鮭の和風カルトッチョ

sake-cartocho


 炊き込みご飯を作ろうと思うが、メインのおかずを何にしようか悩ん
だ。塩や塩サバを焼いてもいいが、余りに安直だ。

スーパーで見つけた「の西京焼き」を焼いてから、アルミホイルに包
んで蒸す料理を考えた。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       の西京焼き    3尾
       あさり       12個
       ぶなしめじ     適量
       ミニトマト      〃
       チンゲンサイ     〃

       バター       少々
       白ワイン       〃

       レモン       適量
       


【作り方】
1.最初に”の西京焼き”を焼く。
 味噌を拭きとり、フライパンにアルミホイルを置き、その上で焼いた。
 (少し酒を振る)
2.まな板にアルミホイルを広げ、その上にあさり・野菜を並べてか
 らバター・白ワインを加え、包む。
 これを水を張ったフライパンに入れて、7~8分間蒸す。
3.レモン汁を絞っていただく。



【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 おお、予想した以上に良い。
 西京焼きがうまいし、あさりが存分に味わい深いエキスを出している。
 
 バターの風味は賛否が分かれるところだが、家族は喜んでくれた。
 和洋折衷の”カルトッチョ”は、ひとまず成功だ!


 ※「キクラゲ天の小鉢」も好評だった。
    キクラゲ天を鍋で茹で、薄口醤油を少し加える。
    塩茹でしたインゲンと共に小鉢に盛り、醤油を垂らしていただく。
    kikurageten



◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



スポンサーサイト

鮭のチャンチャン丼

sake-chanchandon


 焼き塩を使った三色丼はちょっと飽きたので、こんな変わりメニュ
ーを考えた。「のチャンチャン焼き」をイメージし、味噌風味にした。



【材料】                 ※レシピは3人分です。

       サーモン     1サク
       
     (味噌ダレ)
       エノキダケ    適量
       白ネギ       〃
       味噌       大さじ 1.5
       みりん      大さじ 1
       砂糖       少々
       酒        大さじ 1
       醤油       少々

     (炒り玉子)
       卵        2個
       塩・砂糖     少々
       牛乳        〃

       ブロッコリー   1/2玉
       刻み海苔     少々


【作り方】
1.最初に味噌ダレを作る。
 フライパンに油を熱し、刻んだエノキ・ネギを炒め、調味料を加える。
 刺身用サーモンの1/3ほどを細かく刻んで、一緒に混ぜ合わせた。
2.残りのサーモンをフライパンで焼いてから一口大にカットする。
 丼にご飯を盛り、サーモン+炒り玉子+塩茹でしたブロッコリーを飾
 り、上に味噌ダレと刻み海苔をのせる。



【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 うむ、悪くはないが、なんか中途半端な印象だ。
 味噌味もイイかな?と、思いつきで作ってみたが、やっぱり醤油風味
 の丼の方が好きだ。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



秋鮭の味噌漬け焼き

sake-misoyaki


 スーパーへ行くとを安く売っていた。なんでもこの日(11月11
日)は「の日」らしい。 理由はすぐに分かった。魚篇に十一が重な
って「」だ。
を3切れゲットして帰宅。さて、味噌に漬けて焼いてみようか?


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       生      3切
       塩       少々

    (味噌床)
       味噌      大さじ 2
       みりん     大さじ 1
       酒       大さじ 1
       はちみつ    小さじ 1




【作り方】
1.生に塩を少し振って、10分間ほど置き、しみ出た水分をふき取る。
 味噌床の材料を混ぜ合わせ、鮭切り身の両面に塗りつける。
 ラップに包んでから冷蔵庫で5時間ほど置いた。
2.焼く前に、鮭についた味噌をていねいに拭きとる。
 魚焼き用の網を熱し、鮭を中火でじっくりと焼く。両面を10分間ほど
 かけて焼いた。

 

【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 塩分の加減が分からないので、心配だった。
 結果は、余り芳しいものではない。もっと甘みが欲しかった。
 付け合わせに野菜炒め(もやし・しめじ・キヌサヤ)を作ったが、これ
 はすごく良かった。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



鮭の味噌照り焼き

sakemisoyaki


 生サーモンを使った料理を作りたいが、いつも醤油やポン酢をかけるの
では面白くない。そうだ、味噌味にしてみよう。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       生サーモン    3切
       塩・胡椒     少々

     (合わせ調味料)
       味噌       大さじ 1
       みりん      大さじ 1
       酒        大さじ 1
       砂糖       少々
       おろし生姜     〃


 
【作り方】
1.生サーモンに軽く塩・胡椒して10分間ほど置く。
 浮いた水分をキッチンペーパーで拭き取り、1切れを3等分した。
2.フライパンに油を熱し、サーモンの両面を焼く。
 焼き目が付いたら、一旦火を止め、合わせ調味料を回しかけてからめる。
 皿に盛り付け、カットした”すだち”を添える。



【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 うむ、甘い味噌の風味が良い。味噌漬け焼きと違って、味が深く浸みこ
 んではいないが、あっさりとして食べやすい。
 付け合わせには、木の子と小松菜の塩焼きを添えた。(ソテーしてから、
 塩とめんつゆ+すだち汁を振った)
 家族にも好評だった。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



「さけのすし」

sakenosushi


 富山名産の「ますのすし」が大好物だが、滅多に食べる機会がない。
「ますのすし」があるのなら「さけのすし」があってもイイじゃないか。
と言うわけで、スーパーにいつも並んでいる刺身用のサーモンを使って、同
じようなものを作ろうと思った。


【材料】               ※レシピは2人分です。

     サーモン切り身   1パック
     塩         適量
     酢          〃

     すし飯       1合分

     大葉        2枚
     生姜甘酢漬け    適量



【作り方】
1.生のサーモン切り身を薄くスライスし、塩を振って30分ほど置く。
 これを酢で洗い、10分間ほど酢に浸す。
2.すし飯を用意する。今回は「すしのこ」を混ぜて作った。
 次に木製の”押し寿司型”を用意し、すし飯を詰めてから上に刻んだ大葉
 とサーモンを載せ、上蓋を圧着して重石(重ねた食器)を乗せた。
3.この状態で30分ほど置いた後、箱の溝に沿って5等分に切り分け、大皿
 に盛ってガリ(生姜甘酢漬け)を添えた。



【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 さて、見た目はなかなか良いが、味はどうだろう?
 う~む、「ますのすし」とは天と地の差だ。魚の締まり加減が浅いし、し
 ゃりも弱い。やはり、スモークサーモンでトライした方が良かったか‥。
 同時に作った貝柱と薄焼き玉子の「手まり寿司」は、概ね好評だった。

temari-sushi




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME | 

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

ローストビーフ トマト 人参 ブロッコリー 合いびき肉  椎茸 豚肉 牛肉 まぐろ  タコ 小松菜 ハム じゃがいも サンマ 胡瓜 もやし 鶏肉 ナス イカ ニラ 長芋 豚ひき肉 アスパラ 海老 とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き かぼちゃ パプリカ  ちりめんじゃこ イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ほうれんそう ベーコン わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  大根 いか スナップエンドウ 白菜 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター