とろとろスクランブルエッグのオムライス

omrice2

omrice1


湯せんに掛けて作るスクランブルエッグを作ってみたい。
これをチキンライスに載せたランチにしてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ご飯・・・1人前
鶏肉・・・適量
玉ねぎ・人参・・・適量
塩・胡椒・・・少々
市販ボロネーズソース、ケチャップ・・・計大さじ2ほど

・・・2個
牛乳・・・大さじ2ほど
塩・胡椒・・・少々

水菜・ミニトマト・・・適量
ケチャップ・・・適量
黒胡椒・・・少々


【作り方】
1.フライパンにバターを熱し、鶏肉・玉ねぎ・人参を
炒め、ご飯を投入して混ぜる。
塩・胡椒・ソース・ケチャップを加えて炒める。
皿に(山盛りに)盛り付ける。
2.鍋に湯を沸かし、上に液を入れた金属ボウル
を乗せて、湯せんする
ゆっくりと混ぜながら、とろとろに固まるまで続ける。
これをチキンライスの上に掛け、ケチャップをかけた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

大好物のチキンライスは、もちろんのことウマイが、
スクランブルエッグは、やや期待外れ?
もっと滑らかになるように火を入れるべきだったか。

でも、全体的に好きな味になった。


スポンサーサイト

ひき肉のオムレツ ~ホワイトソースとトマトソース

om-w1

   om-w3


ホワイトソースが残っているので、オムレツを焼いて掛けてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
ナツメグ・・・少々

・・・5個
牛乳・塩・砂糖・・・少々

ホワイトソース缶・・・1/2缶
牛乳・・・適量
ぶなしめじ・・・適量
ローリエP・・・少々
パプリカP・・・少々
瓶入りトマトソース・・・適量


【作り方】
1.フライパンに油とバターを熱し、みじん切りした玉ねぎ・
人参・ひき肉その他を炒め、塩・胡椒・ナツメグを振る。
鍋にバターを熱し、しめじを炒めてから牛乳とホワイトソー
スを加えてなめらかなソースにする。
液を作っておく。
2.小さなフライパンにバターを熱し、液を3分の1注ぎ入
れ、上に肉ダネを置き、クルッと巻く。
皿に盛り、ホワイトソースを掛ける。
トマトソースを横に掛けて、2色にした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡ではあるが、ごはんのおかずになる。
昔はとんかつソースだけを掛けて食べていたが、
もうそれでは満足できない。

トマトソースがアクセントになった。
白と赤を混ぜると、良い風味になった。


マイルドな黒マーボー豆腐

kuroma1


TVコマーシャルを見て、耳に残った。 「赤マーボーと黒マーボー」。
今回は黒マーボー豆腐だ。
辛そうなので、豚肉とを加えてマイルドにしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

麻婆豆腐の素・・・1箱
(クックドゥ:黒麻婆豆腐 中辛)
絹こし豆腐・・・1丁
豚バラ肉・・・適量
ニラ・・・1/2束
長ねぎ・・・適量
・・・2個
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.先に、とろとろ”炒り”を作っておく。
フライパンに油を熱し、溶きを流し入れる。
ゆっくりと混ぜながら半熟の状態で、一旦取り出す。
2.再度、フライパンに油を熱し、豚バラ肉を炒める。
レトルトの黒マーボーと水(50cc)を入れて加熱し、
角切りにした豆腐と刻んだ長ねぎを加えてしばらく
煮込む。
最後に”炒り”と、3センチ長さにカットしたニラを
入れて混ぜ合わせる。
3.皿に盛り付け、刻み青ネギを散らす。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

途中で味見をすると、かなり濃厚なソースだったが、
全体を合わせて食べてみると、味が薄い。

「何かが足らない・・」と家族で顔を見合わせたが、
結局、豚肉・玉子などに味を付けていないので、
塩味と甘味が不足していた。
ザンネンムネン。

塩らーめんカルボナーラ

ramen-c1


「どやメシ紀行」を観ていると、面白い居酒屋メニューを紹介していた。
”塩らーめんカルボナーラ”は、女店主が自宅で作っていたものとか・・。
私も試してみよう。


【材料】       ※レシピは1人分です。 

インスタントラーメン・・・1袋
 (サッポロ一番・塩らーめん
ベーコン・・・適量
・・・1個
牛乳・・・1/2C
水・・・1C
ピザ用チーズ・・・適量
ガーリックP・・・少々
黒胡椒・・・少々
パセリ・・・適量

          sio-r1


【作り方】
1.フライパンでベーコンを焼き、ガーリックPを振る。
鍋に水+牛乳を沸かし、塩ラーメンを2分半ほど茹でる。
最後に添付スープの粉を半分ほど入れる。
とろけるチーズも加えた。
2.パスタ皿に盛り付け、黒胡椒をたっぷり振り、黄・
ベーコンを乗せる。
刻みパセリを振れば完成。

     ramen-c2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、それなりに面白いが、やはり・・。
ちぢれた麺は(個人的に)違和感がありすぎる。
疲れてしまった。(苦笑)


正月のオードブルと生ハム寿司  【2017おせち料理】


   (オードブルA)
sho1

  sho2

   (雑煮と数の子なます)
sho

   (オードブルB)
sho3

  sho4

   (生ハム寿司)
sho5

  sho6


伝統のおせち料理は作らず、食べたい酒肴ばかり作ってしまう。


【材料】    ※レシピは3~4人分です。 

オードブルA
1.鴨肉スモーク+ピンクペパー
2.カリフラワーのマリネ+グリーンオリーブ+貝割れ菜
3.ゆりね+人参+サラミソーセージ
4.チーズ+ズッキーニ+パプリカ

オードブルB
1.酢じょうゆ玉子
茹で・・・5個
醤油・・・大さじ2
酢・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
2.トマト、レタス、かぶのマリネ

生ハム寿司
1.生ハム+黒オリーブ
2.薄焼き玉子+わさび


【作り方】
1.鴨肉くんせいを薄くスライスする。
カリフラワー・ゆりねは塩茹でする。
かぶとカリフラワーは塩を当てて、マリネ(すし酢
+オリーブ油)した。
2.(栗原はるみさんレシピによる)酢じょうゆ玉子
は前日に茹でをつくり、一晩漬ける。
3.握ったすし飯に生ハムと薄焼きをかぶせた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

オードブルはどれも合格点だろう。
酢じょうゆ玉子をやや長い時間浸けたため、思った
より味が濃くなった。半日くらいで良いかも・・。

変わりにぎり寿司の具材として、スモークサーモンと
ローストビーフ
を考えていたが、どちらも入手できず
こんな内容になった。
でも、家族は喜んでくれた。


大人のポテトサラダ ~ゆで卵・アボカド・リンゴなど

ps1


ほとんど作ったことのないポテサラを作ってみたい。
冷蔵庫に残っているアボカドや、酒のつまみに買った”ゆでピーナッツ”も
加えてみる。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

じゃがいも      3個
・人参         適量
アボカド       1個
・リンゴ        1/4個
・茹で        2個
ゆでピーナッツ    適量
 (醤油味)

・フレンチドレ     適量
 (サラダ油+酢+塩・胡椒+レモン汁)
・マヨネーズ      大さじ 3
・粒マスタード     少々
・塩・胡椒        〃
・パプリカパウダー    〃


【作り方】
1.じゃがいもと人参を塩茹でし、ポテトをつぶす。
  人参を加え、フレンチドレを混ぜる。
2.粗く切ったリンゴ、茹でと一緒にボウルに入れ、
  マヨ+マスタードを加えてざっくりと和える。
  味を見て、塩・胡椒・牛乳で調える
3.器に盛り付け、アボカドを飾り、刻んだ”ゆでピー
  ナッツ”とパプリカPを振る。

   ps3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

う~む、どうだろう?
思っていたよりも平凡な出来栄えだ。
ポテサラの塩味がやや強くなったので、ゆでアボカド
味を付けず混ぜたら、何だかアンバランスな感じ。

一番良かったのは、一緒に出した「パラタ」(薄焼きパン?)。
焼き立てのパラタは妻にも大好評だった。


あんかけ親子丼

anoya1

anoya2


カラダが温まる「あんかけ親子丼」を思いついた。
”けいらん”(とろみ出汁に溶きを流す)のようなものでも良いが、
今回は餡を後掛けする


【材料】      ※レシピは2人分です。 

・ご飯        2人前
・鶏もも肉      100g
・玉ねぎ       適量
         3個
・三つ葉       適量

丼つゆ
・昆布だし      1.5C  (=300cc)
・醤油        大さじ 4(=60cc)
・みりん       大さじ 5(=75cc)
・砂糖        大さじ 1

・水溶き片栗粉    適量
 

【作り方】
1.鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、玉ねぎ
  をクシ切りにする。
  丼つゆを鍋で沸かし、鶏肉をしばらく煮る。
  をよく溶いておく。
2.小フライパンに丼つゆの半量を入れ、鶏肉
  玉ねぎを全量加える。

     anoya3

  沸いたら溶きを回し入れて玉子とじにする。

     anoya4

  ご飯を盛った丼にこれを掛ける。
3.残った丼つゆに水溶き片栗粉を入れてとろみ
  を付け、親子丼に掛ける。
  三つ葉をトッピングする。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは想定通リにできたんじゃないか?
玉子とじがふっくらしているし、餡は濃い味で男っぽい

やや味が濃すぎるかと思ったが、妻は「これくらいがイイよ」
と言ってくれた。嬉しかった。


黒胡椒たっぷりのスープカルボナーラ

carbo1


京都にある「スケッチ」という店のカルボナーラをTVで見て、衝撃を受けた。
ミルクたっぷりのスープパスタに黒胡椒をたっぷり振って、スケッチ風の?
カルボを作ってみた。


【材料】          ※レシピは2人分です。 

・スパゲティ1.6mm     2人前
・玉ねぎ            適量
・ブロックベーコン        〃
              2個
・牛乳             1C
・ピザ用チーズ         適量
・粉チーズ            〃
・塩              少々
・チキンコンソメ        1/2個
・GABANブラックペパー     少々(たっぷり)


【作り方】
1.スパゲティを茹でる。
  ボウルにを割りほぐし、牛乳半分と塩・胡椒・
  2種のチーズ、砕いたコンソメを混ぜておく。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、カットしたベー
  コンと玉ねぎ(後から入れた)を炒める。
  ベーコンがカリカリになったら、一旦取り出す。
  残った油に茹で汁適量を入れて乳化させ、
  スパゲティを加えて混ぜる。
3.火を弱め、液を加えてゆっくりと混ぜ合わせ、
  トロッとさせる。
  最後に温めた牛乳(塩を振った)を注ぐ。
  深皿に盛り付け、更に黒胡椒をたっぷりと挽く。

   carbo2



【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思ったよりよく出来た。
が少しもろもろになったが、クリーミーで上品だ。
狙い通りブラックペパーがよく効いている。

生クリームを使ったら、1.5倍おいしくできただろう。


 肉料理の料理レシピ
肉料理の料理レシピ  スパイスレシピ検索

玉子の帽子をかぶった雑穀すし

zakkoku-s


雑穀米が残っているので、”寿司にしてみたら?”とひらめいた。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・炊いた雑穀米    茶碗2杯分
・市販すし酢     適量
         2個
・インゲン      適量
・貝割れ菜       〃
・刻み海苔       〃
・レモン        〃


【作り方】
1.ボウルに温めた雑穀米を入れて、すし酢を
  加えて「すし飯」にする。
  柔らかいスクランブルエッグ(塩・砂糖・出汁)
  を作る。
2.陶製のカップの内にラップを敷き、インゲン
  を混ぜた玉子を置き、上にすし飯を被せる。
  皿にカップをひっくり返して空け、貝割れ菜
  と海苔をトッピングした。

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うむ、これは好きだなあ。
もっちりとしたご飯と甘いスクランブルエッグの相性が
良く、食べやすい。

紅生姜が欲しかったが、これはこれでシンプルが良い。


ちょっと煮込んだ親子丼

oyako1


いつも上機嫌な土井先生のレシピを参考にして、親子丼を作ってみた。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・鶏もも肉       1/2枚
・玉ねぎ        適量
・干し椎茸       2枚
          3個
・三つ葉        適量
・ご飯         2人前

丼つゆ
・醤油         大さじ 2
・みりん        大さじ 2
・砂糖         少々
・かつお出汁      120cc


【作り方】
1.丼つゆの材料を合わせておく。
  鶏もも肉を一度炙ることにした。フライパンに皮
  を下にして焼き、焦げ目が付けば取り出して、
  一口大にカットする。
2.二人前を一度に作る。
  フライパンに丼つゆと鶏肉を入れて沸かす。

     oyako2

  玉ねぎと干し椎茸も加え、しばらく煮込む。

     oyako3

  三つ葉を半分乗せてから、溶いたを回し入
  れ、弱火にして蓋をして2~3分間煮た。

     oyako4

3.丼に炊き立てのご飯を盛り、とじを乗せる。
  残った三つ葉を散らし、好みで七味を振る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーむ、ちょっとザンネン。
味はかなり良いと思うが、煮込んだことによってやはり
ふっくら感がない。
ごく普通の”ふわとろ親子丼”にすれば良かった・・。

テレビでは丼つゆの量に対しての量(一人分に1個)
が少なかった。今回は、を多く使ったので丼つゆを
吸ってしまったようだ。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

合いびき肉 イカ ごぼう  豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 豚肉 鶏肉 海老 牛肉 ナス じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ まぐろ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター