しめぶりと昆布じめ鯛のちらし寿司

susi1

   (”しめ鯖”ならぬ、酢で締めた「しめぶり」)
susi2

   (昆布じめした真の刺身)

susi3


酢で締めた”ハマチ”と、昆布じめしたを乗せて、春らしい寿司を
作りたい。
ネタとトッピングをちょっと工夫してみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

刺身・・・10枚
(愛媛県産)
刺身用ハマチ・・・1サク
(千葉県産:天然)
出汁昆布・・・1枚
昆布茶・・・少々
塩・酢・・・適量
菜の花・・・3把
キヌサヤ・・・6枚

すし飯・・・1.5合分
大葉・・・4枚
卵・・・1個
スイートピクルス・・・適量


【作り方】
1.「しめぶり」を作る。
ハマチのサクを10センチ長さに切って、たっぷりの
天然塩を振り、1時間ほど置く。

     susi4

水洗いし、酢と昆布と共にビニール袋に入れて冷蔵
庫に3時間ほど置く。
の昆布じめ」を作る。
出汁昆布を平皿に置いて塩を振り、刺身を並べる。

     susi5

更に塩と昆布茶を振ってクルクルと巻き、ラップに包
んで冷蔵庫に3時間ほど置く。
卵を溶いて片栗粉を足し、錦糸卵を焼く。
2.すし飯を作り、白炒りごまと刻み大葉を混ぜ込む。
皿に盛り、刺身と錦糸卵、塩ゆでした菜の花・キヌサ
ヤなどを飾り、盛り付ける。
思い付きで、刻んだピクルスを散らした。
刺身をわさび醤油につけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

すし飯が抜群に美味い。
ほんのりと温かさが残って、すし酢の加減も良いので
箸がススム。
昆布じめしたはリッチな味、酢じめハマチはポン酢
を掛けたので、ややワイルド系。

妻も喜んでくれた。大成功。


スポンサーサイト

ハマチの「なめろう」

h-namerou


スーパーの鮮魚コーナーで、うまそうなハマチのさくを買い求めた。
半分を刺身にし、残った半分は「なめろう」にしてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

ハマチ(腹側)    1/2サク
・青ネギ        適量
・大葉         3枚
・長芋         適量
・おろし生姜      1片分
・味噌         小さじ 2ほど
・みりん        適量
・すだち        1個


【作り方】
1.ハマチを細かく切る。
  長芋は細かい微塵に切る。
  薬味も細く切って一緒に合わせ、ねばりが
  出るまで包丁で叩く。
  みりんで溶いた味噌を加えて練る。
2.器に大葉を敷き、なめろうを盛りつける。
  すだちを絞っていただく。

  
【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

酒のアテに良い。ハマチの濃厚な味が、味噌と生姜で
緩和されている。
しかし、(妻に聞くと)ご飯のおかずには向かなかったようだ。
ややメリハリに欠けたか?


ハマチと貝柱の「りゅうきゅう丼」

ryukyu1


 「ケンミンSHOW」で紹介された大分県民の熱愛グルメ「りゅうきゅう」が
とても美味そうだった。
スーパーで、ハマチと”いたや貝柱”を調達して、それらしき丼を作った。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     天然ハマチ     1さく
     (石川県産)
     いたや貝柱     適量

   (漬け込みタレ
     醤油        大さじ 1
     みりん       大さじ 1
     酒         大さじ 1

     刻み海苔      適量
     大葉         〃
     青ネギ        〃
     白ごま        〃
     練りわさび      〃

  
【作り方】
   1.ハマチを食べ易く、薄切りにする。
     「漬け込みタレ」を混ぜて作り、ハマチを漬け、20分
     間ほど置く。
     貝柱は小さいので、盛りつける直前に醤油を振った。
   2.温かいごはんを丼に盛り、海苔を散らす。
     上に”づけ刺身”を並べ、大葉、ネギ、胡麻を散らし、
     わさびを乗せた。

       ryukyu2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     内容的には甘い醤油タレに漬けた「づけ丼」なので、何ら
     違和感はない。
     天然ハマチは臭みがなく、いたや貝柱はすごく甘い。
     やや醤油が不足していたので、少し掛けて食べ進んだ。

     薬味や胡麻などが爽やかで、妻も喜んでくれた。


ハマチのづけ丼

hamachi-don


 家族が下戸の上に、”さしみが苦手”なので、ちょっと困ってしま
う。
そこで、ハマチの刺身用サクを1人前仕入れてきて、丼を作ってみた。


【材料】                 ※レシピは1人分です。

       ハマチ刺身用  1サク
       醤油      大さじ 2
       みりん     大さじ 1
       酒       大さじ 1
       わさび     少々

       ご飯      1人前
       刻み海苔    少々      
       煎りゴマ     〃
       三つ葉      〃


【作り方】
1.ボウルに醤油その他で漬けタレを作り、そぎ切りしたハマチを10
 分間ほど浸ける。
2.丼にご飯を盛り、海苔を散らした上に、づけにしたハマチを並べる。
 ゴマと三つ葉を散らせば出来上がり。



【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 う~ん、味見のために刺身で食べたときは抜群にうまかったのだが
 ・・。
 みりんと酒の量が多過ぎたようだ。
 それに、三つ葉じゃなくて、絶対に「青ねぎ」だな。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



ハマチのなめろう

hamachi-namerou


 スーパーで刺身用のハマチのサクを仕入れてきた。半分は刺身にして
わさび醤油で食べ、残りはたたいて「なめろう」にした。妻も息子も生
の青魚が苦手なので、私ひとりで片付けなくてはならない。


【材料】                 ※レシピは1人分です。

       ハマチ      適量
       味噌       少量
       青ネギ       〃
       酒         〃
       醤油        〃

       ワカメ      適量
       カボス      半個


 
【作り方】
1.ハマチを包丁で細かく叩き、薬味と調味料を適当に加えてよく混ぜ合わ
 せる。ねばりが出る位、一体化すればOKだ。
2.塩蔵ワカメを水で戻す。小皿にワカメと「なめろう」を盛り、カットし
 たカボスを添える。


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 新鮮なハマチが美味い。味噌と醤油を加えることによって、魚の甘さが
 際立つ。冷蔵庫に”第3のビール”があったので合わせた。
 本当ならキリっと冷えた純米酒の方が良かったが・・。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME | 

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

 豆腐 アボカド じゃがいも ほうれんそう ベーコン わかめ 厚揚げ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 トマト 生ハム キャベツ  アスパラガス 香菜 牛肉 オクラ しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば ニラ 焼豚 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム チーズ サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン ちくわ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 タラ 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター