FC2ブログ

イサキの唐揚げ ~おろし天つゆにつけて

isaki1

isaki2

   isaki4


白身魚の唐揚げを作りたくて、デパ地下の鮮魚コーナーを物色。
長崎県産の天然イサキを発見した。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

イサキ(三枚おろし)・・・1尾分
塩、酒・・・少々
小麦粉・・・適量
しし唐、パプリカ・・・適量


めんつゆ・・・60cc
水・・・100cc
大根おろし・・・50ccほど
刻みネギ・・・適量
おろし生姜・・・1片分
七味唐辛子・・・少々

   isaki3


【作り方】
1.イサキを削ぎ切りにして、塩と酒を振って
しばらく置く。
水気を拭いてから小麦粉をつけて油で揚げる。
しし唐とパプリカを素揚げする。
2.小鍋に麺つゆと水を入れて沸かす。
火を止め、大根おろしとネギ・生姜を混ぜる。
イサキ唐揚げをおろし天つゆに浸けていただく。

※「あさりの炊き込みご飯
  (市販炊き込みご飯の素、米、油揚げ)

   isaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

揚げたてのイサキは身が淡白で、なかなかウマイ。
温かい天つゆに浸すと、おかずになる。
炊飯器で普通に炊いた「あさりの炊き込みご飯」も
イイ感じで、家族に好評。

イサキは1尾買ったが、3人で分けると少なかった。


スポンサーサイト



炊飯器で煮込む豚の角煮 ~「クローブ」の香り

kakuni1

kakuni5


モニターでいただいたホールの「クローブ」を使って「豚の角煮」
を作りたい。
炊飯器で煮ることを思いついた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚三枚肉・・・400g
(下茹で用)
焼酎・・・50cc
生姜、ねぎの青い部分・・・適量

GABANクローブ<ホール>・・・4個
大根・・・10センチ
人参・・・1/2本
生姜・・・1片

煮汁
水・・・300cc
酒・・・50cc
醤油・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ3

練り辛子・・・少々


【作り方】
1.豚肉を念のため下茹でした。
  (余分な脂と臭みを取るため)
鍋に入れたたっぷりの湯に、豚肉と焼酎、生姜、
ねぎの葉を加えて20分間茹で、そのまま粗熱
を取る。
5センチ幅にカットし、肉にクローブを刺す。

   kakuni3

2.炊飯器の内釜に豚肉と乱切りした大根、人
参、水、調味料を入れて普通に「炊飯」する。

   kakuni4

炊き上がれば、中の様子を見て、混ぜてから
2~3時間「保温」する。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

豚バラ肉は狙った通り、やわらかくなったが、味が
やや薄い。水の量が多すぎたようだ。(汗)
初めて使ったクローブは、エスニックな香りがする。

炊飯器調理は、放っておけるので気に入った。
次回は「炊飯器ローストビーフ」を作りたい。




   ワインのおつまみ料理レシピ
ワインのおつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索


鶏手羽と大根のゆずおでん

oden41

oden42


思いつくまま、手近な食材を使って「おでん風煮込み鍋」を作ってみよう。
市場で仕入れた「ゆず」を加える。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏手羽スペアリブ・・・10本
大根・・・10センチ
人参・・・1本
キャベツ・・・1/8個
春菊・・・2把
絹揚げ・・・6個
ごぼ天・・・4本
こんにゃく発表・・・1パック

かつお昆布だし・・・5C
鶏ガラスープの素・・・大さじ1
薄口醤油・・・大さじ4.5
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ1
塩・・・少々
柚子・・・1/2個


【作り方】
1.野菜と練り物を食べやすい大きさに切る。
鍋に和風だしとチキンスープを足した混合出
汁を作り、(春菊以外の)食材を入れて煮る。
2.合計40分間ほど煮込んで、最後に春菊
と柚子を入れて食卓へ運ぶ。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

途中、大根・人参・こんにゃくを味見すると、やや薄いので
醤油と塩を足した。
しっかりと煮込んでから食卓へ出したので、家族は喜んで
くれた。

鶏手羽、ごぼ天、厚揚げがおいしく、そして春菊の香りも
良くて、満足した。


辛味大根そば ~豚ロースの味噌漬け焼きを添えて


karami-d1

   karami-d2

   (神戸「新生公司」の”豚ロースの味噌漬け”を焼いた)
karami-d3


神戸の地産マルシェで、淡路島産の「辛味大根」をゲット。
とりあえず「流水麺そば」の薬味として味見してみよう。
付け合わせは、元町「新生公司」で買った「豚ロースの味噌漬け」を。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

流水麺(そば)・・・1袋(2人前)
市販そばつゆ・・・適量
辛味大根・・・1/2個
刻みねぎ、白ごま・・・適量
刻み海苔・・・適量
練りわさび・・・適量

市販「豚ロースの味噌漬け」・・・2枚
大葉、貝割れ菜・・・適量

     karami-d4


【作り方】
1.辛味大根の皮を剥き、摩り下ろす。
流水麺を冷水で洗い、ザルに盛る。
2.豚肉を常温に戻し、表面の味噌をぬぐい
取る。
魚焼き用グリルで両面を10分間ほど焼く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

蕎麦がうまい、豚ロース味噌焼きもうまい。
初めて試す辛味大根は、大根おろしの風味がよく、
辛さはマイルドだった。

すべてが美味くて、妻と二人で大満足した。


塩鶏と根菜のスープ


konsai-s


「塩鶏」と根菜を入れた簡単な(ポトフ風)スープを作ろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

塩鶏
鶏もも肉・・・1/2枚
塩・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ0.5

大根、人参、ごぼう、レンコン・・・適量
水・・・3C
出汁昆布・・・5センチ
コンソメキューブ・・・1個
ローリエ・・・1枚
塩・黒胡椒・・・少々
ドライバジル・・・少々


【作り方】
1.前日に、<塩鶏>を準備する。
鶏もも肉を一口大に切り、塩+砂糖をまぶし、
ビニール袋に入れて一晩置く。
翌日、水洗いする。
根菜類を同じ大きさに乱切りして、水に晒す
2.鍋にオリーブ油を熱し、鶏肉と根菜を炒め、
水を注ぎ入れる。
昆布・コンソメ・ローリエを加えて10分間ほど
煮る。
最後に味を見て、塩・胡椒・ドライバジルを振
る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはなかなかよく出来た。
塩鶏が旨いし、レンコンもごぼうも大根もイイ感じだ。
もちろんスープもコクがある。

食べていると、「雑煮」や「筑前煮」の味を思い出した。(笑)


肉巻き大根の照り煮

daikonni1

daikonni2


大根が残っているので、豚肉で巻いて煮物にすることを
思いついた。
蓮根も入れてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚しゃぶロース肉・・・8枚
大根・・・10センチ
人参・・・5センチ
れんこん・・・5センチ
モロッコインゲン・・・4本
生姜・・・1片
かつお出汁・・・2C
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ2
めんつゆ・・・大さじ1
刻みネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.大根を7センチ長さの拍子木に切り、豚肉を巻く。
人参、蓮根、インゲンも適当な大きさにカットする。

     daikonni3

2.鍋に油を熱し、肉巻き大根をしばらく焼いて焦げ
目を付けてから出汁を注ぐ。
千切り生姜と調味料を入れて5~6分間煮る。
蓮根と人参を加えて、更に5~6分間煮る。

     daikonni4

味がやや薄かったので、めんつゆを足した。
器に盛り、七味を振る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

大根を肉巻きにして煮るアイデアは悪くないが、
味は煮物そのままである。(当たり前だ)
妻は「おいしくできてる。レンコンもおいしい。」と
喜んでくれた。

一緒に作った「餃子の皮のパリパリサラダ」の
食感がバツグンだった。
ごまドレッシングを掛けて、モリモリ食べた。
(レタス、水菜、インゲン、カニカマ、塩昆布など)

     daikonni5


鶏むね肉の酒蒸し ~おろしポン酢

torimusi1


栄養があって安価な「鶏むね肉」を使い、さっぱりしたおかずを作る。
大根おろし+ポン酢は大好物だ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏むね肉・・・1枚(400g)
塩・胡椒・酒・・・少々

大根・・・1/4本
貝割れ菜・・・適量
ポン酢・・・適量
七味唐辛子・・・少々

レタス、ブロッコリー、こどもピーマン、貝割れ菜、トマト・・・適量
市販和風ドレッシング・・・適量


【作り方】
1.鶏むね肉が大きいので3枚に切り分け、全体に
塩・胡椒を振り、酒をまぶす。
シリコン蒸し容器に入れて、5分間ほどレンチンする。
そのまま粗熱を取る。
2.大根を下ろし、刻んだ貝割れ菜を混ぜる。
鶏肉をスライスして皿に盛り、和風ドレを掛けてから、
大根おろしを乗せ、更にポン酢をたっぷりと掛けた。

     torimusi2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いつもは茹で鶏ばかり作っていた。
今回、電子レンジで”酒蒸し鶏”にしてみたら、思ったより
ジューシーにできた

おろしポン酢の味もよく合っている。
さっぱりしたおかずは”サラダ感覚”で好評だった。


豚バラと大根のビール煮

beer1

beer2


テレビで見かけた”和風のビール煮”に興味を持った。
余っているビールを使って試してみよう。


【材料】     ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・250g
大根・・・1/4本
人参、ごぼう・・・適量
うずら卵の水煮・・・6個
生姜・・・1片
赤唐辛子・・・1本
缶ビール・・・1缶(350cc)
醤油・・・大さじ2.5~3
砂糖・・・大さじ2.5~3
はちみつ・・・少々

練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉大根その他を一口大に切る。
鍋に油を熱し、スライスした生姜と赤唐辛子を炒める。

     beer3

豚肉と人参、ごぼうを炒めて色が変わったら、ビール
(「金麦」)を注ぎ入れる。

     beer4

調味料を入れて20分間ほど煮込む。
途中、うずら卵を加えた。

     beer5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

スープはちょっと苦いが、豚肉は甘くてウマイ
炭酸の効果で、早くやわらかく出来たのだろうか?
それは疑問だが、変わっていて面白い。

ビールを使わなくても、出汁+炭酸ではどうだろう・・。


鶏団子の筑前煮風

toridango-c


 大根を1本買ってしまったので、まだ半分ほども残っている。
考えた末、”筑前煮”風の煮ものを作ることにした。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

   (鶏団子)
     鶏ももひき肉     300g
     おろし長いも     大さじ 3
     酒          大さじ 1
     片栗粉        大さじ 1
     生姜汁        少々
     醤油・味噌       〃

     大根         適量
     人参          〃
     新ごぼう       小1本
     こんにゃく      1/2枚
     菜の花        適量

     出汁         1.5C
     醤油         大さじ 2
     みりん        大さじ 1
     さとう        大さじ 1
     酒          大さじ 2
     塩          少々


【作り方】
   1.ボウルに鶏ひき肉と調味料を入れて、粘りが出るまで
     よく練る。
     野菜とコンニャクを乱切りにして準備する。
     菜の花は、軽く塩茹でする。
   2.鍋にかつお昆布出汁を沸かし、野菜とこんにゃく、鶏
     団子を入れて、5~6分間煮る。
     調味料を加えて更に10分間ほど煮てから、冷ます。
     再度温めてから器に盛り、菜の花を飾る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     うーん、何か違う? 
     多分、最初に油で肉と根菜を炒める工程を省いたので
     香りが足りない所為だろう。

     苦労して作ったのだが・・。(汗)


カリカリじゃこサラダ

kari-jako


 釜揚げしらすを使って、酒肴になる小鉢ものを考えた。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     釜揚げしらす      適量
     水菜           〃
     大根           〃
     かつお節         〃
     醤油          少々
   

【作り方】
   1.フライパンにごま油を熱し、しらすを中火でじっくりと
     炒める。
     小皿に水菜と短冊に切った大根を盛り、しらす・かつ
     お節を乗せ、醤油を垂らした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     これは良い。しらすの旨味と薄い塩味が絶妙だ。
     大根の食感も良い。
     純米酒(賀茂鶴)の冷酒によく合った。

     妻も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

菜の花 ベーコン チーズ 豚肉 じゃがいも 牛肉 鶏肉 豚ひき肉 蓮根 イカ 牡蠣 豆腐 長芋 ぶり 穴子  パプリカ ニラ 海老 合いびき肉 タコ カニ 塩鮭 ごぼう サバ缶 カニカマ スモークサーモン アボカド 椎茸 白菜 かぶ 里芋  さつまいも 香菜 鶏ひき肉 ソーセージ ナス サーモン マッシュルーム 厚揚げ えのき茸 イワシ もやし サンマ ぶなしめじ キクラゲ チンゲンサイ オイルサーディン 舞茸 まぐろ 塩さば 万願寺唐辛子 砂ずり たらこ トマト ハモ オクラ 明太子 アジ アスパラ ちくわ 春雨  サバ 生ハム キャベツ あさり 竹の子 牛ひき肉 ブロッコリー りんご ハム サワラ 大根 春菊  かぼちゃ トマト缶 ラム肉 ハマチ 小松菜 焼き豚 ズッキーニ 海苔 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ 大葉 香草 しらす カレイ ローストビーフ 貝柱 人参 とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き ちりめんじゃこ イチゴ 鴨肉 アスパラガス 焼豚 みょうが バナナ タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  スナップエンドウ いか リンゴ 水菜 ゆりね ブリ カリフラワー ふぐ ピーマン 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 長いも 甘納豆 ハタハタ 油揚げ しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター