夏野菜たっぷりの焼き肉

   (底に敷いた焼きトマトと焼きズッキーニが見えない・・汗)
nikuyasai2


本当なら卓上で”焼き肉”を焼きたいが、暑いのでフライパンで
ソテーする。 夏野菜をたっぷりと使ってみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

和牛切り落とし・・・300g
焼き肉タレ(大阪”もんくたれ”)・・・適量
はちみつ、炒り胡麻・・・適量
ごま油・・・適量
玉ねぎ・・・1/3個
パプリカ・・・1/3個
ズッキーニ・・・1/2本
トマト・・・1個
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.玉ねぎとパプリカを細くカットし、ズッキーニ
5ミリ厚の輪切り、トマトは1センチ厚さの輪切りに
する。
牛薄切り肉を切りそろえ、焼く直前にタレ・はちみつ
・炒り胡麻を加えて揉み込む。
2.先に野菜を焼く。フライパンにオリーブ油を熱し、
ズッキーニトマトを並べ、塩・胡椒を振る。
両面をしっかりと焼いて一旦取り出す。
再度、フライパンにごま油を熱し、肉・玉ねぎ・パプ
リカを焼く。焼き肉タレをからめる。
3.皿に焼きトマトと焼きズッキーニを敷き、焼き肉
を盛る。胡麻をトッピングする。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

肉を盛り過ぎたので、ベースの焼きトマトズッキーニ
が隠れてしまったが、味のバランスは良い。ウマイ。

甘い牛肉と酸味のあるトマト、さっぱりしたズッキーニ
ご飯がススム。
カンタン料理だけど、自分自身満足できた。


スポンサーサイト

冷しそうめんカッペリーニ

somenp2

  somenp3


素麺を使って、お手軽な冷製パスタを作ってみる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

素麺・・・1人分
ハム、ミニトマト、甘長唐辛子・・・適量
大葉・・・2枚
オリーブ油・・・大さじ2
昆布茶・・・小さじ0.5
めんつゆ・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
野菜ジュース・・・1/2Cほど


【作り方】
1.素麺を1分半ほど茹でて、水で洗い、よく絞る。
ハムと唐辛子を細く切り、麺と一緒に軽く茹でる。
ボウルにオリーブ油+昆布茶+めんつゆ+塩・胡
椒を入れ、麺と具材を混ぜる。
2.器に盛り付け、周りに野菜ジュースを注ぎ入れ、
刻み大葉をトッピングする。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや抑制された味で、なかなかウマイ。
敢えて「和風」にしてみたのだが、やはり”ニンニク”
と赤唐辛子がないと、パンチ力がない?
でも、うまい。


ミニトマトの赤ブルスケッタ & パンチェッタの白ブルスケッタ

bur1

bur2


ミニトマトがたくさん残っているので、ブルスケッタを思いついた。
トマトがやや酸っぱいので”はちみつ”を加える。
パンチェッタと新玉ねぎのコンビも作ってみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

赤ブルスケッタ
ミニトマト・・・6個
塩・胡椒・・・少々
ドライバジル・・・少々
はちみつ・・・小さじ1
オリーブ油・・・大さじ2
パセリ・・・適量

白ブルスケッタ
新玉ねぎ・・・1/4個
塩・胡椒・・・少々
パンチェッタ・・・適量
オリーブ油・・・適量

バゲット・・・1/2本
ニンニク・・・1片


【作り方】
1.ミニトマトを細かくカットする。
ボウルにトマトを入れ、調味料と刻んだパセリを加
えて和える。
2.玉ねぎをみじん切りし、塩もみする。
パンチェッタを刻んだものと混ぜ、オリーブ油をまぶ
す。
3.バゲットを3~4センチ厚さにカットし、オーブント
ースターで焼く。
カリッとなれば生ニンニクをこすりつけてから、先の
ミニトマトマリネ、パンチェッタマリネを乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

久しぶりに作ったブルスケッタは、前菜としてはなかなか
リッチでおしゃれだ。
先日、神戸で買ったカッティングボードに載せてみた。

トマトも良かったが、パンチェッタと甘い玉ねぎのコンビ
が素晴らしく良くて、好評だった。


夏のトマトすき焼き

tomasuki1


クーラーが効いた部屋で、今度はシンプルな「トマトすき焼き」を作ろう。
イタリアンではなく、あくまでも和風でやってみる。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・牛薄切り肉     300g
 (和牛すき焼き用)
トマト       3個
・玉ねぎ       1個
・しめじ       1パック
・絹こし豆腐     1丁
・三つ葉       適量

割り下
・醤油        100cc
・みりん       100cc
・酒         100cc
・砂糖        大さじ 2
・昆布だし      150cc
・市販すき焼きタレ  50ccほど

・卵         3個


【作り方】
1.トマトを6等分にくし切りし、玉ねぎを1センチ幅
  にカットする。
  小鍋に割り下の調味料を沸かし、味を見て調整
  する。
2.電気グリル鍋に油を熱し、玉ねぎとトマトの半分
  を炒める。ここに割り下を半分ほど加えて煮る。

     tomasuki2

  豆腐・しめじ・残りのトマトも加え、全体に火が通
  れば牛肉と三つ葉を入れる。
  肉の色が変われば、生卵につけていただく。

   tomasuki3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

最初はやや味が薄いと感じたが、徐々に良くなってきた。
初めて使ったトマトは、割り下に風味を与える調味料だ。
旨味と酸味をほどよく足してくれる。

黒毛和牛のすき焼き肉は、やはりGOOD。
家族も喜んでくれた。


チキンとトマトのイタリアンサラダ ~バジルマヨネーズ

salad-b1


茹で鶏をメインにしたサラダを、バジルマヨネーズでいただく。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・鶏むね肉      1枚
・塩         少々

・レタス       適量
・ルッコラ       〃
トマト       1/2個
・パセリ       適量
・レモン        〃

・バジルマヨ     適量
 (ジェノベーゼソース+マヨ+牛乳)
・コールスロードレ   〃

・パン        適量
・オリーブ油      〃


【作り方】
1.鶏むね肉の皮を取り除き、全体に塩をまぶす。
  鍋に湯を沸かし、鶏肉を入れて中火で5分間ほど
  茹でる。そのまま浸け置きして、冷ます。
2.冷えたら薄くスライスしてサラダに盛り、バジルマ
  ヨネーズを掛ける。

   salad-b2

  
【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

むね肉が思ったより”しっとり”としていない。
どうしてだろう? (最初に塩をしたせいか・・)
でも、バジルマヨソース+トマトと一緒に食べるとなかなか
ジューシーで食べやすかった。

素朴なクルミパンを炙って、オリーブ油につけて食べると
良い風味で、嬉しくなった。


ガラナ・アンタルチカのワインクーラー風と、食パンブルスケッタ

     garana2


モニターでいただいた「ガラナ・アンタルチカ」(炭酸飲料)と
白ワインを合わせてワインクーラー風のカクテルを作る。
つまみは、一緒にいただいた「イワシパテ」を乗せた「食パン
ブルスケッタ」です。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

ガラナ・アンタルチカ  1缶(185ml)
・白ワイン        100ccほど

・食パン         2枚
・オリーブ油       適量
・おろしニンニク      〃
・イワシパテ       2個
パテ・デ・サルディーニャ:ポルトガル)
トマト         1/2個
・玉ねぎ         適量
・黒オリーブ        〃
・パセリ          〃
・レモン          〃


【作り方】
1.食パンブルスケッタを作る。
  刻んだ玉ねぎに塩を振って、しばらく置き、絞る。
  刻んだトマトと合わせ、オリーブ油・レモン汁でマリ
  ネする。
  食パンに薄く、おろしニンニクとオリーブ油を塗り、
  オーブントースターで焼く。
  上にパテ・トマトマリネなどを乗せる。
  最後にオリーブ油を振り、レモンを添えた。
2.カクテルを作る。
  ワイングラスによく冷やした辛口の白ワインを注ぎ、
  「ガラナ・アンタルチカ」で割るだけ。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ガラナ・アンタルチカの甘さと、白ワインの酸味がうまく調和して
リッチなカクテルになった。
間違いのないおいしさだ。

イワシパテを塗った簡単ブルスケッタも、家族に好評だった。


     ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ
ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ



和風トマ玉炒めのあんかけ

     tomatama1


汁物になるようなふっくらした”あんかけ玉子”を考えた。
アクセントに湯むきトマトを加えてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

        3個
・うどんつゆ    大さじ 2
・酒        大さじ 1
・塩        少々
トマト      1/2個
・貝割菜      適量

あんかけ
・うどんつゆ    1袋
・水溶き片栗粉   大さじ 2
・おろし生姜    適量


【作り方】
1.玉子を割りほぐし、うどんつゆ、酒、塩を加える。
  トマトを湯むきして、皮を除き、サイコロ状に切る。
  フライパンに油を熱し、液を流し込んでゆっくり
  大きく混ぜ、ふっくらした炒り玉子を作る。
  炒めたトマトに玉子を加えて混ぜ合わせる。
2.小鍋に残りのうどんつゆを沸かし、水溶き片栗粉
  でとろみを付ける。
  器にトマト入り玉子焼きを入れ、上から餡を掛けて
  おろし生姜を乗せる。
  刻んだ貝割菜を散らせば出来上がり。

  tomatama2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

味はなかなか良い。
つるんとしたあんかけ玉子に、生姜の風味が効いている。
でも、もっとボリューミーな出汁巻きの方が良かったか?


ピザ2種と、鶏むね肉のイタリアンピカタ


(しっとりジューシーなイタリアンピカタ)
p-p

(マルゲリータ+生バジル)
p-p2

(クワトロフォルマッジ+サラミ、焼きナス

p-p3


 冷凍のピザ2種と、簡単なピカタを焼いてみよう。
これは、楽チンな夕食になりそうだ。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

    ●ピザ1(マルゲリータ)    1枚
      +トマト・スイートバジル
       玉ねぎ・パプリカ・チーズ
    ●ピザ2(4チーズ)      1枚
      +サラミ・焼きナストマト
       玉ねぎ・チーズ

     鶏むね肉           1枚
     クレージーソルト       少々
     黒胡椒             〃
     ガーリックパウダー       〃
     小麦粉・片栗粉        適量

   (ピカタ衣
     卵              1個
     ピザ用チーズ         適量
     スイートバジル         〃

     ケチャップソース       適量
     (ケチャップ+ウスター+スイートチリ)
     

【作り方】
   1.「グランマルシェ」で仕入れたイタリア製冷凍ピザに適当な
     具材をトッピングして、オーブントースターで焼く。
   2.むね肉を一口大に削ぎ切りし、叩いて延ばしてから塩・胡
     椒、ガーリックパウダーを振り、粉をまぶす。
     ボウルにピカタ衣を作り、鶏肉を浸けてからフライパンに
     熱したバター+オリーブ油で焼く。
     お好みで、レモンやケチャップソースを掛けていただく。

      p-p4

     
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     イタリアンピカタは思った以上によく出来た。
     ガーリック風味が効いているし、何より肉がふっくらジューシーだ。
     結局、ソースはほとんど必要なかった。

     冷凍のピザは、ちょっと中途半端?
     息子は「茄子がウマイ」と言ってくれたが、全体的にもっちり感が
     不足した。


トマトひれかつ煮

tomato-katuni


 カンタンな「かつ煮」を作りたいが、旨みと酸味を加えるために
トマトを加えてみた。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     市販とんかつ     小4枚
     (ひれかつ)
     玉ねぎ        適量
     トマト        小1個
               3個
     水菜         少々

   (丼つゆ
     ヤマキめんつゆ    1/2C
     水          1/2C
     砂糖         少々

     七味唐辛子      少々


【作り方】
   1.小フライパンに丼つゆを沸かし、薄切りにした玉ねぎとざく
     切りしたトマト半分を入れて、少し煮る。
     溶いたの半量を回し入れて加熱し、(一口大にカットした)
     ひれかつを乗せ、残りの溶きをかぶせて、火を止める。
     しばらく蓋をして余熱で火を通す。
   2.器にかつ煮を盛り、残ったトマトと刻んだ水菜を散らす。
     好みで、七味を振っていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     食べ始めると、ややしょっぱいかなと思ったが、段々と払拭された。
     玉ねぎ、トマト、玉子と一緒に食べると、バランスが良い。
     そして、スーパーの”ひれかつ”が思った以上に美味い。

     カンタンにできて、おいしかったら文句なし。満足!


生ハムとトマトの冷製サラダパスタ

salad-p1


 冷たく冷えたパスタもイイな。それをサラダと合体させたらどうだ?
そんなアイデアが浮かんだ。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     スパゲティ1.4mm    2人分
     トマト           1個
     玉ねぎ           1/4個
     ニンニク          1片
     アンチョビフィレ      1本
     オリーブ油         大さじ 3
     塩・黒胡椒         少々
     赤唐辛子           〃
     白ワインビネガー       〃
     レモン汁           〃
     スイートバジル       適量

     生ハム           適量
     レタス・パプリカ       〃
     オクラ            〃
     茹でとうもろこし       〃

   (トマ玉ねぎドレッシング
     トマト           適量
     玉ねぎ            〃
     塩・胡椒          少々
     オリーブ油          〃


【作り方】
   1.トマトをざく切りにし、ニンニクとアンチョビをみじん切り。
     フライパンにオリーブ油、ニンニク、アンチョビ、赤唐辛子
     を入れてから火を点ける。
     次に玉ねぎ半分、トマト半分を入れてしばらく炒め、火を消
     す。そのまま粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
     ここにワインビネガー、レモン汁、刻んだバジルを加えた。
   2.トマ玉ねぎドレッシングを作る。
     みじん切りした玉ねぎに塩を振ってしばらく置く。
     玉ねぎをよく絞り、刻んだトマト生ハム、オリーブ油、黒胡
     椒、レモン汁を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。
   3.スパゲティを指定時間より1分間ほど長く茹でる。
     氷水で冷やし、水分をしっかりと切る。
     先のトマトソースを入れたボウルにパスタを加え、混ぜる。
     皿にパスタと野菜サラダを盛り、上にバジルの葉と生ハム
     を乗せる。
     パスタとサラダに<トマ玉ねぎドレッシング>を掛ける。

     salad-p2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     最初にパスタをいただく。
     おおっ、塩分とオイル感が適切で、すこぶる美味い。
     生ハムの”つややかさ”と塩味がよく効いている。
     これは良い。

     妻も喜んでくれた。大成功!


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

サンマ 豚肉 牛肉 胡瓜 ハム 人参 もやし 合いびき肉 ナス 鶏肉  タコ イカ ニラ 長芋 アスパラ 豚ひき肉 海老 とうもろこし トマト ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン  うなぎ蒲焼き まぐろ 小松菜 かぼちゃ パプリカ  ちりめんじゃこ イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン ローストビーフ 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ じゃがいも 焼豚 みょうが  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  大根 スナップエンドウ いか 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ 水菜 カニカマ ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター