子イカのしょうが煮

    ikani2


デパ地下で小ぶりのスルメイカをゲットして帰る。
シンプルな煮つけにしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

スルメイカ(富山産)・・・小6杯
生姜・・・1片

酒・・・大さじ3
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1


【作り方】
1.イカを水洗いし、ワタと骨・くちばしを取り除く。
鍋に調味液を煮立たせ、千切りにした生姜を入れる。
煮汁が沸騰すれば、イカを投入し、3~4分間煮て火
を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

イカがやわらかく、煮汁は甘くて良い出来栄え。
新鮮なイカの料理は、すばやく簡単にできる。

熱いまま食べたが、冷めてもおいしいのでは
ないだろうか?


スポンサーサイト

エスニックな焼きそば

pacyaki


パクチーが残っているので、エスニックな焼きそばを焼いた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

蒸し中華麺・・・1玉
豚バラ肉・・・適量
ヤリイカ・・・1杯
卵・・・1個
赤玉ねぎ・・・適量
パクチー・・・1把
生姜・・・1片

ナンプラー・・・少々
塩・胡椒・・・少々
レモン汁・・・適量


【作り方】
1.最初に炒り卵を作り、取り出しておく。
フライパンに油を熱し、豚肉とヤリイカ、玉ねぎを炒
め、中華麺と炒り卵を投入する。
調味料を加えてよく混ぜ合わせ、最後にパクチーを
加える。
火を止めてから、レモンを絞る。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、まだまだ寒いせいか、テンションが上がらない。
パクチーの香りと、やわらかいイカは良い感じだが、
成功したとは・・いえない?

残り食材にとらわれた料理は、限界があるようだ。

ヤリイカの塩焼き

ikayaki


青森県産のきれいなヤリイカを見つけた。
シンプルな塩焼きにして、いただこう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ヤリイカ・・・中2杯
酒・・・適量
塩・・・少々
レモン・・・適量

マヨネーズ・・・大さじ1
醤油・・・少々
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.ヤリイカを下処理し、酒をからめ少量の塩を振る。
魚焼き用網で炙り、適当な大きさに切り分ける。
マヨ醤油をつけながらいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ガスコンロで網焼きしたのだが、火力が出ずに苦戦した。
結果として”半生焼き”になってしまったが、味の方は
すこぶる旨い。
香ばしい香りがついているので、良かった。
妻も喜んでくれた。


赤海老のガーリック焼き


   (赤海老とゲソのガーリック焼き)
ebi-yaki1

   (ジャーマンチキンポテト)

ebi-yaki2


最近、肉料理が多いので、たまにはシーフードのイタリアンソテー
でも作ってみよう。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・アルゼンチン赤海老    6尾
・ヤリイカゲソ       適量
・塩・黒胡椒        少々
・クレージーソルト      〃
・ニンニク         1片
・白ワイン         50ccほど
・パセリ          適量
・ミニトマト         〃
・ルッコラ          〃
・すだち          1個


【作り方】
1.赤海老を水洗いし、殻を付けたままハサミと包丁
  で縦に割る。背ワタと脚・ヒゲを取り除く。
  イカゲソは軽く塩ゆでした。
  クレージーソルト・黒胡椒と酒を振り、しばらく置く。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りした
  ニンニクを入れ、海老とゲソを1分間ほど焼く。
  白ワインを注ぎ入れ、蓋をして少しソテーする。
3.皿に海老イカを盛り付け、刻んだパセリを振る。

   ebi-yaki3

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

どうだろう? 海老に振った塩味がやや散漫な印象を受けるが、
まずまずの出来栄えだろう。
家族は喜んでくれた。

※残っていた鶏肉とじゃがいもで、「ジャーマンチキンポテト」を
  作った。 これが意外に美味くて、家族も褒めてくれた。
 (鶏肉・じゃがいも・パプリカ・マッシュルーム+バター・ニンニク)


イカ下足の塩焼き

geso3


神戸で映画を観た後、デパ地下の鮮魚売り場を物色。
安くてうまそうなものを探し、長崎県産の”ヤリイカゲソ”を見つけた。


【材料】       ※レシピは1人分です。 

イカ下足(ゲソ)    適量
・塩           少々
・大葉          2枚
・茗荷          1個

・マヨネーズ       適量
・醤油           〃
・七味唐辛子       少々


【作り方】
1.イカゲソを水洗いし、適当な大きさに切り分ける。
  水気を拭き、軽く酒と塩を振る。
  これを魚焼き網で4~5分間炙った。
2.皿に盛り、カットした大葉と茗荷を添える。
  マヨ醤油タレにつけていただく。

     geso2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

こりゃ、美味いや!
ゲソが予想した通りに、やわらかくプリッとしている。
香ばしい焦げ臭も食欲をそそる。

ビールがドンドンと進んだ。


大阪いか焼き & イカのぬた


     (大阪風のいか焼き)
ikayaki1

     (イカと青ネギのぬた)

ikayaki2


いつも上機嫌な料理のおじさん=土井先生が「いか焼き」を紹介していた。
押さえつけない作り方が却って新鮮に映った。
目指すのは、「外カリッ、中もっちり」のいか焼きだ。


【材料】       ※レシピは2人(2枚)分です。 

・生いか        1/2杯
 (福井県産)
・お好み焼き粉     150ccほど
米粉         40cc
・片栗粉        10cc
・水          180ccほど
・出汁の素       少々
・塩           〃            
・卵          2個
・お好み焼きソース   適量
・青のり         〃


【作り方】
1.いかを適当な大きさに切り分ける。
  生地を練って、しばらく冷蔵庫で寝かせる。
2.フライパンに油を熱し、半分ほどのスペースに
  生地を流し、イカを平均に載せる。
  焼けてくれば、残ったスペースに卵を割り落とし、
  崩してから生地をかぶせて、しばらく焼く。
     ikayaki4

     ikayaki5

     ikayaki6

  包丁でカットし、皿に乗せてソースと青のりを掛
  ける。
  
     ikayaki7

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

なかなか良いじゃないか。
狙い通り、(工夫して配合した)生地がもっちりとしている。
素朴な、下町の”おやつ”といった感じだ。

残った生いかを塩茹でし、「イカと青ネギのぬた」を作った。
本来なら”わけぎ”を使うのだろうが、青ネギでも問題なし。
思った以上に良くできた。
   酢味噌=味噌2:酢1:砂糖1


ガラナ・アンタルチカサワーと、いか一夜干しの炙り

garana1


モニターでいただいた「ガラナ・アンタルチカ」(炭酸飲料)と
麦焼酎を合わせてサワーにした。
酒肴は、大好物の「いかの一夜干し」です。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・ガラナ・アンタルチカ  1缶(185ml)
・麦焼酎25度      80ccほど
・レモン         適量

・いか一夜干し      2枚
・大葉          2枚
・マヨネーズ       適量
・醤油          少々
・七味唐辛子        〃


【作り方】
1.「いかの一夜干し」(石川県輪島産)を、魚焼きグリル
  で10分間ほどじっくりと焼く。
  途中、何度か上下を返す。
2.カクテルを作る。
  グラスに氷を入れ、焼酎を注ぐ。
  「ガラナ・アンタルチカ」で割ってステアし、スライスし
  たレモンを乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ガラナサワーは、甘いけれどフレッシュなフルーツ感もあって
GOOD!

「いかの一夜干し」は、予想した以上に旨い。
ねっとりとしたイカの風味と、香ばしさが相俟ってサイコー!


     ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ
ガラナ・アンタルチカのカクテルレシピ



イカのエスニックサラダ

ika-salad


「GABAN香菜パクチー」を使う料理を考えてみた。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

イカ         適量
・新玉ねぎ        〃
・枝豆          〃
・トマト        1/2個

・すし酢        小さじ 1
・ナンプラー      少々
GABAN香菜     〃
・赤唐辛子        〃
・レモン        適量


【作り方】
1.イカを下処理し、一口大に切り分ける。
  酒と塩を入れた湯で、1分間ほど茹でる。
  ボウルにイカと茹でた枝豆を入れて、すし酢・ナ
  ンプラーを加え、そのまま2~3時間置いた。
  新玉ねぎをカットし、冷水に浸ける。
2.器に玉ねぎ・トマト・イカ・枝豆を盛りつけ、レモン
  を絞り、香菜をたっぷりと振った。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

歓声を上げるほどではないが、予想した通り美味い。
さっぱりとしていて、魚介の旨味を感じる。

香菜(パクチー)の香りは、ほんのりとやさしい感じである。


     アジアン料理レシピ
アジアン料理レシピ  スパイスレシピ検索



イカと海老とナスのビールフリット


     (イカ、タコ、ナスのフリット)
flit1

     (イワシ、海老、マッシュルームのフリット)

flit2


鮮魚売り場で富山県産の「スルメイカ」をゲットしてきた。
冷凍庫に残っている”むきえび”、タコ、イワシも使ってイタリアンなフリット
を揚げてみよう。


【材料】       ※レシピは3人分です。 

・スルメイカ     中2ハイ
・むきえび      適量
・タコ         〃
・イワシ       2尾
・マッシュルーム   3個
ナス        1本

フリット衣
・小麦粉       1C
・片栗粉       大さじ 2
・ビール       1/2C~ほど

・レモン       1/2個
・塩         適量


【作り方】
1.魚介と野菜を一口大に切り分け、軽く塩・胡椒を振る。
  フリット衣を作る。
2.具材にフリット衣をつけて油でカラッと揚げる。
  熱いうちに、レモンを絞っていただく。

     flit3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うむ、やっぱりウマイ!
揚げものは、作るのは大変だが、絶対にウマイ。
特に新鮮な”イカ”が抜群の出来で、家族も絶賛。

「アヒージョ」にしようか迷ったが、フリットにして正解だった。


ホタルイカとワカメの酢のもの

hotaru1

     hotaru2


スーパーの鮮魚売り場で新鮮な「兵庫県産ホタルイカ」を発見し、
思わず買い求めた。
酢のものにして、熱燗のアテにしてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・ホタルイカ     1パック
・胡瓜        1/2本
・ワカメ       適量
・大葉        2枚
・すし酢       適量
・醤油        少々

・おろし生姜     適量


【作り方】
1.ホタルイカを水洗いし、ていねいに下処理をする。
  (つまり、目玉・口ばし・軟骨を取り除く)
  胡瓜を薄切りし、塩を当ててしばらく置く。
  水ですすいで絞り、ホタルイカ・ワカメ・胡瓜と共にボウルに
  入れ、市販のすし酢+少量の醤油を加える。
2.器に大葉を敷き、ホタルイカその他を盛りつける。
  おろし生姜を乗せた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡な内容だが、旬の味を楽しめた。
酢味噌も考えたが、すし酢の方が気楽で良い。

妻は「生姜の風味が効いていて美味しい」と喜んでくれた。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

ナス じゃがいも 豚肉 牛肉 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ 鶏肉 海老 アスパラガス イカ キャベツ ニラ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐  アボカド ベーコン ほうれんそう 厚揚げ わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター