ソースを後がけする「今里焼きそば」

imaza1

   (ウスターソースを2周回し掛けた)
imaza2


大阪のご当地焼きそば「今里焼きそば」の特徴は、
1)太麺を使う 2)牛肉と玉ねぎを使う 3)ウスターソースを後がけする
である。
今回は彩りをよくするため、パプリカと青ネギを足した。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

中華蒸し麺・・・1玉
塩・胡椒・・・少々
チキンスープ・・・50ccほど
牛薄切り肉、玉ねぎ、パプリカ・・・適量
刻みネギ・・・適量
ウスターソース・・・適量(大さじ2ほど)


【作り方】
1.中華麺を1分間レンチンして、水分を飛ばす。
熱したフライパンに中華麺をそのまま乗せ、両面を
しっかりと(片面2分ほど)焼く。
横に牛肉と玉ねぎ・パプリカを入れて塩・胡椒を振
って炒める。
チキンスープを掛けて麺をほぐし、混ぜ合わせる。
2.皿に盛り、刻みネギを振る。
ウスターソースを2周ほど回し掛けていただく。

       imaza3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思ったほど麺がもっちりしていないが、総合点は合格
だろう。
牛肉と玉ねぎの相性はなるほど、素晴らしい。
スパイシーなウスターソースも合っている。

”シンプルイズベスト”の焼きそばだ。


スポンサーサイト

スティック・ビーフカツ

beefk1

     (スティック肉のビーフカツ)
beefk2

     (ナスとマッシュルームのフライ)
beefk3


牛ステーキ肉をスティック状にカットして、フライにしてみたい。
ナスとマッシュルームも一緒に揚げてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉ロースステーキ用・・・2枚(300g)
(豪州産オーガニックビーフ)
塩・胡椒・・・少々
ナス・・・1本
ブラウンマッシュルーム・・・5個

バッター液(小麦粉+卵+牛乳)・・・1Cほど
パン粉・・・適量

串かつ用ウスターソース・・・適量
練り辛子・・・適量
コールスロードレ(マヨ・酢・牛乳・砂糖・塩・胡椒)・・・適量
レタス、レモン・・・適量

     beefk4.jpg


【作り方】
1.ステーキ肉を常温に戻し、筋を切って肉叩きで叩く。
8センチ長さのスティック状に切ってから、塩・胡椒を振る。
小麦粉をはたいてからバッター液に浸し、パン粉をつける。
ナス(塩・胡椒を振る)・マッシュルームにも同様に衣をつ
けた。
2.油を熱し、カラッとなるまで揚げる。
お好みで、辛子ソースやドレッシングをつけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った通りに美味くできた。
牛肉がやわらかく、ナスもマッシュルームもウマイ。
大阪名物の串かつ感覚で、ウスターソースを掛けたが、
ケチャップソースの方が良かったか?

冷やしトマトのサラダ(マリネした)もピッタリ合った。


オージービーフのガーリックステーキ ~焼肉のたれを使って

ogsteak1


冷たい麺やサラダばかり作っているので、塊り肉が食べたくなった。
安価な豪州産オーガニックビーフを買い求めた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛肉ロースステーキ用・・・1枚(150g)
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・少々
バター・・・適量
ガーリックチップ・・・適量
焼肉のたれ(大阪”もんくたれ”)・・・適量

          monku

ベビーリーフ、レモン・・・適量


【作り方】
1.ステーキ肉を常温に戻し、筋を切って肉叩きで叩く。
塩・胡椒を振り、おろしニンニクを塗る。

     ogsteak2

2.フライパンに油を入れ、冷たい状態で肉を入れる。
弱めの中火でじっくりと両面を焼き、最後にバターと
焼肉のたれ、ガーリックチップを加えて、焼き目を付け
て取り出す。アルミホイルに包んで、しばらく置いた。
食べやすい大きさにカットしてからカッティングボードに
盛る。

     ogsteak3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やわらかくて、なかなかウマイ。
筋っぽくないし、パサついてもいない。
高温になり過ぎないように、注意して焼いたのが良かった
のか?
妻も「やわらかくて、おいしい」と、喜んでくれた。
パンとサラダだけのシンプルな夕食だったが、満足した。


焼肉の春巻と、とうもろこしの春巻

haruma1

    haruma2


神戸の立ち飲み居酒屋で食べた変わり春巻を思い出して、2種の春巻を
揚げてみる。
本来は酒のツマミだが、ご飯にも合うだろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

春巻の皮・・・中10枚
牛肉切り落とし・・・100gほど
玉ねぎ・・・適量
大葉・・・3枚
スライスチーズ・・・2枚
焼肉のたれ(大阪「もんくたれ」)・・・適量

とうもろこし・・・1/2缶
枝豆・・・適量
マヨネーズ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
スライスチーズ・・・2枚

ペッパーソルト(塩+黒胡椒)・・・適量
チリケチャソース(スイートチリ+ケチャップ)・・・適量
レモン・・・適量


【作り方】
1.<焼肉の春巻>を作る。
フライパンに油を熱し、串切りした玉ねぎをしんなりするまで
炒め、和牛薄切り肉を入れ、炒める。
市販の焼肉のたれを加えて混ぜ、粗熱を取る。
春巻の皮を斜めに広げ、大葉+焼肉+チーズを乗せて巻く。

     haruma4

2.<とうもろこしの春巻>を作る。
ボウルに缶詰のとうもろこしと茹でた枝豆を入れ、マヨネー
ズと塩・胡椒で味を付けて混ぜる。
春巻の皮を広げ、豆とチーズを乗せてくるくるっと巻く。

     haruma5

3.油でカリッと揚げ、お好みで塩・ソースを付けていただく。

     haruma3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

焼肉がウマイから、春巻もウマイ。
旨味が強いので、ご飯よりもやはりビールの方が
合うかな?
とうもろこしの方も、甘くてリッチな味だ。

私は、塩やソースをつけずにレモンだけ絞った。
家族も喜んでくれた。



彩り冷やし中華

irodori1


残っている肉と野菜を使って、サラダ感覚の冷やし中華を作る。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

チルド冷やし中華・・・1袋(2人前)
日清:中華風涼麺しょうゆだれ
牛肉・鶏肉・・・適量
レタス・玉ねぎ・トマト・人参・小松菜・茗荷・・・適量
刻みネギ・・・適量
めんつゆ、すし酢・・・適量


【作り方】
1.牛しゃぶ肉を熱湯でしゃぶしゃぶし、水を絞って
市販”めんつゆ”を振りかける。
鶏むね肉の茹で鶏を用意する。
野菜を千切り、小松菜は塩ゆでし、千切りした人参
を塩もみする。茗荷と小松菜・人参をすし酢に浸けた。
2.麺を指定時間より早く引き上げ、冷水で締める。
皿に盛り、タレをからめ、上に肉と野菜を配置する。

     irodori2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ハムもキュウリも錦糸卵もカニカマもないが、かなり
美味くできた。
特に牛肉、レタス、トマトが良かった。

タレが濃厚なので、サラダ風の生野菜がマッチした。


小松菜と卵の肉吸い

nikusui


牛小間切れ肉を使って、浪花名物「肉吸い(にくすい)」を作り、TKG
(卵かけごはん)に合わせる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

市販うどんつゆ・・・1袋
和牛切り落とし・・・50gほど
玉ねぎ・小松菜・・・適量
卵・・・1個
刻みネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉と玉ねぎ・小松菜を食べやすい大きさに切る。
鍋にうどんつゆを温め、牛肉と野菜を入れ、アクを取る。
生卵を割り入れて、しばらく煮る。
2.器に盛り、ネギを散らす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うまくない訳がない。身も心も温かくなる。
牛肉の甘い香りと小松菜のシャキシャキ歯触りの
コンビネーション。そこにプルンとした卵だ。

大満足のお手軽ランチ。


しっかりウマイ! 焼き肉ハヤシ

hayashi1


レトルトカレー(銀座カリー:辛口)に焼き肉をトッピングしたら、リッチな
美味しさだった。
今回は中辛のカレーに替えて、「焼き肉カレー」を再現してみようとしたら、
うっかり「ハヤシ」を買ってきた。(汗)


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトハヤシ・・・1箱
明治:銀座ハヤシ
ご飯・・・1人前
牛バラ薄切り肉・・・適量
新玉ねぎ・・・1/4個
塩・胡椒・・・少々
焼き肉のたれ・・・適量
黒胡椒・・・少々

          hayashi


【作り方】
1.レトルトの中袋を湯せんしている間に焼き肉を焼く。
フライパンに油を熱し、肉と玉ねぎを焼き、軽く塩・胡椒
をしてから焼肉のたれをからめる。
2.ご飯の上にルウを掛け、上に焼き肉をトッピングし、
ブラックペパーを振る。

     hayashi2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ああっ、ウマイ! 
たっぷりの肉がやわらかく、しっかりウマイ。
それにしても、ケチャップ感が強いカレーだと思って
パッケージを見ると、ガーーン、ハヤシだった。

それでも旨いです。


元気が出るビーフステーキ ~ガーリックバター醤油味

steak1

   (シニアには”ヒレ肉”を・・・)
steak2


息子に元気を出してもらうため、ビーフステーキを焼いた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

和牛ステーキ肉・・・3枚
塩・黒胡椒・・・少々
ニンニク・・・1片
新玉ねぎ・・・1/4個
酒・醤油・・・適量
バター・レモン汁・・・適量

冷凍フライドポテト・・・適量
レタス・ベビーリーフ・ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.牛肉の筋を切り、肉叩きで叩く。
焼く直前に塩・黒胡椒を振る。
フライパンに油を熱し、肉を焼く。横にスライスした
ニンニクと玉ねぎを加える。
肉の両面にこんがり焼き目がつけば、酒と醤油を
振り、バター・レモン汁で香りをつける。
2.皿に盛り付け、ナイフとフォークで切り分けなが
らいただく。

     steak3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプルな味付けにしたが、意外と良い。
息子には大きなロース肉を充て、そして我々シニアは
小さいが柔らかいヒレ肉にした。

息子は、「うまい!」と言ってバクバク食っている。
ヒレ肉も旨くて、満足した。


たけのこと牛肉のすき煮

takesuki1


旬のたけのこを食べたい。すき焼き風に煮てみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

たけのこ水煮・・・1本
和牛切り落とし肉・・・250g
長ねぎ・・・1/4本
椎茸・・・6枚
三つ葉・・・適量

割り下
醤油・・・50cc
酒・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ2
昆布出汁・・・75ccほど


【作り方】
1.牛肉と野菜を適当な大きさに切り分ける。
鍋に油を熱し、牛肉と長ねぎをサッと焼く。
割り下を入れ、たけのこと椎茸を加える。
しばらく煮込み、最後に三つ葉を乗せる。

   takesuki2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うむ、すき焼きを器に盛ったようで、やや中途半端な感じ。
牛肉がウマイ、と好評だったが、今回の主役は”筍”の筈。
ごく普通の内容だった。

構想通りにはいかないものだ。ふうー。(ため息)


牛カルビと豚肉オクラ巻きの焼肉


yaki1

   yaki2

yaki3

yaki4


久しぶりにファミリー焼肉パーティーをしたいが、今回はシンプルな
ものにする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉(焼肉用)・・・300g
もみダレ
市販ステーキソース・・・適量
アップルジュース・・・適量

オクラ・・・10本
豚バラ薄切り・・・10枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
黒胡椒・・・少々

パプリカ、しいたけ・・・適量

つけダレ
市販焼肉のたれ・・・適量
サムジャン・・・適量

ポン酢・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉には直前に<もみダレ>を掛けて、絡める。
豚肉に塩こうじを塗り、生オクラに巻き付け、ギュッ
と握り、黒胡椒を振る。
野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
2.卓上鉄板を熱し、各人肉と野菜を焼き、好みの
タレにつけていただく。

     yaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タレをつけてから焼いた牛肉。味は良いが焦げやすい
ので、せわしない。
豚肉で巻いた生オクラは、ややレアっぽい状態で
食べたので、マイナス5点。

漬物が美味しかったので、ご飯を山盛り2杯食べた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

鶏肉 塩さば オクラ 牛肉 合いびき肉 鶏ひき肉 トマト ハム 豚肉 インゲン ナス 豚ひき肉  うなぎ蒲焼き まぐろ 長芋 とうもろこし 小松菜 パプリカ かぼちゃ イカ 胡瓜 ちりめんじゃこ  イチゴ ハモ ごぼう アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ 海老 じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン バナナ ソーセージ ニラ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花  ハマチ ナッツ  大根 スナップエンドウ いか 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 ズッキーニ イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター