鶏ごぼう飯と、きゅうりの味噌ヨ-グルト漬け

takikomi1

takikomi2


「釜めしの素」にごぼうを加えて炊き込みご飯を炊いてみよう。
胡瓜が1本あるので、味噌ヨーグルト漬けの漬物を添える。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

地鶏釜めし」(ヤマモリ)・・・1箱
米・・・2合
ごぼう・・・10センチ
三つ葉・・・適量

胡瓜・・・1本
塩・・・少々

味噌ヨ-グルト
合わせ味噌・・・大さじ2
プレーンヨーグルト・・・大さじ2

     yamamori1


【作り方】
1.この釜飯の素は3合炊き用なので、説明書
に従って、「だし」を大さじ1減らして2合分にし、
炊飯釜に入れた。
ごぼうをささがきにし、水に晒してから加える。
普通に炊飯する。
2.胡瓜を丸のまま塩もみしてしばらく置き、
しんなりしたら水で洗う。
ビニール袋に<味噌ヨーグルト>を作り、胡瓜
を漬けて、半日置く。
水洗いしてから1cm幅に切る。

     takikomi3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

市販の炊き込みご飯の素は、どれもよく似た味だが、
これもよく出来ている。食べやすい。
追加したごぼうも風味を良くした。

胡瓜の漬物は(期待した)粕漬けっぽい香りはなく、
ややガッカリした。


スポンサーサイト

ごぼうハンバーグ

gobou-h1

gobou-h2


ごぼうが残っている。きんぴらにして、ハンバーグに混ぜて焼いて
みよう。
半分は、イタリアンパセリとチーズを入れてみる。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

合いびき肉・・・300g
  (国産牛ひき肉200g+国産豚ひき肉100g)
玉ねぎ・・・1/2個
パン粉・・・適量
卵・・・1個
塩・胡椒・・・少々
ごぼう・・・1/2本
人参・・・適量
醤油・砂糖・・・各小さじ2

ナツメグ・・・少々
イタリアンパセリ・・・適量
ピザ用チーズ・・・適量

フレッシュトマトソース
トマト・・・1/2個
ケチャップ・・・大さじ1
タバスコ・・・少々


【作り方】
1.ごぼうを笹がきにし、水にさらす。
フライパンに油を熱し、ごぼうと人参を
炒め、同割の砂糖・醤油をからめる。
きんぴらごぼう>の粗熱を取る。
玉ねぎをみじん切りし、パセリは細かく
みじん切りにする。
2.ボウルにひき肉その他を混ぜ、基本
のたねを作る。
半分にきんぴらごぼうを混ぜ、残り半分
にはナツメグ・パセリ・チーズを混ぜた。
5センチ径に丸める。

   gobou-h3

2.フライパンに油を熱し、ハンバーグを
焼く。
湯を1/2カップ入れてフタをし、蒸し焼き
にする。
とんかつソースと、フレッシュトマトソース
を掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

牛肉の比率が高い所為か、肉肉しいハンバーグだ。
ごぼうのきんぴらが入った方は、素晴らしく良い風味
がする。大成功。
チーズインのものは、やや平凡だった。

取り分け方式の小さなハンバーグは、家族にも好評。
喜んでくれた。


噂の「とり野菜みそ鍋」を作ってみた

torimiso1


 torimiso2


TVでよく紹介されている石川県の定番調味みそ=「とり野菜みそ
をスーパーでゲットした。
味を見るためにオーソドックスな鍋を作ってみる。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・200gほど
豚しゃぶバラ肉・・・200gほど
白菜、玉ねぎ、人参、水菜、春菊・・・適量
ごぼう、ぶなしめじ・・・適量
豆腐・・・半丁

「とり野菜みそ」(まつや)・・・1袋(200g)
水・・・2.5C(500cc)~
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ1

青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々

     torimiso6


【作り方】
1.土鍋に水+とり野菜みそ+みりん・酒を溶き、
肉、野菜、豆腐を入れて火にかける。
2.やわらかく煮えれば、ネギと七味を掛けて
いただく。
途中、味噌スープが煮詰まってくるので1/2C
(100cc)の水を足した。

     torimiso0


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ネット評を見ると、かなり塩辛いとあったが、恐れるに足らず。
みりんを足して、水の量を増やせばオーケーだ。
(結局、わが家の最適レシピは、味噌1袋に水3C=600cc
だった)

家族にも好評。鶏肉よりも豚肉の方が圧倒的に良かった。
手軽にできた上に、満足した。


豚きんぴらごぼう

kinpira1


ごぼうが残っているので、こんな「ごはんの友」を作ろう。
豚バラ肉も入れてみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ごぼう・・・1/2本
人参・・・適量
豚バラ肉・・・50gほど
赤唐辛子・・・少々

醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1

白ごま・・・適量


【作り方】
1.ごぼうと人参を太い軸に切り、水に晒しておく。
豚肉を細長くカットする。
調味料を合わせておく。
2.フライパンにごま油を熱し、水気を拭いたごぼう
人参、唐辛子を炒める。
豚肉を投入して炒め、調味料を加えて更に炒める。
水気がなくなれば、器に盛り、白ごまを振る。

     kinpira2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

残りもので作ったが、良いじゃないか。
シンプルな味付けで、出来上がりもとてもシンプル。

ごはんのおかずになった。


ごぼう天冷やしぶっかけうどん

goboten


福岡の名物「ごぼう天うどん」をアレンジして、”冷やしぶっかけうどん”
を作ってみる。
ごぼうをパリッと揚げる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

冷凍細うどん・・・2個
市販そばつゆ(ヤマモリ)・・・適量
ごぼう・・・1/2本

天ぷら衣
天ぷら粉・・・大さじ3
水・・・大さじ3

おろし生姜・・・適量
刻みネギ・・・適量


【作り方】
1.ごぼうを水洗いし、太い軸状にカットする。
水にしばらく浸けてアクを取る。
水気を拭き、天ぷら衣をつけて油で揚げる。
2.冷凍麺を2分間ほどレンチンしてから冷水で締
める。
器にうどんを入れ、そばつゆを注ぐ。
上にごぼう天と、おろし生姜・青ネギを乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

いやあ、これは旨い。大成功や!
うどんが冷たくてシコシコしている。
ごぼう天は狙い通り、パリパリで、ごぼうの香りが良い。

温かい”ごぼう天うどん”よりもこっちの方が良いのでは・・。
妻も大絶賛!


鶏ごぼうの柳川鍋

   yana1


鶏肉ごぼうを甘辛く煮て卵とじにする。柳川風の鍋にしてみたい。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1/2枚
ごぼう・・・20cm
卵・・・2個
青ネギ・・・適量

昆布出汁・・・1C
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・少々

黒七味・・・少々


【作り方】
1.ごぼうをささがきにして水に落とす。
鶏肉を一口大に切る。
2.小鍋に出汁と調味料を入れて沸かし、鶏肉ごぼう
煮る。

     yana2

     yana3

最後に溶き卵を回し入れて、半熟になれば蓋をして火を
止める。
刻みネギと黒七味を散らす。

   yana4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

ごぼうの香りが良くて、狙いは良かったが、出汁が
多いのでバランスが悪い。

ごぼうの量をもっと増やし、出汁は半分にすれば
良かった。更に、甘さがもっと欲しい。


キンピラごぼうの八幡巻き  【2017おせち料理】

kin2

kin1


テレビで見かけた「豚ロース肉の八幡巻き」が美味しそうだったので、
おせち料理に作ってみた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚薄切り肉・・・8枚
 (ロースじゃぶしゃぶ肉)
ごぼう・・・20cm
人参・・・適量
白ごま・・・少々

キンピラ用下味
醤油・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ0.5
みりん・・・大さじ0.5
酒・・・大さじ1
一味唐辛子・・・少々

たれ
かつお出汁・・・大さじ4
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ2


【作り方】
1.ごぼうをささがきにして、水に晒す。
人参を細く千切りする。
フライパンにごま油を熱し、ごぼうと人参を炒め、キン
ピラ用下味を加え、からめてから一旦取り出す。

     kin4

2.豚肉を2枚一組にして広げ、上にキンピラごぼう
乗せて、クルッと巻く。

     kin5

フライパンに油を熱し、肉巻き4本を焼く。
たれを注ぎ入れ、とろみが出るまで絡める。
3等分して皿に盛り、白ごまを振る。

     kin7


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うん、当たり前の味だが、かなり上手にできた。
キンピラごぼうの風味が良い。

これはご飯がススムおかず。家族にも好評だった。


手羽中とレンコンの照り煮

teba5

teba2


レンコンとごぼうが残っているので、こんな照り煮を作ってみた。


【材料】      ※レシピは2人分です。 

・手羽中       8本
・レンコン      1本(15センチ)
ごぼう       適量(10センチ)
・モロッコインゲン  2本
・かぼちゃ      適量
・塩・黒胡椒     少々
・いり胡麻       〃

タレ
・練り梅       小さじ 2
・酒         大さじ 3
・みりん       大さじ 3
・醤油        大さじ 2
・砂糖        少々
・ごま油        〃


【作り方】
1.レンコンを縦方向にカットし、ごぼうは斜め切りし、
  どちらも水に浸けてアクを抜く。
  手羽中に塩と黒胡椒を振る。
  鍋に油を熱し、手羽中を焼く。

   teba3

  途中、レンコンとごぼう、インゲン、かぼちゃを加
  え、全体に焼き目が付けば、水を50ccほど入れ
  てフタをし、蒸し焼きにする。

   teba4

2.水分がなくなってくれば、タレを入れて混ぜ、照
  りが出るまで炒める。
  器に盛り付け、ゴマを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

おおっ、これは好きな味。
甘辛味だが、梅の酸味が効いて爽やかだ。
レンコンもごぼうも歯ごたえが良くて、期待通り。
(かぼちゃを入れたために、見た目が悪くなったが・・)

主役の手羽先煮込みが、すこぶる旨い。
妻も喜んでくれた。


秋の炊き込みごはん

takig1

   (甘塩鮭のレモン蒸し)
takig2


鶏・ごぼう・きのこを入れた「炊き込みごはん」を炊いてみよう。
もちろん、新米を使う。 ああ、楽しみだ。


【材料】     ※レシピは3人分です。 

・米         2合
・鶏もも肉      適量
・醤油・酒      少々
 (下味用)
・人参        適量
ごぼう        〃
ぶなしめじ      〃
・えのき茸       〃
・干し椎茸      1枚
・油揚げ       1/2枚
・椎茸昆布だし    2合分
・醤油        大さじ 1.5
・みりん       大さじ 1
・酒         大さじ 1
・塩         少々


【作り方】
1.鶏肉を細かく切り、醤油+酒に浸す。
  ごぼうを笹がきにし、水にさらす。
  人参・干し椎茸・油揚げを細かくみじん切
  りする。
2.炊飯器に洗った米と出汁を入れ、醤油・塩
  ・酒を入れて、所定の目盛りに合わせる。

   takig3

  上に鶏肉・野菜・きのこ・油揚げを乗せて、
  普通に炊く。

   takig4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

どうだろう? 
思ったよりうまく出来たが、80点ほどだろうか?
ちょっと欲張り過ぎた。
ごぼうと油揚げを入れたので、干し椎茸は要らなかった。
もう少し塩を足し、みりんを控えたら好みの味になった。

主菜の「甘塩鮭のレモン蒸し」は、なかなか良くできた。
塩鮭と野菜を酒蒸しし、昆布ポン酢を掛けていただいた。


ごぼ天うどん

goboten-udon


福岡の名物だという「ごぼ天うどん」を作ってみよう。


【材料】      ※レシピは2人分です。 

・冷凍細うどん   2玉
・うどんつゆ    2袋
ごぼう      1/4本
・大葉       2枚

天ぷら衣
・市販天ぷら粉   80cc
・水        70cc

・刻み青ネギ    適量


【作り方】
1.ごぼうを適当な大きさに切り、水にさらす。
  天ぷらの衣を作り、水気を拭いたごぼうと、大葉を油で
  カラッと揚げる。
2.温めたつゆとうどんを器に盛り、天ぷらと青ネギを乗せ
  る。七味を振っていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

もちろん想定内の味で、ウマイ。
ごぼうは下味を付けなかったが、それで正解だった。
うどんつゆの味がしっかりしているので、これで良かった。
     
うまいけれど、なにかが足りないような気が・・。

 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

ハモ キャベツ 豚肉 カニカマ あさり アスパラ 鶏ひき肉 塩さば イカ ナス 鶏肉 梅干 チーズ  サーモン 鶏レバー 海老 ソーセージ 牛肉 小松菜  胡瓜 大根 ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト アボカド 椎茸 大葉 合いびき肉 まぐろ 焼き豚 香草 しらす 明太子 イワシ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 生ハム 長芋 貝柱 かぼちゃ 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ オクラ インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  スナップエンドウ いか リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター