地鶏だし塩鍋 ~龍馬のしゃも鍋風

shamo1

shamo2


「坂本龍馬が最後に食べようとしていたと言われる”軍鶏鍋”をイメージ
した鍋つゆです」という説明に惹かれて購入した。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

地鶏だし 塩鍋つゆ」(ヤマキ)・・・1袋(700g)
骨付き鶏もも肉・・・400g
白菜、人参、椎茸、えのき茸、水菜・・・適量
豆腐・・・1丁
生くずきり・・・1袋

青ネギ・・・適量
柚子胡椒・・・適量

       shamo0


【作り方】
1.野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
土鍋に鍋つゆを空け、一度沸かす。
鶏肉だけを入れて、20分間ほど煮込んだ。

   shamo4

2.白菜その他の具材を入れて、煮えたも
のからいただく。
お好みで柚子胡椒を溶く。

   shamo5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

この「鶏だし」は、そのままで充分にウマイ。
コクがある塩味だが、隠し味の生姜が効いて、
サッパリしている。
念のためポン酢も用意して、肉や豆腐をつけて
いただいた。

柚子胡椒を少し溶くと、イイ感じのアクセントに
なった。


スポンサーサイト

豆腐と豚肉の旨辛チゲ鍋

uma1

   uma2


カルディの「旨辛鍋の素」はなかなかよく出来ている。
一人鍋用に作られた製品のようだが、今回は夫婦二人鍋にした。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

旨辛鍋の素」・・・小袋2個 (製品には小袋が3個入っている)
水・・・1.5C(300cc)
豚バラ薄切り肉・・・200g
鍋用豆腐・・・1丁
白菜、小松菜、ぶなしめじ、ニラ・・・適量
卵・・・1個

     umakara


【作り方】
1.鍋に湯を沸かし、鍋の素を加えて混ぜる。
別の土鍋にごま油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒める。

   uma3

ざく切りした白菜を一緒に炒めてから鍋スー
プを加える。
豆腐と残った野菜・きのこを加えて、煮る。

   uma4

2.卓上コンロに乗せ、生卵を割り入れる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープが濃いかなと思ったが、野菜から出た水分で
丁度良くなった。
豆腐を食べると、味がマイルドに感じる。

たっぷりと入れた豚肉が甘くて、ご飯がススム。
妻も喜んでくれた。


トマト湯豆腐 ~中華風ねぎだれ

tomato-y2


テレビの料理コーナーで、料理家の奥薗さんが紹介した
トマト豆腐」を試してみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

絹こし豆腐・・・1丁
豚しゃぶ肉・・・150g
塩・・・小さじ0.5
トマト・・・大1個
水菜・・・1把
水・・・3C
出汁昆布・・・10センチ
酒・・・大さじ1

ねぎだれ
長ねぎ・・・1/2本
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酢・・・大さじ2
ごま油・・・大さじ0.5
一味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.豚肉に塩を振り、よく揉み込む。
土鍋に水を張り、昆布を入れて1時間置く。
ねぎだれ>を作る。
刻んだ長ねぎに調味料を加え、最後にごま油と
一味を入れて、よく混ぜる。
2.鍋に豆腐トマトを入れて煮込み、最後に
水菜を加える。
熱々を<ねぎだれ>につけて、いただく。

     tomato-y3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ねぎだれが甘過ぎるので昆布ポン酢を足していただいた。
これで、タレはバッチリだ。

豆腐と豚肉は当たり前の味だが、温かいトマトが加わる
と、なかなか面白い味わい。
意外にビールにも、ご飯に合った。


カワハギの煮付け ~すき焼きのたれを使って

kawahagi1


デパ地下の鮮魚売り場で、鍋用の「カワハギ」を見つけた。
すき焼きたれを使って、簡単な煮付けにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

カワハギ(福岡県産)・・・2尾
生姜・・・1片
豆腐・・・1/2丁
春菊・・・適量

煮汁
市販すき焼きのたれ・・・60cc
酒・・・60cc
水・・・60cc


【作り方】
1.カワハギを水洗いする。
生姜を千切りにし、豆腐を4センチ角にカットする。
2.フライパンに(煮汁)を沸かし、魚と生姜、豆腐
を加えて、落し蓋をして10分間ほど煮る。

   kawahagi2

途中、春菊を加え、煮汁を魚に掛ける。
器に煮汁ごと盛り付ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

すき焼きのたれがメインの煮汁は、味に奥行きがない。
ただ甘いばかりで、キリッと引き締まっていない。
カワハギの身は、色は付いていないが、煮汁をつけな
がら食べると、プリプリして良かった。

次回やるときは、もっと濃い目の煮汁を作ろう・・。


マイルドな黒マーボー豆腐

kuroma1


TVコマーシャルを見て、耳に残った。 「赤マーボーと黒マーボー」。
今回は黒マーボー豆腐だ。
辛そうなので、豚肉とを加えてマイルドにしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

麻婆豆腐の素・・・1箱
(クックドゥ:黒麻婆豆腐 中辛)
絹こし豆腐・・・1丁
豚バラ肉・・・適量
ニラ・・・1/2束
長ねぎ・・・適量
・・・2個
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.先に、とろとろ”炒り”を作っておく。
フライパンに油を熱し、溶きを流し入れる。
ゆっくりと混ぜながら半熟の状態で、一旦取り出す。
2.再度、フライパンに油を熱し、豚バラ肉を炒める。
レトルトの黒マーボーと水(50cc)を入れて加熱し、
角切りにした豆腐と刻んだ長ねぎを加えてしばらく
煮込む。
最後に”炒り”と、3センチ長さにカットしたニラを
入れて混ぜ合わせる。
3.皿に盛り付け、刻み青ネギを散らす。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

途中で味見をすると、かなり濃厚なソースだったが、
全体を合わせて食べてみると、味が薄い。

「何かが足らない・・」と家族で顔を見合わせたが、
結局、豚肉・玉子などに味を付けていないので、
塩味と甘味が不足していた。
ザンネンムネン。

豆腐とひじきのコロッケ

tofu-c1


ヘルシーで、ちょっと都会風なカフェ風コロッケを作る。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

木綿豆腐・・・1丁
ひじき缶・・・大さじ2ほど
ごま油・・・少々
豚ひき肉・・・80gほど
玉ねぎ・・・1/4個
パン粉・・・大さじ3
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・少々
ナツメグ・・・少々

卵・・・1個
パン粉・・・適量
ケチャップ・・・適量
ウスターソース・・・適量
粒マスタード・・・少々


【作り方】
1.豆腐の水切りをする。
フライパンにごま油を熱し、豚ひき肉と玉ねぎの
みじん切り、ひじきを炒めて、塩・胡椒・醤油で軽
く味をつける。そのまま粗熱を取る。

     tofu-c2

2.ボウルに豆腐を入れて、泡だて器でつぶし、
ひじき、豚玉ねぎ、パン粉、塩等を加えて混ぜる。
溶き卵をからめ、パン粉をまぶして油で揚げる。

     tofu-c4

3.ケチャップソースをつけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

惜しい! 
よく水を絞って、うまく揚がったが、やや味がぼやけている。
もう少し豆腐に味をつけるか、”ひき肉炒め”を濃い味に
した方が良かった。

しかし、おしゃれっぽい(?)夕食になった。


石鍋スンドゥブチゲ

sund1

     sund2


こんなに寒い日は、熱々のスンドゥブチゲで温まりたい。
KALDIで買って来たチゲスープ「マッスンブ スンドゥブチゲ」を使う。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

市販チゲスープ・・・1袋
マッスンブ スンドゥブチゲ
絹こし豆腐・・・1/2丁
豚肉・・・適量
白菜、玉ねぎ、ニラ、もやし・・・適量
卵・・・1個
すりごま・・・適量
刻みネギ・・・適量

          kaldi3


【作り方】
1.石鍋にスープを入れて、火にかける。
豚肉、白菜、玉ねぎを煮込み、豆腐をスプーン
ですくって入れる。
最後に卵を割り入れ、ニラ、もやしとすりごま・
刻みネギを乗せる。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

とにかくスープが辛い(hot!)。
私には辛過ぎる。すぐに、みりんと酒を足した。

食べ進む内に徐々に慣れてきた・・・。
中華麺かご飯を投入したくなったが、食べ切る
自信がないので止めた。(汗)


豆腐のしょうが焼き

tofu1


豆腐料理を作りたいが、”揚げ出し豆腐”は作るのがやや面倒だ。
フライパンで焼いて生姜ダレを掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

木綿豆腐・・・1丁
小麦粉・・・適量
市販生姜焼きのタレ・・・適量
出汁、酒、おろし生姜・・・適量

キャベツ、パプリカ、ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.豆腐を水切りし、8等分する。
小麦粉を全体にまぶし付ける。

   tofu2

2.フライパンに油を熱し、豆腐を焼く。
全体にカリッとなれば、油を捨て、生姜焼きのタレ
その他を回し掛ける。
皿に盛り付け、アクセントに七味を振った。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは熱々で、なかなか美味い。
外がカリッとしていて、中がふっくら。

タレがやや少なかったが、しっかりと味は付いている。
大成功!


豆腐とさんま蒲焼の卵とじ

tofunabe1


テレビで見た「豆腐とうなぎの卵とじ」が美味しそうだった。
うなぎはムリなので、市販の”さんま蒲焼”で代用してみた。
残っている牛肉(USビーフ)も入れてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・さんま蒲焼      1枚
・焼肉用牛肉      適量
・絹こし豆腐      1丁
・卵          2個
・長芋         適量
・長ねぎ        1本
・三つ葉        適量

鍋つゆ
・かつお出汁      2C(400cc)
・醤油         70cc
・みりん        70cc
・砂糖         大さじ 1


【作り方】
1.蒲焼と牛肉を2センチ幅ほどに切り分ける。
  豆腐を食べやすい大きさにカットする。
  長いもを摩り下ろし、白ねぎは薄く斜め切り
  した。
2.土鍋に「鍋つゆ」を沸かし、豆腐・蒲焼・牛肉
  を加えてしばらく煮る。

     tofunabe2

  長芋とろろと白ねぎを入れ、とろみが付けば、
  溶き卵を回し入れてとじる。

     tofunabe3

 最後に、三つ葉を散らす。

     tofunabe4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鍋つゆの量が思った通り多過ぎたが、味は見た目ほど辛くなくて、
さすがに良くできている。
豆腐がウマイ、牛肉もウマイ、蒲焼はそれなりに・・。

とろろも卵とじも適切だと思うが、やはり”つゆ”の量が多い。
工夫次第で応用が効きそうな鍋だった。


夏のトマトすき焼き

tomasuki1


クーラーが効いた部屋で、今度はシンプルな「トマトすき焼き」を作ろう。
イタリアンではなく、あくまでも和風でやってみる。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・牛薄切り肉     300g
 (和牛すき焼き用)
トマト       3個
・玉ねぎ       1個
・しめじ       1パック
・絹こし豆腐     1丁
・三つ葉       適量

割り下
・醤油        100cc
・みりん       100cc
・酒         100cc
・砂糖        大さじ 2
・昆布だし      150cc
・市販すき焼きタレ  50ccほど

・卵         3個


【作り方】
1.トマトを6等分にくし切りし、玉ねぎを1センチ幅
  にカットする。
  小鍋に割り下の調味料を沸かし、味を見て調整
  する。
2.電気グリル鍋に油を熱し、玉ねぎとトマトの半分
  を炒める。ここに割り下を半分ほど加えて煮る。

     tomasuki2

  豆腐・しめじ・残りのトマトも加え、全体に火が通
  れば牛肉と三つ葉を入れる。
  肉の色が変われば、生卵につけていただく。

   tomasuki3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初はやや味が薄いと感じたが、徐々に良くなってきた。
初めて使ったトマトは、割り下に風味を与える調味料だ。
旨味と酸味をほどよく足してくれる。

黒毛和牛のすき焼き肉は、やはりGOOD。
家族も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

豚肉 鶏肉 蓮根 ブロッコリー アスパラ 海老 じゃがいも サバ缶 豆腐 カニカマ ぶなしめじ  トマト缶 ソーセージ 牛肉 アボカド ベーコン イワシ ラム肉 キャベツ  牡蠣 生ハム チーズ 合いびき肉 ローストビーフ まぐろ トマト 長芋 大根 さつまいも ごぼう かぼちゃ 貝柱 ぶり 豚ひき肉 明太子 ナス 白菜 塩鮭 人参 椎茸  タコ 小松菜 ハム サンマ 胡瓜 もやし ニラ イカ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 梅干 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター