鶏ごぼう飯と、きゅうりの味噌ヨ-グルト漬け

takikomi1

takikomi2


「釜めしの素」にごぼうを加えて炊き込みご飯を炊いてみよう。
胡瓜が1本あるので、味噌ヨーグルト漬けの漬物を添える。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

地鶏釜めし」(ヤマモリ)・・・1箱
米・・・2合
ごぼう・・・10センチ
三つ葉・・・適量

胡瓜・・・1本
塩・・・少々

味噌ヨ-グルト
合わせ味噌・・・大さじ2
プレーンヨーグルト・・・大さじ2

     yamamori1


【作り方】
1.この釜飯の素は3合炊き用なので、説明書
に従って、「だし」を大さじ1減らして2合分にし、
炊飯釜に入れた。
ごぼうをささがきにし、水に晒してから加える。
普通に炊飯する。
2.胡瓜を丸のまま塩もみしてしばらく置き、
しんなりしたら水で洗う。
ビニール袋に<味噌ヨーグルト>を作り、胡瓜
を漬けて、半日置く。
水洗いしてから1cm幅に切る。

     takikomi3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

市販の炊き込みご飯の素は、どれもよく似た味だが、
これもよく出来ている。食べやすい。
追加したごぼうも風味を良くした。

胡瓜の漬物は(期待した)粕漬けっぽい香りはなく、
ややガッカリした。


スポンサーサイト

キーマカレー ~ジャスミンライスを「湯取り法」で炊く

jasmin1



長粒米(タイ米)をパスタのように茹でる「湯取り法」に初トライ。
同じくカルディで求めたレトルトカレーを掛けてみる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ジャスミンライス(タイ香り米)・・・1合分(180cc)
水・・・たっぷり

レトルトカレー(キーマカレー)・・・1箱
セロリ、ミニトマト・・・適量

   jasmin2


【作り方】
1.鍋にたっぷりの湯を沸かす。
沸騰したら(洗っていない)米を入れ、少しかき
混ぜながら8分間ほど茹でる。
湯を捨てて弱火にかけ、パチパチと音が鳴れ
ば火を止めて、蓋をして8分間ほど蒸らす。
2.皿に盛り、湯せんして温めたキーマカレー
を掛ける。
アクセントに、刻んだ野菜をトッピングした。

   jasmin3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

「湯取り法」でうまく炊けた。大成功!
8分茹でて、湯を捨て、30秒間ほど水分を飛ばし、
更に8分間蒸らすだけ。
炊飯器を使わなくても、おいしく出来た。

レトルトのキーマカレーも上質で良かった。


ささみソースかつ丼

so-katudon1

so-katudon2


ソースかつ丼を作ろうと思うが、今回は鶏ささみ肉を使ってみよう。
野菜のサラダ(ヨーグルトソース)を添える。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ささみ・・・3本
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・水・マヨネーズ・・・適量
カレー粉・・・少々
パン粉・・・適量
温泉卵・・・2個
キャベツ・・・適量

甘辛ソース
ウスターソース・・・大さじ3
みりん・・・大さじ1
めんつゆ・・・小さじ1
砂糖・・・少々


【作り方】
1.ささみの筋を取り、観音開きにする。
適当な大きさにカットし、軽く塩・胡椒を振る。
小麦粉+水+マヨ+カレー粉を混ぜて衣を作る。
ささみに衣>パン粉を付ける。
キャベツを太千切りにし、レンチンする。
甘辛ソース>を作っておく。
2.フライパンに油を熱し、きつね色になるまで
揚げる。
丼にご飯を盛り、茹でキャベツを敷く。
揚がったささみフライをソースに浸してから乗せる。
脇に温泉卵を落とした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

「ソースかつ丼」を初めて作ったが、美味いものなんだな。
鶏肉がやわらかく、衣はパリッとしている。
そして、ソースが絶妙に旨い。ピリ辛で、適度に甘い。
少し加えたカレー粉は絶妙な隠し味になっていた。

良い出来栄えに、うれしくなった。
妻も「おいしくできている!」と、誉めてくれた。


オムライス・キーマカレー

om-c1

   om-c2


週末のランチは、お気に入りのレトルトカレーを食べる。
白ご飯のオムライスに掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトカレー・・・1箱
 (明治 銀座キーマカリー)
ご飯・・・茶碗1杯分
・・・2個
塩・胡椒・・・少々
イタリアンパセリ・・・適量

     ginza3


【作り方】
1.レトルトカレーを湯せんして温める。
を溶いて、塩・胡椒を混ぜる。
フライパンに油+バターを熱し、溶き
流し入れてかき混ぜる。
上に白ご飯を乗せて、クルッと巻き込む。
2.皿にオムライスを置き、キーマカレー
を掛けて、みじん切りパセリを散らす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った通りのおいしさ。
銀座カリー(辛口)(中辛)も美味いが、キーマも良い。
ライスだけを巻いたオムライスもぴったり合っている。
満足できるランチになった。


春色の豆サラダ
  そら豆、インゲン、スナップエンドウなどの野菜を使った
  サラダは、爽やかで良かった。
  (オリーブ油、ワインビネガー、レモン汁、塩、黒胡椒等)

   mame-s1



焼豚玉子めし ~専門店の焼豚を使って

yakibu1


神戸で本格的な(釜焼きした)チャーシューを買って帰る。
さて、おいしい焼豚を使う料理はコレだ。
今治市のB級ご当地めし


【材料】    ※レシピは1人分です。 

焼豚・・・5枚
・・・1個
塩・黒胡椒・・・少々
ご飯・・・1人前
青ネギ、貝割れ菜・・・適量

たれ
醤油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ0.5


【作り方】
1.小鍋に<たれ>の調味料を入れ、煮詰め
てから焼豚を入れて絡める。
焼豚を食べやすい拍子木状にカットする。
2.丼にご飯を盛り、タレを掛ける。
焼豚を並べ、目玉焼き(塩・胡椒)を乗せる。
刻んだ青ネギ・貝割れ菜をトッピングする。

   yakibu2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

勿論、それなりに旨いのだが、平凡過ぎる。
ご飯に焼豚と目玉焼きが乗りました、という味。

「ケンミンショー」で見た時は確か、ラードで焼いていた。
香ばしさが足りなかったようだ。

焼豚と胡瓜の小鉢
  (焼豚・きゅうり・パプリカ・塩・ごま油・ポン酢)
  残った焼豚を使って、酒肴を作った。
  これは、抜群のうまさだった。

   yakibu3


ナシゴレンを焼いてみよう

nasig2


カルディで、インドネシア風焼きめし「ナシゴレンの素」をゲット。
さて、どんな味だろう?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ご飯・・・1人前
ナシゴレンの素」・・・1/2袋
鶏もも肉・・・適量
玉ねぎ・パプリカ・ピーマン・・・適量
卵・・・1個
レモン・・・適量

     nasig3


【作り方】
1.鶏肉と野菜を小さくカットする。
フライパンに油を熱し、鶏肉・野菜を炒める。
ナシゴレン・ペーストを加え、ご飯を混ぜる。
2.皿に盛り、フライドエッグとレモンを添える。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思っていたより味が濃い。
XO醤(ジャン)のような海鮮味噌の風味がする?

サッパリさせるためにレモンを絞り、フライドエッグを
潰して混ぜると、随分食べやすくなった。


カルディの「海南鶏飯」を炊いてみよう

kainan1

     kainan2


カルディで「海南鶏飯(海南チキンライスの素)」を見つけた。
鶏肉を載せて、炊飯器で炊くだけ。 どんな味だろう?


【材料】    ※レシピは2人分です。 

海南鶏飯」・・・1箱
(炊き込みたれ1袋+かけだれ黒1袋・かけだれ赤1袋)
米・・・2合
長ねぎの青い部分、パクチーの根っこ・・・適量
鶏もも肉・・・1枚
胡瓜・・・1/2本
ミニトマト・・・6個
パクチー・・・1把

   kainan3


【作り方】
1.米を研ぎ、普通に炊飯器にセットする。
<炊き込みたれ>を混ぜ、上に鶏肉、長ねぎ、
パクチーの根っこを乗せて炊飯する。

   kainan4

2.炊き上がれば、鶏肉をカットし、ご飯と鶏肉
を皿に盛り付ける。
胡瓜とトマトを添え、パクチーをトッピングする。
2種の<かけだれ>を掛けながらいただく。

   kainan5


アスプロの青菜炒め
 (アスプロ、ニンニク、赤唐辛子、ごま油、塩・胡椒、オイスターソース)

   kainan6


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

オオッ、一口目から美味い。
チキンライスは、かすかにナンプラーの香り、甘くてイイ
塩梅の塩味がうれしい。
甘醤油味の黒いたれ、チリソース味の赤いたれ鶏肉
に掛けていただくと、スプーンが止まらない。

空心菜の代わりに新野菜「アスプロ」を使った青菜炒め
は、ほぼパーフェクトの味付け。
妻も喜んでくれた。


鯖そぼろの三色丼

sabadon1

sabadon2


鯖の水煮缶を使った(経済的で栄養たっぷりの)三色丼を作りたい
と思う。生姜風味を効かせたサッパリ味にする。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人分

鯖そぼろ
さば水煮缶・・・1缶(190g)
生姜・・・1片
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1

卵・・・2個
塩・砂糖・マヨネーズ・牛乳・・・少々

冷凍インゲン・・・適量
紅生姜・・・適量


【作り方】
1.小フライパンに油を熱して刻んだ生姜を
炒め、汁を切った水煮缶を空ける。
調味料を加え、全体に味が行きわたる様に
混ぜる。
2.炒り卵を作り、冷凍のインゲンはレンチ
ンしてから斜め切りする。
温かいご飯を丼に盛り、鯖そぼろ、炒り卵、
インゲン、紅生姜を盛り付ける。

赤玉ねぎのおかか和え
  (赤玉ねぎ、トマト、すし酢、かつおぶし、醤油)


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

鯖のそぼろは、もっと期待したのだが、やや貧弱な
味になった。
砂糖をもう少し足した方が良かったか?

付け合わせに作った「赤玉ねぎのおかか和え」は、
さっぱりして好評だった。


きのこあんかけ天津飯

tensin1

tensin2


「きのこあんかけオムレツ」を作ろうと思ったら、天津飯に
なっちゃった。(笑)


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人前

かに玉
・・・4個
カニカマ・・・適量
ニラ・・・適量
マヨネーズ、塩、胡椒・・・少々


チキンスープ・・・2C
ぶなしめじ、小松菜・・・適量
薄口醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖、酢・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

ごま油・・・少々
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.先に、<>を作る。
鍋にスープを作り、野菜と調味料を加えて
から水溶き片栗粉でとろみをつける。
2.<かに玉>を作る。
液にカニカマと刻んだニラを混ぜ、フライ
パンで焼く。
皿にご飯を盛り、かに玉をかぶせてから餡
をたっぷりと掛ける。
ごま油を垂らし、刻んだ青ネギをトッピング
する。

   tensin3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

中華と和風の中間?
餡も”甘酢”にしなかったので、やや大人しいが、
味は良い。
最後に垂らしたごま油が香ばしい。

もう少しとろみを強くした方が、最後まで冷めず
に食べれたかも・・。


ふっくら親子丼

oyako1

oyako2


妻のリクエストに応えて、久しぶりに親子丼を作ってみよう。
先日、蕎麦屋で食べた”鶏肉が旨い親子丼”を思い出して・・・。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
・・・4個
みつば・・・適量

丼つゆ
かつお昆布出汁・・・1/2C
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2

ご飯・・・2人前
黒七味・・・少々


【作り方】
1.鶏肉を大振りにカットし、玉ねぎを薄く切り分
ける。
4個を、割りほぐす。
2.小フライパンに丼つゆ半分を入れて沸かす。
鶏肉・玉ねぎを入れ、蓋をして軽く煮る。
溶き2/3を周し入れて、30秒煮てから残り
を加えて1分間煮る。
みつばを乗せ、丼のご飯にかぶせる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

を投入してから丼に盛り、食べるまでは時間勝負
だから慌ただしい。
さて、どうだろう?

味付けはいつもより濃くしたが、大丈夫のよう。
只、甘さがやや強いかも・・。
妻からは、合格点をもらった。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 豚肉 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター