まぐろのユッケ丼 ~あさりの吸物を付けて

yukke1

   (あさりのうしお汁を付けた)
yukke2


海鮮丼を作ろうと思うが、いつもの”わさび醤油味”では能がない。
ちょいピリ辛の韓国風づけ丼にしてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

まぐろ(切り落とし)・・・2人前
胡瓜・・・1本
卵黄・・・2個
貝割れ菜、大葉、青ネギ、刻み海苔・・・適量
ラディッシュ・・・1個
白ごま・・・適量

ご飯・・・2人前

浸けだれ
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
ごま油・・・大さじ1
ヤンニョンジャン・・・小さじ1
酢・・・少々


【作り方】
1.ボウルに<浸けだれ>を作り、まぐろを10分
間ほど浸ける。
胡瓜を細く千切りにしておく。
2.丼に温かいご飯を盛り、胡瓜を敷き、たれに
浸かったまぐろを並べる。
真ん中に卵黄を置き、貝割れ菜などを飾る。

   yukke3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

まぐろが良質だったので、とろけるようだ。
胡瓜の食感と大葉の爽やかな風味がGOOD。
ピリ辛具合も良いが、もう少し醤油が強くても可。


あさりのうしお汁
  (あさり・出汁昆布・塩・酒・薄口醤油)
  旬のあさりを使って、吸い物を作った。
  これは、抜群の美味しさだった。




スポンサーサイト

2018 正月ちらし寿司パーティー

susi-p1

   まぐろのちらし寿司)
   susi-p2
   ローストビーフのちらし寿司)
   susi-p3


娘家族がやって来たので、手巻き寿司ならぬ、銘々が寿司を
取り分ける「お好みちらし寿司」を作った。
刺身が苦手な子供のために「肉寿司」バージョンも用意した。


【材料】    ※レシピは5人分です。 

米・・・2合
すしのこ+すし酢・・・2合分
錦糸卵・・・卵2個分
茹でた塩鮭・・・1切分
茹でたむき海老・・・10尾ほど
ラディッシュ・・・適量
わさび醤油・・・適量

A)まぐろのちらし寿司
まぐろ刺身・・・適量
まぐろたたき、青ネギ・・・1パック
胡瓜、貝割れ菜・・・適量

B)肉寿司
市販ローストビーフ・・・1パック
貝割れ菜・・・適量


【作り方】
1.すし飯を作り、冷ましておく。
錦糸卵を焼き、塩鮭とむきえびをボイルした。
まぐろ刺身を醤油+酒に浸して「づけ」にする。
ローストビーフは一口大に切り分け、添付の
タレを絡めた。
2.大小2つの器にすし飯を盛り、錦糸卵を敷
いてから具材を乗せて飾る。
わさび醤油を適宜掛けながらいただく。

     susi-p4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

平凡だが、やはり美味い。
とろりとした”づけまぐろ”がグッド。
おせち料理に飽きた口が喜ぶ。
最近、手に入れた黒い器を使ってみたが、悪くない。

大葉と甘酢生姜を乗せなかったが、やはり乗せた方
が良かった。


山かけネギトロ丼

yamadon4

yamadon1

   (私は温泉卵をのせて、一緒に混ぜた)
yamadon3


年末の慌ただしい時は、簡単な丼が良い。

【材料】    ※レシピは2人分です。 

まぐろたたき・・・2人前
長芋・・・15センチ
温泉卵・・・1個

大葉・・・2枚
刻み青ネギ・・・適量
糸かつお、刻み海苔・・・適量
わさび醤油・・・適量


【作り方】
1.長芋の皮を剥き、すりおろす。
丼にご飯を盛り、大葉とかつおぶしを敷く。
上にまぐろ、おろし山芋、海苔、温泉卵を
乗せ、ネギを散らす。

※根菜たっぷりの「豚汁」を添えた。
(豚バラ肉、大根、人参、ごぼう、長ねぎ)

     yamadon2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

文句なしに旨し。
まぐろは脂が乗っていて、とろろとの相性は
抜群に良い。
妻は温泉卵を乗せなかったが、「おいしい」
と喜んでくれた。

そして、豚汁も素晴らしい出来だった。


本まぐろの刺身 ~カニカマと胡瓜の酢の物と

maguro1

 maguro3


スーパーの鮮魚売り場で、キレイな養殖の「本まぐろ切り落とし」
を見つけた。
今晩は、まぐろの刺身定食だ。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

まぐろ(長崎県産:養殖)・・・2人前
わさび醤油・・・適量

胡瓜の酢のもの
カニカマ・・・適量
胡瓜・・・1/2本
すし酢・・・大さじ1
ポン酢・・・少々


【作り方】
1.まぐろ刺身を皿に盛る。
胡瓜を小口切りし、塩もみする。
水洗いして水気を絞り、カニカマと一緒に
すし酢に浸ける。
少しだけ昆布ポン酢を加えた。
2.まぐろ刺身と酢のものを盛り付ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

養殖まぐろを食べるのは初めて。
「近大まぐろ」以外に養殖まぐろがあったとは驚きだ。
よく脂が乗っていて、ウマイ。

まぐろ刺身は白ごはんがススム。
妻も喜んでくれた。


ねぎとろ丼 ~刺身盛り合わせとにゅうめんのセット

negitoro1

negitoro2

negitoro3


週末は、刺身を食べたい気分だ。
「ねぎとろ丼」に刺身を載せながらいただく、ゼイタク仕様?にしたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

まぐろたたき・・・1パック
刻みネギ・・・適量
だし醤油・・・小さじ1
貝割れ菜、大葉、刻み海苔・・・適量
わさび・・・適量
温泉卵・・・2個
ご飯・・・2人前

刺身盛り合わせ(まぐろ)・・・適量
にゅうめん・・・2人前
野沢菜の漬物・・・適量


【作り方】
1.ボウルにまぐろたたきを入れ、ネギの半分と
だし醤油を加えて混ぜる。
丼に温かいご飯を盛り、ねぎとろを広げて真ん中
に温泉卵を割る。
刻んだ貝割れ菜、大葉、海苔などを散らし、わ
さびを添える。
2.刺身、にゅうめん、漬物と一緒にいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やっぱり良いね。
ねぎとろがウマイ、刺身もウマイ。
特に刺身はコリコリした歯ごたえが絶妙だ。

妻も喜んでくれた。
「にゅうめんも美味しいね」。


ねぎとろと山芋の彩りちらし寿司

magu-susi1

magu-susi2


思いつくままに夏仕様のカラフルちらし寿司を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

すし飯・・・2人前
まぐろたたき・・・1パック
長芋・・・10cm
青ネギ・・・適量
卵・・・2個
オクラ・・・2本
赤パプリカ・黄パプリカ・・・適量
大葉・・・3枚
茗荷・・・1本
貝割れ大根・・・適量
甘酢生姜・・・適量

わさび醤油・・・適量


【作り方】
1.長芋の皮を剥き、小さいアラレに切る。
まぐろたたきに長芋とネギみじん切りを加えて混ぜ
る。
パプリカと甘酢生姜も同様にアラレに切り、大葉と
茗荷は細く千切りにする。
オクラとパプリカを軽く塩ゆでする。
溶き卵に砂糖と塩を入れて、炒り卵を作る。
炊き立てのご飯にすし酢を加えて、すし飯を作る。
2.器にすし飯を盛り、上に「ねぎとろ」と炒り卵、
オクラ、パプリカ、甘酢生姜等を飾り、刻んだ大葉
と貝割れ菜を散らす。
わさび醤油を掛けて、いただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは良い。出汁昆布を入れて炊いたすし飯が抜群に
うまくて、”ねぎとろ”だけでもモリモリ食えそう。
オクラ・茗荷・大葉・貝割れ菜など薬味が口の中で踊る。

たっぷりの具材が混然一体となって、豪華な味だ
さやつきの枝豆をいれた味噌汁も良かった。

     magu-susi3


まぐろとアボカドのポキ丼

poki1


ハワイで人気の”まぐろづけ丼”=「ポキ丼」を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・茶碗2杯
まぐろ刺身用・・・1サク
 (和歌山県産生びん長まぐろ
アボカド・・・1個
玉ねぎ・・・適量
水菜・・・適量
貝割れ菜・・・適量
刻み海苔・・・適量

醤油・・・大さじ2
ごま油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
すりごま・・・大さじ1
ホースラディッシュ・・・少々

わさび醤油・・・適量


【作り方】
1.玉ねぎをスライスして冷水に晒す。
ボウルに醤油+ごま油+みりん+すりごまを入れ、
カットしたまぐろと玉ねぎを10分間ほど漬け込む。
アボカドをカットして、レモン汁を掛ける。
2.丼に温かいご飯を盛り、刻み海苔と水菜を敷く。
上にまぐろアボカドをたっぷりと乗せ、刻んだ貝割
れ菜を散らす。
わさび醤油を掛けながらいただく。

     poki2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

基本的には”まぐろづけ丼”であるが、ごま油と胡麻
の香りがあって、美味い。
まぐろの刺身が上質だし、アボカドがとろんとしている。

妻は「玉ねぎがイイ仕事をしているネ」と言った。


とろたく納豆の爆弾丼


   (とろたく納豆のセパレート丼)
baku1

   (まぐろとアボカドの海苔巻き)

baku2


加薬(かやく)がたくさん入っているから「爆弾丼」という名が付いたそうだ。
今回は、まぐろタタキをメインに、納豆などを合わせて、セパレート丼に
してみた。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

まぐろタタキ    1/2パック
納豆        2人前
・オクラ       4本
・たくわん      適量
・青ネギ        〃
・卵黄        2個

・ご飯        2人前
・みょうが      1本
・海苔        適量
・わさび醤油      〃


【作り方】
1.たくわんと茹でたオクラを細かくカットする。
  器にまぐろ・添付だしを混ぜた納豆・オクラ・たく
  わんを盛り、真ん中に卵黄を乗せる。
  刻みネギを少し振る。

   baku3

2.丼に白ご飯を盛り、甘酢に浸けたみょうがと海苔
  を散らす。
  ”まぐろ納豆”にわさび醤油を掛けてよく混ぜて
  から、ご飯に載せる。

  ※オードブルとして、「まぐろとアボカドの海苔巻き
   を作った。わさび醤油につけていただく。

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

相対的に”まぐろ”の割合が少なくて、何だか納豆丼を
食べているような・・。

でも、たくわんの食感が成功しているし、何より久しぶりに
食べた納豆が美味しかった。
妻も結構、喜んでくれた。
オードブルの「海苔巻き」も、もちろん美味しかったですよ。


春を待つちらし寿司

       (ねぎとろ寿司=まぐろたたき+刻みネギ)
hina1

       (海老サラダ寿司=海老+インゲン+サラダ菜)

hina2


最近の節分は「恵方巻き」ばやりだが、私は「ちらし寿司」です。
わが家だけ、ひと足早い”ひな祭り”になった。


【材料】         ※レシピは2人分です。 

・ご飯          1.5合ほど
・すしのこ、すし酢    適量
・鮭フレーク        〃
・白炒り胡麻        〃

・卵           2個
・塩・砂糖        少々

<A:ねぎとろ寿司
まぐろたたき      適量
・刻みネギ         〃
・大葉           〃
・甘酢しょうが       〃

<B:海老サラダ寿司
・サラダ海老       適量
・インゲン         〃
・大葉           〃
・サラダ菜         〃
・ミニトマト       2個


【作り方】
1.炊きたてのご飯をボウルに入れ、すしのこ+すし酢を加え
  て、すし飯を作る。
  ここに鮭フレークと胡麻を振って、混ぜ合わせる。
  卵2個に砂糖と塩を加え、薄焼き卵を焼き、錦糸卵にする。
  インゲンを塩茹でし、細く切り分ける。
2.<ねぎとろ寿司
  四角い皿にすし飯を丸く盛り、上に錦糸卵、まぐろたたきを
  乗せ、刻みネギを振る。
  <海老サラダ寿司
  細長い長皿にすし飯を盛り、上に錦糸卵をのせ、海老・イン
  ゲンを飾る。
  各人が取り分けて、わさび醤油を掛けていただく。

     hina3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

なかなか良く出来た。
鮭フレークを混ぜ込んだすし飯が適切だし、まぐろも海老も美味い。
ビールと熱燗がススム君。

吸い物として作った「肉にゅうめん」(牛肉+うどんつゆ+素麺)
も上出来で、妻も喜んでくれた。柚子の皮が良い仕事をしていた。

       hina4


まぐろのユッケ丼

yukkedon


当初、ハワイアンなポキ丼をイメージしたのだが、ごま油を使うと
「これは、ユッケ丼だなあ」と・・・。
スーパーで安価なまぐろを仕入れてきた。


【材料】         ※レシピは2人分です。 

まぐろ刺身     2人前
・醤油        大さじ 1
・ごま油       小さじ 1
・みりん       小さじ 1
・酒         小さじ 1
・コチュジャン    少々
・おろしニンニク    〃
・おろし生姜      〃
・すり胡麻       〃

・ご飯        2人前

・黄卵        2個
・貝割菜       適量
・韓国海苔       〃
・白炒り胡麻      〃


【作り方】
1.まぐろ刺身を粗く叩く。
  ボウルに醤油・ごま油その他を混ぜたタレを作り、ま
  ぐろたたきを浸けて、しばらく置く。
2.丼にご飯を盛り、貝割菜と韓国海苔を散らす。
  まぐろユッケを環状に盛りつけ、真ん中に卵黄を置く。
  炒り胡麻を振れば、できあがり。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、ねっとりしたマグロは美味いのだが・・。
いつものわさび醤油に比べて、コチュジャンごま油風味は
少し違和感を感じる。

歳を取ると、”普通の”わさび醤油味のまぐろ丼を食べたい。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚肉 キャベツ カニカマ アスパラ あさり 鶏ひき肉 塩さば イカ 鶏肉 ナス 梅干 チーズ  サーモン 鶏レバー 海老 ソーセージ 牛肉 小松菜 胡瓜  大根 ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト アボカド 椎茸 大葉 合いびき肉 まぐろ 焼き豚 香草 しらす 明太子 イワシ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 生ハム 長芋 貝柱 かぼちゃ 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ オクラ インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター