チキンとトマトのカレーライス

parfe1


神戸っ子に絶大な人気を誇るカレー専門店「パルフェ」のカレー
をイメージして作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1枚
プレーンヨーグルト・・・100cc
塩・胡椒・カレー粉・・・少々

玉ねぎ・・・1個
カットトマト缶・・・1/2缶
ぶなしめじ・・・1/2袋
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
チキンスープ・・・1.5C
塩・胡椒・・・少々
はちみつ、バター・・・適量
カレー粉・・・大さじ1
クミンシード、コリアンダーシード、カレーリーフ・・・少々
コリアンダーP、クミンP、チリP、パプリカP・・・少々

フライドオニオン
玉ねぎ・・・1/4個
小麦粉・・・大さじ1


【作り方】
1.鶏肉を大きめにカットする。
玉ねぎをみじん切りし、ニンニクと生姜をすり
おろす。
ポリ袋に鶏肉・塩・カレー粉(小さじ1)・ヨーグル
トを入れて1時間ほど、冷蔵庫に置く。
2.フライパンに油を熱し、ホウルスパイスを入
れてから玉ねぎを一緒に炒める。
おろしたニンニク・生姜・他のスパイスを加え、
鶏肉をつけ汁ごと入れる。
トマト缶とチキンスープを注いで、15分間ほど
煮る。
味を見て、塩・バター、はちみつ等で調える。
3.皿にご飯を盛り、カレーを掛ける。
フライドオニオンとラッキョを添えた。

     parfe2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

いやあ、「パルフェ」のカレーとはかなり違うぞ。(汗)
トマト缶とヨーグルトで近いものになると思ったが、
甘さとコクが足らない?
ココナッツミルクか、ナッツ類が要るのかも。

最後にバターを足したので、バターチキンカレー
のようになった。


スポンサーサイト

トーストサンドと、ミネストローネ

   (2種のトーストサンド)
mines1

   (ミネストローネ風スープ)

mines2

mines3


冷蔵庫を覗くと、トマト缶半分とソーセージなどが残っている。
簡単な洋風ディナーにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

トーストサンド
食パン(6枚切)・・・4枚
ベーコン・・・2枚
スライスチーズ・・・1枚
レタス、プチトマト・・・適量
卵・・・1個
ハム・・・2枚
マヨネーズ、粒マスタード・・・適量

ミネストローネ
ベーコン・・・2枚
ハーブソーセージ・・・2本
玉ねぎ、人参、じゃがいも、キャベツ、芽キャベツ・・・適量
トマト缶・・・1/2缶
水・・・2C
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
塩・黒胡椒・・・少々
ローリエ・・・1枚
ドライバジル、ローリエP・・・少々


【作り方】
1.<トーストサンド>を作る。
食パンを焼き、内側にバター、マスタードを塗り、
BLTサンド(カリカリベーコン、レタス、ミニトマト)
とハムエッグサンドを作る。
フライドポテトと、野菜(インゲン、カラフル人参、
ロマネスコ他)を添える。

2.<ミネストローネ>を作る。
ベーコン、玉ねぎ、人参、じゃがいも、キャベツを
1センチ角にカットする。
鍋にオリーブオイルを熱し、野菜を炒め、トマト缶
水、ローリエを加えて20分間ほど煮込む。
味を見て、塩・砂糖・胡椒を加える。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ホットサンドはやや迫力がないが、充分にウマイ。
オーソドックスなBLTサンドがやはり良い。
ミネストローネも平凡だが、野菜たっぷりなのが
グッド!
妻は気に入ってくれた。

初めて買ったロマネスコは、思った以上に美味で
驚いた。



ポークとビーンズのスパイスカレー

mame-c1

mame-c2


ミックスビーンズ缶とカットトマト缶があるので、思いつくまま
自分好みのカレーを作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

豚バラブロック肉・・・150g
塩・胡椒・・・少々
玉ねぎ・・・1/2個
おろし人参・・・大さじ1
おろしリンゴ・・・大さじ2
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
ミックスビーンズ缶・・・1缶
トマト缶・・・1缶
チキンスープ・・・1/2C
牛乳、ヨーグルト・・・適量
三つ葉・・・適量

ホールスパイス(カルダモン、クミンシード、マスタードシード、
カレーリーフ、カスリメティ)・・・適量
パウダースパイス(コリアンダーP、カレー粉、ターメリックP、
チリP)・・・適量


【作り方】
1.豚肉を2センチ角に切り、玉ねぎをみじん
切りする。人参とりんごは摩り下ろす。
2.フライパンに油を熱し、(塩・胡椒を振った)
豚肉を焼き、みじん切りした玉ねぎ、ニンニク・
生姜を炒める。
ホールスパイスを一緒に炒める。
人参、リンゴ、、トマト、チキンスープを入れ、
しばらく煮込む。

   mame-c3

3.パウダースパイスと塩、牛乳、ヨーグルトを
加え、味見をして調整する。

   mame-c4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

悪くはないが、どうもピンとこない。
原因は2つ。安価だったの缶詰がおいしくなかった
ことと、もう一つはスパイスの使い過ぎ。
もうそろそろ、自分に合うスパイスを選別すべきだ。

しかし、ブロック肉をカットした豚肉は良かった。


ミートソースやきめし

   ms-yaki


ミートソースが残っているので、ケチャップライス風の”やきめし”に
してみた。


【材料】       ※レシピは1人分です。 

・自作ミートソース  1/2Cほど
・ごはん       1人前
・塩・胡椒      少々
・醤油         〃
・刻みネギ      適量


【作り方】
1.フライパンに油を熱し、ミートソースを炒め、
  温めたご飯を加える。
  塩・胡椒を振り、よく混ぜる。
  最後に醤油を鍋肌から入れて混ぜ合わせる。
2.器に盛って、刻みネギを乗せた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプルなケチャップライス風だが、意外にいける。
ケチャップを使っていないので、何だか上品な感じ。
残り物で、グッジョブ!


鶏肉とキドニー豆のトマト煮

torimameni


 キドニー豆の缶詰が1本残っている。
鶏肉と合わせたトマトソース煮込みにしてみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     鶏もも肉        1枚分
     玉ねぎ         1/2個
     しし唐         適量
     キドニー豆缶      大1缶
     カットトマト缶     大1缶
     ニンニク        1片

     水           1C
     コンソメキューブ    1粒
     砂糖          大さじ 1
     塩・胡椒        少々
     酒           大さじ 1
     ドライバジル      少々
     ローリエ        1枚


【作り方】
   1.鶏肉を一口大に切り、塩・胡椒を振る。小麦粉をまぶす。
     玉ねぎを2センチ角にカットする。
     ホーロー鍋にオリーブ油を熱し、刻んだニンニクを炒め、
     玉ねぎと鶏肉をソテーする。酒を少し振った。
     水とコンソメ・トマト缶・(水を切った)豆缶などを入れて、
     15分間ほど煮込む。
   2.最後に(油炒めした)しし唐を加えてから、塩・胡椒で味
     を調え、スープ皿に盛りつける。

   
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     トマトスープの酸味がやや強いが、豆の甘さと鶏肉の旨み
     が足されると、バランスが良い。
     余計な調味料を足すと、前回のカレーの時のように混乱し
     てしまうので、我慢した。
     滋味深い皿だ。 家族にも好評だった。


ボンゴレ・カレー

bongo-c1


 TVで、アサリを使ったイタリア風のカレーを紹介していた。
なかなか、うまそうだ。
ちょっとアレンジして、自己流で作ってみることにしよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     アサリ           1パック(20粒ほど)
     ベビーホタテ        適量
     ベーコン           〃
     玉ねぎ           1/2個
     ぶなしめじ         適量
     トマト           1/2個
     カットトマト缶       1/2C
     グリーンアスパラ      1本
     ニンニク          1片
     アンチョビ         適量

     チキンスープ        1.5C
     酒             適量
     カレールウ         1~2かけ
     赤唐辛子          少々


【作り方】
   1.アサリをよく洗い、砂抜きしておく。
     ベーコンを一口大にカットし、玉ねぎを粗みじんに切る。
     ”ダイソー”で購入した「アンチョビ缶」を開けて準備する。

       bongo-c2


   2.フライパンにオリーブ油とみじん切りしたニンニク、ベー
     コン、アンチョビを入れて火を点ける。
     玉ねぎを炒めた後、アサリとホタテを入れて酒を注ぐ。
     アサリの口が開いたらフレッシュトマトとトマト缶を加え、
     様子を見ながらスープを足して、しばらく煮込む。

       bongo-c3


   3.最後にカレールウを溶かして、味見をする。
     皿にご飯、カレールウを盛りつけ、塩茹でしたグリーンア
     スパラと刻んだトマトを飾る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     結論から言えば、実にザンネンだ。
     途中まではアサリの風味とニンニク・アンチョビも効いて
     良い感じだったが、カレールウを多く入れてしまったようだ。
     かなり塩辛くなった。

     妻は「味はイイけど、辛いね」と・・。
     いつものようにカレー粉を使うべきだった。ザンネン。



ちょっと本格派ナポリタン

tomato-napolitan


 トマト缶が少し残っているので、これを使って「ナポリタン」を作って
みよう。


【材料】           ※レシピは1人分です。 
 
     スパゲティ         1人分
     (1.8mm)
     ベーコン          1枚
     玉ねぎ           適量
     椎茸            1個

     トマト缶          大さじ 2
     ケチャップ         大さじ 1
     塩・胡椒          少々
     赤唐辛子           〃


【作り方】
   1.スパゲティを指定時間通り、茹でる。
     ベーコン・野菜を千切りする。
     フライパンにオリーブ油を熱し、ベーコン・野菜を炒め
     る。トマト缶・ケチャップその他調味料を加える。
   2.茹でたスパゲティを加え、混ぜ合わせる。
     コク出しのバターを加えて、皿に盛る。
     粉チーズを掛けた。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     一口食べると、オーッ美味いと思ったが、やはり淡白な
     感じがする。
     太いパスタが素晴らしかっただけに惜しい。

     ナポリタンはやはり”ケチャップだけの濃い味”の方が
     良いようだ・・。


リガトーニのミートソース

short-pasta2


 たまにはショートパスタ(今回はリガトーニ)を食べたいと思う。
ミートソースを作って掛けることにした。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        リガトーニ        200g
        
    (ミートソース)
        合びき肉         200g
        玉ねぎ          1/2個
        人参           5cm
        ぶなしめじ        適量
        ニンニク         1片
        トマト缶         1缶
        コンソメスープ      1/2C
        赤ワイン         1/2C
        塩・黒胡椒        少々
        赤唐辛子          〃
        ローリエ         1枚
        黒オリーブ        適量
        
        粉チーズ         適量
        スイートバジル       〃


【作り方】
   1.ミートソースを作る。
     フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りした玉ねぎ・人参・
     しめじ・ニンニクを炒める。
     次にひき肉を加えて、しっかりと炒め、赤ワインを注ぎ入れる。
   2.ワインのアルコール分を飛ばし、トマト缶をつぶしながら加えて
     煮込む。塩・胡椒で味を調える。
     刻んだ黒オリーブとローリエを加えて、煮る。
     旨味が足らないのでコンソメスープを加えた。そして、ケチャッ
     プ・ウスターソース・醤油を若干足した。
   3.リガトーニを時間通り塩茹でし、皿に盛る。
     上からミートソースを掛け、たっぷりの粉チーズを振る。
     刻んだバジルをトッピングすれば出来上がりです。

【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     途中、味が決まらず迷った。
     クドくなく、かと言ってあっさりし過ぎない味付けは難しい。
     だが、結果的にうまく出来た。
     
     たっぷりと振った粉チーズとバジル葉も効果的だ。
     家族も喜んでくれた。



ポトフのようなチキンカレー

chiken-curry7


 ポトフのようなカレーを作りたいなあ。
つまり、どろっとした”キャンプカレー”ではなく、肉や野菜がごろっ
と入ったスープのような爽やかなカレーだ。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       鶏もも肉     200g
       玉ねぎ      1/2個
       人参       1本
       じゃがいも    2個

       水        3.5C
       カットトマト缶  1缶
       固形コンソメ   1.5個
       カレー粉     大さじ 1
       カレーフレーク  大さじ 2
       塩        少々
       砂糖        〃
       おろし生姜     〃
       ローリエ     1枚

       パセリ      少々

   
【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り分け、軽く塩・胡椒し、小麦粉をまぶす。
 大きなホーロー鍋にオリーブ油とバターを熱し、ざく切りにした玉
 ねぎを炒める。
 次に、鶏肉を加え、両面に焼き色が付くまでしばらく炒める。
2.水を注ぎ入れ、人参・じゃがいもと、トマト缶・コンソメの素・ロ
 ーリエを加えて、30分間ほど弱火で煮る。
 途中、アクを取り除く。
3.全体に柔らかくなれば、カレー粉を(スープに溶いて)入れ、味を
 見ながらカレールウ(今回は市販のカレーフレーク)を加える。
 スープ皿に盛りつけ、刻みパセリを振る。



【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 結果として、いつものようなカレーになった。
 味を決めるのに苦労した。
 トマトの量が多過ぎて、酸味が強くなり過ぎたからだ。

 煮込んでいくうちにじゃがいもはどんどんと角が取れてスープに溶
 け込んでいった。結果として、どろっとしたカレーに‥。
 ザンネン。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



トンテキ風トマトソース煮

tonteki-tomato


 最近流行っている”(四日市)トンテキ”を作りたいと思ったが、そ
のままでは面白くない。
トマトソースで煮込んで、パンに合わせることにした。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       豚ロース肉    3枚
       (とんかつ用)
       塩・胡椒     少々
       ニンニク      〃
       白ワイン      〃
       小麦粉      適量

    (トマトソース)
       玉ねぎ      適量
       ナス       1本
       えのきだけ    適量
       カットトマト缶  1缶
       ニンニク     少々
       クレージーソルト  〃
       オリーブ実    適量
       コンソメスープ  1/2C
       醤油       小さじ 1
       ウスターソース  大さじ 1
       ケチャップ    大さじ 1
       
       パセリ      適量



【作り方】

1.豚ロース肉の両面に軽く塩・胡椒し、すだれ状に切り目を入れる。
 フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りしたニンニクを入れてか
 ら小麦粉をまぶした肉を焼く。
 両面に焦げ色が付けば、白ワインを注いでフタをして蒸し焼きにする。
2.肉を一旦取り出す。
 フライパンにオリーブ油を熱し、ニンニク・玉ねぎ・ナス・えのきを
 炒め、トマト缶を加える。
 コンソメスープと調味料を加え、味を見て調える。
 最後に豚肉を入れ、少し煮込んでから皿に盛る。
 パセリのみじん切りを散らせば完成です。



【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 うむ、平凡だがやはりウマイ。
 トマトソースをややさっぱり味に仕上げたので、上品な感じになった。

 「トンテキ」というよりもやはり、”ポークソテーのトマトソース掛
 け”だな。
 今回のパンは”イングリッシュマフィン”にしてみたが、これがなか
 なか良かった。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

ハモ キャベツ 豚肉 カニカマ あさり アスパラ 鶏ひき肉 塩さば イカ ナス 鶏肉 梅干 チーズ  サーモン 鶏レバー 海老 ソーセージ 牛肉 小松菜  胡瓜 大根 ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト アボカド 椎茸 大葉 合いびき肉 まぐろ 焼き豚 香草 しらす 明太子 イワシ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 生ハム 長芋 貝柱 かぼちゃ 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ オクラ インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  スナップエンドウ いか リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター