サーモンの親子すしと、しめ鯖の押し寿司


     (サーモンの親子すし)
su1

     (しめ鯖の押し寿司)

su2

su3



サーモンと「いくら」を乗せた親子すしを思いついた。
ついでに、市販のしめ鯖を使った”押し寿司”にも挑戦してみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

酢飯
・ご飯         1合半ほど
・すしのこ、すし酢   適量
・甘酢生姜        〃
・炒り胡麻        〃
・大葉         3枚

サーモンの親子すし
サーモン刺身用    1サク
・味付けイクラ     適量
・新玉ねぎ        〃

しめ鯖の押し寿司
しめ鯖        2枚
・グリーンオリーブ   適量
・レモン         〃

・わさび醤油      適量


【作り方】
1.固めに炊いたご飯に「すしのこ」とすし酢を加え、
  酢飯を作る。
  冷ましてから刻んだ甘酢生姜・大葉・ゴマを混
  ぜる。
  サーモンに軽く昆布茶と酒を振り、しばらく置く。
  これをフライパンで軽く炙り、厚さを半分にし、
  すし酢に浸けた。

     su4

2.「サーモンの親子すし」を作る。
  押し寿司の木枠を水で湿らせておく。
  型の底にサーモンを並べ、わさびを塗る。

     su5

  上に酢飯を置き、型でギュッと押してから取り
  出し、切り分ける。
  上に塩もみした玉ねぎとイクラをトッピングする。

3.次に「しめ鯖の押し寿司」を作る。
  型の底にしめ鯖を並べ、上に酢飯を置く。
  型でギュッと押さえ、取り出して包丁で切り分け
  る。上にレモンとオリーブをトッピングした。

     su6


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った以上に、上手く出来た。
特に、サーモンがしっとりして、玉ねぎ・イクラとの相性が
すごく良い。
しめ鯖の押し寿司はちょっと平凡だが、オリーブの酢漬け
が面白い。

妻は寿司めしが良くできているねと言って、満足してくれた。


スポンサーサイト

ゲキうま! 白バイ貝の刺身

bai1

bai2


 神戸のデパ地下で、うまそうな「山口県産の白バイ」をゲット。
ついでに、「青森県産のしめさば」も買った。
これをアテにして家飲みしよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     白バイ       5個
     大葉・すだち     適量
     醤油          〃
     練りわさび       〃

     しめさば       適量
     大根・大葉       〃
     ポン酢         〃


【作り方】
   1.白バイを適当な大きさに切り分けて、器に盛る。
     わさび醤油に付けていただく。
   2.しめさばを細く切り、器に盛る。
     ポン酢を掛けていただく。

     bai3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     バイを食べる。一口目から”ゲキうま”だ。
     コリコリとした食感と、芳醇な甘さ。例えようのない美味である。

     しめさばは至って平凡な味だ。
     濃厚なバイの箸休め的な感じになった。
     普段、刺身をあまり食べない妻も、「白バイ」を絶賛した。


炙りしめ鯖と胡瓜のサラダ

aburishimesaba


 サッパリとした刺身サラダを作りたい。
炙ったしめ鯖と塩もみ胡瓜を合わせて、和風ドレッシングを掛ける。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     市販しめ鯖       1枚
     胡瓜          1本
     水菜          1把

     オリーブ油       大さじ 1
     ポン酢         大さじ 0.5
     わさび         少々
     すり胡麻         〃
     炒り胡麻         〃


【作り方】
   1.フライパンを熱し、薄くオリーブ油を引く。
     しめ鯖の皮目を下にして10秒間ほど焼いて、取り出す。
     冷ましてから薄く削ぎ切りにする。
     胡瓜を薄くスライスし、塩を当ててしばらく置く。
   2.皿にカットした水菜、水を絞った胡瓜、しめ鯖を並べ、ドレ
     ッシング(オリーブ油・ポン酢・わさび・すり胡麻)
を掛ける。
     炒り胡麻を少し振った。
    
     
【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     うむ、何かが足りない? 
     レモン汁とオリーブ油を上から垂らすと、グーンと味が良く
     なった。

     しめ鯖を炙る必要があったのかは疑問だ。
    


しめ鯖と新玉ねぎのポン酢マリネ

shimesaba-pon


 スーパーの刺身コーナーで”しめ鯖”をゲット。
旬の新玉ねぎと合わせてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     しめ鯖          1パック(10切ほど)
     新玉ねぎ         1/4個
     トマト          適量
     ポン酢          大さじ 1
     オリーブ油        大さじ 1
     

【作り方】
   1.しめ鯖を細く千切りにする。
     玉ねぎを薄くスライスし、(念のため)水にさらす。
   2.ボウルに玉ねぎとしめ鯖を入れ、ポン酢・オリーブ油を
     加えてしばらく置く。
     これを小鉢に盛り、刻んだトマトをトッピングする。
     アクセントとして黒胡椒を振った。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     すぐに出来るのに、抜群の美味しさ
     ”作る手間と、評価は必ずしも比例しない”という教訓の
     通り、しみじみと良い。

     妻も喜んでくれた。


  みんなの“簡単おつまみ”を大募集!
   みんなの“簡単おつまみ”を大募集!




しめ鯖のオニオンソースがけ

shimesaba-onion


 テレビで紹介された”きずしの玉ねぎりんごソース掛け”に触発されて、
市販しめ鯖を買って帰ったが、冷蔵庫にりんごがなかった。
仕方なく、玉ねぎだけを使った甘酢ソースを掛けた。


【材料】           ※レシピは1人分です。 
      
      鯖のきずし            1パック
      玉ねぎ              適量
      市販すし酢            少々
      レモン汁              〃
      ピンクペッパー           〃

      ベビーリーフ           適量


【作り方】
   1.玉ねぎを細かくみじん切りにして塩を当てる。
     しばらく置いてから水気を絞り、すし酢とレモン汁を掛ける。
   2.しめ鯖を皿に盛り、たっぷりの玉ねぎソースを掛ける。
     全体にオリーブ油を掛け、ピンクペッパーを散らせば、出来
     上がり。

【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     りんごがなくてガッカリしたが、なくても味はすこぶる良い。
     サッパリとして、イタリアンの雰囲気もある。 
     大成功!


しめ鯖のおろし和え

shimesaba-oroshi


 近所のスーパーで、しめ鯖(きずし)を買った。
簡単な小鉢料理にしてみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
        
        市販しめ鯖           適量
        大根               〃
        甘酢しょうが           〃
        ポン酢              〃

        三つ葉             少々


【作り方】
   1.大根おろしを作る。
     しめ鯖と甘酢しょうがを適当な大きさに切る。
     ボウルで、しめ鯖+大根おろし+甘酢しょうがを混ぜる、
   2.小鉢におろし和えを盛り、ポン酢を掛けてから刻んだ
     三つ葉を乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     やや味が濃く感じるが、全体的にグッドな一品になった。
     特に”ガリ(甘酢しょうが)”がすごく効いている。

     家族も気に入ってくれた。



ローストビーフのにぎり寿司

roastbeef-sushi


 刺身が苦手な妻と息子のために「ローストビーフの寿司」を作ってみよう。
これだけだとサビシイので、しめ鯖カニ身も使うことにした。

 
【材料】           ※レシピは3人分です。

           ご飯           2合
           すしのこ         大さじ 2強

           ローストビーフ      1ブロック
           しめ鯖          1枚
           千枚漬け         適量
           大葉            〃
           ズワイガニ        脚3本
           マヨソース        適量
           おにぎり海苔        〃
           貝割菜           〃

           わさび          少々
           和からし          〃
           


【作り方】
   1.炊き立てのご飯をボウルに空け、粉末すしの素を振りかけて冷ます。
     市販のローストビーフ塊を薄くスライスし、半分に添付の醤油風味タ
     レに浸けておく。
   2.ダイソーで買ってきた”にぎり寿司作製器”に具材とすし飯を乗せて、
     ギュッと押さえて成型する。
        ・ローストビーフ+和からし
        ・ローストビーフ・タレ漬け+貝割菜
        ・しめ鯖+わさび+千枚漬け
        ・カニ酢+マヨソース   
   3.わさび醤油をつけていただく。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

    うむ、もちろん悪くはないが、極フツーの出来だ。
    苦労対効果(K/P)が著しく悪い。
 
    和牛を使ったというローストビーフはやや固かったし、しめ鯖は塩味が
    やや強かった。
    素直に「ちらし寿司」にすれば良かった。


スモークサーモンとしめ鯖のちらし寿司

smokesalmon-sushi


 刺身が苦手な家族(妻と息子)だが、鯖と鮭が載った「柿の葉すし」
 なら大丈夫。
 そこで、こんなちらし寿司を考えてみた。

【材料】                 ※レシピは3人分です。

       ごはん      1.5合
       ちらし寿司の素  1袋
       胡瓜       1/2本
       煎りゴマ     適量
       甘酢生姜      〃
       
 
       スモークサーモン 適量
       しめ鯖       〃
       卵        2個
       刻み海苔     適量
       貝割れ菜      〃


【作り方】
1.炊きたてのごはんをボウルに入れ、市販の「ちらし寿司の素」を混ぜ
 る。
 うちわで煽いで粗熱を取り、塩もみしたみじん切り胡瓜・煎りゴマ・
 刻み生姜を混ぜ合わせる。
2.深鉢に寿司を盛り、スモークサーモンしめ鯖を並べ、その上に金糸
 玉子・刻み海苔・貝割れ菜を飾る。



【レビュー】 ★★☆  (満点は三ツ星)

 「しめ鯖」はウマイが、鮭(醤油づけにしたが‥)がよくない。
 甘酢に浸けておいた方が良かったかもしれない。
 色々と豪華にトッピングしたのだが、食べたときの満足感がちょっと
 足りなかった。ザンネン。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME | 

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

合いびき肉 イカ ごぼう  豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 豚肉 鶏肉 海老 牛肉 ナス じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン イチゴ バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム  香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ まぐろ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター