2


スーパーで”さしみ盛り合わせ”を買ったついでに、「釜揚げしらす
もゲット。しらす丼を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人前
釜揚げしらす・・・1パック
刻み海苔・・・適量
貝割れ菜・・・適量
いり胡麻・・・少々
かつおぶし・・・少々
わさび醤油・・・少々


【作り方】
1.温かいご飯を丼に盛り、海苔と胡麻、かつおぶし
を振ってからしらすを載せる。
刻んだ貝割れ菜を載せ、わさび醤油を掛けながら
いただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

刺身盛りと、しらす丼は別々に食べようと思ったが、
結局わさび醤油につけた刺身を丼に乗せながら
一緒に食べた。

海鮮丼のように全体の調和が取れて、抜群に美味く
なった。


開きふぐのから揚げ

fugu1


デパ地下の鮮魚売り場を歩いていて、”開きふぐ”が気になった。
一塩をした小ぶりのふぐが4尾入っている。
網焼き炙りは止め、唐揚げにしてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・開きふぐ       4尾
 (シロサバフグ)
・醤油、みりん、酒   適量
・おろし生姜       〃
・片栗粉         〃

・レモン        適量
・マヨソース       〃
 (マヨネーズ+醤油+七味)


【作り方】
1.ふぐを水洗いし、骨を取り除いた。

     fugu2

  醤油・みりん・酒を混ぜ、下味をつける。
  10分間ほど浸けた。
2.片栗粉をたっぷりと付け、油で揚げる。
  レモンを絞り、マヨソースをつけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

一塩をしたふぐだったので、やや塩味が強くなったが、
仕上がりはかなりグッド!
身がしっかりとして、プリッとしてイイ感じだ

私は熱燗のアテにしたが、妻はご飯のおかずで食べ、
「カリッとしておいしいネ」と、喜んでくれた。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

アボカド じゃがいも ほうれんそう ベーコン 厚揚げ わかめ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 トマト 生ハム キャベツ  アスパラガス 香菜 牛肉 オクラ しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜  ハマチ ナッツ  塩さば 豆腐 ニラ 焼豚 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜  ゆりね カニカマ 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム チーズ サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン ちくわ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 タラ 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター