新じゃがと新玉ねぎの「肉じゃが」

nikuja21


小粒の新じゃがと、大っきな新玉ねぎを使って「肉じゃが」を
作りたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛バラ薄切り肉・・・150g
じゃがいも・・・小10個ほど
玉ねぎ・・・1/2個
インゲン・・・適量

かつお昆布出汁・・・1.5C
醤油・・・大さじ5
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ4
酒・・・大さじ1


【作り方】
1.じゃがいもをよく洗い、皮付きのまま半分
に切り、水に晒す。
玉ねぎを薄い串切りにする。
フライパンに油を多めに熱し、じゃがいも
揚げ焼きにする。
次に玉ねぎを炒め、出汁と調味料を加えて
15分間ほど煮る。
(玉ねぎを途中で取り出した)
2.じゃがいもに火が通れば、牛肉とインゲン
を乗せて、しばらく煮てから火を止める。

もろきゅう
  胡瓜とセロリに「もろみ味噌」を添えた。

   nikuja23


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは上手くできた。
味が染み込んで、抜群の美味しさだ。
栗原はるみさんのレシピを参考にしたが、彼女は
甘い方がおいしいでしょ、と言っていた。

家族も喜んでくれた。


スポンサーサイト

新じゃがのシャキシャキサラダ

jaga-s1


新じゃがを千切りにして軽く茹でる。
そんなシンプルサラダを作りたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

じゃがいも・・・1個
インゲン、パプリカ・・・適量

マヨソース
マヨネーズ・・・大さじ2
明太子・・・大さじ1
牛乳、ホースラディッシュ・・・少々


【作り方】
1.じゃがいもの皮を剥き、細い千切りに
する。
熱湯で、1分間ほど茹でて水に落とす。
インゲン、パプリカも軽く茹でる。
2.ボウルにマヨソースを作り、じゃがいも
とインゲン・パプリカを和える。
味を見て、塩を少し振った。

   jaga-s2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、何かが足りない!?
じゃがいもの甘さが不足している。
ゆで時間が若干、短すぎたようだ。

期待していただけに、ザンネン・・。


ピリ辛豚じゃが ~新じゃがを使って

butajaga1


新じゃがを使って、ちょいピリ辛の「豚じゃが」を作ろうと思う。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

じゃがいも・・・6個
豚肩ロース肉(生姜焼き用)・・・200g
菜の花・・・1/2把

煮汁
水・・・1.5C
醤油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
コチュジャン・・・小さじ2
おろしニンニク・・・少々


【作り方】
1.じゃがいもを洗い、皮がついたまま
半分にカットする。
豚肉を5センチ長さに切り、菜の花は
塩茹でしておく。
2.フライパンに油を熱し、じゃがいも
豚肉を焼く。
煮汁を入れて10~12分間煮る。
器に盛り、菜の花を乗せる。

   butajaga2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

新じゃがはほっくりして、豚肉はジューシーで
バッチリ美味い。
味付けはやや薄いかと心配したが、丁度良い
感じになった。ピリ辛具合もグッド。

家族は喜んでくれた。


チャイニーズ五香(ウーシャン)カレー

gokou-c1

gokou-c2


カルディでちょっと面白い(中華風の)レトルトカレーを見つけた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

五香カレー ・・・1箱
豚肉・・・適量
玉ねぎ・・・適量
じゃがいも・・・1個
ご飯・・・1人前

     gokou-c


【作り方】
1.豚肉と玉ねぎを食べやすい大きさに切る。
じゃがいもをサイコロ状に切り、1分半ほど
レンチンする。
2.フライパンに油を熱し、豚肉と玉ねぎを炒
める。塩・胡椒を振る。
レトルトカレーを空け、じゃがいもと水少しを
足して煮込む。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

なるほどシナモンと八角の香りがする。
(レトルトの具材は、赤いんげん豆のみ)
個性的ではあるが、万人向きの味であろう。

たっぷり加えた豚肉じゃがいもが良かった。
充分においしいレトルトカレーだったが、リピ
ートはないかな・・。


生クリームを使ったポテトグラタン

potegra1

potegra2


生クリームを使って、シンプルなポテトグラタンを作りたい。
栗原はるみさんのレシピを参考にした。


【材料】    ※レシピは2人分です。 


じゃがいも・・・大1個
玉ねぎ、人参・・・適量
バジルソーセージ・・・大1本
アンチョビ(フィレ)・・2切
生クリーム・・・1C
ピザ用チーズ・・・適量
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.じゃがいもをスライスして水に晒す。
電子レンジで(600W)4分間ほどレンチンする。
玉ねぎと人参をスライスし、バターソテーした。
塩・胡椒を振る。
生クリームに塩・胡椒・刻んだアンチョビを加え
て、混ぜる。
2. 耐熱容器にじゃがいもを並べ、上にソーセ
ージ、玉ねぎ、人参を乗せて生クリームを掛け、
これをもう一度繰り返す。

     potegra3

チーズを乗せて、オーブントースターで15分間
焼く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

じゃがいもが、ほくほくでウマイ。
生クリームが主体なのでとろみは付いていないが、
風味がとても良い。
妻が「おいしい!」と喜んでくれた。

バターをたっぷり付けたフランスパンによく合う。


スコップコロッケを作ってみよう

coro1

  coro2


じゃがいもが残っているので、以前流行った「揚げないコロッケ」
を作ってみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

じゃがいも・・・2個
合いびき肉・・・50g
玉ねぎ、人参・・・適量
牛乳・・・100cc
スライスチーズ・・・適量
塩・胡椒・砂糖・・・少々
ナツメグ、パプリカP・・・少々

パン粉・・・適量
オリーブ油・・・適量
ドライバジル・・・少々
粉チーズ・・・少々


【作り方】
1.最初に<焼きパン粉>を作る。
フライパンにオリーブ油を熱し、パン粉をじっくりと
きつね色になるまで炒めて取り出す。
2.じゃがいもの皮を剥いて賽の目にカットし、ラッ
プをして5分間ほどレンチンする。
これを潰し、牛乳、調味料を加えてマッシュポテト
にする。刻んだチーズも足す。
みじん切り玉ねぎ、人参と合いびき肉を炒めて、
加える。塩・胡椒・砂糖で味を調える。

     coro3

3.耐熱皿にポテトを敷き詰め、<焼きパン粉
を被せてからオーブントースターで10分間ほど加
熱する。ドライバジルと粉チーズを振る。
大きなスプーンで各人が取り分ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った以上によく出来た。ウマイ!
じゃがいもベースがしっとりして風味もよく、
上に掛かった<焼きパン粉>がカリカリ食感だ

ただ、スプーンで掬って食べる形式にやや違和感を
感じた。
肉料理の付け合わせに添えて、オーロラソースでも
掛ければよいのでは・・。


ナスとポテトのラザニア風

raza1


ナスとポテトを使って、”ラザニア風”グラタンを作ってみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ナス・・・1本
じゃがいも・・・1個
市販ミートソース・・・1/2瓶
市販ホワイトソース・・・1/2缶
牛乳・・・大さじ2
ドライバジル・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量
大葉・・・適量


【作り方】
1.ナスを縦に薄切りし、軽く塩を当てる。
じゃがいもを薄くスライスし、水にさらしてから、レンチンする。
フライパンにオリーブ油を熱し、(水気を拭いた)ナスを焼く。
2.耐熱皿にオリーブ油を塗り、ナス+ポテト>ホワイトソー
ス+牛乳>ミートソースの順に数回重ね、チーズを散らす。
3.オーブントースターで10分間焼き、刻んだ大葉を振る。

     raza2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、味が濃い。
市販のソース2種がハッキリとした味なので、ナスとポテト
だけでは負けている。
バゲットを焼いて、それに乗せながら食べた。

やはり、パスタかバターライスと合わせた方が良かった。

プチコロッケとアボカドのサラダ

koro1


大阪ローカルな祭り屋台フードに「東京コロッケ」というものがあるそうだ。
じゃがいもオンリーのミニコロッケを串に刺して、ソースにつけて食べる
らしい。
興味をそそられて、小さなコロッケを揚げてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

じゃがいも・・・大1個
牛乳・バター・・・適量
塩・胡椒・・・少々
(バッター液)
小麦粉・・・100ccほど
卵・・・1個
水・・・50ccほど

パン粉・・・適量
粉チーズ・・・適量
パセリ・・・適量

ウスターソース・・・適量

アボカド・トマトサラダ
アボカド・・・1/2個
ミニトマト・・・4個
プロセスチーズ・・・2P
パセリ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
オリーブ油・・・適量
レモン汁・・・適量


【作り方】
1.じゃがいもを茹でてマッシュし、牛乳・バター・塩・胡椒を
加えて混ぜ合わせる。
4cm径の小さなボールに丸め、バッター液>パン粉をつけ、
油で揚げる。
2.アボカド・トマト・チーズを2センチ角にカットし、塩・胡椒・
オリーブ油・レモン汁で和える。

   koro2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプルな”コロッケボール”が美味い。
じゃがいも本来の素朴な味が出ている。
衣がサクッとして、ウスターソースとよくマッチする。

アボカド・チーズ・トマトのサラダもシンプルで良い。
妻も喜んでくれた。


ハニーレモンチキン

hone3


好物の「ハニーマスタードチキン」を少しアレンジして、春の新じゃがと
合わせてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1枚
塩・黒胡椒・・・少々
レモン汁・・・1/2個分
小麦粉・・・適量

じゃがいも・・・2個
塩・胡椒・・・少々
パンチェッタ・・・適量
ニンニク・・・少々
パセリ・・・適量

ハニーマスタードソース
はちみつ・・・大さじ2
粒マスタード・・・小さじ1
バルサミコソース・・・小さじ1


【作り方】
1.鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、塩・黒胡椒・
レモン汁を掛けて下味を付ける。
2.じゃがいもの皮を剥き、下茹でする。
フライパンにオリーブ油を熱し、パンチェッタ、ニンニク、
茹でじゃがいもを炒める。
ハニーマスタードソースを混ぜ合わせておく。
3.鶏肉に小麦粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きする。
ハニーマスタードソースをからめ、じゃがいもと合わせる。
器に盛り付け、刻んだパセリを散らす。

     hone2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うん、これは想定した通リのおいしさ。
甘酸っぱくて、塩分の加減も良い。

ナイフとフォークで優雅にいただく。
赤ワインが欲しかったが、(禁酒中なので)
ノンアル・ビールで我慢した。

豚バラ角煮風の肉じゃが

nikujaga1



テレビで見かけた(薄切り肉を丸めた)「豚バラ角煮丼」が印象に残った。
春野菜を添えた「肉じゃが」風の煮物にしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚バラスライス肉・・・200g(10枚)
小麦粉・・・適量
じゃがいも(男爵)・・・3個
玉ねぎ・・・1/4個
グリーンアスパラ・・・4本
スナップエンドウ・・・6本

出汁・・・2C
醤油・・・50cc
酒・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ1.5
梅干し・・・1個


【作り方】
1.豚スライス肉2枚をL字型に並べ、小麦粉を
ふるいながら交互に折りたたんでいき、手で丸
めて団子状にする。

     nikujaga2

じゃがいもと玉ねぎを適当な大きさにカットする。
2.フライパンに油を熱し、肉巻きと玉ねぎを炒
め、出汁を注ぎ入れる。
調味料を加えて、15分間ほど煮る。
思い付きで、つぶした梅干しを加えた。

     nikujaga3

アスパラとエンドウを軽く塩ゆでしておく。
3.肉じゃがを一度冷まし、再度温めてから器に
盛り付け、春野菜をあしらう。

     nikujaga4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、なかなか上手く出来た。
味が濃いかなと思ったが、ご飯のおかずとしては
ピッタリだ。
豚バラ肉は形が美しくないが、味は抜群に良い

野菜は「菜の花」と「キヌサヤ」を使いたかったが、
手に入らなかった。でも、グリーンアスパラもスナップ
エンドウの両方とも爽やか。
家族も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚肉 海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター