FC2ブログ

卵焼き器で焼いた「たこ焼き」

s-takoyaki1


最近買い換えた「卵焼き器」で、たこ焼きを焼いてみた。
もちろん、四角いたこ焼きになる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

茹でタコ・・・足2本
たこ焼き粉・・・50cc
水・・・100cc
卵・・・1個
キャベツ、青ネギ・・・適量
天かす、紅生姜・・・適量

おたふくお好み焼きソース・・・適量
マヨネーズ・・・適量
かつおぶし、青のり・・・適量


【作り方】
1.ボウルにたこ焼きの生地を作り、刻んだ
キャベツと青ネギを加える。
タコを1センチほどにカットする。
2.卵焼き器に油を熱し、生地を流し入れる。
タコ、天かす、紅生姜を散らし、両面を焼く。
皿に盛り、ソース他を掛ける。

   s-takoyaki2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

生地がやわらかいので、形が崩れてしまったが、
思った以上に旨い。
お好み焼きのような形状だが、味は「たこ焼き」だ。
簡単にできて、サイコー!


スポンサーサイト



「明石焼き風だし巻かず」と、「悪魔の海苔巻きおにぎり」

dasimakazu1

dasimakazu2

dasimakazu3


飲兵衛の女性ブロガーさんが紹介していた「だし巻かず」は、
出汁巻き玉子をラフに焼いた一品。
茹でダコを乗せて、明石焼き風にしてみた。
加えて、コンビニで流行った「悪魔のおにぎり」を韓国海苔で
挟んでみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

明石焼き風だし巻かず
卵・・・2個
白だし・・・大さじ0.5
砂糖・塩・・・少々
水・・・大さじ2
茹でダコ・・・適量
刻みネギ・・・適量
かつおぶし・・・適量

めんつゆ・・・大さじ1.5
湯・・・100cc

悪魔の海苔巻きおにぎり
ご飯・・・1合分
天かす・・・大さじ3
めんつゆ・・・大さじ1
青のり・・・小さじ1
ふりかけ(梅ちりめん)・・・大さじ1
韓国海苔・・・8枚


【作り方】
1.<だし巻かず>を作る。
ボウルに卵を割り入れ、調味料と水を加えて
混ぜる。
小フライパンに油を熱し、卵液を入れてゆっく
りと回しながら、半熟に固める。
上にカットした茹でダコを散らし、皿に盛る。
刻みネギとかつおぶしをトッピングする。
めんつゆを湯で溶いた出汁につけていただく。
2.<海苔巻きおにぎり>を作る。
ボウルに温かいご飯を入れ、天かす・めんつゆ
・青のり・梅ちりめんを加えて混ぜる。
ピンポン球大に丸め、韓国海苔で挟む。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

「だし巻かず」は平凡な卵焼きだが、味がしっかりして
出汁に浸けると満足感がある。
何より、タコのプリプリ食感が良い。

「悪魔の海苔巻きおにぎり」は、予想通リの味であるが
文句なしの旨さだった。家族も褒めた。


タコとじゃがいものジェノベーゼ

tako-j2


茹でたタコとポテトをジェノベーゼソースで和えるだけのイタリアン。
すぐにできる一品だ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

茹でダコ・・・足2本
じゃがいも・・・2個
キヌサヤ・・・5本
塩・胡椒・・・少々
ジェノベーゼソース・・・大さじ1
レモン汁・・・少々


【作り方】
1.たこを一口大に削ぎ切りする。
じゃがいもを洗い、ラップに包んで500W
7分間レンチンし、皮を剥く。
タコと同じくらいの大きさにカットする。
軽く塩・胡椒を振り、レモン汁を掛ける。
キヌサヤを塩茹でしておく。
2.ボウルにじゃがいもタコ+キヌサヤ
を合わせ、ジェノベーゼソースを加えて和
える。

   tako-j1


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

タコよりも、むしろホクホクしたポテトが美味い。
冷蔵庫で冷やすと、ちょっと食べにくい。

むしろ、ニンニクオイルで炒めた方が良いかも・・。


タコとセロリのマリネ

takoseri1


魚屋で明石産の新鮮な「茹でダコ」を見つけた。
半分は刺身でいただき、もう半分はマリネにして食べよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

茹でダコ(刺身用)・・・適量
セロリ・・・1本
玉ねぎ・・・1/4個
オリーブ油・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1
ワインビネガー・・・少々
塩・黒胡椒・・・少々
※めかぶパックの残りダシ・・・大さじ1
ドライバジル・・・少々
オリーブ実・・・適量
レモン・・・適量


【作り方】
1.タコを食べやすい大きさに削ぎ切りする。
セロリの筋を取り、タコと同じ大きさにカット。
玉ねぎをスライスし、塩もみして水で洗う。
セロリも軽く塩もみした。
2.ボウルにマリネ液を作り、玉ねぎ、タコ
セロリを浸けて、1時間ほど冷蔵庫に置く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タコがプリプリ、セロリがシャキシャキ、うまいぞ!
絶品だ。
ずっと、タコとセロリを食べたかったこともあるが、
こんなに美味いとは、驚きだ。
思い付きで「めかぶとろろの残り汁」を入れたのも
効いたようだ。
白ワインを出して、リッチな前菜を愉しんだ。


コンビニたこ焼きで作る「神戸たこ焼き」

kobetako1


コンビニの「冷凍たこ焼き」を使って、久しぶりに「神戸たこ焼き
を作る。
神戸たこ焼きとは、たこ焼きを入れた器に”かつお出汁”を張り、
更にソースを掛ける神戸下町のB級グルメである。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

冷凍たこ焼き・・・3個
めんつゆ・・・大さじ2
湯・・・60ccほど
とんかつソース・・・適量
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.たこ焼きを器に入れ、2分間ほどレンチンする。
そこへ直接、めんつゆと湯を注ぎ入れる。
ソースを掛け、刻みネギを散らす。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味の方はそこそこだが、出汁の色と味が濃い。
理想は、たっぷりの上品な出汁を張り、ソース
の存在感がある「神戸たこ焼き」なのだが・・。
ザンネン。


今夜は「たこやき屋」さん

taco1

taco2


久しぶりに、「たこ焼き」を焼いてみよう。
関西の夕食は、こんなものだ。


【材料】       ※レシピは2人(30個)分です。 

・市販たこ焼き粉    1C
・水          1.6Cほど
・卵          2個
・茹でタコ       適量
・青ネギ         〃
・天かす         〃
・紅生姜         〃
・かつお粉        〃

・とんかつソース    適量
・マヨネーズ       〃
・青のり        少々


【作り方】
1.生地を溶き、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
  卵を割りほぐし、少し醤油を振った。
  タコを小さく切り分け、他の材料も準備する。
2.たこ焼き器を熱し、油をなじませる。
  生地を1/2高さまで注ぎ、タコを入れてから
  更に生地を溢れるまで注ぎ、他の具材を振る。

     taco3

  焼けたら、皿に取り、ソース・マヨ等を掛ける。

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やはり、市販の粉はよく出来ている。
ふわっとして、充分に旨味もついている。

ビールがススム。
二人だけの「たこパ」でも、充分に楽しい。


タコとポテトのガリシア風

tako-poteto


新じゃがを食べたいので、こんな料理を作った。
茹でたタコじゃがいもに、塩・胡椒・パプリカパウダーを振り、
オリーブ油を掛けるスペイン料理「タコのガリシア風」だ。

今回は「タコじゃがいものパプリカ煮」のレシピを参考にして、
少し煮込んでみた。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・茹でタコ      150g(足2本)
じゃがいも     小5個
・玉ねぎ       1/4個
・ニンニク      少々
・トマト       適量
・オリーブ油      〃
・白ワイン      大さじ 3
パプリカパウダー  小さじ 1
・塩・胡椒      少々
・パセリ       適量
・黒オリーブ      〃


【作り方】
1.フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りした玉ねぎと
  ニンニクを炒める。
  一口大にカットしたジャガイモを加えて、少し炒める。
  白ワインと塩を振ってからひたひたになるまで水を足し、
  20分間ほど煮る。
2.鍋に湯を沸かし、塩・レモン・ローリエを入れてから火
  を止め、カットしたタコを入れて1分間ほど浸ける。
  器にじゃがいもを盛り付け、茹でたタコを並べ、塩・パ
  プリカパウダー・オリーブ油を振った。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うむ、どうだろう? 途中、味に旨味を足すため急遽、トマトを
加えた。これで、大分改善できた。
柔らかいポテトと、歯触りの良いタコのコンビネーションはGOODだ。
妻は、「おいしいね」と言った。


ホットプレートたこ焼き

     hot-t1

   hot-t2


たこ焼きでも作って食べようと思うが、一度”ホットプレート”で
焼いてみよう。


【材料】       ※レシピは2人(2回)分です。 

・市販たこ焼き粉   1.5C
・水+牛乳      2C
・卵         2個
・醤油、油      少々

・茹でタコ      適量
・むき海老       〃
・糸こんにゃく     〃
・青ネギ        〃
・天かす        〃
・紅生姜        〃

・お好み焼きソース  適量
・糸かつお       〃
・天つゆ        〃
 (めんつゆ+湯)


【作り方】
1.生地を作って、冷蔵庫でしばらく休ませておく。
  タコ海老を5ミリ角ほどに刻んでおく。
  糸こんにゃくは、熱湯で茹でてから細かくカットした。
2.小さめのホットプレートを熱し、油を引く。
  生地を半分弱流し入れ、具材を全体に散らす。
  表面が乾いてきたら、生地を少し掛け、6つほどに
  切り分けてから裏返す。

     hot-t3

3.両面が焼ければ、テコで適当に切り分ける。
  お好み焼きソースか、天つゆにつけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味は悪くはないんだけどね・・。
生地に包まれていないので、タコ海老がやや固くなる。
パリッとしているところは、お好み焼き風でウマイ。

丸く焼くたこ焼きと比べて簡単なのか?
結論は、普通の”丸たこ焼き”に軍配だ。(汗)

       hot-t4

タコポテトのガリシア風


       takopote1

takopote2



 テレビを見ていると、スペインの「タコのガリシア風」が美味しそうだった。
ようし、作ってみるか?


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     茹でダコ       足1本
     じゃがいも      1個
     塩・黒胡椒      少々
     オリーブ油      適量
     パプリカパウダー    〃
     刻みパセリ       〃
     刻み黒オリーブ     〃


【作り方】
   1.じゃがいもの皮を剥き、1センチ厚の輪切りにする。
     鍋で塩茹でし、粗熱を取る。
     茹でダコを斜め薄切りし、鍋に残った湯に浸けて
     少し温めた。
   2.皿にじゃがいもを並べて塩を振り、上にタコを乗せ、
     オリーブ油を掛けてからパプリカパウダーと黒胡椒
     を振る。
     刻んだパセリと黒オリーブを散らした。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     ごく普通だが、うまい。
     オリーブ油や塩・レモンを多用するスペイン料理は、イタリアン
     と同じく食べ易い。

     初めて「パプリカパウダー」を使ったが、色が可愛らしくて、色々
     と使えそうだ。


まぐろの刺身盛り & タコの唐揚げ


       まぐろタコの刺身盛り)
tako1

       タコの唐揚げ)
tako2


 暑いから刺身とご飯でも食べようと思ったが、タコを見ると”唐揚げ”
にしてみようか? と、色気が出る。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     まぐろ刺身       適量
     タコ刺身         〃
     胡瓜          1本
     醤油          大さじ 1
     わさび         少々
     オリーブ油       大さじ 1

   <タコの唐揚げ
     タコ          150gほど
     醤油          大さじ 1
     酒           大さじ 0.5
     ニンニク        1片
     黒胡椒         少々
     片栗粉         大さじ 2

     しし唐         適量
     レモン          〃


【作り方】
   1.刺身は、切って皿に盛るだけなので、省略。
     今回は、オリーブオイルを足したわさび醤油でいただこう。
     唐揚げに使うタコを食べ易い大きさに切り分け、ビニール
     袋に醤油・酒・おろしニンニク・黒胡椒と一緒に入れ、揉む。
     これを冷蔵庫に3時間ほど置いた
   2.粉を付けて、高温の油で1~2分間揚げれば出来上がり。
     素揚げしたしし唐と、レモンを添える。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     最初にまぐろとタコの刺身。 これはもう、そのままだから旨い
     のは当然。
     胡瓜が狙い通り、よく合っている。半分はすし酢に半日漬けた。
     オリーブ油わさび醤油もGOOD!

     タコの唐揚げもよく出来た。下味がよく馴染んでいるし、カリッと
     揚がっている

     すべて大成功!


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚ひき肉 豚肉  海老 アスパラ 牛肉 アジ 鶏肉 牛ひき肉 じゃがいも  菜の花 スモークサーモン アボカド 豆腐 チーズ 白菜 春雨 サーモン 蓮根 厚揚げ 小松菜 ベーコン イカ 牡蠣 長芋 ぶり 穴子 パプリカ ニラ 合いびき肉 タコ カニ 塩鮭 サバ缶 ごぼう カニカマ 椎茸 かぶ 里芋  さつまいも 香菜 鶏ひき肉 ソーセージ ナス マッシュルーム えのき茸 イワシ もやし サンマ ぶなしめじ キクラゲ チンゲンサイ 舞茸 オイルサーディン まぐろ 塩さば 万願寺唐辛子 砂ずり たらこ トマト ハモ オクラ 明太子 ちくわ サバ 生ハム キャベツ あさり 竹の子 ブロッコリー りんご ハム サワラ 大根 春菊  かぼちゃ トマト缶 ラム肉 ハマチ 焼き豚 ズッキーニ 海苔 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ 大葉 香草 しらす カレイ ローストビーフ 貝柱 人参 とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き ちりめんじゃこ イチゴ 鴨肉 アスパラガス みょうが 焼豚 バナナ タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ カリフラワー ふぐ ピーマン 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 長いも 甘納豆 ハタハタ 油揚げ しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター