ミニッツステーキ ~じゃがバター添え

steak22

steak21


薄い肉を短時間で焼いて食べる「ミニッツステーキ」を作る。
数分で焼き上げるので、この名がついた。


【材料】    ※レシピは2人分です。

牛ももステーキ肉(国産)・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・適量
オリーブ油・・・大さじ1

新じゃがいも・・・小4個
塩・胡椒・・・少々
バター・・・適量
レタス、ルッコラ、ラディッシュ・・・適量

オリーブソース
新玉ねぎ・・・適量
グリーンオリーブ・・・2個
レモン汁・・・小さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.牛肉に塩・胡椒し、おろしニンニクを塗ってか
らオリーブ油をまぶして10分間ほど置く。
フライパンにオリーブ油を熱し、牛肉をさっと焼き、
切り分ける。
2.じゃがいもをよく洗い、皮をつけたまま太い
拍子木状にカットして水に晒す。
電子レンジで3分間ほど加熱した。
小フライパンに油とバターを熱し、じゃがいもを
揚げ焼する。最後に塩・黒胡椒を振る。
3.肉とじゃがいもを器に盛り、刻んだ新玉ねぎ
・レモン汁・オリーブ油等で作ったオリーブソー
スを肉に掛ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

残念ながらステーキ肉がちょっと固い。
国産牛だが、もも肉であるし、ちょっと焼き過ぎた?
しかし、オリーブソースがサッパリとして、味はgoodだ。

次回は厚い肉を使って、ミディアムレアに焼いてみよう。


スポンサーサイト

新じゃがと新玉ねぎの「肉じゃが」

nikuja21


小粒の新じゃがと、大っきな新玉ねぎを使って「肉じゃが」を
作りたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛バラ薄切り肉・・・150g
じゃがいも・・・小10個ほど
玉ねぎ・・・1/2個
インゲン・・・適量

かつお昆布出汁・・・1.5C
醤油・・・大さじ5
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ4
酒・・・大さじ1


【作り方】
1.じゃがいもをよく洗い、皮付きのまま半分
に切り、水に晒す。
玉ねぎを薄い串切りにする。
フライパンに油を多めに熱し、じゃがいも
揚げ焼きにする。
次に玉ねぎを炒め、出汁と調味料を加えて
15分間ほど煮る。
(玉ねぎを途中で取り出した)
2.じゃがいもに火が通れば、牛肉とインゲン
を乗せて、しばらく煮てから火を止める。

もろきゅう
  胡瓜とセロリに「もろみ味噌」を添えた。

   nikuja23


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは上手くできた。
味が染み込んで、抜群の美味しさだ。
栗原はるみさんのレシピを参考にしたが、彼女は
甘い方がおいしいでしょ、と言っていた。

家族も喜んでくれた。


油で揚げ焼きして、湯せんする「ローストビーフ」を作る

roast-b1


今回は実験料理だ。たっぷりの油で揚げ焼きにした牛もも肉を
ジプロックに入れて湯せんする。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

和牛もも肉・・・300g
ローストシーズニング(日本食研)・・・大さじ1~2

市販ステーキソース・・・適量
オリーブ油・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量


【作り方】
1.室温に戻した牛塊肉にシーズニング粉
をまぶす。
フライパンにたっぷりの油を熱し、牛肉
揚げ焼きする。(熱油を掛ける)

   roast-b3

   roast-b4

2.少し冷まし、ラップで巻いてからジプロ
ックに入れて空気を抜く。
鍋に沸かした熱湯の中に入れて3分間程
煮てから火を止め、30分間放置する

   roast-b5

3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
薄くスライスして、ステーキソース+オリー
ブ油を掛けていただく。

   roast-b2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや火が入り過ぎたきらいはあるが、よく出来た。
下味のシーズニングの味もバッチリ!
甘辛いステーキソースとオリーブオイルを付ける
と最高だ。

肉肉しくて、適度にやわらかく、妻も喜んでくれた。


さっぱりした「梅しそパスタ」

ume-p1

   (イタリアン冷奴と一緒に)
ume-p2



暑くなってきた所為か、さっぱりした「梅しそ」風味のパスタが
思い浮かんだ。
残っている”牛もも肉”も使っちゃおう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

スパゲティ(1.6mm)・・・2人前
和牛もも肉・・・適量
焼き肉のたれ・・・適量
梅干(かつお風味)・・・4個
大葉・・・5枚
貝割れ菜・・・適量

オリーブ油・・・大さじ1.5
めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1.5
昆布茶・・・少々
七味唐辛子・・・少々
刻み海苔・・・適量


【作り方】
1.スパゲティを指定時間通り茹でる。
牛肉を細くカットし、焼き肉のたれに浸けて
電子レンジで温めた。
梅干の種を取り、細かく叩く。
大葉は千切りにする。
2.ボウルにオリーブ油、めんつゆ、昆布
茶と梅干を混ぜ、茹であがったパスタを絡
める。
貝割れ菜を混ぜて器に盛り、大葉・海苔・
七味をトッピングする。

イタリアン冷奴
  (絹こし豆腐、岩塩、オリーブ油、ルッコラ)


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

当たり前の味であるが、なかなか美味い。
梅と”しそ”とオリーブ油の風味がよくマッチし、アクセント
牛肉も安心できる。

梅干がマイルドな”かつお梅”だったので、思ったより甘く
感じたが、妻は満足してくれた。


2018GW焼き肉ホームパーティー

yakini31

yakini32

   yakini33


ゴールデン・ウィークは、家族揃って、”焼き肉パーティー”だ。
牛肉だけではなく、豚三枚肉の「サムギョプサル」も用意した。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛カルビ肉・・・150g
牛ハラミ肉・・・150g
豚バラ三枚肉・・・200g
岩塩・・・少々
黒胡椒・・・少々
こどもピーマン・パプリカ・モロッコインゲン・・・適量
サンチュ・サニーレタス・大葉・・・適量
レモン、ニンニクチップ、白炒り胡麻・・・適量

つけタレ
●市販焼肉のたれ(宮殿)・・・適量
●おろしポン酢・・・適量
●サムジャンだれ(サムジャン+ごま油)・・・適量


【作り方】
1.豚バラ塊肉を1センチ幅にカットする。
焼く直前に岩塩を振った。
牛肉カルビとハラミは、焼く直前に黒胡椒を
振る。
野菜を食べやすい大きさにカットする。
2.卓上焼肉プレートで焼きながらいただく。
豚肉> サムジャンだれ・レモン・サンチュ他
牛肉> 宮殿・おろしポン酢

      yakini35


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初に「サムギョプサル」をいただく。
脂ぎっているが、葉野菜に巻いて食べるとウマイ
今回のカルビ肉は脂分多し。
ハラミの方がイイ感じの肉の風味がして美味しかった。

牛肉はやはり下味に<焼肉タレ>を掛けてから焼いた
方が良かったな? あっさりし過ぎた。

   yakini34



すき焼き肉豆腐

nikudofu2


すき焼き丼を作ろうか、それとも肉豆腐にしようか?
結局、すき焼きのような肉豆腐になった。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛薄切り肉(すき焼き用)・・・250g
糸こんにゃく・・・1袋
玉ねぎ・・・1/2個
椎茸、モロッコインゲン・・・適量
水菜、長ねぎ・・・適量
豆腐・・・1丁

割り下
かつお出汁・・・125ccほど
醤油・・・大さじ4
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ3
酒・・・大さじ1


【作り方】
1.糸こんにゃくを一度茹でてから冷まし、5センチ
長さに切る。
玉ねぎを串切りし、椎茸をスライスする。
水菜とインゲンは塩茹でする。、
2.フライパンに牛脂を溶かし、牛肉と長ねぎを焼く。
煮汁を注ぎ、他の材料を加えてしばらく煮込む。

   nikudofu3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

牛肉、こんにゃく、野菜などは想定通リの出来だ。
まさにすき焼きに限りなく近い味。(当たり前だ)
只、煮込み時間がやや短かったので、豆腐
味の滲みこみが不足したか。

でも、家族は喜んでくれた。


焼き肉のオムレツ ~フレッシュトマトソースを掛けて

yakiom1

yakiom2


牛肉+新玉ねぎの焼き肉を食べたいが、オムレツも良い。
「とんぺい焼き」のように巻いてみようか?


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛切り落とし肉・・・100g
豚バラ肉・・・60g
新玉ねぎ・・・1/4個
春キャベツ・・・適量
おろしニンニク・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
市販焼肉のたれ・・・適量
卵・・・3個
マヨネーズ・・・大さじ1

トマトソース
トマト・・・1/2個
ケチャップ・・・大さじ1
ウスターソース・・・小さじ1

付け合わせ野菜・・・適量
(じゃがいも、ブロッコリー、モロッコインゲン、人参)


【作り方】
1.牛肉、豚肉、野菜を食べやすい大きさにカット
する。
フライパンに油を熱し、玉ねぎとキャベツを炒め、
牛肉・豚肉・ニンニクを足してから塩・胡椒を振る。
最後に焼き肉のたれを絡めて火を止める。
2.溶き卵に塩・胡椒・マヨネーズを混ぜておく。
小フライパンに油を熱し、溶き卵半量を流し入
れ、上に肉野菜炒め半分を乗せる。
クルッと巻いて皿に盛る。
混ぜて炒めたトマトソースを掛けた。

     yakiom3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

もちろん当たり前の味であるが、ウマイ。
焼き肉をふんわり玉子が包んで、甘いソースに合う。
(このソースは、栗原はるみさんのアイデアを借用)

付け合わせのポテトもイイ感じだった。


キャベツハンバーグ ~赤ワイントマトソースを掛けて

hunburg1

hunburg2


シャキッとした歯触りのキャベツを感じるハンバーグを作りたい。
トマト感があるソースを掛ける。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・170g
牛ひき肉・・・150g
玉ねぎ・・・1/2個
キャベツ・・・3枚
パン粉・・・大さじ4
卵・・・1個
塩・黒胡椒・・・少々
マヨネーズ・・・少々
オレガノ、マジョラム・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量

赤ワイントマトソース
ケチャップ・・・大さじ1
ウスターソース・・・大さじ2
赤ワイン・・・50cc
トマト・・・1/2個


【作り方】
1.玉ねぎをみじん切りし、キャベツは1センチ
角の粗みじんに切る。
フライパンにバターと油を熱し、玉ねぎを炒める。
塩・胡椒し、最後にキャベツを加えて火を止め、
粗熱を取る。
小フライパンに赤ワインを入れてアルコール分
を飛ばし、ケチャップ・ウスターとフレッシュトマト
を加えて煮詰め、ソースにする。
2.ボウルにひき肉・炒めた玉ねぎ・キャベツ
卵その他を混ぜ、6等分する。
これをフライパンで焼き、チーズを上に置いた。

     hunburg3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いつもより牛肉比率を高くし、ややしっかりした生地に
したので、「肉肉しいハンバーグ」になった。
肉の風味とキャベツの食感が良くて、すごく美味しい。

赤ワインとトマトのソースも香りが良くて、好評だった。


半田そうめんを使って、肉うどん風に

handa1


急に、プリプリつるつるの「半田そうめん」を食べたくなった。
温かいつゆを掛けて、牛肉の甘辛煮を乗せよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

半田そうめん・・・1束
市販うどんつゆ・・・1袋
牛肉切り落とし・・・適量
めんつゆ・・・適量
春菊、刻みネギ・・・適量
天かす・・・適量
七味唐辛子・・・少々

     handa2


【作り方】
1.鍋に水とめんつゆを適量入れ、牛肉を煮る。
一旦、肉を取り出し、市販のうどんつゆを入れて
煮る。
2.別の鍋に湯を沸かし、乾麺を4分半ほど茹でる。
麺を水洗いし、先のうどんつゆ鍋に入れて温める。
器に注ぎ、肉と春菊・青ネギ・天かすを乗せる。

   handa3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思ったより麺が柔らかくなった。
もっと早く麺を引き上げればよかった。

「半田そうめん」は、やはり冷やして食べる方が良さ
そうだ・・。


牛すき焼肉 ~十和田バラ焼きをイメージして

barayaki1

   barayaki2

barayaki3


B-1グランプリで優勝したことのある青森の名物グルメ「バラ焼き
をやってみたい。
市販のタレを混ぜ合わせて使う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

国産牛切り落とし・・・300g
玉ねぎ・・・1個
キャベツ、小松菜、パプリカ・・・適量

合わせダレ
焼肉のたれ(日本食研:宮殿)・・・50cc
すき焼きのたれ(エバラ)・・・50cc
レモン汁・・・大さじ1

卵・・・3個


【作り方】
1.野菜を適当なサイズにカットする。
合わせダレを混ぜ、牛肉を15分間ほど浸け込む。
ミニホットプレートに油を熱し、野菜と肉を並べ、
しんなりするまで焼く。
お好みで、生卵につけていただく。

   barayaki4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

玉ねぎとパプリカは事前にフライパンで焼いたが、ホット
プレートがミニなので、火が通るまで時間が掛かった。
味は正に「すき焼き」のそれだ。
私にはやや甘すぎたが、家族は喜んでくれた。

とてもご飯がススム料理だ。
玉ねぎをこの倍量にしても良かっただろう。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 豚肉 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター