FC2ブログ

スタミナカレー ~揚げナスと豚こま炒め

sta-c1
sta-c2
sta-c3


たまには「カレールウ」を使った簡単カレーを作ってみよう。
揚げナスと炒めた豚こま肉+小松菜をトッピングする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚こま肉・・・100g
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/2本
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々
塩・・・少々
あらごしトマト・・・50cc
和風だし・・・2C
カレー粉・・・小さじ1
カレールウ(ハウスジャワカレー中辛)・・・2かけ
フライドオニオン・・・大さじ2
刻みパセリ・・・少々

ナス・・・1本
塩・・・少々

豚こま肉・・・150g
小松菜・・・1把
めんつゆ・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
焼肉のたれ・・・大さじ1


【作り方】
1.豚肉を細かく切り、玉ねぎをスライスする。
人参はおろし金ですりおろした。
フライパンに油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒め、
ニンニク、生姜、人参を加える。
塩少々とカレー粉を加えて炒める。
2.トマトピューレと和風だしを注ぎ入れて、
10分間煮る。
一旦火を消し、カレールウとフライドオニオン
を加えてから、しばらく煮る。
3.ナスを輪切りにして水に浸けてから水気
を拭く。
フライパンに多めの油を熱し、素揚げして塩
を少量振る。
4.豚バラ肉を一口大に切り、ぬるま湯で茹
でる。
小フライパンに油を熱し、豚肉と小松菜を炒
める。軽く塩・胡椒を振ってからめんつゆ・酒
・焼き肉たれを加えて絡める。
器にライスを盛り、カレーを掛けてからナス
豚肉・小松菜を乗せる。
刻みパセリを散らす。

    sta-c4

   ※トマトとゆで玉子のサラダ
    (レタス、トレビス、胡瓜、トマト、ゆで玉子、ディル、
    玉ねぎポン酢ドレ、パリパリ麺をつぶしてトッピング)
    sta-c5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

構想した通り、うまくできた。
マイルドな食べやすいカレーだが、カレー粉の効果で
ピリッとした大人の味。
意外に「フライドオニオン」の風味が効いている。
豚・小松菜炒めとナスの素揚げも狙い通り。ウマイ!

サラダもベリーグッド。
家族も喜んでくれた。


スポンサーサイト



鶏団子と青菜のスープ ~椎茸・砂肝の唐揚げと一緒に

nikudango-s2

nikudango-s1

nikudango-s3


中華風の鶏団子スープを作ってみよう。大好きな「小松菜」を入れる。
思い付きで、「生椎茸と砂肝の唐揚げ」を揚げてみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏団子
鶏ひき肉・・・200g
もめん豆腐・・・1/4丁
卵・・・1/2個
おろし生姜・・・小さじ1
味噌・・・小さじ1
刻み青ネギ・・・適量
塩・・・少々

小松菜・・・1把

チキンスープ・・・3C
生姜の皮・・・適量
塩、黒胡椒・・・少々
醤油・・・小さじ1
ごま油・・・少々


【作り方】
1.ボウルに鶏ひき肉その他を入れてよく練る。
小松菜は5センチ長さにカットする。
2.鍋にチキンスープを煮立て、ボール状に丸
めた肉だねを落としていく。
塩と醤油を加えて、しばらく煮る。
3.小松菜を入れて火を止め、器に盛る。
黒胡椒を振る。

   ※椎茸・砂肝の唐揚げ
    (椎茸はニンニク醤油だれ、砂肝は柚子胡椒で
     下味を付け、片栗粉をまぶして油で揚げた)


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏団子スープは美味くできた。
鶏から旨味が溶け出して、極上のスープになった。
小松菜のシャキっと感も良い。

椎茸の唐揚げは、水分が多くて苦戦。
砂肝の方が気に入った。良い酒のアテになった。


チキンと野菜のスープカレー

soup-c1
soup-c2
soup-c3


北海道生まれのスープカレーをイメージして、自由に作ってみる。
スパイシーだが、食べやすいカレーを目指す。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1枚(300g)
塩・黒胡椒・・・少々
カレー粉・・・小さじ1

玉ねぎ・・・1個
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
カレー粉・・・大さじ1
クミンシード、カルダモン、クローブ・・・少々
コリアンダーP、ナツメグP、バジルP、韓国唐辛子・・・少々

人参・・・1/2本
じゃがいも・・・3個
赤パプリカ・・・1/3個
黄パプリカ・・・1/3個
ピーマン・・・2個

水・・・3C(600cc)
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
コンソメキューブ・・・1個
あらごしトマト・・・100cc
ココナッツミルク・・・50cc
塩・・・小さじ0.5~
醤油、はちみつ、ウスターソース・・・適量


【作り方】
1.鶏肉を大振りにカットし、塩・胡椒とカレー
粉を振って揉み込む。
フライパンに油を熱し、鶏肉を焼いてから一旦
取り出す。
人参とじゃがいもをカットし、2分間ほどレンチン
し、パプリカとピーマンはオリーブ油でソテー
する。
2.フライパンに油を熱し、みじん切りしたニンニ
ク・生姜とホウルスパイスを炒める。
みじん切り玉ねぎを加えて、さらに炒める。
カレー粉とパウダースパイスを入れて炒めてか
ら、あらごしトマトとチキンスープ、コンソメを入
れる。
焼いた鶏肉と人参・じゃがいもを戻し、塩・醤油
・みりんを足して20分間ほど煮込む。

   soup-c4

最後に味を見て、ココナッツミルクとウスターソ
ースなどを足す。
3.容器にスープカレーを注ぎ、ソテーした野菜
をトッピングする。
ライスをカレーに浸しながらいただく。

   ※春キャベツとニンジンのピクルス
    (キャベツ、人参、塩、だしまろ酢、浅漬けの素、塩昆布)
   soup-c5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープはかなりホット(辛い)だが、やわらかく煮込んだ鶏肉・じゃが
いも・ニンジンと一緒に食べるとバランス良し。
スープだけなら78点だが、鶏肉・野菜と合わせると「90点」になった。

家族も喜んでくれた。私のカレーの腕も徐々に上達している。
ピクルスも、それなりにグッド。


白菜の中華風春雨煮

harusameni1


「ピェンロー鍋」のような干し椎茸風味の春雨煮を作りたい。
豚肉と白菜を使う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

干し椎茸・・・2枚
乾燥キクラゲ・・・適量
豚バラ肉・・・100g
白菜・・・1/8個
春雨・・・30g
生姜・・・1片

(干し椎茸)戻し汁・・・1C
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
オイスターソース・・・大さじ0.5
塩・・・少々
豆板醤・・・少々
ごま油・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量


【作り方】
1.干し椎茸と乾燥キクラゲを水に浸けて
半日置いて戻す。
豚肉と白菜をカットし、生姜をみじんに切る。
春雨は2分間茹でて水で洗った。
2.鍋にごま油を熱し、豚肉を炒める。
生姜と干し椎茸の戻し汁を加え、スープ
の素と肉・野菜・春雨を入れて煮る。
調味料を入れて5~6分間煮込み、最後
にとろみをつけ、ごま油を垂らす。

   harusameni2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

悪くないのだが、もっともっと欲しいと云う病みつき感がない。
やや甘さと塩味が足りないのかも知れない。
期待し過ぎたのかな・・。

でも、家族は喜んでくれた。


和風キーマカレー ~豆カレーと「あいがけ」

kima-c11

kima-c12


ひき肉のキーマカレーを、フリーハンドで作ってみよう。
残っているレンズ豆も使うことにした。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ひき肉・・・200g
赤玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/2本
レンズ豆・・・100cc
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片

チキンスープ・・・2C
あらごしトマト・・・50cc
カレー粉・・・大さじ1
クミンシード、カルダモンP、コリアンダーP、チリパウダー・・・少々
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・・・少々

米・・・2合
雑穀米・・・スティック1本

胡瓜と人参のピクルス・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量
ゆで卵・・・2個


【作り方】
1.赤玉ねぎ、人参、ニンニク、生姜をみじん切
りする。
レンズ豆を、10分間ほど下茹でしておく。
フライパンに油を大さじ2熱し、玉ねぎ・人参・ニ
ンニク・生姜を炒め、豚ひき肉を加えて炒める。
2.カレー粉他のスパイスを加え、チキンスープ
、あらごしトマトを入れて、しばらく煮込む。
調味料を加えて味を見る。
小鍋に少量取り分け、豆だけを入れて煮る。
ターメリックPと、牛乳を少し足した。
3.皿に雑穀米を盛り、周りにキーマカレーと豆
カレーを掛ける。
ゆで卵を添え、ピクルスとパセリを散らす。

     kima-c13


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

かなりイメージ通りにできた。美味しい。
ひき肉のキーマカレーも、豆のダルカレーも両方とも
良いバランスだ。
やはり、醤油・みりんの甘辛さが安心感を与えるのか?

そして、「雑穀ごはん」が実によく合っている。
家族からも好評で、皆お代わりした。


レンチン肉じゃがカレー

nikuja-c1


「本当なのかな?」と疑問に思ったメニューが、「レンチン肉じゃが」だった。
食材を切り、<和風ドレッシング>を掛けて、レンチンするだけ。
ヒマ人の私は、試してみた。
そして、残った料理を「カレー」へ変身させる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

牛薄切り肉・・・適量
じゃがいも・・・1個
人参、玉ねぎ、椎茸・・・適量
和風ドレッシング(カルディ:旨たれドレッシング)・・・大さじ3ほど

チキンスープ・・・1C
カレールウ(ジャワカレー中辛)・・・1かけ
あらごしトマト・・・50cc
ブロッコリー・・・適量
ご飯・・・1人前


【作り方】
1.牛肉と野菜を1センチ角程度にカットする。
容器に入れ、市販ドレッシングを掛ける。
ラップをして、電子レンジ600Wで5分間ほど
レンチンする。
ちょっと甘過ぎたので、醤油を垂らした。

   nikuja-c2

2.残った半分をカレーに転用する。
鍋にチキンスープを沸かし、先の肉じゃがと
カレールウを入れて煮る。
味見をして、<あらごしトマト>を足した。
カレー皿に盛ったライスに掛け、塩ゆでした
ブロッコリーをトッピング。

   nikuja-c3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

「レンチン肉じゃが」は、なるほど美味い。
多分、ドレッシングのオイルが良い働きをしているようだ。

そして、カレーは当然のことながらよく出来ている。
おいしくいただいた。


なつかしい中華カレー

chuka-c1

   chuka-c2


神戸の南京町周辺にはシンプルな「中華カレー」を出す店が
いくつかある。
その黄色いカレーは、すぐにできるのに素直においしい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚切り落とし肉・・・150g
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/2本
じゃがいも・・・1個
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片

水・・・3C
鶏ガラスープの素・・・大さじ1.5
カレー粉・・・大さじ1.5
小麦粉・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1ほど
水溶き片栗粉・・・大さじ3ほど


【作り方】
1.豚肉を3センチ長さに切り、ニンニクと
生姜はみじん切りする。
玉ねぎを細い串切り、人参はいちょう切り。
じゃがいもの皮を剥いて1センチ厚さにカッ
トする。
鍋に水と鶏ガラスープの素を沸かし、じゃ
がいもと人参を7~8分間煮て準備する。
2.深いフライパンに油大さじ2ほどを熱し、
玉ねぎ・豚肉・ニンニク・生姜を炒める。
カレー粉と小麦粉を振り入れて混ぜる。
じゃがいも・人参が入ったチキンスープを
注ぎ入れて煮る。
醤油・砂糖・塩他を入れて味見をし、最後
に水溶き片栗粉でとろみをつける。

   ※サラダチキンとトマトのカプレーゼ
    (サラダチキン、トマト、赤かぶ、クレソン、塩・胡椒、
     オリーブ油、レモン汁、グリーンオリーブ等)
     chuka-c3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ちょっと心配をしたが、結果はOK。私の好きな味だ。
ルーカレーよりオイル分が少ないので、あっさりと
しているが、スープの旨味とスパイシーなカレー粉が
効いていて、食べ飽きないカレーである。

また作りたくなる「クセになる家カレー」になった。
サラダも好評だった。



   ちなみに、神戸で人気の「香美園」さんの中華カレーは、
    こんな感じです。
     koumien




レンズ豆とさつまいものスープ

mame-s1


のスープが作りたくて、「レンズ」を買い求めた。
残っているさつまいもを加えてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

ブロックベーコン・・・適量
レンズ(レンティルピース)・・・100g
水・・・4C
さつまいも・・・1/3本
玉ねぎ・・・1/4個
生椎茸・・・大1枚
トマト・・・1/2個
ニンニク・・・1片
塩・胡椒・・・少々
コンソメキューブ・・・1個
ローリエ・・・2枚
パセリ・・・適量

     mame-s2

【作り方】
1.を30分間ほど水に浸け、洗ってザルに
あける。
ベーコンと野菜は全て5ミリ角に切る。
鍋にオリーブ油とみじん切りニンニク・ベーコン
を入れて炒める。
野菜を入れて更に炒め、水と・固形スープを
入れて弱火で20分間ほど煮る。
2.が柔らかくなったら、塩・胡椒で味を調え
る。

   mame-s3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いわゆるコンソメの味であるが、なかなか滋味深い
スープになった。家族も喜んでくれた。
さつまいもと椎茸の風味が良い。
逆に主役の「レンズ豆」の存在感が少ない。もう少し、
量を増やすべきだったか?

翌日、残ったスープに(カレールウを加えて)カレー
にしたら抜群の味だった
。ベリーGOOD!


塩鮭とじゃがいものグラタン

sake-gra1

sake-gra2


塩鮭じゃがいもとキノコを入れたグラタンを作りたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

塩鮭・・・2切
じゃがいも・・・2個
玉ねぎ・・・1/2個
ぶなしめじ・・・1/2パック
小松菜・・・1把
バター・・・少々
小麦粉・・・大さじ1
ピザ用チーズ・・・適量
パン粉・・・適量
パセリ・・・適量

グラタンソース
牛乳・・・2C
コンソメキューブ・・・1/2個
粉チーズ・・・大さじ2
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.じゃがいもの皮を剥き、薄くスライス
してから塩茹でする。
玉ねぎを薄くスライスし、小松菜は塩茹
でした。
2.フライパンにバターを熱し、塩鮭を焼
く。取り出して皮と骨を取り、身をほぐす。

   sake-gra3

同じフライパンにバターを熱し、玉ねぎと
しめじを炒める。
小麦粉を加えて炒め、<グラタンソース
を加えて混ぜ、塩鮭じゃがいも・小松菜
を加える。

   sake-gra4

3.グラタン皿にバターを塗り、先のソース
を入れ、ピザ用チーズを載せる。

   sake-gra5

オーブントースターで7~8分間加熱し、
パン粉を振ってからしばらく加熱。
刻んだパセリを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは美味いなあ、よくできた。
ミルクとバターの芳醇な香りにうっとりする。
塩鮭が旨いし、じゃがいも・キノコも良いハーモニー。
小松菜もアクセントになった。

唯一の問題は、乗せたピザ用チーズの塩味が加わって、
全体の塩味がやや強くなったこと。


基本の豚汁

tonji1


和食の夕飯に、具材たっぷりの「豚汁」を作りたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚バラ(もち豚)切り落とし・・・100g
大根、人参、ぶなしめじ、レンコン・・・適量
絹揚げ・・・1/2丁
長ねぎ・・・1本
ごま油・・・大さじ1

水・・・4C
和風だしの素・・・小さじ2
酒・・・大さじ1
合わせ味噌・・・大さじ3

七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.豚肉と野菜を食べやすい大きさに切る。
長ねぎは斜め薄切りに切る。
鍋にごま油を熱し、大根・人参・しめじ・レン
コンを炒め、水とだしの素を加える。
沸騰すれば豚肉を加えて加熱し、アクを丁
寧に取る。
絹揚げを加えて、しばらく煮込む。
2.味噌を溶き、酒を足して少し煮てから、
最後に長ねぎを入れて火を消す。

   tonji2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想した通リ、抜群の味だ。
いきなり大成功!
豊富な具材の旨さと、丁度良い濃さの味噌スープ。

「鍋もの」と同じく、総合的に旨味を出し合う料理だ。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

うなぎ蒲焼き 合いびき肉 砂ずり 豆腐 牛肉 鶏ひき肉 ナス トマト ニラ イワシ 海老  鶏肉 ソーセージ じゃがいも 豚肉  イカ カレイ ごぼう まぐろ  アスパラ 豚ひき肉 ぶなしめじ 大根 かにかま キャベツ ベーコン アジ 牛ひき肉 菜の花 アボカド スモークサーモン チーズ 白菜 春雨 サーモン 蓮根 厚揚げ 小松菜 牡蠣 長芋 ぶり 穴子 パプリカ タコ カニ 塩鮭 サバ缶 カニカマ 椎茸 かぶ 里芋 さつまいも 香菜 マッシュルーム えのき茸 もやし サンマ キクラゲ チンゲンサイ 舞茸 オイルサーディン 塩さば 万願寺唐辛子 たらこ ハモ オクラ 明太子 ちくわ サバ 生ハム あさり 竹の子 ブロッコリー りんご ハム サワラ 春菊  かぼちゃ トマト缶 ラム肉 ハマチ 焼き豚 ズッキーニ 海苔 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ 大葉 香草 しらす ローストビーフ 貝柱 人参 とうもろこし インゲン ちりめんじゃこ イチゴ 鴨肉 アスパラガス 焼豚 みょうが バナナ タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  スナップエンドウ いか リンゴ 水菜 ゆりね ブリ カリフラワー ふぐ ピーマン 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 長いも 甘納豆 ハタハタ 油揚げ しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ 焼酎 素麺 塩昆布  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター