きのこあんかけ天津飯

tensin1

tensin2


「きのこあんかけオムレツ」を作ろうと思ったら、天津飯に
なっちゃった。(笑)


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人前

かに玉
・・・4個
カニカマ・・・適量
ニラ・・・適量
マヨネーズ、塩、胡椒・・・少々


チキンスープ・・・2C
ぶなしめじ、小松菜・・・適量
薄口醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖、酢・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

ごま油・・・少々
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.先に、<>を作る。
鍋にスープを作り、野菜と調味料を加えて
から水溶き片栗粉でとろみをつける。
2.<かに玉>を作る。
液にカニカマと刻んだニラを混ぜ、フライ
パンで焼く。
皿にご飯を盛り、かに玉をかぶせてから餡
をたっぷりと掛ける。
ごま油を垂らし、刻んだ青ネギをトッピング
する。

   tensin3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

中華と和風の中間?
餡も”甘酢”にしなかったので、やや大人しいが、
味は良い。
最後に垂らしたごま油が香ばしい。

もう少しとろみを強くした方が、最後まで冷めず
に食べれたかも・・。


スポンサーサイト

ふっくら親子丼

oyako1

oyako2


妻のリクエストに応えて、久しぶりに親子丼を作ってみよう。
先日、蕎麦屋で食べた”鶏肉が旨い親子丼”を思い出して・・・。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
・・・4個
みつば・・・適量

丼つゆ
かつお昆布出汁・・・1/2C
醤油・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2

ご飯・・・2人前
黒七味・・・少々


【作り方】
1.鶏肉を大振りにカットし、玉ねぎを薄く切り分
ける。
4個を、割りほぐす。
2.小フライパンに丼つゆ半分を入れて沸かす。
鶏肉・玉ねぎを入れ、蓋をして軽く煮る。
溶き2/3を周し入れて、30秒煮てから残り
を加えて1分間煮る。
みつばを乗せ、丼のご飯にかぶせる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

を投入してから丼に盛り、食べるまでは時間勝負
だから慌ただしい。
さて、どうだろう?

味付けはいつもより濃くしたが、大丈夫のよう。
只、甘さがやや強いかも・・。
妻からは、合格点をもらった。


エッグミートローフ ~2018正月

meatl1


ミートローフは、なんだか「温かい雰囲気がある料理」だ。
初めて正月料理に加えてみることにした。


【材料】    ※レシピは3~4人分です。 

合いびき肉・・・300g
玉ねぎ・・・1/2個
パプリカ・・・適量
・・・1個
パン粉・・・大さじ3
牛乳・・・大さじ3
ナツメグ、ドライバジル・・・少々
塩・・・小さじ2/3ほど
黒胡椒・・・少々
茹で・・・小4個

ミートローフソース
焼いた肉汁・・・すべて
ケチャップ・・・50cc
ウスターソース・・・50cc
粒マスタード・・・少々


【作り方】
1.ボウルに合いびき肉、みじん玉ねぎ、
みじんパプリカ、パン粉、牛乳、調味料を入
れて混ぜ合わせる。
耐熱容器にアルミホイルで2列の枠を作り、
肉だねの半分を敷き、茹でを並べてから、
残りの肉だねをかぶせ、更にアルミで覆う。

   meatl2

2.魚焼き用グリルで、25分間ほど焼く
粗熱をとってから取り出し、2センチ幅に切り
分ける。
フライパンに肉汁とケチャップ、ウスター、マ
スタードを入れ、煮詰めてソースにした。

   meatl3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ひき肉が上質だったせいか、とても風味よく仕上がった
キレイに成型しなかったので、ややブサイクだが、
味が良いからドンマイ。

ソースも安心できる味で、好評だった。
ハンバーグも良いけど、ミートローフも良いネ。


ちょっぴりホットなオムそばめし

omsobamesi1


週末のランチに「オムそばめし」を作る。
豆板醤と韓国唐辛子を加えて、ピリ辛味にしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

中華麺(焼きそば用)・・・1玉
ご飯・・・1/2杯分
豚バラ肉・・・適量
キャベツ、人参・・・適量
塩・胡椒・・・少々
豆板醤、韓国唐辛子・・・適量
かつおぶし粉・・・適量
ウスターソース、醤油・・・適量

・・・2個
牛乳・・・大さじ2
塩・・・少々

お好み焼きソース、ケチャップ、マヨネーズ・・・適量
青のり・・・適量


【作り方】
1.中華麺を2センチ長さにカットする。
キャベツを千切り、人参をみじん切りする。
フライパンに油を熱し、豚肉と野菜、豆板醤
を炒め、中華麺・ご飯を加えて炒める。
塩・胡椒、唐辛子、ウスターソース、醤油、
かつおぶし粉を入れて炒める。

     omsobamesi2

そばめしを皿に盛る。
2.別のフライパンに油を熱し、液を流し
入れてかき混ぜる。
半熟の状態で、そばめしの上に載せる。
お好み焼きソース、ケチャップ、マヨを掛け、
青のりを振る。

     omsobamesi3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

やや薄味になったが、こんなものだろう。
ピリ辛具合もさほどではない。

定番の「どろソース」がなかったので、唐辛子で
代用しようと思ったが、ちょっと違う。


レトルトカレーで「自由軒」風の混ぜカレー

maze-c1


週末のランチに「混ぜカレー」でも作ってみよう。
パンチを効かせるために数種のスパイスを加えた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトカレー(明治:銀座カリー中辛)・・・1箱
カレー粉、カルダモンP、シナモンP、クミンP、黒胡椒・・・少々
ご飯・・・1人分
・・・1個


【作り方】
1.フライパンにレトルトカレーを空け、スパイスを
加えて、よく混ぜながら加熱する。
温かいご飯を入れて、よく混ぜ合わせる。
2.皿に盛り付け、真ん中に生を割り入れた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思ったより良く出来たんじゃないかな・・。
適度に甘く、適度にピリ辛で、ウマイ。

「自由軒」のカレーだと言っても家族は信用する
だろう。多分。


タマゴカツサンドを作ってみよう

tamasan1


TVで見かけた「玉子カツサンド」に軽いショックを受けた。
焼きをフライにして、マヨネーズ風味のサンドイッチにしたもの。
これは美味いに決まっているだろう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

サンドイッチ用食パン・・・6枚
・・・1.5個分
塩・砂糖・牛乳・・・少々

小麦粉・・・適量
・・・1/2個
パン粉・・・適量

マヨネーズ、和風ドレ、はちみつ、マスタード・・・適量


【作り方】
1.焼き器に溶きを流し入れて、焼きを焼く。
粗熱を取ってから4つにカットした。
これに小麦粉>溶き卵>パン粉をつけ、油で揚げる。

     tamasan2

2.食パンにバターを塗り、玉子カツを乗せ、マヨソー
スを掛けてから挟む。
ラップに巻いてしばらく馴染ませてからカットする。

     tamasan3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

なるほど、想定内のおいしさだが、家庭で作る料理
じゃないような気がする。
つまり、北新地で飲んだ後に、仲間でつまむサンド
イッチだ。「これなに、おいしい・・」となる、おもしろ
軽食である。


コンビニの「塩ゆで卵」を作ってみた

yudetama1


殻つきのゆでなのに、絶妙の塩味がついている「塩ゆで」を
作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

・・・4個
水・・・2C
塩・・・大さじ5~6ほど


【作り方】
1.を常温に戻しておく。
鍋に湯を沸かし、生をそっと入れて8分間ほど中火
で加熱する。
その間に「濃い塩水」を作る。
水にこれ以上溶けないほどの粗塩を入れて、混ぜる。
2.茹であがったを熱いまま塩水に浸ける。
粗熱が取れれば、冷蔵庫に入れて一晩置く。
殻にフォークで叩いてヒビを入れ、水の中でツルンと
剥く。

     yudetama2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うん、悪くはないけど、感激もしない。
半熟の茹で加減は良かった。

20時間程置いて殻を剥いたら、やや塩味が薄かった。
もう少し浸けた方が良かったし、次回やるなら砂糖を
足してみたい。


台湾の屋台風「ネギ餅」

negimo1


業務スーパーで台湾屋台グルメの「葱抓餅」(冷凍)を発見。
いわゆる薄いパイ生地のようなネギ餅だ。
プレーンタイプと、溶きをかぶせた物の2種を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

冷凍ネギ餅・・・2枚
・・・1/2個分
スライスチーズ・・・1枚
ごま油・・・少々
醤油・・・適量

       negimochi


【作り方】
1.フライパンを熱し、油を引かずに冷凍のネギ餅
を焼く。両面に焼き目がつけば、取り出す。
プレーンで食べるものは、フライ返し等で挟み込んで
クシャクシャにする。(これが”抓=つねる”だ)
2.フライパンにごま油を熱し、溶きを広げ、上に
チーズを置き、更に焼いたネギ餅をかぶせる。
しばらく焼いてから裏返し、クシャクシャ作業。
食べやすいように、切り分けた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

味にクセがないので、食べやすい。
をかぶせたものは、焼き過ぎたせいか、ふっくら感
が不足して、良さが出ていない。
個人的にはプレーンタイプが好きだ。

よだれ鶏」とよくマッチした。

     negimo2


とろとろスクランブルエッグのオムライス

omrice2

omrice1


湯せんに掛けて作るスクランブルエッグを作ってみたい。
これをチキンライスに載せたランチにしてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ご飯・・・1人前
鶏肉・・・適量
玉ねぎ・人参・・・適量
塩・胡椒・・・少々
市販ボロネーズソース、ケチャップ・・・計大さじ2ほど

・・・2個
牛乳・・・大さじ2ほど
塩・胡椒・・・少々

水菜・ミニトマト・・・適量
ケチャップ・・・適量
黒胡椒・・・少々


【作り方】
1.フライパンにバターを熱し、鶏肉・玉ねぎ・人参を
炒め、ご飯を投入して混ぜる。
塩・胡椒・ソース・ケチャップを加えて炒める。
皿に(山盛りに)盛り付ける。
2.鍋に湯を沸かし、上に液を入れた金属ボウル
を乗せて、湯せんする
ゆっくりと混ぜながら、とろとろに固まるまで続ける。
これをチキンライスの上に掛け、ケチャップをかけた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

大好物のチキンライスは、もちろんのことウマイが、
スクランブルエッグは、やや期待外れ?
もっと滑らかになるように火を入れるべきだったか。

でも、全体的に好きな味になった。


ひき肉のオムレツ ~ホワイトソースとトマトソース

om-w1

   om-w3


ホワイトソースが残っているので、オムレツを焼いて掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
ナツメグ・・・少々

・・・5個
牛乳・塩・砂糖・・・少々

ホワイトソース缶・・・1/2缶
牛乳・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
ローリエP・・・少々
パプリカP・・・少々
瓶入りトマトソース・・・適量


【作り方】
1.フライパンに油とバターを熱し、みじん切りした玉ねぎ・
人参・ひき肉その他を炒め、塩・胡椒・ナツメグを振る。
鍋にバターを熱し、しめじを炒めてから牛乳とホワイトソー
スを加えてなめらかなソースにする。
液を作っておく。
2.小さなフライパンにバターを熱し、液を3分の1注ぎ入
れ、上に肉ダネを置き、クルッと巻く。
皿に盛り、ホワイトソースを掛ける。
トマトソースを横に掛けて、2色にした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡ではあるが、ごはんのおかずになる。
昔はとんかつソースだけを掛けて食べていたが、
もうそれでは満足できない。

トマトソースがアクセントになった。
白と赤を混ぜると、良い風味になった。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

豚肉 鶏肉 蓮根 ブロッコリー アスパラ 海老 じゃがいも サバ缶 豆腐 カニカマ ぶなしめじ  トマト缶 ソーセージ 牛肉 アボカド ベーコン イワシ ラム肉 キャベツ  牡蠣 生ハム チーズ 合いびき肉 ローストビーフ まぐろ トマト 長芋 大根 さつまいも ごぼう かぼちゃ 貝柱 ぶり 豚ひき肉 明太子 ナス 白菜 塩鮭 人参 椎茸  タコ 小松菜 ハム サンマ 胡瓜 もやし ニラ イカ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 梅干 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター