きのこあんかけ天津飯

tensin1

tensin2


「きのこあんかけオムレツ」を作ろうと思ったら、天津飯に
なっちゃった。(笑)


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人前

かに玉
・・・4個
カニカマ・・・適量
ニラ・・・適量
マヨネーズ、塩、胡椒・・・少々


チキンスープ・・・2C
ぶなしめじ、小松菜・・・適量
薄口醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖、酢・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

ごま油・・・少々
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.先に、<>を作る。
鍋にスープを作り、野菜と調味料を加えて
から水溶き片栗粉でとろみをつける。
2.<かに玉>を作る。
液にカニカマと刻んだニラを混ぜ、フライ
パンで焼く。
皿にご飯を盛り、かに玉をかぶせてから餡
をたっぷりと掛ける。
ごま油を垂らし、刻んだ青ネギをトッピング
する。

   tensin3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

中華と和風の中間?
餡も”甘酢”にしなかったので、やや大人しいが、
味は良い。
最後に垂らしたごま油が香ばしい。

もう少しとろみを強くした方が、最後まで冷めず
に食べれたかも・・。


スポンサーサイト

塩鮭ときのこの炊き込みご飯

sakego1

sakego2


きのこご飯に塩鮭を混ぜることを思いついた。
できるだけシンプルなものにしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

米・・・2合
かつお出汁・・・2合分(調味料分を引く)
塩鮭・・・2切
ぶなしめじ・・・1パック
人参・・・適量
出汁昆布・・・5センチ
酒・・・大さじ2
薄口醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1
塩・・・少々


【作り方】
1.塩鮭の水気を拭き、酒を掛けてしばらく置く。
しめじと人参を適当な大きさにカットする。
炊飯器に米と調味料を入れ、上に塩鮭・しめじ
・出汁昆布を載せて、普通に炊く。

     sakego3

2.炊き上がれば、塩鮭の皮と骨を取り除き、
1切れはご飯に混ぜ込み、もう一切れは茶碗
に盛った後、トッピングした。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

思ったものと少し違った。
もっと香り高いふっくらした「きのこご飯」を想像したが、
見た目も香りもやや地味だ。

塩鮭そのものは脂が乗った良質なものだったが、
混ぜるとよく分からない。
ちょっとザンネンな炊き込みご飯になった。


秋の炊き込みごはん

takig1

   (甘塩鮭のレモン蒸し)
takig2


鶏・ごぼう・きのこを入れた「炊き込みごはん」を炊いてみよう。
もちろん、新米を使う。 ああ、楽しみだ。


【材料】     ※レシピは3人分です。 

・米         2合
・鶏もも肉      適量
・醤油・酒      少々
 (下味用)
・人参        適量
ごぼう        〃
ぶなしめじ      〃
・えのき茸       〃
・干し椎茸      1枚
・油揚げ       1/2枚
・椎茸昆布だし    2合分
・醤油        大さじ 1.5
・みりん       大さじ 1
・酒         大さじ 1
・塩         少々


【作り方】
1.鶏肉を細かく切り、醤油+酒に浸す。
  ごぼうを笹がきにし、水にさらす。
  人参・干し椎茸・油揚げを細かくみじん切
  りする。
2.炊飯器に洗った米と出汁を入れ、醤油・塩
  ・酒を入れて、所定の目盛りに合わせる。

   takig3

  上に鶏肉・野菜・きのこ・油揚げを乗せて、
  普通に炊く。

   takig4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

どうだろう? 
思ったよりうまく出来たが、80点ほどだろうか?
ちょっと欲張り過ぎた。
ごぼうと油揚げを入れたので、干し椎茸は要らなかった。
もう少し塩を足し、みりんを控えたら好みの味になった。

主菜の「甘塩鮭のレモン蒸し」は、なかなか良くできた。
塩鮭と野菜を酒蒸しし、昆布ポン酢を掛けていただいた。


雑穀米で、オムきのこカレー

zak1


KALDIで、十五穀米「ふだんの雑穀」をゲットした。
味を見るために、(ルウを使う)普通のカレーを掛けてみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

鶏肉        適量
・玉ねぎ       1/2個
・じゃがいも     大1個
ぶなしめじ     1/2袋
・パプリカ      適量
・トマト        〃
・市販カレールウ   2片
 (ジャワカレー中辛)
・スパイス類     少々
 (カレー粉、カルダモンP、コリアンダーP、クミンP他)
・卵         2個

雑穀米
・米         2合
・雑穀米       小袋1袋(30g)
・水         2合分の水+大さじ2

           zak5


【作り方】
1.<雑穀米>を炊く。
  炊飯器に普段通リの米と水を入れ、雑穀と水
  大さじ2を足して、炊飯する。
2.フライパンにサラダ油とバターを熱し、みじん
  切りした玉ねぎを炒め、鶏肉としめじを加える。

     zak2

  スパイスを適量振り入れ、水を2Cほど注いで
  じゃがいもを加え、10分間ほど煮込む。
  最後にカレールウを溶かして、味を見る。

     zak3

3.雑穀米を皿に盛り、スクランブルエッグを乗せ
  てから、カレーを掛ける。

     zak4

  
【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

久しぶりに作ったルウ・カレーは悪くない。
それなりにウマイ、安心できる味だ。
雑穀米は、もちっとして嫌味のない味で満足した。

妻は、じゃがいもがホクホクしておいしいと喜んだ。


湯豆腐の割りポン

tofu-waripon


 テレビを見ていると、うまそうな「豆腐料理」を紹介していた。
超簡単な一品だったので、「鮭の西京漬け焼き」の横に添える吸い物
代わりに作ってみた。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        絹こし豆腐            1丁
        豚薄切り肉            適量
        ぶなしめじ             〃

     (割りポン)
        かつお出汁            100cc
        ポン酢               50cc
        みりん              少々

        大根おろし            適量
        三つ葉               〃
        七味唐辛子            少々


【作り方】
   1.最初に豚肉としめじを茹でる。
     鍋に湯を沸かし、酒・塩を加えてから豚肉としめじを軽く茹で
     て、そのままザルに上げる。
   2.小鍋に出汁+ポン酢を沸かし、割りポンを作る。
     容器に(先のしめじを茹でた湯で)温めた豆腐を置き、大根
     おろし・豚肉・しめじを乗せ、上から割ポンを注ぐ。
     刻んだ三つ葉をトッピングする。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     悪くはない。
     いつもとは違い、酸味が入ったダシが新鮮である。

     どちらかと言えば、甘辛い出汁が飲めるような湯どうふの方が
     好みかな?
     妻は誉めてくれた。



まぐろとブロッコリーのビールフリット

maguro-flit2


 魚介と野菜をイタリアン天ぷら(フリット)にしてみよう。今回は、カリッと
揚げるためにビールを使う。
スーパーで白身魚を探したが適当なものがなかったので、ビン長まぐろ
(刺身用)を仕入れてきた。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        まぐろ切り落とし        1パック
        ぶなしめじ           適量
        ブロッコリー           〃

     (フリット衣)
        小麦粉             150cc
        溶き卵             1/2個分
        ビール             100cc
        塩               少々

        レモン             適量
        岩塩               〃


【作り方】
   1.ボウルに粉・卵・ビールを混ぜ合わせて、フリット衣を作る。
     まぐろに軽く塩をし、小麦粉をまぶす。
     野菜を一口大に切り分ける。
   2.まぐろと野菜に衣を付け、油で揚げる。
     レモンを絞り、岩塩をつけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     狙い通り、カリッと揚がった。
     塩をつけると、ワインによく合う。なかなか良く出来た。 

     ブロッコリーもしめじも美味い。
     妻はまぐろを「鶏肉?」と言ったが、喜んでくれた。(汗)



サーモンときのこのグラタン

salmon-gratan


 旬の秋鮭(北海道産)としめじを使って、カンタンなグラタンを作ろう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        サーモン切り身           2切
        玉ねぎ               1/2個
        じゃがいも             1個
        ぶなしめじ             1/2パック
        小松菜               1杷

        ホワイトソース缶          1缶
        牛乳                100cc
        塩・胡椒              少々
        スライスチーズ           適量
        パン粉                〃


【作り方】
   1.サーモンの骨を抜き、皮を避けて削ぎ切りにする。
     塩・胡椒をしてしばらく置く。
     フライパンにバターを熱し、サーモンを半生の状態になるまで
     ソテーし、取り出す。
   2.フライパンにバターを熱し、玉ねぎ・薄くスライスしたじゃがいも・
     しめじを入れて、柔らかくなるまで炒める。軽く塩・胡椒する。
     ここにホワイトソースと牛乳、サーモンの半量、塩茹でした小松
     菜を加えて混ぜながら火を通す。
   3.耐熱皿にバターを塗り、ホワイトソースを盛る。
     残ったサーモンを上に飾り、チーズとパン粉をトッピングする。
     オーブントースターで10分間ほど加熱する。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     うん、これはシンプルで美味い。
     サーモンが良いし、じゃがいも・しめじも良かった。

     いつもならマカロニなどのショートパスタを入れてしまうが、
     入れない方がシンプルで美味いと思う。
     家族も喜んでくれた。



焼き椎茸のおろしポン酢

yaki-siitake


 大ぶりの椎茸が残っているので、焼き椎茸を作ってみた。


【材料】           ※レシピは3人分です。

        椎茸            3枚
        ぶなしめじ         適量
        えのき茸           〃

        大根            5センチ
        ポン酢           適量
        青ネギ            〃
        すだち            〃


【作り方】
   1.椎茸・しめじ・えのき茸を適当な大きさにカットし、アルミホ
     イルに乗せ、軽く塩を振る。
     これをオーブントースターで10分間ほどしっかりと焼く。
   2.皿に盛り、おろし大根+ポン酢を掛け、刻みネギと七味唐
     辛子を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

   うむ、狙い通りの風味。 椎茸の香りが良い。
   おろしポン酢はいつもながら美味い。

   これは前菜として酒のアテにピッタリだった。


きのこの香り焼き

kinoko-kaoriyaki


 秋の気配を感じて、こんな料理を考えた。
さっぱりとした一品を目指す。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       しいたけ     5枚
       しめじ      1/2パック
       かぼちゃ     適量
       鶏せせり肉     〃
       枝豆        〃
       すだち      1個
       塩        少々
       
    (香り果汁)
       酢        大さじ 0.5         
       すだち果汁    大さじ 0.5
       醤油       大さじ 0.5
       砂糖       少々


   
【作り方】
1.しいたけとしめじを適度な大きさに切り分ける。
 かぼちゃをスライスし、電子レンジで加熱する。
2.アルミホイルにきのこを乗せ、オーブントースターで、10分間ほ
 ど焼く。
 フライパンに油を熱し、(酒+醤油で下味をつけた)せせり肉を焼
 く。ここに、焼いたきのこを入れ、(香り果汁)を加えてあおる。
 皿に盛り、すだちスライスを添える。

 

【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 うーむ、イメージとちょっと違うなあ。
 もっと豪快な焼きものにしたかったが、しょぼい感じになってしま
 った。
 味は決して悪くないんだが、ザンネン。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



牛肉と木の子の朴葉みそ

houbamiso1


 岐阜・長良川の旅行土産に、大好きな「朴葉みそ」を買って帰った。
今回は、ホットプレートで作ってみよう。
さて、どんな具材を載せようか?


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       朴葉みそ(甘口)
         朴葉     2枚
         味噌     1袋

       牛肉薄切り
       (すき焼き用)  200g
       鶏せせり肉    適量
       玉ねぎ      1/2個
       こんにゃく    適量
       白ねぎ      1本
       しめじ      適量
       舞茸       1パック
       しし唐      6本




【作り方】
1.準備は、食材を切り分けるだけだが、鶏肉(せせり)と玉ねぎは事前
 に炒めることにした。少しだけ塩を振って、油で炒めた。
 ついでに木の子と白ねぎを刻んだものも油で炒めて、味噌に混ぜた。
2.土産の朴葉を水にしばらく浸し、水気を拭く。
 その上に油を引いてから味噌(+刻んだ木の子、ねぎ)を広げ、肉と
 野菜を並べる。
 これをアルミホイルに載せてから、ホットプレートに置き、蓋をして
 5~6分間、強火で加熱する。
3.充分に熱くなれば、刻んだ青ネギを散らして、ご飯と共にいただく。



【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 味噌を甘口にして、正解だった。以前、高山で食べたときは、かなり
 塩辛かったので、今回は「甘口」をチョイスした。
 すき焼き用の「黒毛和牛」は文句なしのうまさ! 
 そして、意外にも”白こんにゃく”(事前にボイルした)がよく合っ
 て、美味しかった。
 息子は「肉がうまいね~」と喜んでくれた。


  houbamiso2




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

鶏肉 蓮根 ブロッコリー 海老 アスパラ じゃがいも 豚肉 サバ缶 豆腐 カニカマ ぶなしめじ  トマト缶 ソーセージ 牛肉 アボカド ベーコン イワシ ラム肉 キャベツ  牡蠣 生ハム チーズ 合いびき肉 ローストビーフ まぐろ トマト 長芋 大根 さつまいも ごぼう かぼちゃ 貝柱 ぶり 豚ひき肉 明太子 ナス 白菜 塩鮭 人参 椎茸  タコ 小松菜 ハム サンマ 胡瓜 もやし ニラ イカ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ アジ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 牛ひき肉 長いも 大葉 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 梅干 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター