大阪「コロンビア8」のレトルトカレー

colo1


   (焙煎カシューナッツとらっきょを加えて)
colo2



一度訪問したいと思っている大阪スパイスカレーの人気店
コロンビア8」のレトルトカレーを見つけた。
どんなスパイスが使われているのだろう?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトカレー・・・1箱
(S&B噂の名店 コロンビア8 大阪スパイスキーマカレー)
ご飯・・・1人前
ゆで卵・・・1個
レタス、ルッコラ、胡瓜、紫キャベツ、スナップエンドウ、そら
    ・・・適量
らっきょ・・・適量

   colo3


【作り方】
1.レトルトカレーを湯せんして温める。
皿にご飯を盛り、トッピング1(香りスパイス)
振り、カレーを掛ける。
更にトッピング2(焙煎カシューナッツ)を振り、
ゆで卵と野菜を飾り付けた。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

すさまじいスパイス感だ。
終始、カルダモンの香りが鼻腔に漂い、鶏ひき肉と
カシューナッツの甘みがかすかにやって来る。
ルッコラなどのサラダを混ぜると食べ易くなった。

かなり前衛的なレトルトカレーだった。


スポンサーサイト

ひよこ豆のトマト煮込み

hiyoko1


ひよこの缶がある。 カレーに入れてもよいが、今回はトマト煮に
してバゲットと一緒に食べてみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・100g
玉ねぎ・・・1/2個
ひよこ・・・1缶
生ヤングコーン・・・2本
セロリ・・・適量
トマト・・・1/2個
トマトジュース・・・1C
赤ワイン・・・1/2C
水・・・100cc
コンソメキューブ・・・1包
塩・胡椒・クレージーソルト・・・少々
ニンニク・・・1片
赤唐辛子・・・1本分


【作り方】
1.鶏肉を2センチ角にカットする。
フライパンにオリーブ油を熱し、刻んだニンニク
と輪切り唐辛子を入れ、みじん玉ねぎを炒める。
次に鶏肉を炒めてから、トマトとトマトジュース、
スープ、赤ワインを加える。
2.ひよこも加えて15分間ほど煮込む。
塩・胡椒で味を調える。
器に盛り、セロリの葉をトッピング。

トマトと大葉のサラダ
  (トマト、大葉、胡瓜、白だし、レモン汁、オリーブ油、砂糖)
  さっぱりしてなかなか良かった。

   hiyoko2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

苦労して作ったが、イメージと違う。
もっとスープ状にしたかったのだが・・。
それに安価だった”ひよこ”の味が良くない。

しかし、妻は「おいしいよ」となぐさめてくれた。


大阪「白銀亭」のレトルトカレー

hakugin1


おーっと、レトルトカレーコーナーで大好きな店のカレーを発見!
大阪・本町の人気カレー専門店「白銀亭」のレトルト版だ。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトカレー・・・1箱
(S&B噂の名店 白銀亭 大阪あまからビーフカレー
ご飯・・・1人前
・・・1個

   hakugin2


【作り方】
1.レトルトカレーを湯せんして温める。
皿にご飯を盛り、カレーを掛ける。
黄を乗せた。

   hakugin3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

「インデアンカレー」の流れを汲む”大阪あまからカレー”である。
口に含むとひたすら甘く、食べ進むとジワジワ辛さがやって来る。

どうだろうか? 
思ったより店の味の雰囲気を再現していると思うが・・。
とんかつを乗せて”カツカレー”にしたら、もっと美味いだろう。


具だくさんの鶏味噌汁

torijiru1


ちょっと気になっていたメニュー。「豚汁」の豚肉を鶏肉に代えた
具沢山のみそ汁だ。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・50gほど
大根、人参、玉ねぎ、ごぼう・・・適量
こんにゃく・・・適量
小松菜・・・1把
かつお出汁・・・2C
合わせ味噌・・・大さじ1.5
青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.鍋に出汁を沸かし、鶏肉と野菜・こんにゃく
を煮る。
最後に小松菜を加え、味噌を溶いて器に盛る。
刻んだネギを散らす。

   torijiru2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った以上によく出来た。
野菜が柔らかくなって、鶏肉の濃厚な風味、
こんにゃくの食感、小松菜の爽やかな香り。
ご飯がススム。満足した。



春キャベツと焼売のスープ

shumai-s1


市販の焼売(チルド)を入れた簡単スープを作った。
ランチにはこんなスープとパンで良い。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

キャベツ・・・1枚(外側)
玉ねぎ、人参・・・適量
焼売(チルド)・・・6個
ブロックベーコン・・・適量
チキンスープ・・・1.5C
塩・黒胡椒・・・少々
めんつゆ・・・少々


【作り方】
1.キャベツをざく切りし、玉ねぎ・人参をスラ
イスする。
ブロックベーコンをやや厚目にカットする。
2.鍋にチキンスープを作り、キャベツ・玉ね
ぎ・人参・ベーコン・焼売を入れて煮る。
最後に塩・黒胡椒・めんつゆで味を調える。

   shumai-s2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

なかなかグッドな具沢山スープになった。
焼売もキャベツもウマイ。
ベーコンがアクセントになっている。

残った春キャベツは、蒸してホットサラダに
してみよう。


チキンとトマトのカレーライス

parfe1


神戸っ子に絶大な人気を誇るカレー専門店「パルフェ」のカレー
をイメージして作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1枚
プレーンヨーグルト・・・100cc
塩・胡椒・カレー粉・・・少々

玉ねぎ・・・1個
カットトマト缶・・・1/2缶
ぶなしめじ・・・1/2袋
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
チキンスープ・・・1.5C
塩・胡椒・・・少々
はちみつ、バター・・・適量
カレー粉・・・大さじ1
クミンシード、コリアンダーシード、カレーリーフ・・・少々
コリアンダーP、クミンP、チリP、パプリカP・・・少々

フライドオニオン
玉ねぎ・・・1/4個
小麦粉・・・大さじ1


【作り方】
1.鶏肉を大きめにカットする。
玉ねぎをみじん切りし、ニンニクと生姜をすり
おろす。
ポリ袋に鶏肉・塩・カレー粉(小さじ1)・ヨーグル
トを入れて1時間ほど、冷蔵庫に置く。
2.フライパンに油を熱し、ホウルスパイスを入
れてから玉ねぎを一緒に炒める。
おろしたニンニク・生姜・他のスパイスを加え、
鶏肉をつけ汁ごと入れる。
トマト缶とチキンスープを注いで、15分間ほど
煮る。
味を見て、塩・バター、はちみつ等で調える。
3.皿にご飯を盛り、カレーを掛ける。
フライドオニオンとラッキョを添えた。

     parfe2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

いやあ、「パルフェ」のカレーとはかなり違うぞ。(汗)
トマト缶とヨーグルトで近いものになると思ったが、
甘さとコクが足らない?
ココナッツミルクか、ナッツ類が要るのかも。

最後にバターを足したので、バターチキンカレー
のようになった。


チャイニーズ五香(ウーシャン)カレー

gokou-c1

gokou-c2


カルディでちょっと面白い(中華風の)レトルトカレーを見つけた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

五香カレー ・・・1箱
豚肉・・・適量
玉ねぎ・・・適量
じゃがいも・・・1個
ご飯・・・1人前

     gokou-c


【作り方】
1.豚肉と玉ねぎを食べやすい大きさに切る。
じゃがいもをサイコロ状に切り、1分半ほど
レンチンする。
2.フライパンに油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒
める。塩・胡椒を振る。
レトルトカレーを空け、じゃがいもと水少しを
足して煮込む。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

なるほどシナモンと八角の香りがする。
(レトルトの具材は、赤いんげん豆のみ)
個性的ではあるが、万人向きの味であろう。

たっぷり加えた豚肉じゃがいもが良かった。
充分においしいレトルトカレーだったが、リピ
ートはないかな・・。


塩豚と野菜のポトフ

siobuta4


残った「塩豚」を使って、ポトフを作ってみよう。
今度はしっかりと”塩抜き”をする。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

塩豚・・・100g
ブロッコリー、人参、キャベツ、トマト、紫キャベツ・・・適量
水・・・3C
生姜の皮、ローリエ、ホウル黒胡椒・・・少々
チキンコンソメ・・・1片
ドライバジル、ローリエP、黒胡椒・・・少々
粒マスタード・・・適量


【作り方】
1.塩豚を塊のまま10分間茹でる。
鍋に水を張り、薄くスライスした塩豚、大きく
カットした野菜を入れて火にかける。
コンソメキューブその他を入れて、20分間
ほど弱火で煮る。
2.最後にトマトを加えてしばらく煮る。
スープ皿に注ぎ、ドライバジルを振る。
お好みで、粒マスタードをつけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、今度は”塩抜き”し過ぎて、やや物足りない
塩豚料理になった。
でも、キャベツとトマトの美味さは格別であった。

次回はもっと大きなブロック肉を使い、塩+「砂
糖」も加えて試してみたい。



ポークとビーンズのスパイスカレー

mame-c1

mame-c2


ミックスビーンズ缶とカットトマト缶があるので、思いつくまま
自分好みのカレーを作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・150g
塩・胡椒・・・少々
玉ねぎ・・・1/2個
おろし人参・・・大さじ1
おろしリンゴ・・・大さじ2
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
ミックスビーンズ缶・・・1缶
トマト缶・・・1缶
チキンスープ・・・1/2C
牛乳、ヨーグルト・・・適量
三つ葉・・・適量

ホールスパイス(カルダモン、クミンシード、マスタードシード、
カレーリーフ、カスリメティ)・・・適量
パウダースパイス(コリアンダーP、カレー粉、ターメリックP、
チリP)・・・適量


【作り方】
1.豚肉を2センチ角に切り、玉ねぎをみじん
切りする。人参とりんごは摩り下ろす。
2.フライパンに油を熱し、(塩・胡椒を振った)
豚肉を焼き、みじん切りした玉ねぎ、ニンニク・
生姜を炒める。
ホールスパイスを一緒に炒める。
人参、リンゴ、、トマト、チキンスープを入れ、
しばらく煮込む。

   mame-c3

3.パウダースパイスと塩、牛乳、ヨーグルトを
加え、味見をして調整する。

   mame-c4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

悪くはないが、どうもピンとこない。
原因は2つ。安価だったの缶詰がおいしくなかった
ことと、もう一つはスパイスの使い過ぎ。
もうそろそろ、自分に合うスパイスを選別すべきだ。

しかし、ブロック肉をカットした豚肉は良かった。


塩鶏と根菜のスープ


konsai-s


「塩鶏」と根菜を入れた簡単な(ポトフ風)スープを作ろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

塩鶏
鶏もも肉・・・1/2枚
塩・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ0.5

大根、人参、ごぼう、レンコン・・・適量
水・・・3C
出汁昆布・・・5センチ
コンソメキューブ・・・1個
ローリエ・・・1枚
塩・黒胡椒・・・少々
ドライバジル・・・少々


【作り方】
1.前日に、<塩鶏>を準備する。
鶏もも肉を一口大に切り、塩+砂糖をまぶし、
ビニール袋に入れて一晩置く。
翌日、水洗いする。
根菜類を同じ大きさに乱切りして、水に晒す
2.鍋にオリーブ油を熱し、鶏肉と根菜を炒め、
水を注ぎ入れる。
昆布・コンソメ・ローリエを加えて10分間ほど
煮る。
最後に味を見て、塩・胡椒・ドライバジルを振
る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはなかなかよく出来た。
塩鶏が旨いし、レンコンもごぼうも大根もイイ感じだ。
もちろんスープもコクがある。

食べていると、「雑煮」や「筑前煮」の味を思い出した。(笑)


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚肉 海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター