FC2ブログ

ささみソテーのケイパーソース掛け ~スパサラ・レッドサラダ添え

sasami41

sasami42

sasami43


冷蔵庫に残っている野菜を消費するサラダを考えた。
スパゲティのマヨ味サラダと、コールスロー風のレッドサラダに、
薄く延ばして焼く「ささみソテー」も作る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

ささみソテー、ケイパーソース掛け)
鶏ささみ・・・3本
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
バター・・・大さじ1
白ワイン・・・少々
レモン汁・・・少々
ケイパー・・・15粒ほど
セロリ葉・・・少々

スパゲティサラダ、マヨネーズ和え)
スパゲティ・・・70gほど
赤玉ねぎ、人参、胡瓜・・・適量
塩・胡椒・・・少々
マヨネーズ・・・大さじ4
牛乳・・・100cc
砂糖・・・小さじ1

レッドサラダ、コールスロー風)
紫キャベツ、赤大根・・・適量
トマト・・・1/2個
グリーンアスパラ・・・2本
酢・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
レタス・・・適量


【作り方】
1.<ささみソテー>を焼く。
ささみの筋を取り、ラップを乗せて肉叩きで
叩いて薄く延ばす。
塩・胡椒を振り、薄く小麦粉を付ける。
フライパンにバターを熱し、肉を焼く。
取り出してから白ワイン、ケイパー、刻んだ
香草を入れてソースを作り、肉に掛ける。

2.<スパゲティサラダ>を作る。
スパゲティを半分に折り、指定時間より1分
間長く茹でる。
野菜を薄くスライスして塩を当てる。
ボウルに茹でたスパゲティと野菜を入れて
マヨネーズ他で和える。

3.<レッドサラダ>を作る。
紫キャベツを千切りし、(固かったので)熱
湯で少し茹でた。
キャベツと赤大根に塩を当て、全体をコー
ルスロー風のサラダにする。

   sasami44


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏肉は平凡だが、それなりに食べ応えのある一品に
なった。
ケイパーソースは、もう少しバターが多くても良かった。

スパゲティサラダは抜群の出来。
レッドサラダも良かった。


スポンサーサイト



フライパン焼きとり ~韓国産「ゆず茶」を使って

yakito41

   yakito42


カンタンな”鶏肉の照り焼き”だが、韓国の「ゆず茶」を隠し味で
使う。ご飯がススムおかずになるだろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1.5枚(500g)
塩・・・少々
片栗粉・・・適量

焼鳥たれ
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
ゆず茶(韓国産の柚子ジャム)・・・大さじ1.5

木の芽・・・少々
七味唐辛子・・・少々

春キャベツ、スナップエンドウ・・・適量
新玉ねぎ・パプリカの浅漬け・・・適量


【作り方】
1.鶏もも肉を大振りに切り分け、軽く塩を振
ってから全体に片栗粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、鶏肉を皮を下にして
焼く。裏返して両面を焼く。
一旦、鶏肉を取り出し、脂を捨ててから、合
わせた”焼鳥たれ”を入れる。
鶏肉を入れ、とろみがつけばカットして皿に
盛る。
一緒にたっぷりの野菜を添える。

   ※肉吸い
    牛肉、温泉卵、スナップエンドウ、うどんつゆ、木の芽
    yakito43


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

期待した通リ、かなり美味くできた。
「ゆず茶」の香りが、隠し味というよりも前面に出た
感じだが、家族からは好評。

春色の野菜もシャキシャキして爽やかだ。
思い付きで作った「肉吸い」も良かった。


タッカルビと、肉野菜炒め

takkarub1

takkarub2


カルディで「タッカルビの素」をゲット。
ホットプレートで肉野菜炒めと一緒に焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

タッカルビ
鶏もも肉・・・1枚(300g)
片栗粉・・・小さじ2
玉ねぎ・・・1/2個
タッカルビの素」(カルディ)・・・1袋(2パック=100g)
酒・・・大さじ1

じゃがいも・・・1個
ぶなしめじ・・・1/2パック

肉野菜炒め
豚しゃぶ肉・・・150g
キャベツ・・・1/8個
もやし・・・1袋
人参、小松菜、パプリカ・・・適量
生姜・・・1片
塩・胡椒・・・少々
オイスターソース、酒・・・少々

ポン酢・・・適量

    takka
 

【作り方】
1.<タッカルビ>を準備する。
鶏もも肉を大振りに切り、薄く片栗粉を
まぶす。
玉ねぎを薄く切り、じゃがいもはくし形に
切る。
ビニール袋に鶏肉、玉ねぎ、市販タレ、
酒を入れて揉み込み、30分間ほど置く。
耐熱皿にじゃがいも、しめじ、揉み込んだ
鶏・野菜を加え、ラップをして電子レンジ
600Wで6分間ほどレンチンする。

2.<肉野菜炒め>を準備する。
豚肉、野菜を食べやすくカット。
フライパンに油を熱し、肉と野菜を炒める。
塩・胡椒、オイスターソース・酒を加えて
一旦取り出す。
3.ホットプレートを温め、<肉野菜炒め>
を敷いた上に<タッカルビ>を乗せる。
お好みで、ポン酢を掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うま辛味で、なかなか美味い。
タッカルビと野菜炒めが、ほぼ一体化してしまったが、
豚肉の甘みや、もやしのシャッキリ感が残り、グッド。
特に「鶏肉」と「じゃがいも」が良かった。

とろけるチーズなんて要らないヨ。
家族も喜んでくれた。


手羽先とレンコンのカレー風味揚げ

c-kara1

c-kara2


冷蔵庫に残っている鶏手羽先とレンコンをカレー風味の
唐揚げにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏手羽先ハーフ・・・8本
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
カレー粉・・・小さじ0.5
おろしニンニク・・・少々
片栗粉・・・適量(たっぷり)

レンコン・・・10センチ
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・少々
おろしニンニク・・・少々
片栗粉+カレー粉・・・適量

ベビーリーフ、レモン・・・適量


【作り方】
1.手羽先に軽く塩・胡椒し、カレー粉・醤
油の下味をつけて15分間置く。
片栗粉をつけて油で揚げる。
2.レンコンを縦にスティック状にカットし、
水に晒してから水分を拭く。
塩・胡椒と下味を付けてから、カレー粉を
混ぜた片栗粉を付けて油で揚げる。

     c-kara3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いつも作っている鶏の唐揚げだが、カレーの風味が
良いアクセントになった。
レンコンの唐揚げは初めてだったが、ホクホクして旨い。

熱々を頬張ると、ビールがススム。
レモンは絞らない方が個人的には良かった。(笑)


鶏手羽とじゃがいもの煮もの

torija11


だしまろ酢」だけで作る「焼豚」がうまかったので、鶏手羽でも
試してみたい。
残っているじゃがいもと一緒に煮る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏手羽中ハーフ・・・8本
創味だしまろ酢・・・50ccほど
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々

じゃがいも・・・3個
インゲン・・・8本
水・・・300cc
白だし・・・大さじ1
醤油・・・小さじ2
みりん・・・小さじ2
塩・・・少々
柚子の皮・・・少々


【作り方】
1.ビニール袋に鶏肉と「だしまろ酢」、ニン
ニク・生姜を入れ、揉み込んで15分間ほど
置く。
フライパンで鶏肉だけを焼き、焦げ目が付け
ば「つけ汁」を加えて、煮る。
2.じゃがいもの皮を剥き、4等分して水に
晒す。
鍋に水1.5Cと調味料を入れて沸かし、じゃ
がいもを加えて15分間ほど煮る。
先の焼いた鶏肉とインゲンを加え、4~5分
間煮る。

   torija12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、思った以上に成功。美味しい。
酸味が飛んで、深い味になった鶏手羽肉と、ほくほくして
甘みが心地よいじゃがいものコンビネーション。
云う事なしだ。
家族も喜んでくれた。


鶏肉の味噌だれ焼き ~「ひじきごはん」と一緒に

torimiso1

   (ひじきとレンコンの混ぜごはん)
torimiso4


鶏もも肉に味噌だれを塗って、グリルで焼いてみよう。
「ひじきの煮もの」を炊き立てのごはんに混ぜる「ひじきごはん
と一緒に。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1.5枚

味噌だれ
合わせ味噌・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
醤油・・・大さじ0.5
サムジャン・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ1
白ごま・・・適量

じゃがいも、ブロッコリー、レタス、紫キャベツのサラダ・・・適量


ひじきの煮もの
乾燥芽ひじき・・・10g
干し椎茸・・・1枚
人参、レンコン・・・適量
油揚げ・・・1枚
だし汁+干し椎茸の戻し汁・・・1C
酒・・・大さじ2
醤油・・・大さじ2.5
砂糖・・・大さじ1.5
ごま油・・・大さじ1

ご飯・・・1.5合


【作り方】
1.鶏もも肉の筋を切って広げ、フォークで
数ヶ所穴をあける。
鶏肉の両面に<味噌だれ>を塗り、ビニー
ル袋に入れて冷蔵庫に半日置く。
2.これをガスグリルで10分間ほど焼く。
2センチ幅にカットし、炒り胡麻を振る。

   torimiso2

ひじきごはん
3.乾燥ひじきを水に浸して30分間ほど
置いて戻す。
干し椎茸をぬるま湯で戻し、細かく切る。
人参、レンコン、油あげを細かく切る。
4.小鍋にごま油を熱し、ひじきと野菜他
を炒め、だし汁と調味料を加える。
汁気がなくなる直前まで炒め煮にする。
ボウルにご飯と「ひじきの煮もの」を入れ
て混ぜ、茶碗に盛る。

   torimiso5

   torimiso3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

<ひじきごはん>がとにかく美味い
家族からも声が上がった。炊き込みご飯と比べて、
さっぱりして且つ風味が良い。
「胡瓜のぬか漬け」と、思い付きで作った赤大根の甘酢
漬けがよく合う。

こちらも思い付きで作った<鶏肉の味噌だれ焼き>だが、
香ばしくて好評だった。
今回は、すべて大成功!


台湾風スパイシー唐揚げ「ジーパイ」

ji-pai1

   ji-pai3


台湾の夜市(屋台)で人気だという「ジーパイ(鶏排)」を揚げてみよう。
ビールがススムだろう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏むね肉・・・1/2枚
醤油・・・大さじ0.5
酒・・・大さじ0.5
砂糖・・・大さじ0.5
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・小さじ0.5
おろし生姜・・・小さじ0.5
五香粉、山椒塩・・・少々

溶き卵・・・1/2個分
片栗粉・・・大さじ1
米粉・・・適量(たっぷり)
チリペッパー・・・少々


【作り方】
1.鶏肉を1センチ厚に削ぎ切りし、更に
麺棒で叩いて薄くする。
ビニール袋に入れ、調味料とニンニク・
生姜を加えて揉み込み、冷蔵庫に1時間
ほど置く。
2.溶き卵と片栗粉を加えて混ぜてから、
米粉をたっぷりと付けて、油で揚げる。
お好みでチリペッパーを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

個性の強い五香粉を少し控えたので、かなり食べやすい
唐揚げになった。
実を言うと、合計3種類の唐揚げを作った。
●五香粉、山椒塩を入れず、韓国唐辛子を加えたもの。
●生姜を入れず、洋風シーズニングを加えたもの。

3種とも、美味しくできたが、結局は五香粉入りのものが
個人的には一番気に入った。



   (洋風シーズニングをまぶした唐揚げ)
   ji-pai2



フリッタータとピザのプレート

fritta1


冷凍ピザとフリッタータ(イタリア風オムレツ)、簡単なサラダなどを
盛り付けたプレートを作る。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

▼(フリッタータ
・・・4個
コーヒーフレッシュ・・・4個
塩・胡椒・・・少々
ソーセージ・・・2本
玉ねぎ、パプリカ・・・適量
はなっこりー・・・適量
スライスチーズ・・・2枚
パン粉・・・適量

あらごしトマト+ケチャップ・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量


▼(菜の花とハムのペペロンチーノ
菜の花・・・適量
ハム・・・3枚
赤玉ねぎ・・・適量
おろしニンニク・・・少々
赤唐辛子・・・少々
白ワイン・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々

ラディッシュ・・・適量

▼(チキンとスナップエンドウの塩炒め
鶏むね肉・・・100g
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
スナップエンドウ・・・10本
赤玉ねぎ・・・適量
じゃがいも・・・1/2個
チキンスープ・・・大さじ2
岩塩・・・少々

冷凍ピザクラスト・・・1枚
スライスチーズ・・・2枚
レタス、ベビーリーフ、はなっこりー、ラディッシュ・・・適量
コールスロードレッシング・・・適量


【作り方】
1.<フリッタータ>を作る。
フライパンにオリーブ油を熱し、ソーセージと野
菜を炒めて一旦取り出す。
ボウルにを割り入れ、塩・胡椒・ミルク・ソーセ
ージ・野菜・チーズを加えてよく混ぜる。
小フライパンにオリーブ油+バターを熱し、
を入れて大きく混ぜる。
蓋をして弱火で加熱し、表にパン粉を振り裏返す。
トマトソースを掛けていただく。

2.<菜の花とハムのペペロンチーノ>を作る。
フライパンにオリーブ油、ニンニク、赤唐辛子を入
れて火を点け、菜の花とハムを炒め、塩・胡椒・
白ワインを振る。

3.<チキンとスナップエンドウの塩炒め>を作る。
鶏肉を薄く削ぎ切りし、軽く塩・胡椒を振り、小麦粉
をまぶす。
フライパンにバターを熱し、鶏肉を焼いて取り出す。
同じフライパンで玉ねぎと塩茹でしたじゃがいも、
スナップエンドウを炒め、チキンスープと塩で味を
調える。

     fritta2


  ※スパサラダ
   (スパゲティ、胡瓜、人参、玉ねぎ、マヨネーズ、かにかま、
    粒マスタード、塩・胡椒、ゆで
     fritta3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

色々と欲張って、たくさんの総菜ができてしまったが、
総じてよく出来た。
フリッタータは平凡だが、<チキンとスナップエンドウ
の塩炒め>がすごく良い。
これは、中華料理のアイデアであったが、美味しかった。

初めてキャンベルの缶入りミネストローネを試したが、
悪くなかった。



手羽唐揚げのハニー醤油がらめ

tebakara41

tebakara42


料理家・奥薗さんのレシピを参考にして、鶏手羽揚げを作ってみる。
キャロットラペを添える。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏手羽中ハーフ・・・12本
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・大さじ4ほど

醤油・・・大さじ1
はちみつ・・・大さじ1
黒胡椒・・・少々
白ごま・・・適量

キャロットラペ
人参・・・1本
塩・・・少々
酢・・・大さじ1
はちみつ・・・大さじ0.5
塩・胡椒・・・少々
オリーブ油・・・適量
オレンジ・・・1/2個


【作り方】
1.鶏手羽に下味の塩・胡椒を振ってから薄
く小麦粉をまぶす。
フライパンにオリーブ油を熱し、手羽を焼く。
ボウルに醤油とはちみつを混ぜ合わせ、揚
げ鶏を入れて絡める。
黒胡椒と白ごまをまぶして、皿に盛る。
2.<キャロットラペ>を作る。
人参を千切りし、塩を振ってしばらく置く。
オレンジの皮をむいて、1センチ角に切る。
人参の水分を拭き、ドレッシングと和える。

   tebakara43


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

手羽唐揚げは甘さが勝っているが、食べやすい。
下味にガーリックパウダーを加える心算が、つい忘れて
しまった。(汗)
なので、やや単調な味付けになった。

キャロットラペは、いつもながら良い食感だ。


ミラノ風チキンカツ

chi-katu1



薄く延ばした鶏むね肉をクリスピーなフライにしてみたい。
イタリア産のインスタント「きのこペンネ」を添える。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏むね肉・・・1枚
塩、クレージーソルト、黒胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
パン粉・・・適量
粉チーズ・・・大さじ2

瓶入りトマトソース+あらごしトマト+トマト・・・適量

インスタントパスタ(ペンネ/マッシュルームソース)・・・1袋
ぶなしめじ、椎茸・・・適量
粉チーズ・・・大さじ1
ドライバジル・・・少々
レタス、ベビーリーフ、トマト・・・適量

     chi-katu2


【作り方】
1.鶏むね肉を3枚に削ぎ切りする。
肉叩きで更に薄く延ばし、塩・胡椒を振る。
小麦粉、溶き卵、パン粉+粉チーズをつける。
フライパンにサラダ油とバターを熱し、カツを
揚げ焼きする。
2.<インスタントパスタ>を作る。
鍋に500ccほどの湯を沸かし、袋の中身を
入れて混ぜながら茹でる。
水分がほとんど無くなれば、粉チーズなどを
振る。
皿にチキンカツとペンネ、野菜を盛る。
カツにトマトソースを掛けて、いただく。

     chi-katu3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

こんがりと色よく揚がったチキンカツが美味い。
外がパリッとして、肉はジューシーだ。
「鶏むね肉」はさっぱりとして、ウマイなあ。

ペンネも思ったより食べやすい味であったが、膨ら
んで大量に余ってしまった。(汗)


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚ひき肉 豚肉  海老 アスパラ 牛肉 アジ 鶏肉 牛ひき肉 じゃがいも  菜の花 スモークサーモン アボカド 豆腐 チーズ 白菜 春雨 サーモン 蓮根 厚揚げ 小松菜 ベーコン イカ 牡蠣 長芋 ぶり 穴子 パプリカ ニラ 合いびき肉 タコ カニ 塩鮭 サバ缶 ごぼう カニカマ 椎茸 かぶ 里芋  さつまいも 香菜 鶏ひき肉 ソーセージ ナス マッシュルーム えのき茸 イワシ もやし サンマ ぶなしめじ キクラゲ チンゲンサイ 舞茸 オイルサーディン まぐろ 塩さば 万願寺唐辛子 砂ずり たらこ トマト ハモ オクラ 明太子 ちくわ サバ 生ハム キャベツ あさり 竹の子 ブロッコリー りんご ハム サワラ 大根 春菊  かぼちゃ トマト缶 ラム肉 ハマチ 焼き豚 ズッキーニ 海苔 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ 大葉 香草 しらす カレイ ローストビーフ 貝柱 人参 とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き ちりめんじゃこ イチゴ 鴨肉 アスパラガス みょうが 焼豚 バナナ タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ カリフラワー ふぐ ピーマン 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 長いも 甘納豆 ハタハタ 油揚げ しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター