チャイニーズ五香(ウーシャン)カレー

gokou-c1

gokou-c2


カルディでちょっと面白い(中華風の)レトルトカレーを見つけた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

五香カレー ・・・1箱
豚肉・・・適量
玉ねぎ・・・適量
じゃがいも・・・1個
ご飯・・・1人前

     gokou-c


【作り方】
1.豚肉と玉ねぎを食べやすい大きさに切る。
じゃがいもをサイコロ状に切り、1分半ほど
レンチンする。
2.フライパンに油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒
める。塩・胡椒を振る。
レトルトカレーを空け、じゃがいもと水少しを
足して煮込む。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

なるほどシナモンと八角の香りがする。
(レトルトの具材は、赤いんげん豆のみ)
個性的ではあるが、万人向きの味であろう。

たっぷり加えた豚肉じゃがいもが良かった。
充分においしいレトルトカレーだったが、リピ
ートはないかな・・。


スポンサーサイト

深蒸し焼きそば

fukamusi1


スーパーでたまたま見つけた「深蒸し焼きそば」を買ってみた。
二度蒸しした茶色い麺がおいしそうだ。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

深蒸し焼きそば(丸紀:横浜中華麺)・・・1玉
豚バラ肉・・・適量
キャベツ、ニラ、もやし・・・適量
ごま油・・・少々
塩・胡椒・・・少々
とんかつソース・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ1
刻みネギ・・・適量

     fukamusi2


【作り方】
1.豚肉を刻み、キャベツとニラをざく切りする。
フライパンにサラダ油とごま油を熱し、豚肉
キャベツを炒める。軽く塩・胡椒を振る。
麺を入れ、大さじ2の水を加えて蒸し焼きにす
る。
2.ニラ、もやしを加え、ソースを絡める。
皿に盛り、刻みネギをトッピングした。

   fukamusi3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、普通だ。
もっとモチモチしていると思ったのだが・・。
焼き時間が長かったのか?

もやしのシャキシャキ感はグッドでした。


簡単肉つけそば


nikusoba1


冷凍の蕎麦を使って、簡単な「肉つけそば」を作る。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

冷凍そば・・・1袋
豚バラ肉・・・50g
玉ねぎ・・・適量
市販そばつゆ(ヤマモリ)・・・適量
青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.鍋にそばつゆを沸かし、一口大に切った
豚肉と玉ねぎを入れて煮る。
冷凍そばを電子レンジ(600w)で3分間レン
チンしてから冷水で締める。
2.お椀に肉入りつゆを移し、刻んだネギと
七味を振る。

   nikusoba2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

温かいつゆに冷たい麺を浸けるので、すぐに
冷たくなるのだが、すごく美味い。

しっかりした蕎麦つゆと甘い豚肉
そばには腰があって、食べ飽きない。


豆腐と豚肉の旨辛チゲ鍋

uma1

   uma2


カルディの「旨辛鍋の素」はなかなかよく出来ている。
一人鍋用に作られた製品のようだが、今回は夫婦二人鍋にした。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

旨辛鍋の素」・・・小袋2個 (製品には小袋が3個入っている)
水・・・1.5C(300cc)
豚バラ薄切り肉・・・200g
鍋用豆腐・・・1丁
白菜、小松菜、ぶなしめじ、ニラ・・・適量
卵・・・1個

     umakara


【作り方】
1.鍋に湯を沸かし、鍋の素を加えて混ぜる。
別の土鍋にごま油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒める。

   uma3

ざく切りした白菜を一緒に炒めてから鍋スー
プを加える。
豆腐と残った野菜・きのこを加えて、煮る。

   uma4

2.卓上コンロに乗せ、生卵を割り入れる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープが濃いかなと思ったが、野菜から出た水分で
丁度良くなった。
豆腐を食べると、味がマイルドに感じる。

たっぷりと入れた豚肉が甘くて、ご飯がススム。
妻も喜んでくれた。


マイルドな「トンテキ」を作ろう ~サラダ仕立て

tonteki1

tonteki2


「四日市トンテキ」や「大阪トンテキ」を一度も外で食べたことは
ないが、味を想像して作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ロース肉(とんかつ用)・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・大さじ1
ニンニク・・・1片

トンテキソース
ウスターソース・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
ケチャップ・・・小さじ1
酒・・・大さじ1

レタス、キャベツ、ブロッコリー、赤玉ねぎ、ミニトマト・・・適量
練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉の筋を切り、グローブ状にカットする。
軽く、塩・胡椒を振り、小麦粉をまぶす。
トンテキソース>を合わせておく。
2.フライパンに多い目の油を熱し、スライス
したニンニクを入れる。
きつね色になれば一旦取り出し、豚肉を焼く。

   tonteki3

両面をしっかりと焼き、油をふき取ってから
<トンテキソース>を加える。
粗熱が取れたら一口大に切り分け、サラダの
上に盛る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはウマイ! 大成功だ。
ソースに酒を足したので、”マイルド・トンテキ”としたが、
充分にしっかり良い味がついた。

何より豚肉が柔らかい。家族も喜んでくれた。
また作ってみたい。


塩豚と野菜のポトフ

siobuta4


残った「塩豚」を使って、ポトフを作ってみよう。
今度はしっかりと”塩抜き”をする。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

塩豚・・・100g
ブロッコリー、人参、キャベツ、トマト、紫キャベツ・・・適量
水・・・3C
生姜の皮、ローリエ、ホウル黒胡椒・・・少々
チキンコンソメ・・・1片
ドライバジル、ローリエP、黒胡椒・・・少々
粒マスタード・・・適量


【作り方】
1.塩豚を塊のまま10分間茹でる。
鍋に水を張り、薄くスライスした塩豚、大きく
カットした野菜を入れて火にかける。
コンソメキューブその他を入れて、20分間
ほど弱火で煮る。
2.最後にトマトを加えてしばらく煮る。
スープ皿に注ぎ、ドライバジルを振る。
お好みで、粒マスタードをつけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、今度は”塩抜き”し過ぎて、やや物足りない
塩豚料理になった。
でも、キャベツとトマトの美味さは格別であった。

次回はもっと大きなブロック肉を使い、塩+「砂
糖」も加えて試してみたい。



塩豚もやし炒め

siobuta1


沖縄の伝統食「スーチカー」と呼ばれる塩豚(塩漬け豚)に
興味が湧いた。
スーパーで豚バラブロック肉を仕入れた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラ塊肉・・・300g
粗塩・・・大さじ3.5 (1日目大さじ2.5+2日目大さじ1)

もやし・・・適量
三つ葉・・・適量
塩・胡椒・酒・・・少々


【作り方】
1.豚肉に少し切り込みを入れ、塩大さじ2.5
を全面にすり込む。
ビニール袋に入れ、一晩冷蔵庫に置く。
水分を拭いてから、更に塩をすり込み、もう一
晩置いた。

     siobuta2

2.塩豚を水洗いし、10分間ほど茹でる。
1センチ幅にカットし、もやしと炒める。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味を見るために塩豚を5ミリ厚にカットし、5分間
ほど茹でて食べると塩辛いので10分間茹でた。

塩豚ともやしのスープ”も作ったが、なかなか旨し。
さて、残りの塩豚をどう料理しようか?

     siobuta3

ポークとビーンズのスパイスカレー

mame-c1

mame-c2


ミックスビーンズ缶とカットトマト缶があるので、思いつくまま
自分好みのカレーを作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・150g
塩・胡椒・・・少々
玉ねぎ・・・1/2個
おろし人参・・・大さじ1
おろしリンゴ・・・大さじ2
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
ミックスビーンズ缶・・・1缶
トマト缶・・・1缶
チキンスープ・・・1/2C
牛乳、ヨーグルト・・・適量
三つ葉・・・適量

ホールスパイス(カルダモン、クミンシード、マスタードシード、
カレーリーフ、カスリメティ)・・・適量
パウダースパイス(コリアンダーP、カレー粉、ターメリックP、
チリP)・・・適量


【作り方】
1.豚肉を2センチ角に切り、玉ねぎをみじん
切りする。人参とりんごは摩り下ろす。
2.フライパンに油を熱し、(塩・胡椒を振った)
豚肉を焼き、みじん切りした玉ねぎ、ニンニク・
生姜を炒める。
ホールスパイスを一緒に炒める。
人参、リンゴ、、トマト、チキンスープを入れ、
しばらく煮込む。

   mame-c3

3.パウダースパイスと塩、牛乳、ヨーグルトを
加え、味見をして調整する。

   mame-c4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

悪くはないが、どうもピンとこない。
原因は2つ。安価だったの缶詰がおいしくなかった
ことと、もう一つはスパイスの使い過ぎ。
もうそろそろ、自分に合うスパイスを選別すべきだ。

しかし、ブロック肉をカットした豚肉は良かった。


かき豚玉 ~牡蠣と豚のお好み焼き

kakioko1

kakioko2


岡山・日生(ひなせ)の名物”カキオコ”をイメージして、とろとろ生地
のお好み焼きを焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

牡蠣・・・8粒
豚バラ肉・・・適量
お好み焼き粉・・・50ccほど
水・・・適量(たっぷり)
卵・・・1個
おろし山芋・・・大さじ1
キャベツ・・・適量
天かす・・・適量

ソース(とんかつソース、どろソース)・・・適量
オイスターソース・・・適量
かつお粉、青のり・・・適量


【作り方】
1.生地を作り、卵を混ぜ合わせる。
牡蠣の半分を粗くカットして生地に混ぜる。
千切りしたキャベツを混ぜて、熱したフライパン
に流し入れる。
牡蠣(4粒)、豚肉、天かすを乗せ、両面を焼く。

     kakioko3

2.ソース2種とオイスターソースを掛け、粉を散
らす。

     kakioko4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

久しぶりに作ったカキオコだが、良く出来た。
とろんとした生地とシャキッとした冬キャベツ。
濃厚な牡蠣の風味が、濃いソースとよく絡んで
ウマイ。
ビールにピッタンコ。


豚れんこん炒め

butarenkon


神戸の市場で、大好物の”れんこん”をゲットした。
豚肉・ブロッコリーと一緒に炒めてみよう。
栗原はるみさんのレシピを参考にした。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラしゃぶ肉・・・150g
れんこん・・・1/2本
ブロッコリー・・・1/2個

醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ0.5
砂糖・・・大さじ1
赤唐辛子・・・1/2本分


【作り方】
1.レンコンを厚めの半月切りにし、水に晒す。
ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでした。
フライパンに油を熱し、豚肉を炒めて、一旦取り
出す。
2.フライパンに再度油を熱し、れんこんと赤唐
辛子を炒め、透き通ってきたら豚肉とブロッコリ
ーを加え、調味料を入れて混ぜる。
汁けがなくなれば、皿に盛る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

至って平凡な味付けであるが、れんこんの
シャキッとした歯触りがGOOD!

ご飯のおかずになる。
妻も気に入ってくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

海老 アスパラ 豚肉 じゃがいも サバ缶 鶏肉 豆腐 カニカマ ぶなしめじ  トマト缶 ソーセージ 牛肉 アボカド ベーコン イワシ ラム肉 キャベツ  牡蠣 生ハム チーズ 合いびき肉 ローストビーフ まぐろ トマト 蓮根 長芋 大根 さつまいも ごぼう かぼちゃ 貝柱 ぶり 豚ひき肉 明太子 ブロッコリー ナス 白菜 塩鮭 人参 椎茸  タコ 小松菜 ハム サンマ 胡瓜 もやし イカ ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 梅干 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター