辛味大根そば ~豚ロースの味噌漬け焼きを添えて


karami-d1

   karami-d2

   (神戸「新生公司」の”豚ロースの味噌漬け”を焼いた)
karami-d3


神戸の地産マルシェで、淡路島産の「辛味大根」をゲット。
とりあえず「流水麺そば」の薬味として味見してみよう。
付け合わせは、元町「新生公司」で買った「豚ロースの味噌漬け」を。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

流水麺(そば)・・・1袋(2人前)
市販そばつゆ・・・適量
辛味大根・・・1/2個
刻みねぎ、白ごま・・・適量
刻み海苔・・・適量
練りわさび・・・適量

市販「豚ロースの味噌漬け」・・・2枚
大葉、貝割れ菜・・・適量

     karami-d4


【作り方】
1.辛味大根の皮を剥き、摩り下ろす。
流水麺を冷水で洗い、ザルに盛る。
2.豚肉を常温に戻し、表面の味噌をぬぐい
取る。
魚焼き用グリルで両面を10分間ほど焼く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

蕎麦がうまい、豚ロース味噌焼きもうまい。
初めて試す辛味大根は、大根おろしの風味がよく、
辛さはマイルドだった。

すべてが美味くて、妻と二人で大満足した。


スポンサーサイト

豚しそ天と、ナス唐揚げ

butaten21


豚ロース薄切り肉を使った「豚天」がテレビで紹介された。
おいしそうだったので、試してみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚薄切り肉(肩ロース+バラ肉)・・・250g
大葉・・・10枚
白ごま・・・大さじ1

豚天の衣
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
水・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ0.5
塩、胡椒・・・少々

卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ4


ナス・・・1本

ナス唐揚げの衣
花椒塩・・・小さじ0.5
片栗粉・・・大さじ1


【作り方】
1.豚肉を5センチ長さにカットし、大葉を細い千切
りにする。
豚肉をボウルに入れた醤油・酒などを混ぜた調味
液に浸ける。
更に卵と小麦粉、大葉、白ごまを入れてよく混ぜる。
フライパンに油を熱し、カラッと揚げる。
2.ナスを乱切りし、花椒塩を振る。
片栗粉をまぶして油で揚げる。

   butaten22


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや味が濃いが、ご飯のおかずになる豚天だ。
生姜の風味がどうしても欲しかったので加えた。

思い付きで作った「ナス唐揚げ」は、かすかに花椒の
香りがして気に入った。
レモンを絞ったら、もっとサッパリしただろう。


青ねぎがたっぷり、「ねぎ焼き」

negiyaki1

   negiyaki2


激安で人気の八百屋で、「青ねぎ」を大量ゲット。
久しぶりに”ねぎ焼き”でも焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

お好み焼き粉・・・50cc
水・・・70ccほど
卵・・・1個
青ねぎ・・・10本ほど
豚バラ肉・・・適量
むき海老・・・適量
醤油・酒・胡椒・・・少々
イカ天・・・1枚

お好み焼きソース・・・適量
マヨネーズ・・・適量


【作り方】
1.ねぎを小口切りにする。
冷凍むき海老をレンチンし、軽く醤油・酒・胡
椒を振る。豚肉にも醤油・酒を振った。
ボウルにゆるい生地を作り、イカ天を砕いて
おく。
2.フライパンに油を熱し、生地を薄くクレー
プ上に広げる。
上にたっぷりのねぎを乗せ、豚肉海老とイ
カ天を置く。

   negiyaki3

更に生地を回し掛けてから、裏返す。
両面焼けたら、二つ折りにして皿に盛る。
ソースとマヨネーズを掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

生地がとろっとして美味いが、ネギの風味が足りない。
もっとネギを大きくカットした方が良かったか?

具沢山のねぎ焼きは、食べごたえもあって満足した。


ホットプレート de ピリ辛焼きそば

p-yakisoba1

p-yakisoba2


たまには、肩の力を抜いて、夫婦で「ソース焼きそば」でも焼いて
みよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

焼きそば用中華麺・・・2玉
豚バラ肉・・・150g
冷凍イカ・・・適量
イカ天・・・1枚
キャベツ、人参、小松菜・・・適量
塩・胡椒・・・少々
ごま油・・・大さじ1
卵・・・2個

ピリ辛ソース
ウスターソース・・・大さじ2
ヤンニョンジャン・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
とんかつソース、ケチャップ、オイスターソース・・・適量

青のり・・・少々


【作り方】
1.ホットプレートにごま油を引き、麺だけを炒め、
一旦取り出す。
次に豚肉イカを炒め、野菜を加えて塩・胡椒を
振る。
イカ天を砕いて加える。
麺を戻し入れ、<ピリ辛ソース>を混ぜ合わせる。
青のりを振る。

   p-yakisoba3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ていねいに作ったので、なかなか良い出来上がりだ。
麺はパリッとしていて、豚肉イカは柔らかい。
ソースは、中華~韓国風の味わいになったのでやや
違和感あり。

小松菜とイカが美味しくて、妻は喜んでくれた。


でっかい豚しょうが焼き ~たっぷりの新玉ねぎを乗せて

butasho1


敬愛する飛田和緒さんが紹介した「ダブル玉ねぎの豚しょうが焼き」
を作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚肩ロース肉(とんかつ用)・・・3枚
塩・胡椒・・・少々
片栗粉・・・適量
新玉ねぎ・・・3/4個分

しょうが焼きタレ
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
おろし生姜・・・大さじ1
おろし玉ねぎ・・・1/4個分


【作り方】
1.玉ねぎ1/4個を「ハンドミキサー」でつぶす。
豚肉の筋を切り、塩・胡椒を振ってから両面に
片栗粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、豚肉を焼く。
焼けたら一旦取り出し、串切りにした玉ねぎを
焼き、取り出す。
そこに<しょうが焼きタレ>を入れて煮詰め、
肉を戻し入れてからめる。
2.皿に肉を盛り付け、上に玉ねぎ炒めを乗せ
てからタレを掛ける。

     butasho2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーむ、もっと期待していたのだが・・。
下味の塩をきつい目に振ったせいか、塩味強し。
それに、とろみが思ったより強く、生姜の風味が弱かった。

2~3度作らないと、自分好みにはできないのかも。

ポークスペアリブのロースト

pork-s1

pork-s2


神戸・元町にある焼豚が評判の”新生公司”で、「味付スペアリブ」をゲット。
ガスグリルでじっくりと焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

味付スペアリブ・・・400g
レタス、胡瓜、ルッコラ、ラディッシュ他・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量
レモン・・・1/4個

     pork-s4


【作り方】
1.スペアリブをそのままガスグリルで10分間
ほど焼く。
大皿に野菜を敷き、スペアリブを盛り付ける。

 ※市販ポテサラと、ゆで卵のサラダを作った。
   pork-s3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

とりたててゴージャス感もチャイニーズ感もないが、
素直な味付けに好感が持てる。
個人的にはもう少し、甘みが欲しかったが、妻は
「おいしいね」と褒めた。

安価なので、ホームパーティーに使えそうだ。


2018GW焼き肉ホームパーティー

yakini31

yakini32

   yakini33


ゴールデン・ウィークは、家族揃って、”焼き肉パーティー”だ。
牛肉だけではなく、豚三枚肉の「サムギョプサル」も用意した。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛カルビ肉・・・150g
牛ハラミ肉・・・150g
豚バラ三枚肉・・・200g
岩塩・・・少々
黒胡椒・・・少々
こどもピーマン・パプリカ・モロッコインゲン・・・適量
サンチュ・サニーレタス・大葉・・・適量
レモン、ニンニクチップ、白炒り胡麻・・・適量

つけタレ
●市販焼肉のたれ(宮殿)・・・適量
●おろしポン酢・・・適量
●サムジャンだれ(サムジャン+ごま油)・・・適量


【作り方】
1.豚バラ塊肉を1センチ幅にカットする。
焼く直前に岩塩を振った。
牛肉カルビとハラミは、焼く直前に黒胡椒を
振る。
野菜を食べやすい大きさにカットする。
2.卓上焼肉プレートで焼きながらいただく。
豚肉> サムジャンだれ・レモン・サンチュ他
牛肉> 宮殿・おろしポン酢

      yakini35


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初に「サムギョプサル」をいただく。
脂ぎっているが、葉野菜に巻いて食べるとウマイ
今回のカルビ肉は脂分多し。
ハラミの方がイイ感じの肉の風味がして美味しかった。

牛肉はやはり下味に<焼肉タレ>を掛けてから焼いた
方が良かったな? あっさりし過ぎた。

   yakini34



肉巻き野菜串 ~ささみの塩焼きも加えて


yasaimaki1

   (ささみ塩焼きとアスパラ肉巻き)
yasaimaki2

   (ミニトマト肉巻きとレタス肉巻き)

yasaimaki3


色々な野菜を肉巻きした串焼きが流行っているそうだ。
ちょっとチャレンジしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
レタス、パプリカ、グリーンアスパラ、ミニトマト・・・適量
岩塩・黒胡椒・・・少々

バターポン酢(バター+ポン酢)・・・適量
レモン・・・1/4個

ささみの塩焼き
鶏ささみ・・・3本
岩塩・・・少々
明太マヨソース(明太子+マヨネーズ)・・・適量

   yasaimaki4


【作り方】
1.野菜を適当な大きさにカットして、豚肉
巻く。
5センチ長さ程度に切りそろえて竹串に刺す。
軽く塩・胡椒を振り、ガスグリルで焼く。
2.アスパラを巻いた串はフライパンで焼き、
<バターポン酢>を絡める。
3.<ささみの塩焼き>も焼いてみた。
鶏ささみを切って串に刺し、塩・胡椒を振って
からガスグリルで焼き、明太マヨソースを塗る。

   yasaimaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

<ささみ塩焼き>は、身がジューシーに焼けていて、
明太マヨソースもよく合っている。
アスパラ巻き、レタス巻きは野菜を味わう串であり、
上品で美味い。

ミニトマト巻きは、ジューシーなトマト味が良かったが、
外観からトマトと分からないので、(赤い果実が見え
るように)ベーコンで巻いた方が良いかも・・。


ピリ辛豚じゃが ~新じゃがを使って

butajaga1


新じゃがを使って、ちょいピリ辛の「豚じゃが」を作ろうと思う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

じゃがいも・・・6個
豚肩ロース肉(生姜焼き用)・・・200g
菜の花・・・1/2把

煮汁
水・・・1.5C
醤油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
コチュジャン・・・小さじ2
おろしニンニク・・・少々


【作り方】
1.じゃがいもを洗い、皮がついたまま
半分にカットする。
豚肉を5センチ長さに切り、菜の花は
塩茹でしておく。
2.フライパンに油を熱し、じゃがいも
豚肉を焼く。
煮汁を入れて10~12分間煮る。
器に盛り、菜の花を乗せる。

   butajaga2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

新じゃがはほっくりして、豚肉はジューシーで
バッチリ美味い。
味付けはやや薄いかと心配したが、丁度良い
感じになった。ピリ辛具合もグッド。

家族は喜んでくれた。


中華和え麺を作ってみた ~ビャンビャン麺のように

aemen1

aemen2


テレビで紹介された中華和え麺「ビャンビャン麺」に興味をひかれた。
茹でた麺の上に具材と調味料を乗せ、”熱油”をジュッと掛ける。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

中華麺(なま)・・・1玉
(日清「つけ麺の達人(鶏白湯醤油)」を使用)
豚ロース肉・・・適量
小松菜、生椎茸・・・適量
ニンニク、生姜・・・適量
韓国唐辛子、粉山椒・・・少々
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ2
パクチー、人参・・・適量


【作り方】
1.生麺を指定時間(5分間)通り茹でる。
1分前に小松菜を入れて茹でる。
フライパンに油を熱し、刻んだニンニク・生姜、
豚肉、椎茸を炒める。
塩・胡椒・オイスターソースで味付けする。
2.茹でた麺を水洗いして丼に盛り、豚肉炒め
と小松菜を載せ、唐辛子と粉山椒を振る。

   aemen3

醤油と酢を掛けてから熱々に熱した油(ごま油
を足した)をジュッと掛ける。

   aemen4


人参、パクチーをトッピングする。
麺と具と調味料をよく混ぜていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

幅広麺の代わりに太麺を使ってみたが、思ったよりも
グッド。
とんかつ用の豚肉を甘辛く炒めた具、青菜、パクチー、
人参の食感と、唐辛子・山椒の香り。
”油そば”のようなものだが、香る”熱油”風味が素晴
らしい。
これは旨い!


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 豚肉 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター