FC2ブログ

とり重 ~「丼重シリーズ」その1

toriju1

   toriju2

   toriju3


思いついて、うな重やちらし寿司に使える「お重」をアマゾンで購入。
第一弾は、鶏かば焼きを乗せる「とり重」にしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・2枚(500g)
片栗粉・・・適量
しし唐・・・1パック
生姜・・・1片

かばやきタレ
酒・・・大さじ3
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2.5
砂糖・・・大さじ1
酢・・・大さじ0.5

玉子焼き・・・3個分
刻み海苔・・・適量
紅生姜・・・適量
木の芽・・・3枚
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.鶏肉を広げ、均一な厚さにする。
片栗粉を皮目側だけに付けた。
<かばやきタレ>を合わせておく。
2.フライパンで鶏肉の皮目を下にして焼く。
しし唐も一緒に焼いて、先に取り出す。

   toriju4

裏返してこんがりと焼き目がつけば、タレ
と薄切り生姜を加える。
10分間ほど弱火で煮る。

   toriju5

3.粗熱を取った鶏肉を削ぎ切りにする。
重箱にごはんを盛り、タレをスプーンで掛
け、刻み海苔を散らす。
上に、鶏肉・ししとう・玉子焼き・木の芽・
紅生姜を乗せる。

   toriju6


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

一口目はややあっさりして頼りない味だが、次第に
調和して、”口福感”がやって来た。
本当は網で香ばしく焼いた焼き鳥風の方が美味しい
だろうが、今回は鶏チャーシュー風にした。

甘い玉子焼きと、ピリッと辛いしし唐・紅生姜の相性
がとても良かった。


スポンサーサイト



しっかり味の親子丼

oyako59

oyako52


本当なら、そば屋の「親子丼」を食べたいが、外食自粛中なので
自分で作る。
ふわっとしてトロっとした食感と、しっかりした味の丼にしたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
卵・・・5個
水溶き片栗粉・・・大さじ1
青ネギ・・・2本

丼つゆ
和風だし・・・150cc
醤油・・・大さじ4
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ2.5

ご飯・・・3人前
粉山椒・・・少々


【作り方】
1.鶏肉を削ぎ切りし、玉ねぎを薄くスライス
する。
卵を割りほぐし、水溶き片栗粉を混ぜる。
丼つゆを合わせておく。
2.小フライパンに1人前の出汁を沸かし、
鶏肉と玉ねぎを入れる。
火が通れば、溶き卵を2回に分けて入れ、
カットした青ネギを加えてから半熟状態で
丼のご飯に掛ける。

    oyako53


   ※「がんもどきとこんにゃくの含め煮
    (がんもどき、こんにゃく、モロッコインゲン、出汁、しょうゆ、
     みりん、砂糖、塩、赤唐辛子)
    oyako54


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

しっかり味の丼を目指したので、その通りやや濃い
丼になったが、家族からは好評。
いつもよりメリハりが効いている。
玉子よりもむしろ、新鮮な鶏肉の旨さが際立った。

合わせたローソンの冷凍蕎麦も適切だし、懐かしい
味の「がんもどき・こんにゃく煮」もとても良かった。


ちょいピリ辛の「せせり焼うどん」

yaki-u2
yaki-u3
yaki-u4


冷凍うどんがあるので、ホルモンうどん風の「焼うどん」でも
作ってみようか。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

冷凍うどん・・・1玉
鶏せせり肉・・・50g
キャベツ、人参、ぶなしめじ・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
焼肉のたれ・・・大さじ2
豆板醤・・・少々
塩・胡椒・・・少々

つけだれ
ポン酢・・・大さじ2
焼肉のたれ・・・大さじ1
卵・・・1個


【作り方】
1.冷凍うどんを指定時間通リレンチンして
温める。
鶏せせり肉を塩茹でし、豆板醤を塗っておく。
野菜を食べやすい大きさにカットする。
2.フライパンにラードを熱し、鶏肉と野菜を
炒め、塩・胡椒する。
うどんを加え、少し湯を加えて炒め合わせる。
焼肉のたれを混ぜ、刻んだネギを散らす。
つけだれ)に浸けながらいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うん、ウマイ。いきなりウマイ。
頭で組み立てた味になっているし、その上を行って
いるかもしれない。

もっちりしたうどんと、シャキッとしたキャベツ。甘い
焼き肉タレにさっぱりしたポン酢のコンビネーション。
生卵を入れたので、マイルドになった。
そして、プリプリ食感の「せせり」がめっちゃウマイ。
久しぶりの大ヒット。


チキンと野菜のスープカレー

soup-c1
soup-c2
soup-c3


北海道生まれのスープカレーをイメージして、自由に作ってみる。
スパイシーだが、食べやすいカレーを目指す。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1枚(300g)
塩・黒胡椒・・・少々
カレー粉・・・小さじ1

玉ねぎ・・・1個
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
カレー粉・・・大さじ1
クミンシード、カルダモン、クローブ・・・少々
コリアンダーP、ナツメグP、バジルP、韓国唐辛子・・・少々

人参・・・1/2本
じゃがいも・・・3個
赤パプリカ・・・1/3個
黄パプリカ・・・1/3個
ピーマン・・・2個

水・・・3C(600cc)
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
コンソメキューブ・・・1個
あらごしトマト・・・100cc
ココナッツミルク・・・50cc
塩・・・小さじ0.5~
醤油、はちみつ、ウスターソース・・・適量


【作り方】
1.鶏肉を大振りにカットし、塩・胡椒とカレー
粉を振って揉み込む。
フライパンに油を熱し、鶏肉を焼いてから一旦
取り出す。
人参とじゃがいもをカットし、2分間ほどレンチン
し、パプリカとピーマンはオリーブ油でソテー
する。
2.フライパンに油を熱し、みじん切りしたニンニ
ク・生姜とホウルスパイスを炒める。
みじん切り玉ねぎを加えて、さらに炒める。
カレー粉とパウダースパイスを入れて炒めてか
ら、あらごしトマトとチキンスープ、コンソメを入
れる。
焼いた鶏肉と人参・じゃがいもを戻し、塩・醤油
・みりんを足して20分間ほど煮込む。

   soup-c4

最後に味を見て、ココナッツミルクとウスターソ
ースなどを足す。
3.容器にスープカレーを注ぎ、ソテーした野菜
をトッピングする。
ライスをカレーに浸しながらいただく。

   ※春キャベツとニンジンのピクルス
    (キャベツ、人参、塩、だしまろ酢、浅漬けの素、塩昆布)
   soup-c5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープはかなりホット(辛い)だが、やわらかく煮込んだ鶏肉・じゃが
いも・ニンジンと一緒に食べるとバランス良し。
スープだけなら78点だが、鶏肉・野菜と合わせると「90点」になった。

家族も喜んでくれた。私のカレーの腕も徐々に上達している。
ピクルスも、それなりにグッド。


炊飯器で作る「鶏手羽さっぱり煮」

tebani42

tebani41


炊飯器でカンタン煮物を作りたい。鶏手羽と根菜を甘酢醤油で煮る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏手羽肉・・・8本ほど(400g)
大根・・・10センチ
人参・・・1/2本
生姜・・・1片
出汁昆布・・・5センチ角

煮汁
酢・・・50cc
醤油・・・50cc
酒・・・80cc
水・・・80cc
砂糖・・・大さじ3
和風だしの素・・・小さじ0.5

ブロッコリー、インゲン・・・適量

【作り方】
1.大根とニンジンを一口大に切り、生姜を
薄切りする。
手羽先を水洗いし、骨の周りに包丁で切り
込みを入れる。
2.炊飯器に煮汁を入れ、手羽先と根菜を
加える。
生姜と昆布を乗せ、クッキングペーパーで
蓋をする。
通常の炊飯モードで炊く。

   tebani43

3.温め直してから皿に盛り、別途塩茹で
したブロッコリー、インゲンを添える。

   tebani44


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ちょっと酸味が強いが、よく出来ている。うまい。
骨付き鶏が、ホロホロに柔らかくなっている。
昆布は溶けかかっていて、炊飯器の底力を感じる、

家族はご飯のおかずにしたが、私はこれで熱燗を愉しんだ。


ささみソテーのケイパーソース掛け ~スパサラ・レッドサラダ添え

sasami41

sasami42

sasami43


冷蔵庫に残っている野菜を消費するサラダを考えた。
スパゲティのマヨ味サラダと、コールスロー風のレッドサラダに、
薄く延ばして焼く「ささみソテー」も作る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

ささみソテー、ケイパーソース掛け)
鶏ささみ・・・3本
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
バター・・・大さじ1
白ワイン・・・少々
レモン汁・・・少々
ケイパー・・・15粒ほど
セロリ葉・・・少々

スパゲティサラダ、マヨネーズ和え)
スパゲティ・・・70gほど
赤玉ねぎ、人参、胡瓜・・・適量
塩・胡椒・・・少々
マヨネーズ・・・大さじ4
牛乳・・・100cc
砂糖・・・小さじ1

レッドサラダ、コールスロー風)
紫キャベツ、赤大根・・・適量
トマト・・・1/2個
グリーンアスパラ・・・2本
酢・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
レタス・・・適量


【作り方】
1.<ささみソテー>を焼く。
ささみの筋を取り、ラップを乗せて肉叩きで
叩いて薄く延ばす。
塩・胡椒を振り、薄く小麦粉を付ける。
フライパンにバターを熱し、肉を焼く。
取り出してから白ワイン、ケイパー、刻んだ
香草を入れてソースを作り、肉に掛ける。

2.<スパゲティサラダ>を作る。
スパゲティを半分に折り、指定時間より1分
間長く茹でる。
野菜を薄くスライスして塩を当てる。
ボウルに茹でたスパゲティと野菜を入れて
マヨネーズ他で和える。

3.<レッドサラダ>を作る。
紫キャベツを千切りし、(固かったので)熱
湯で少し茹でた。
キャベツと赤大根に塩を当て、全体をコー
ルスロー風のサラダにする。

   sasami44


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏肉は平凡だが、それなりに食べ応えのある一品に
なった。
ケイパーソースは、もう少しバターが多くても良かった。

スパゲティサラダは抜群の出来。
レッドサラダも良かった。


フライパン焼きとり ~韓国産「ゆず茶」を使って

yakito41

   yakito42


カンタンな”鶏肉の照り焼き”だが、韓国の「ゆず茶」を隠し味で
使う。ご飯がススムおかずになるだろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1.5枚(500g)
塩・・・少々
片栗粉・・・適量

焼鳥たれ
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
ゆず茶(韓国産の柚子ジャム)・・・大さじ1.5

木の芽・・・少々
七味唐辛子・・・少々

春キャベツ、スナップエンドウ・・・適量
新玉ねぎ・パプリカの浅漬け・・・適量


【作り方】
1.鶏もも肉を大振りに切り分け、軽く塩を振
ってから全体に片栗粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、鶏肉を皮を下にして
焼く。裏返して両面を焼く。
一旦、鶏肉を取り出し、脂を捨ててから、合
わせた”焼鳥たれ”を入れる。
鶏肉を入れ、とろみがつけばカットして皿に
盛る。
一緒にたっぷりの野菜を添える。

   ※肉吸い
    牛肉、温泉卵、スナップエンドウ、うどんつゆ、木の芽
    yakito43


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

期待した通リ、かなり美味くできた。
「ゆず茶」の香りが、隠し味というよりも前面に出た
感じだが、家族からは好評。

春色の野菜もシャキシャキして爽やかだ。
思い付きで作った「肉吸い」も良かった。


タッカルビと、肉野菜炒め

takkarub1

takkarub2


カルディで「タッカルビの素」をゲット。
ホットプレートで肉野菜炒めと一緒に焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

タッカルビ
鶏もも肉・・・1枚(300g)
片栗粉・・・小さじ2
玉ねぎ・・・1/2個
タッカルビの素」(カルディ)・・・1袋(2パック=100g)
酒・・・大さじ1

じゃがいも・・・1個
ぶなしめじ・・・1/2パック

肉野菜炒め
豚しゃぶ肉・・・150g
キャベツ・・・1/8個
もやし・・・1袋
人参、小松菜、パプリカ・・・適量
生姜・・・1片
塩・胡椒・・・少々
オイスターソース、酒・・・少々

ポン酢・・・適量

    takka
 

【作り方】
1.<タッカルビ>を準備する。
鶏もも肉を大振りに切り、薄く片栗粉を
まぶす。
玉ねぎを薄く切り、じゃがいもはくし形に
切る。
ビニール袋に鶏肉、玉ねぎ、市販タレ、
酒を入れて揉み込み、30分間ほど置く。
耐熱皿にじゃがいも、しめじ、揉み込んだ
鶏・野菜を加え、ラップをして電子レンジ
600Wで6分間ほどレンチンする。

2.<肉野菜炒め>を準備する。
豚肉、野菜を食べやすくカット。
フライパンに油を熱し、肉と野菜を炒める。
塩・胡椒、オイスターソース・酒を加えて
一旦取り出す。
3.ホットプレートを温め、<肉野菜炒め>
を敷いた上に<タッカルビ>を乗せる。
お好みで、ポン酢を掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うま辛味で、なかなか美味い。
タッカルビと野菜炒めが、ほぼ一体化してしまったが、
豚肉の甘みや、もやしのシャッキリ感が残り、グッド。
特に「鶏肉」と「じゃがいも」が良かった。

とろけるチーズなんて要らないヨ。
家族も喜んでくれた。


手羽先とレンコンのカレー風味揚げ

c-kara1

c-kara2


冷蔵庫に残っている鶏手羽先とレンコンをカレー風味の
唐揚げにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏手羽先ハーフ・・・8本
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
カレー粉・・・小さじ0.5
おろしニンニク・・・少々
片栗粉・・・適量(たっぷり)

レンコン・・・10センチ
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・少々
おろしニンニク・・・少々
片栗粉+カレー粉・・・適量

ベビーリーフ、レモン・・・適量


【作り方】
1.手羽先に軽く塩・胡椒し、カレー粉・醤
油の下味をつけて15分間置く。
片栗粉をつけて油で揚げる。
2.レンコンを縦にスティック状にカットし、
水に晒してから水分を拭く。
塩・胡椒と下味を付けてから、カレー粉を
混ぜた片栗粉を付けて油で揚げる。

     c-kara3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いつも作っている鶏の唐揚げだが、カレーの風味が
良いアクセントになった。
レンコンの唐揚げは初めてだったが、ホクホクして旨い。

熱々を頬張ると、ビールがススム。
レモンは絞らない方が個人的には良かった。(笑)


鶏手羽とじゃがいもの煮もの

torija11


だしまろ酢」だけで作る「焼豚」がうまかったので、鶏手羽でも
試してみたい。
残っているじゃがいもと一緒に煮る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏手羽中ハーフ・・・8本
創味だしまろ酢・・・50ccほど
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々

じゃがいも・・・3個
インゲン・・・8本
水・・・300cc
白だし・・・大さじ1
醤油・・・小さじ2
みりん・・・小さじ2
塩・・・少々
柚子の皮・・・少々


【作り方】
1.ビニール袋に鶏肉と「だしまろ酢」、ニン
ニク・生姜を入れ、揉み込んで15分間ほど
置く。
フライパンで鶏肉だけを焼き、焦げ目が付け
ば「つけ汁」を加えて、煮る。
2.じゃがいもの皮を剥き、4等分して水に
晒す。
鍋に水1.5Cと調味料を入れて沸かし、じゃ
がいもを加えて15分間ほど煮る。
先の焼いた鶏肉とインゲンを加え、4~5分
間煮る。

   torija12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、思った以上に成功。美味しい。
酸味が飛んで、深い味になった鶏手羽肉と、ほくほくして
甘みが心地よいじゃがいものコンビネーション。
云う事なしだ。
家族も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

うなぎ蒲焼き 合いびき肉 砂ずり 豆腐 牛肉 鶏ひき肉 ナス トマト ニラ イワシ 海老  鶏肉 ソーセージ じゃがいも 豚肉  イカ カレイ ごぼう まぐろ  アスパラ 豚ひき肉 ぶなしめじ 大根 かにかま キャベツ ベーコン アジ 牛ひき肉 菜の花 アボカド スモークサーモン チーズ 白菜 春雨 サーモン 蓮根 厚揚げ 小松菜 牡蠣 長芋 ぶり 穴子 パプリカ タコ カニ 塩鮭 サバ缶 カニカマ 椎茸 かぶ 里芋 さつまいも 香菜 マッシュルーム えのき茸 もやし サンマ キクラゲ チンゲンサイ 舞茸 オイルサーディン 塩さば 万願寺唐辛子 たらこ ハモ オクラ 明太子 ちくわ サバ 生ハム あさり 竹の子 ブロッコリー りんご ハム サワラ 春菊  かぼちゃ トマト缶 ラム肉 ハマチ 焼き豚 ズッキーニ 海苔 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ 大葉 香草 しらす ローストビーフ 貝柱 人参 とうもろこし インゲン ちりめんじゃこ イチゴ 鴨肉 アスパラガス 焼豚 みょうが バナナ タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  スナップエンドウ いか リンゴ 水菜 ゆりね ブリ カリフラワー ふぐ ピーマン 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 長いも 甘納豆 ハタハタ 油揚げ しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ 焼酎 素麺 塩昆布  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター