秋鮭のアラポン酢焼きと、アラ生姜煮

sakeara1

sakeara2


11月11日は「鮭の日」だとか。
スーパーで、新鮮な鮭のアラを見つけて買って帰った。
熱燗の酒肴2品を、ささっと作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

・鮭のアラ    1パック
・塩       適量

鮭のアラポン酢焼き
・ポン酢     大さじ 2
・みりん     大さじ 1
・酒       大さじ 1
・すだち     1個

鮭のアラ生姜煮
・豆腐      適量
・生姜      1片
・昆布だし    3/4C
・醤油      大さじ 1
・みりん     大さじ 1
・酒       大さじ 1
・黒七味     少々


【作り方】
1.生鮭のアラに塩を振り、しばらく置く。
  これに熱湯を掛けて霜降りにしてから、水洗
  いする。
  <アラ焼き>用にタレを作り、ビニール袋に
  鮭と一緒に入れてしばらく浸け、オーブントー
  スターで焼く。
2.次は、<アラ煮>。
  鍋に出汁を沸かし、鮭のアラと豆腐を煮る。
  器に盛り、黒七味を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

<アラポン酢焼き>は、柑橘のさっぱり風味が良
くて、酒によく合う。

<アラ生姜煮>も、なかなか良くできている。
生姜によって鮭の生臭みが消え、旨味が際立つ。
魚オイルと熱燗のハーモニー。
妻も喜んでくれた。


スポンサーサイト

鮭の塩こうじ焼き

   (皮が剥けちゃった鮭と、焼きなす)
sake-koji1


生鮭を「塩こうじ」に漬けて焼いてみよう。
神戸のデパ地下でキレイな北海道産の「時鮭(生)」を買い求めた。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・生鮭切り身     3切
・塩こうじ      大さじ 3
・大葉        3枚


【作り方】
1.鮭の水気を拭き、塩こうじをまぶしつけて、ジ
  ップロックへ入れて、冷蔵庫に一晩置く。
2.表面の塩こうじをぬぐい取る。
  フライパンにクッキングシートを敷き、鮭を並
  べて蓋をして、中火で10分間ほど焼く。

     sake-koji2

  皿に盛り付け、※焼きなすと大葉を添えた。

 ※なすの焼きびたし
  ガスグリルで10分間ほど焼いたナスの皮を
  熱い内に剥き、めんつゆ+湯に浸す。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味はすごく良いのだが、見栄えはザンネン。
初めてフライパンで使った”クッキングシート”に鮭の皮がくっついて、
はがれてしまった。
皮を下にして焼き始めたのが悪かったのか、魚が冷たかったのか、
それともフライパン用を使わないとダメなのか・・よくわからない。

焼きなすは予想した通り、なかなか好評。
なすと鮭に醤油を垂らして、白ご飯にのせて食べた。
ご飯がススムおかずである。


サーモンの親子すしと、しめ鯖の押し寿司


     (サーモンの親子すし)
su1

     (しめ鯖の押し寿司)

su2

su3



サーモンと「いくら」を乗せた親子すしを思いついた。
ついでに、市販のしめ鯖を使った”押し寿司”にも挑戦してみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

酢飯
・ご飯         1合半ほど
・すしのこ、すし酢   適量
・甘酢生姜        〃
・炒り胡麻        〃
・大葉         3枚

サーモンの親子すし
サーモン刺身用    1サク
・味付けイクラ     適量
・新玉ねぎ        〃

しめ鯖の押し寿司
しめ鯖        2枚
・グリーンオリーブ   適量
・レモン         〃

・わさび醤油      適量


【作り方】
1.固めに炊いたご飯に「すしのこ」とすし酢を加え、
  酢飯を作る。
  冷ましてから刻んだ甘酢生姜・大葉・ゴマを混
  ぜる。
  サーモンに軽く昆布茶と酒を振り、しばらく置く。
  これをフライパンで軽く炙り、厚さを半分にし、
  すし酢に浸けた。

     su4

2.「サーモンの親子すし」を作る。
  押し寿司の木枠を水で湿らせておく。
  型の底にサーモンを並べ、わさびを塗る。

     su5

  上に酢飯を置き、型でギュッと押してから取り
  出し、切り分ける。
  上に塩もみした玉ねぎとイクラをトッピングする。

3.次に「しめ鯖の押し寿司」を作る。
  型の底にしめ鯖を並べ、上に酢飯を置く。
  型でギュッと押さえ、取り出して包丁で切り分け
  る。上にレモンとオリーブをトッピングした。

     su6


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った以上に、上手く出来た。
特に、サーモンがしっとりして、玉ねぎ・イクラとの相性が
すごく良い。
しめ鯖の押し寿司はちょっと平凡だが、オリーブの酢漬け
が面白い。

妻は寿司めしが良くできているねと言って、満足してくれた。


サーモンバーグ ~洋風わさびソース掛け


       (大皿に盛りつけ、シェアしました・・)
salmon-b1


 なぜだか分からないが、秋鮭のハンバーグを作ろうと思いついた。
最近お気に入りの塩パンと、赤ワインに合わせてみたい。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     生サーモン     2切
     (北海道産)
     玉ねぎ       1/4個
     パン粉       大さじ 3
     卵         1/2個
     刻みパセリ     大さじ 1
     ドライバジル    少々
     クレージーソルト   〃
     黒胡椒        〃
     小麦粉       適量

  (洋風わさびソース
     マヨネーズ     大さじ 2
     牛乳        大さじ 1
     ホースラディッシュ 小さじ 0.5
     (チューブ入り)
     塩・黒胡椒     少々
     レモン汁       〃
     刻みパセリ     小さじ 1


【作り方】
   1.秋鮭の皮と骨を取り除き、細かく刻む。
     玉ねぎをみじん切りし、レンジで2分間加熱する。
     ボウルにサーモン、玉ねぎ、パン粉その他を入れ、
     よく混ぜ合わせる。
     これを4等分して小判型に成形し、小麦粉をはたく。
     <洋風わさびソース>の材料を混ぜ合わせておく。
   2.オリーブ油を熱したフライパンで両面を焼き、皿に
     盛り、わさびソースを掛ける。
     付け合わせは、小松菜・パプリカ・長いもをバター
     ソテーしたものを添えた。

       salmon-b2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     思った以上に上手く出来た。
     塩加減がサイコー! わさびソースもGOOD!
     塩バターパンがうまくて、妻も喜んでくれた。
   
     「鮭バーグ」も、なかなかイケル。


秋鮭の味噌バターホイル蒸し

sake-miso1


 旬の秋鮭を使った、ホイル蒸しを作ってみたい。
ちょっぴりこってりとしたバターと、”味噌ソース”を掛ける。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     秋鮭        3切
     かぼちゃ      適量
     人参         〃
     ぶなしめじ     1パック
     インゲン      適量
     バター        〃

  (味噌ソース
     白味噌       大さじ 3
     酒         大さじ 1
     砂糖        大さじ 0.5
     一味唐辛子     少々


【作り方】
   1.鮭に軽く塩と酒を振り、しばらく置く。
     人参を千切りにし、他の野菜も準備する。
     アルミホイルに薄くバターを塗り、水気を拭いた鮭と、
     野菜、きのこを置き、少しバターを乗せる。
     味噌ソースの半分を掛けて、閉じる。
   2.フライパンにホイル包み3個を置き、蓋をして7分間
     ほど加熱する。
     食べる直前に味噌ソースを少し足した。
  
       sake-miso3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     塩分がどうなのか心配したが、上品な感じに仕上がって、
     すこぶる良い。
     鮭の切り身がかなりボリューミーで、素晴らしい風味だ
     素材が良ければ、半ば成功したようなもの。

     アクセントに黒胡椒だけ振ったが、素朴で濃厚で、ビールや
     ご飯にピッタリと合った。


サーモンの南蛮漬け

salmon-nan1


 暑くなってきたので、魚介を使うサッパリした料理を考えた。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     生サーモン        2切
     塩・胡椒         少々
     小麦粉          適量

     セロリ          1/2本
     人参           適量
     玉ねぎ           〃
     生姜           1片
     
   (南蛮酢
     かつお出汁        100cc
     酢             75cc
     醤油           大さじ 1.5
     砂糖           大さじ 2
     塩            少々
     赤唐辛子          〃


【作り方】
   1.セロリ・人参を細く千切りにし、玉ねぎを薄切りにする。
     生姜も細く千切りにする。
     鍋に南蛮酢を作り、加熱する。
     一度沸騰したら火を止め、その中に野菜を加える。
       salmon-nan2


   2.生サーモンを2センチ幅に削ぎ切りし、軽く塩・胡椒を振る。
     全体に小麦粉をまぶして、油でカラッと揚げ、熱い内に南蛮
     酢に漬ける。しばらくそのまま置いて、味をなじませる。
     器に盛り、 セロリの葉と黒胡椒を散らした。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     ああ、ザンネン。
     南蛮酢の漬けダレはバッチリうまく出来たのに、サーモン
     良くなかった。
     妻は美味しいと言ってくれたが、養殖の鮭の臭いが気になった。
     なんてこったい。

     重ねて言うが、野菜のシャキシャキ感、セロリ・生姜の香りは素
     晴らしかった。


秋鮭のバタぽん焼き

batapon1


 スーパーに北海道産のキレイな秋鮭が並んでいた。
バター+ポン酢のソースをからめて、和風の焼き魚にしてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     秋鮭             2尾
     塩・胡椒           少々
     バター            適量
     ポン酢            大さじ 2

     大根             適量
     万願寺唐辛子          〃


【作り方】
   1.鮭に塩・胡椒を振り、10分間ほど置く。
     フライパンに油を熱し、鮭の両面を焼く。
     油をふき取り、バターとポン酢を入れて絡める。
     付け合わせに、大根おろしと焼き唐辛子を添える。

     batapon2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     うむ、本当に当たり前の味だ。
     バター焼きというのは、平凡過ぎて”曲者(くせもの)”
     である。
     ただ、妻は「鮭がおいしい・・」と喜んでくれた。

     鮭を少し残して、温めた焼きおにぎりの上に乗せ、
     熱いお茶を掛けた。〆の”鮭茶漬け”はうまかった。

     batapon3


鮭ハラスの塩こうじ焼き

sakeharasuyaki


 脂が乗ったサーモンのハラスが安価で売られていた。
和風の塩焼きにしてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 
     
   鮭ハラス           5本
   塩こうじ           大さじ 1
   酒              大さじ 1
   みりん            小さじ 1

   大根おろし          適量
   レモン             〃

【作り方】
   1.鮭ハラスを水洗いし、水分をふく。
     塩こうじ・酒・みりんに浸して、半日ほど(冷蔵庫に)置いた。
   2.皮目をフライパンで焼いてから、オーブントースターでじっく
     りと焼く。
     皿に盛り付け、大根おろしを添える。醤油をかけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     ちょっと惜しい。
     味は良いのだが、オーブントースターで熱を通し過ぎて、
     脂分が相当に流れ出した。もったいない。

     ボイルして、軽く炙った方が良かったかもしれない。


マッシュポテトのサーモン・ホイル焼き

potato-salmon


 雑誌で見かけた”マッシュポテト”に見惚れてしまった。
これとサーモンを合わせてみようと思う。
 

【材料】           ※レシピは3人分です。 
  
        サーモン切り身        3切
        玉ねぎ            適量
        菜の花             〃
        ピザ用チーズ          〃
        黒胡椒            少々
        
     (マッシュポテト)
        じゃがいも          2個
        バター            適量
        牛乳             50ccほど
        塩・胡椒           少々
        茹で卵            2個
        マヨネーズ          小さじ 1


【作り方】
   1.じゃがいもの皮をむき、適当な大きさにカットして塩茹でする。
     15分間ほど茹でて、やわらかくなれば湯を捨てる。
     バター・牛乳・塩・胡椒を混ぜながらスプーンでマッシュする。
   2.固茹でのゆで卵を作り、1個を刻んでマヨネーズと共にマッシ
     ュポテトに混ぜ合わせた。
       (ちょっと構想からずれてきた・・?)
   3.アルミホイルにオリーブ油を塗り、スライス玉ねぎを並べる。
     塩・胡椒を振ったサーモンを置き、横にたっぷりのポテトサラダ
     を広げる。軽く塩茹でした菜の花も添えた。
     サーモンにピザ用チーズと茹で卵を乗せて、包みを閉じ、湯を
     沸かしたフライパンに置いて10分間ほど加熱した。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

    ああ、ザンネン。
    フライパンに深く水を入れてしまった所為か、ホイル内が水っぽ
    い。味はすごく良いんだけど・・。
    (オーブントースターで加熱した方が良かった?)

    苦労して作ったが、報われなかった。トホッ。



サーモンときのこのグラタン

salmon-gratan


 旬の秋鮭(北海道産)としめじを使って、カンタンなグラタンを作ろう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        サーモン切り身           2切
        玉ねぎ               1/2個
        じゃがいも             1個
        ぶなしめじ             1/2パック
        小松菜               1杷

        ホワイトソース缶          1缶
        牛乳                100cc
        塩・胡椒              少々
        スライスチーズ           適量
        パン粉                〃


【作り方】
   1.サーモンの骨を抜き、皮を避けて削ぎ切りにする。
     塩・胡椒をしてしばらく置く。
     フライパンにバターを熱し、サーモンを半生の状態になるまで
     ソテーし、取り出す。
   2.フライパンにバターを熱し、玉ねぎ・薄くスライスしたじゃがいも・
     しめじを入れて、柔らかくなるまで炒める。軽く塩・胡椒する。
     ここにホワイトソースと牛乳、サーモンの半量、塩茹でした小松
     菜を加えて混ぜながら火を通す。
   3.耐熱皿にバターを塗り、ホワイトソースを盛る。
     残ったサーモンを上に飾り、チーズとパン粉をトッピングする。
     オーブントースターで10分間ほど加熱する。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     うん、これはシンプルで美味い。
     サーモンが良いし、じゃがいも・しめじも良かった。

     いつもならマカロニなどのショートパスタを入れてしまうが、
     入れない方がシンプルで美味いと思う。
     家族も喜んでくれた。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

タラ ちくわ チーズ  豆腐 じゃがいも アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ 厚揚げ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 生ハム トマト キャベツ  アスパラガス 香菜 オクラ 牛肉 しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば ニラ 焼豚 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター