サバの胡麻焼き

sabagoma1


「さわらの胡麻焼き」をTVで観て、(サバ)に替えて試してみた。

【材料】    ※レシピは3人分です。 

サバ・・・1尾分
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
生姜・・・1片
片栗粉・・・適量
卵白・・・1個分
白ごま・・・適量

レタス・・・適量
レモン・・・1/2個


【作り方】
1.サバの骨を抜き、2センチ厚さに削ぎ切りする。
醤油・酒・みりん・おろし生姜に浸けて、15分間ほ
ど置く。
2.水分を拭き、片栗粉をまぶす。
卵白を塗り、胡麻をたっぷりと付ける。
フライパンに油を熱し、焦げないように焼く。

     sabagoma2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思ったよりも作るのが大変だった。
下味を付けて片栗粉、そして卵白からの胡麻まぶし。
胡麻を全面につけたので、白ごまが途中でなくなり
急遽黒ごまを使った。(汗)

香ばしさが余り出なかったのは、焼き油の量が不足
した所為だろう。
見た目も味も、中途半端な一皿になった。


スポンサーサイト

鯖の竜田揚げと、さつまいもの天ぷら

saba-tatuta1


 うまい新米のおかずとして、秋サバを使った竜田揚げを思いついた。
残っている「鳴門金時」の天ぷらも作ってみよう。



【材料】           ※レシピは3人分です。 

     生ごま      1尾分         
     醤油        大さじ 2
     酒         大さじ 1
     みりん       大さじ 1
     おろししょうが   小さじ 1
     片栗粉       適量
     
     さつまいも     細長いもの4本
     市販天ぷら粉    大さじ 3
     水         大さじ 3

     レタス       適量
     小松菜        〃
     すだち       2個
     カレー塩      適量


【作り方】
   1.の小骨を抜き、一口大に切り分ける。
     下味用の調味料に漬けて、15分間ほど置く。
     水分を拭きとり、片栗粉を薄くまぶしつけてから
     油で揚げる。
   2.さつまいもを皮つきのまま切り分け、水に晒す。
     水分を拭きとり、天ぷら衣を付けて油で揚げる。
     カレー塩(塩+カレー粉)に付けていただく。

       saba-tatuta2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     なかなか良いじゃないか。
     サバは風味豊かに揚がっているし、芋の天ぷらは甘い。
     カレー塩は、あまり活躍しなかった。

     揚げものは大変だけど、やはり美味いものだ。

     

さばそぼろの三色丼

sabasoboro-don


 ちょっと地味な三色丼を作ろうと思う。
サバを炒めてそぼろにしたものを主役にする。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     生サバ         2切
     玉ねぎ         1/4個
     人参          適量
     ぶなしめじ        〃
     生姜          1片
     醤油          大さじ 1
     酒           大さじ 1.5
     みりん         大さじ 1
     砂糖          少々
     白味噌         小さじ 1

     卵           2個
     小松菜         1把


【作り方】
   1.最初にサバを茹でる。酒と塩を加えた湯で6~7分間茹
     でて、水に取る。
     皮と骨をはずして身をほぐし、酒を振りかけた。
     玉ねぎ・人参・しめじ・生姜をみじん切りにしておく。
   2.フライパンに油を熱し、みじん切りした野菜とサバを入れ、
     炒めてから調味料を加える。
     味見をすると、甘過ぎるので塩と酢を少し足した。
   3.丼にご飯を盛り、さばそぼろ+炒り玉子+茹でた小松菜
     (塩・ごま油・炒り胡麻)を乗せる。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     うむ、苦労した割にピンとこない。
     全体的に甘く、マイルドで、大人しすぎる。
     考えてみれば、大好きだったコンビニ弁当「鯵の一夜干しご飯
     は干物の塩加減と旨みが絶妙だった。

     アクセントがないので、漬けものを探して添えた。


サバの白味噌煮

misoni1


 魚の煮つけでも作ろうと思うが、たまにはサバの味噌煮にして
みる。白味噌を使って、やさしい味を目指す。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     サバ(真)     大3切
     生姜         2片

  (A)水          1C
     酒          大さじ 3
     みりん        大さじ 2
     砂糖         大さじ 1

     
  (B)白味噌        大さじ 2
     合わせ味噌      小さじ 1
     醤油         少々

     ほうれん草      適量


【作り方】
   1.サバ(三重県産まさば)を水洗いし、食べやすいように
     2等分して合計6切にした。
     今回は、下茹でして臭みを抜き、ふっくら感を出すこと
     にする。
     鍋に湯を沸かし、酒・生姜の皮・玉ねぎ・セロリの葉
     加え、サバを5分間ほど茹でた。
   2.大きめのフライパンに(A)を沸かし、サバと生姜片を
     入れて、5分間ほど煮る。

     misoni2

     次に(B)の味噌・醤油を溶き入れて、8分間ほど煮た。
     皿に盛りつけ、<ほうれん草のおひたし>を添える。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     うむ、よく出来ている。美味い。
     やや肉厚のサバをほぐしながら食べ進むと、塩加減が
     丁度良い。
     付け合わせのほうれん草も甘くてグッド!

 
     家族も喜んでくれた。



さばみりん干しの三色丼

sabamirin-don


 スーパーの干物売り場で「さばみりん(骨取り)」を見つけた。
これを使った三色丼を思いついた。


【材料】           ※レシピは2人分です。 
 
     さばみりん干し        2枚
     (ノルウェー産サバ、山口県加工)
     長いも            10cm
     オクラ            4本
     卵              2個

     ご飯             適量
     刻み海苔            〃
     貝割菜             〃


【作り方】
   1.三色の構成は、さばみりん焼き+山いもとろろ+炒り卵に
     する。
     魚焼き網でさばみりんをこんがりと焼き、ザクザクッと適当
     な大きさに切り分ける。
   2.丼にご飯を盛り、全体に刻み海苔を広げる。
     上に「さばみりん焼き」と「とろろ+茹でオクラ」と「炒り卵」
     を配色よく並べ、貝割菜を散らした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     これは、我ながらグッドアイデア、相当ウマし!
     の脂が乗っている。みりん干しというよりも「かば焼き」
     のようだ。
     とろろに醤油を垂らして、木のスプーンで混ぜながらいた
     だいた。
     予想した通りの出来栄えに大満足。



ポリ袋で鯖の味噌煮 (ポリ袋レシピ)

saba-misoni


 ポリ袋真空調理法の総仕上げに、「さばの味噌煮」を作ってみよう。
息子が帰宅したので今回は3人前だ。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
 
     生サバ切り身           3切
     生姜               2片
     
   (味噌たれ)
     味噌               大さじ 1
     砂糖               小さじ 2
     みりん              小さじ 1
     醤油               小さじ 2
     片栗粉              少々

     オクラ              適量


【作り方】
   1.サバをよく洗い、火が通り易いように切れ目を入れる。
     ポリ袋にサバ・生姜・味噌たれを入れ、空気を抜いて準備。
     鍋に湯を沸かし、ポリ袋を浸して弱火で20分間ほど湯せん
     する。
   2.器に盛り付け、塩茹でしたオクラをのせた。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     ザンネン。 ジプロックの口をキッチリと締めなかったのか、
     袋の中に湯が侵入していた。オーマイガー!
     初歩的なミスだ。
     
     味の方は悪くなかっただけに悔やまれる。
     もうこれで「ポリ袋レシピ」は卒業しようかな。(涙)


ゴマ鯖のしょうが煮

gomasabani


 煮魚を作ろうと思い、スーパーへ。 
青森県産のゴマサバが目に入った。夏が旬の魚だそうだ。
これをしょうが煮にしてみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。

                       1尾分
       生姜               適量

    (煮汁)
       水                1C
       酒                1/4C
       醤油               大さじ 3.5
       みりん              大さじ 3
       砂糖               大さじ 1

                         
【作り方】
   1.2枚おろしになっているをそれぞれ3等分し、6切れに
     分ける。
     これを水洗いし、熱湯を掛けて臭みを取る。
   2.大きめの鍋に煮汁を沸かし、(皮目を上にして)をゆっ
     くりと入れる。スプーンで煮汁を皮目に掛けながら煮る。
     落とし蓋をして中火で7~8分間煮て、火を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    かなり良い出来だ。
    若干、醤油辛さが勝っていたので、最後に”はちみつ”を加
    えて修正した。

    先日、大衆居酒屋で食べた「鰯の生姜煮」が美味しくて、再
    現したくなったのだが、ちょっと及ばなかった。
    あの店では、煮汁をずっと継ぎ足して守っているのだろう。



生ずしと大根の酢のもの

kizushi-sunomono


生ずし(しめ)と大根を合わせたカンタンな酢のものを作ろう。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       生ずし      1パック
       大根       10cm
       人参        5cm
       胡瓜       10cm
       みょうが     適量
       貝割れ菜      〃

       すし酢      適量
       醤油       少々


   
【作り方】
1.大根・人参・胡瓜の皮を剥き、おろし器で細く下ろす。
 軽く塩を当て、水洗いする。
 ボウルにこれと、刻んだみょうが、生ずしを入れ、すし酢を加えて
 混ぜる。冷蔵庫で1時間ほど置いた。
2.小鉢に盛り、貝割れ菜を飾る。
 

【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 思いつきで作ってみたメニューだが、根菜が正月の”なます”風で、
 あまり感心しない。

 大根、胡瓜などはある程度、大きくカットした方が良い。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



生ずしのカルパッチョ

kizusi-carpa


 の生ずし(しめ)を使って、洋風のカルパッチョ風前菜を作った。




【材料】                 ※レシピは3人分です。

       生ずし      1パック
       大根       5cm
       赤ピーマン    適量
       貝割れ菜     少々

       オリーブ油    大さじ 2
       レモン汁     大さじ 1
       ピンクペッパー  少々
       黒胡椒       〃



【作り方】
1.大根を薄くスライスして塩を振り、しばらく置く。
 水が出てくるので固く絞り、そこへ生ずしと赤ピーマンを加え、オ
 リーブ油とレモン汁をかけて、冷蔵庫でしばらく冷やす。
2.冷蔵庫で冷やした皿に盛りつけ、ピンクペッパーと黒胡椒を振る。


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 やや塩分を抑えて作ったので、素材の味が引き立って、GOOD!
 以前、生ずしにオリーブ油と塩昆布をのせて食べたところ、なかな
 か良かったので、今回は大胆に調理した。
 食材を色んな国の料理に変身させるのは、楽しい。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



しめ鯖と大根の酢のもの

shimesaba


 スーパーで「とろしめ」を買って帰った。これを肴にして、日本酒をキ
ュッと飲ろうと思う。



【材料】               ※レシピは3人分です。

     しめ      片身
     
     大根       10cm
     生わかめ     適量

     市販すし酢    大さじ 2位
     醤油       少々
     赤唐辛子      〃
     糸かつお      〃
   


【作り方】
1.大根の皮をむき、薄くスライスして、塩を当てて10分間ほど置く。
 しめは1センチ幅に切って準備。生わかめも適当な長さに切っておく。
2.大根を水洗いして、水分を絞り、ボウルに入れる。
 ここにしめとわかめ・赤唐辛子を足し、すし酢と醤油を加えて混ぜる。
 この状態で、1時間ほど冷蔵庫に置いた。
3.これを器に盛り、糸かつおを載せれば出来上がり。


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 うむ、これは素晴らしい。の旨みに加えて、大根のしゃきしゃき感、
 わかめの柔らかさが絶妙なマッチングを見せる。
 簡単に出来たのに、絶品の「酒のアテ」になった。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME | 

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

ナス じゃがいも 豚肉 牛肉 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ 鶏肉 海老 アスパラガス イカ キャベツ ニラ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐  アボカド ベーコン ほうれんそう 厚揚げ わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター