タコとセロリのマリネ

takoseri1


魚屋で明石産の新鮮な「茹でダコ」を見つけた。
半分は刺身でいただき、もう半分はマリネにして食べよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

茹でダコ(刺身用)・・・適量
セロリ・・・1本
玉ねぎ・・・1/4個
オリーブ油・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1
ワインビネガー・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
※めかぶパックの残りダシ・・・大さじ1
ドライバジル・・・少々
オリーブ実・・・適量
レモン・・・適量


【作り方】
1.タコを食べやすい大きさに削ぎ切りする。
セロリの筋を取り、タコと同じ大きさにカット。
玉ねぎをスライスし、塩もみして水で洗う。
セロリも軽く塩もみした。
2.ボウルにマリネ液を作り、玉ねぎ、タコ
セロリを浸けて、1時間ほど冷蔵庫に置く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タコがプリプリ、セロリがシャキシャキ、うまいぞ!
絶品だ。
ずっと、タコとセロリを食べたかったこともあるが、
こんなに美味いとは、驚きだ。
思い付きで「めかぶとろろの残り汁」を入れたのも
効いたようだ。
白ワインを出して、リッチな前菜を愉しんだ。


スポンサーサイト

秋刀魚のかば焼き

sanma-k1


ことしの秋刀魚はどうかな? 小ぶりだと聞くが、試しに買ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

サンマ(北海道産)・・・2尾
塩・・・少々
小麦粉・・・適量

醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ0.5

椎茸・・・6枚
ミニトマト・・・適量
すだち・・・1個
粉山椒・・・少々


【作り方】
1.サンマを三枚に下ろして軽く塩を振り、
しばらく置く。
水気を拭き、全体に小麦粉をまぶす。
甘辛たれを合わせておく。
2.フライパンに油を熱し、サンマを焼く。
油をふき取ってから、たれを注ぎ入れて絡
める。
皿に盛りつけ、焼き椎茸その他を添えた。

     sanma-k2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

秋刀魚は大きなものを入手したが、まだ高価だ。
三枚におろすと身が少なくて貧相な皿になった。

味の方がなかなか良かったが、次回は王道の
塩焼きで食べよう。


鯛のカルパッチョ ~カラフル野菜をトッピング

taicarpa2

taicarpa1


刺身も食べたいが、カルパッチョも良い。
夏の終わりに、冷たい真カルパッチョを作った。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

(愛媛産)・・・1サク
ベビーリーフ・・・適量
黄パプリカ、胡瓜、玉ねぎ、ミニトマト・・・適量

ドレッシング
オリーブ油・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・小さじ2
醤油・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
レモン汁・・・少々


【作り方】
1.のサクを薄く削ぎ切りにする。
パプリカ、胡瓜、玉ねぎ、トマトを細かいアラレに
カットする。玉ねぎは塩もみする。
ドレッシングを混ぜて準備する。
2.皿に軽く塩・胡椒を振り、上にを並べる。
ドレッシングを回し掛け、野菜を散らして飾る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

狙った通り、ウマイ。
さっぱりして、身がプリプリして、よく出来ている。
冷蔵庫に30分間入れて冷やしたので、爽やかだ。

キューリのシャキシャキ食感もグッド。
妻も喜んでくれた。


えびマヨ ~赤海老のむき身を使って

ebimayo1


デパ地下でゲットした赤海老のむき身を使って、海老マヨ風の
一品を作ろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

海老むき身(アルゼンチン産)・・・15尾ほど
塩、胡椒、酒・・・少々
片栗粉・・・適量

マヨソース
マヨネーズ・・・大さじ3
牛乳・・・大さじ1
ケチャップ、砂糖、レモン汁・・・少々


【作り方】
1.海老を洗って下処理する。
塩・胡椒・酒を振って下味を付ける。
水分を拭き、片栗粉をまぶす。
油でカリッと揚げ焼きにする。
マヨソースを絡める。

     ebimayo2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

海老は大きくて臭みもないので、合格だ。
もう少したっぷりの油でカラッと揚げるべきだったが、
初めて作ったから、まあ良いか・・。

マヨソースが単調なので、スイートチリソースを足した。


イカのマリネサラダ

ikasalad1


町の魚屋を覗くと、淡路島産の新鮮な小イカが目についた。
とりあえず、今夜はイカマリネのサラダにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

イカ(淡路産:さしみ用)・・・2杯
塩・黒胡椒・・・少々
ドライバジル、パプリカP・・・少々
オリーブ油・・・適量
レモン汁・・・少々
レタス、人参、ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.イカを下処理し、4センチ角程度に切り分
ける。
鍋に湯を沸かし、塩・酒を加えてから火を最小
にして、茹でる。すぐに冷水に取る。
水気を拭き、塩・胡椒・オリーブ油・レモン汁を
加えてしばらくマリネする。
2.器にレタス・人参・トマトを盛り付け、マリネ
したイカを乗せる。
ドライバジルとパプリカPを振る。

     ikasalad2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通り、イカが柔らかくてウマイ。
シンプルなマリネだから、素材の魅力が出る。
白ワインがススム。
妻も喜んでくれた。


イカのマリネ

ikamari1


大阪のデパ地下鮮魚コーナーで、衝動的に「紋甲イカの切り落とし」を
買って帰った。
さて、どうして食べようか?


【材料】    ※レシピは2人分です。 

イカ(切り落とし)・・・1/2パック
胡瓜、玉ねぎ、人参、水菜・・・適量

ドレッシング
オリーブ油・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・大さじ1
レモン汁・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
砂糖・・・小さじ0.5
粒マスタード・・・小さじ1
醤油・・・少々


【作り方】
1.イカを水洗いしてから軽く塩ゆでし、水に落とす。
胡瓜をカットし、水に晒す。
玉ねぎ・人参を薄くスライスし、軽く塩を振る。
2.ボウルにマリネ・ドレッシング液を作り、水を切った
野菜とイカを入れる。
冷蔵庫に1時間ほど置く。

     ikamari2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

ザンネン。イカを茹ですぎたのか、硬くなった。
刺身にもできるとあったので、半生にするべきだった。

しかし、野菜のマリネはかなり良かった・・・。(トホ)


あじ大葉フライ

ajif1

   ajif3


どうしても肉中心の食事が多いので、今回は「魚」を買って帰る。
フライにすれば家族全員が楽しめるだろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

アジ(三枚おろし)・・・4尾分
塩・胡椒・・・少々
大葉・・・4枚
バッター液(小麦粉+卵+水)・・・適量
パン粉・・・適量

ケチャップソース(ケチャップ+ウスターソース)・・・適量


【作り方】
1.三枚おろしのアジの小骨を抜く。
軽く塩・胡椒を振り、大葉を乗せ、バッター液と
パン粉を付ける。
油でカラッと揚げる。
ケチャップソースをかけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

カラッと揚がっていて、なかなかウマイ。
やや下味が強い感じがするが、ご飯のおかずになる。
大葉の存在感はあまりなかった。

家族は喜んでくれた。

サバの胡麻焼き

sabagoma1


「さわらの胡麻焼き」をTVで観て、(サバ)に替えて試してみた。

【材料】    ※レシピは3人分です。 

サバ・・・1尾分
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
生姜・・・1片
片栗粉・・・適量
卵白・・・1個分
白ごま・・・適量

レタス・・・適量
レモン・・・1/2個


【作り方】
1.サバの骨を抜き、2センチ厚さに削ぎ切りする。
醤油・酒・みりん・おろし生姜に浸けて、15分間ほ
ど置く。
2.水分を拭き、片栗粉をまぶす。
卵白を塗り、胡麻をたっぷりと付ける。
フライパンに油を熱し、焦げないように焼く。

     sabagoma2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思ったよりも作るのが大変だった。
下味を付けて片栗粉、そして卵白からの胡麻まぶし。
胡麻を全面につけたので、白ごまが途中でなくなり
急遽黒ごまを使った。(汗)

香ばしさが余り出なかったのは、焼き油の量が不足
した所為だろう。
見た目も味も、中途半端な一皿になった。


子イカのしょうが煮

    ikani2


デパ地下で小ぶりのスルメイカをゲットして帰る。
シンプルな煮つけにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

スルメイカ(富山産)・・・小6杯
生姜・・・1片

酒・・・大さじ3
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1


【作り方】
1.イカを水洗いし、ワタと骨・くちばしを取り除く。
鍋に調味液を煮立たせ、千切りにした生姜を入れる。
煮汁が沸騰すれば、イカを投入し、3~4分間煮て火
を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

イカがやわらかく、煮汁は甘くて良い出来栄え。
新鮮なイカの料理は、すばやく簡単にできる。

熱いまま食べたが、冷めてもおいしいのでは
ないだろうか?


ひらめ薄造りの香味野菜巻き

shirame3

shirame2


「ひらめの刺身用サク」をゲットしたので、フグ薄造りのように
野菜を巻いてポン酢で食べてみよう。
旬のホタルイカも盛り合わせた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ひらめ刺身用(大分県産)・・・1サク
水菜、人参、大葉、生姜・・・適量
青ネギ・・・適量

生わかめ・・・適量
新玉ねぎ・・・適量
ほたるいか(兵庫県産)・・・20杯

昆布ポン酢・・・適量


【作り方】
1.ひらめを薄くそぎ切りする。野菜を細く切り
揃える。
生わかめを熱湯で少しボイルして水に浸す。
新玉ねぎをカットして水にさらす。
2.大皿にひらめの野菜巻きと、ボイルほたる
いかを盛り付ける。
ポン酢につけていただく。
わかめと玉ねぎには「青じそドレ」を掛けた。

    
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ひらめの身はコリコリして、噛みしめると芳醇な甘さ
がある。
シャキシャキの香味野菜と一緒に食べると、ポン酢
の風味と相まって爽やかだ。

ほたるいかも新鮮で実にウマイ。(わさび醤油)
ご飯が進む。妻も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

ローストビーフ トマト 人参 ブロッコリー 合いびき肉  椎茸 豚肉 牛肉 まぐろ  タコ 小松菜 ハム じゃがいも サンマ 胡瓜 もやし 鶏肉 ナス イカ ニラ 長芋 豚ひき肉 アスパラ 海老 とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き かぼちゃ パプリカ  ちりめんじゃこ イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ほうれんそう ベーコン わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  大根 いか スナップエンドウ 白菜 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター