山形風いも煮

      imoni


 空気が秋めいてくると、そろそろ鍋が食べたくなる。
本物を食べたことはないが、すき煮風の「山形県の芋煮」を
作ってみたい。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     里芋          8個ほど
     牛小間切れ肉      150g
     ぶなしめじ       1/2パック
     人参          適量
     長ネギ          〃
     水菜           〃

     水           3C
     出汁昆布        5センチ
     シマヤかつお出汁    少々
     醤油          大さじ 3
     酒           大さじ 2
     砂糖          大さじ 2
     めんつゆ        大さじ 1
     塩           小さじ 0.5


【作り方】
   1.里芋の皮を剥き、下茹でしておく。
     やや小さめの土鍋に水を張り、出汁昆布を1時間浸す。
   2.鍋に火を点け、里芋と調味料を加えてしばらく煮る。
     牛肉、人参、しめじ、斜め切りした長ネギを加えて、火が通
     れば、そのまま卓上に出す。

       imoni2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     本来入っている筈の「笹がきごぼう」はパスし、「こんにゃく」は買い
     忘れた。 拠って、ちょっぴりサビシイ芋煮になった。
     だが、里芋牛肉が旨い。
     牛肉と木の子から旨みが出ているので、良い味になった。

     ちょっとあっさりしたすき煮鍋という感じだが、妻は喜んでくれた。


スポンサーサイト

里芋とレンコンの唐揚げ

satoimo-karaage


 里芋が残っているので、下味をつけて唐揚げにしてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     里芋        3個
     レンコン      3センチ
   (下味用)
     醤油        大さじ 1
     酒         小さじ 1
     みりん       小さじ 1
     しょうが汁     小さじ 1

     片栗粉       適量
     パプリカ       〃


【作り方】
   1.里芋をよく洗い、皮つきのままレンジで3分間ほどチン
     して冷まし、皮をむく。
     レンコンの皮をむき、1センチ幅に切って水にさらす。
     ビニール袋に下味用のタレを作り、里芋とレンコンを
     1時間ほど浸けた。
   2.水気を拭いてから片栗粉を付けて油で揚げる。
     素揚げしたパプリカと一緒に盛りつけ、そのままいた
     だく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     うむ、なかなかイイね。
     里芋がちょっと柔らかくなり過ぎているきらいはあるが、
     味は大丈夫。

     レンコンがサクサクして、初めてにしてはよく出来た。


牛すじ肉の芋煮

suji-imoni


 里芋牛肉を醤油味で煮た”山形風”の芋煮を作ってみたい。
これだけでは面白くないので、神戸のお好み焼きでよく使う「すじコン」
(牛すじ肉+コンニャク)を加えることを思いついた。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        里芋               大5個
        牛薄切り肉            150g
        牛すじ肉             150g
        こんにゃく            1/2丁
        ぶなしめじ            1/2パック
        長ネギ              20cm
        
        昆布だし             3C
        酒                大さじ 3
        醤油               大さじ 3~4
        砂糖               大さじ 2
        塩                少々

                         
【作り方】
   1.最初に、牛すじ肉とコンニャクを煮る。
     牛すじを一度茹でこぼし、水洗いしてから一口大にカットする。
     鍋に3カップほどの水と生姜・長ネギの青い部分、すじ肉、手
     でをちぎったコンニャクを入れてコトコトと茹でる。
     今回は軽く下味をつけるべく酒・みりん・砂糖・塩・醤油を加え
     た。合計30分間ほど煮て、そのまま冷ます。
   2.別途、鍋に昆布だし・里芋・牛すじ・こんにゃくを入れて10分ほ
     ど煮る。
     里芋が柔らかくなれば、調味料とぶなしめじ・牛薄切り肉を入
     れてしばらく煮る。(牛肉から出るアクをしっかりと取り除く)
     スライスした長ネギを乗せて、火を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     途中で味見をすると、いかにも醤油味が薄い。
     ホンモノの芋煮鍋を食べたことがないので基準が分からない。
     ご飯のおかずになるように塩と醤油を足していると、いつもの
     煮もののようになってしまった。

     遊び心で加えた”すじ肉”は、それなりに旨味を足してくれたが、
     妻は「ちょっとカタイね」と言った。うむ、酒を飲まない婦女子に
     は分からない味だろうな・・・。(涙)


里芋とマグロ唐揚げの和風あんかけ

satoimo-an


 なにか面白そうな和食ができないか? と考えて、こんなものを作って
みた。旬の里芋を使った料理です。


【材料】           ※レシピは3人分です。

        里芋             大5個
        まぐろ切り落とし       適量
        酒・醤油            〃
        片栗粉             〃
        ぶなしめじ           〃
        インゲン            〃

     (和風あん)
        かつお出汁          1C
        薄口醤油           大さじ 1
        みりん            大さじ 1
        塩              少々
        しょうが汁           〃
        水溶き片栗粉         適量

        すだち            適量
        三つ葉             〃
                    
 
【作り方】
   1.里芋をたわしでよく洗って泥を洗い流し、皮をむく。
     一口大に切り分け、(念のため)電子レンジで2分間加熱した。
     これに片栗粉を薄くまぶして油で揚げる
     まぐろ刺身に酒・醤油を振りかけ5分間置く。
     こちらにも片栗粉をまぶして、油で揚げた。
   2.鍋に出汁と調味料・しょうが汁を入れて、煮たたせる。
     ぶなしめじとインゲンを加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
     小鉢に唐揚げした里芋と”まぐろ”を盛り、和風あんを掛ける。
    上にすだちと三つ葉を乗せた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

   イメージ通りには出来なかったが、悪くはない。
   里芋唐揚げはホクホクして美味いが、マグロの方はやや期待外れ
   だった。もっと下味を強くした方が良かったかも・・。

   でも、上品な一品になったので家族は喜んでくれた。



里芋とイカの煮物

ika-satoimoni


 里芋が出回る季節になった。イカと合わせたカンタンな煮物を作っ
てみよう。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       里芋        10個
       小イカ       5ハイ
       生姜        1片
       ブロッコリー    適量

       かつお出汁     1.5C
       薄口醤油      大さじ 1.5
       みりん       大さじ 1
       砂糖        大さじ 1
       塩         少々


   
【作り方】
1.里芋の皮をむき、5分間ほど下ゆでする。
 小イカ(10センチ長さ)を塩茹でし、適当な大きさにカットする。
2.鍋に出汁と調味料を沸かし、千切りの生姜を加える。
 そこに里芋イカを加えて7~8分間煮る。
 最後に(塩茹でした)ブロッコリーを加えた。

 

【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 これはノー文句のウマサだ。
 里芋がよくダシの風味を吸っているし、イカも美味い。

 ややダシが薄いような気もしたが、妻は喜んでくれた。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



鶏手羽と里いもの煮物

tori-satoimoni


 いつも変わり映えのしない”煮物料理”だが、これがうまいんだあ!



【材料】                 ※レシピは3人分です。

       鶏手羽中     10本
       里いも      6個
       インゲン     適量

       水        1C
       醤油       大さじ 1
       みりん      大さじ 1
       砂糖       少々
       めんつゆ      〃
       


【作り方】
1.里いもを洗い、ラップをして電子レンジで2~3分間加熱する。
 これを冷ましてから皮をむく。
 冷凍のインゲンを水に浸して解凍する。
2.フライパンを熱し、真中に切り目を入れた手羽中を皮目から焼く。
 両面に適度の焼き目がつけば、取り出しておく。
 鍋に出汁を沸かし、鶏肉と里いもを加えて(落しぶたをして)煮る。
3.6~7分後、インゲンを加え、2~3分間煮て火を止める。



【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 これは美味い! 文句なし。
 骨付き鶏肉がウマイし、里いもがウマイ!
 ゼイタクな小鉢。妻も気に入ってくれたようだ。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



里芋とインゲンの煮もの

satoimoni


 加古川のJA系スーパーで小さな里芋を見つけた。インゲンと一緒
に簡単な煮ものにしてみよう。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       里芋     10個位
       こんにゃく  適量
       インゲン    〃

       水      1C
       薄口醤油   大さじ 1
       みりん    大さじ 1
       砂糖     少々
       めんつゆ    〃


【作り方】
1.里芋の皮をむき、塩洗いしてから、鍋で下茹でする。
 こんにゃくインゲンも、念のため下ゆでした。
2.鍋に水と調味料を入れて沸騰させ、里芋こんにゃくを入れる。
 落しブタをして、7~8分間煮て火を止める。
 火を止める直前にインゲンを加えた。


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 ちょっと上品な出汁であるが、良い味だ。ウマイ!
 インゲンも同じスーパーで購入した。近くの農家のおじさんが
 作ったインゲンはクルリンと曲がっていて、可愛い。
 ああ、素朴でいやされる煮ものである。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



里芋とひじきの煮物

satoimo-hijiki


 ひじきを使った小鉢を作ろうと思うが、(妻が買った)里芋が残って
いるのでこれも使っちゃえ。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

     A.<里芋の煮物>
       里芋       5個
       鶏肉       適量

       かつおだし    1/2C
       みりん      大さじ 1
       砂糖       少々
       醤油       大さじ 1


     B.<ひじき煮物>
       ひじき      適量
       豚バラ肉      〃
       人参        〃
       蓮根        〃
       こんにゃく     〃
       油揚げ       〃

       かつおだし    1/2C
       みりん      大さじ 1
       砂糖       少々
       醤油       大さじ 1



【作り方】
1.最初に里芋の煮っころがしを作る。
 里芋の皮をむき、大きなものはカットし、たっぷりの湯で茹でる。
                    (6~7分間)
 鍋に油を引き、鶏肉を少々炒めてから出汁を注ぎ、里芋を加える。
 調味料を入れて、柔らかくなるまで煮る。(3~4分間)
2.次にひじきの煮物を作る。
 乾燥ひじきをたっぷりの水に浸けて30分間ほど置く。
 豚バラ肉・人参・蓮根・こんにゃく・油揚げを細く切り、電子レンジ
 で加熱した。
 小さなフライパンにごま油を熱し、肉と野菜を炒める。
 ひじきと出汁を入れ、調味料を加えて水分がなくなる寸前まで煮る。
 最後に煎りごまと七味唐辛子を振る。
3.小鉢に里芋とひじきの煮物を盛る。
 


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 最初の構想では二つの煮物を同じ小鉢に盛りつけようと思ったが、
 美しくないので別盛りにした。
 ひじきがウマイ!
 最近、”ひじき”が好きになった。なんでこんなに美味くなるんだろ
 う? 海藻のパワーはスゴい。
 里芋はやや薄味になってしまったが、両方とも家族は満足してくれた。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



里芋とせせりの煮もの

satoimo-seseri2


 旬の食材「里芋」を使った煮ものを作ってみよう。大好物のせせり肉
と、冷蔵庫に残っている根菜なども一掃しよう。



【材料】                 ※レシピは3人分です。

       里芋     6個
       せせり肉   適量      
       ゴボウ    10cm
       人参     10cm
       こんにゃく  適量
       インゲン    〃
 
       出汁     1.5C
       酒      大さじ 2
       醤油     大さじ 2.5
       みりん    大さじ 2
       砂糖     大さじ 1
       塩      少々


【作り方】
1.里芋の皮をむき、半分にカットして塩でもむ。
 こんにゃくはスプーンで小さく切り離し、やはり塩でもむ。
 里芋とこんにゃくを水洗いし、人参・ゴボウと一緒に少し茹でた。
2.鍋に油を熱し、鶏肉と野菜を炒めてから出汁を注ぐ。
 アクを取り除き、調味料を加えて味をつける。
 落とし蓋をして10分間程度煮て、火を止める。
 食べる直前に、インゲンを加えて加熱し、小鉢に盛る。


【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 主役の里芋がウマイ。せせりも当然のこと、ウマイ。
 今回は筑前煮風の煮ものになってしまったが、次回は東北地方の「い
 も煮」風にしてみようかな?



◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME | 

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

海老 豚肉 鶏肉 明太子 ブロッコリー 牛肉 ナス  さつまいも 白菜 大根 ぶなしめじ 塩鮭 人参 ローストビーフ トマト 合いびき肉 椎茸  まぐろ タコ 小松菜 ハム じゃがいも サンマ 胡瓜 もやし イカ ニラ 長芋 アスパラ 豚ひき肉 とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き かぼちゃ パプリカ ちりめんじゃこ  イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 トマト缶 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター