牛ハラミの「ぼっかけお好み焼き」

     harami-b1

harami-b2


豪州産の”ハラミ”を買ったら、やはり?固かった。
どうしたものかと思い、茹でこぼして「牛スジ煮込み」風に甘辛く煮て
みた。
これを使って、長田名物の「すじ焼き」のような粉もんを焼いてみよう。
※「ぼっかけ」とは、牛すじ+こんにゃくを煮込んだ「すじコン」を指す。


【材料】       ※レシピは1人分です。 

・ハラミ甘辛煮     適量
 (ハラミと糸こんにゃくを煮た)

     harami-b3

・たこ焼き粉      1/2Cほど
・水          1/2Cほど
・卵          1個
・天カス        適量
・かつお粉       少々

うまソース      適量
 (ブルドックソース)
・マヨネーズ       〃
・青のり        少々
・七味唐辛子       〃


【作り方】
1.たこ焼き粉があったので、これを使う。
  ボウルに粉+水+卵を入れて、よく混ぜる。
  小さめのフライパンにラードを熱し、生地の2/3
  ほどを流し入れ、上にかつお粉を振る。
  ぼっかけ(ハラミ+こんにゃくの甘辛煮)と天カスを
  乗せ、更に残った生地を回し掛けた。

     harami-b4

2.両面をじっくりと焼き、6等分にカットする。
  上にマヨネーズを塗り、うまソースを掛ける。
  青のりと七味を振ってから皿に盛り、卓上へ。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは、思ったより格段に美味い。
敢えて、キャベツを入れずに粉だけにしたが、イイ感じだ。
青ネギを入れたかったが、冷蔵庫に発見できず(トホッ)。

うまソースは粘度が低く、サラッとしているが、味わい深い。


スポンサーサイト

なんちゃって「どて焼き」


   doteyaki


和食の調理人が「どて焼きもどき」という酒肴を紹介していた。
私は、牛ミンチを牛肉切り落としに替え、茹でたごぼうを加えて
作ってみた。

【材料】           ※レシピは2人分です。 
 
牛肉切り落とし    80gほど
・糸こんにゃく     適量
・ごぼう         〃

白みそダレ
・白みそ        大さじ 2
・酒          大さじ 2
・砂糖         小さじ 1
・柚子胡椒       少々
・醤油          〃

・刻み青ネギ      適量
・七味唐辛子      少々


【作り方】
1.牛肉と糸こんにゃくを3センチ長さ程度にカットする。
  ごぼうを太いささがき状に切り、下茹でしておく。
  フライパンに油を熱し、牛肉・糸こんにゃく・ごぼうを
  炒める。
2.予め合わせていた<白みそダレ>を加え、よく混ぜ
  合わせる。
  ネギと七味を振っていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

かなり甘いが、隠し味の柚子胡椒がよく効いていて、ウマ~イ。
熱燗のアテにピッタリだ。

本来、「どて焼き」は牛すじ肉を煮込んで作る安価な居酒屋メニュ
ーだが、今回は牛肉と”ごぼう”を使っているので、ちょっとリッチだ


豚肉とレンコンのきんぴら

buta-kinnpira1


 冷蔵庫に残っている豚肉・レンコン水煮・こんにゃくを使って”きんぴら”
を作ってみよう。
今晩のメイン料理が焼き魚(塩サバ)なので、副菜として良いだろう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     豚薄切り肉       50g
     レンコン水煮      適量
     こんにゃく       1/3丁
     冷凍インゲン      5本
     赤唐辛子        少々
     白炒り胡麻        〃

     酒           大さじ 1.5
     砂糖          大さじ 1
     みりん         大さじ 0.5
     醤油          大さじ 1~1.5
     

【作り方】
   1.冷凍の豚肉・インゲン・レンコン・こんにゃくを細くカットし、
     軽く茹でる。
     フライパンにごま油を熱し、豚肉と韓国唐辛子を炒める。
     レンコンとこんにゃくを加えてから、調味料を入れて混ぜる。
   2.水分が飛べば、インゲンを加えて白ごまを振る。

     buta-kinnpira2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     ほぼ想定通りの”きんぴら”ができた。
     レンコンのシャキシャキ感と、豚肉の甘さがイイ。
     食材を工夫すれば、色んな”きんぴら”ができそうだ。
    
     「焼き塩サバ」は脂がよく乗っていて、ご飯が進んだ。


糸こんにゃくの明太子和え

itokon-mentai


 明太子が残っているので、簡単な酒肴を作りたい。


【材料】           ※レシピは2人分です。 
 
     糸こんにゃく        1袋
     明太子           1腹(2本)
     オクラ           2本
     酒             大さじ 1
     醤油            少々

     白ごま           適量


【作り方】
   1.糸こんにゃくとオクラを茹で、適当な長さに切り分ける。
     明太子の中身を包丁でしごき出す。
     (1/2本は電子レンジで加熱して輪切り)
   2.フライパンにごま油を熱し、糸こんにゃくとオクラを炒める。
     酒と醤油を振って味を決め、小鉢に盛る。
     炒りごまを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)
     
     ややあっさりとした印象だ。
     悪くはないが、インパクトに欠ける。
     もう少し、ごま油と醤油を多くしてこってりとさせた方が
     よかったか?

     しかし、トッピングした”明太子”が良かった。


もち入りお好み焼き (ちから)

chikara1


 老舗のお好み焼き店には、「ちから」というメニューがある。
餅と(味を付けた)コンニャク、大葉などが入っていると想像するが、今回は
そんな素朴なお好み焼きを焼いてみたい。


【材料】           ※レシピは1人分(2枚分)です。 

     お好み焼き粉           1Cほど
     かつお出汁            1/2Cほど
     卵                1個
     キャベツ             適量
     青ネギ               〃

     豚バラ肉             適量
     餅                2切
     突きコンニャク          適量
     天かす               〃
     
     お好み焼きソース         適量
     マヨネーズ             〃
     かつお粉             少々
     青のり               〃


【作り方】
   1.事前にコンニャクを炊く。小鍋に水とめんつゆを入れ、沸かす。
     そこへ突きコンニャクを入れ、味を見ながら醤油・砂糖・塩を加え
     て5~6分間煮て、一旦冷ます。
     ボウルに生地を練り、キャベツを細く千切りにしておく。

     chikara2

   2.熱した鉄板に油を引き、生地(基本生地+キャベツ+卵+青ネギ)
     を丸く広げ、上に豚肉・(レンジで柔らかくした)餅・味付けコンニャ
     ク・天かすを乗せる。
     両面をしっかりと焼き、ソース・マヨと粉を掛ける。

     chikara3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     思ったより旨くできた。
     餅も良いし、コンニャクがとてもイイ感じだ。

     久しぶりに夕食時、自作のお好み焼きをたっぷりといただいた。
     大好きな”金麦”がススム。やはり、自宅メシは良い。



ごぼうと突きコンニャクのきんぴら

kinpira-gobou1


 ごぼうが残っているので、きんぴらごぼうを作ることにした。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
       
        ごぼう             1/3本
        人参              10センチ
        豚バラ肉            適量
        突きコンニャク          〃
        インゲン             〃
        輪切り赤唐辛子         少々

        酒               大さじ 1
        醤油              大さじ 1
        みりん             大さじ 1
        砂糖              少々
        かつお出汁           大さじ 2          

        白炒りゴマ           適量


【作り方】
   1.ごぼうを太い軸状に切り、水にさらしておく。
     人参とインゲンも同じ大きさに切る。
     コンニャクを軽く茹でて、臭みを取る。
   2.フライパンにサラダ油を熱し、豚肉・ごぼう・人参・こんにゃく
     を入れて炒める。
     ごぼうと人参が太いので、今回は出汁を加えた。
     火が入れば、調味料を加えて、水気がなくなって照りが出る
     まで炒める。赤唐辛子とごま油を少し振る。
   3.最後にインゲンを加えてからめ、鉢に盛る。
     白ゴマを振れば、出来上がりです。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     うむ、惜しい。
     途中までは絶妙なできあがりだったが、食べてみると唐辛子
     のピリ辛がキツイ。
     これを解消するために出汁を足したり、調味料を足したりして
     混乱した。本当に惜しかった。



糸こんにゃくのタラコ和え

itokon-tarako


 酒肴にもなる小鉢の一品を作ってみた。


【材料】           ※レシピは3人分です。

        糸こんにゃく       1袋
        タラコ          中2腹
        ぶなしめじ        1/2パック
        大葉           3枚

        だし汁          大さじ 1
        薄口醤油         小さじ 2
        みりん          小さじ 2


【作り方】
   1.糸こんにゃくを熱湯で茹で、水洗いしてから適当な長さに
     カットする。
     タラコを包丁でしごいて、中身を取り出しておく。
   2.フライパンに油を熱し、しめじを炒める。
     しんなりとすれば、糸こんにゃくを加えて、しっかりと炒める。
     タラコを半分入れてからだし汁と調味料を加え、汁がなくなる
     まで加熱する。
     最後に残りのタラコを加え、よく混ぜてから火を止める。
     小鉢に盛り付け、刻んだ大葉を乗せる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

   うむ、なかなか良く出来た。
   ただ思ったよりさっぱりしないのは、だし汁のせいか?
   でも、妻は喜んでくれた。

   糸こんにゃくを1袋使ったので、大量にできてしまった。(苦笑)
  


ごぼうとコンニャクのきんぴら

gobou-kinpira


 ごぼうが1本残っている。オーソドックスなきんぴらでも、作ってみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。

          ごぼう            1/2本
          人参             10cm
          インゲン           5本
          こんにゃく          適量
          鶏せせり肉           〃
          
          酒              大さじ 2
          醤油             大さじ 1
          砂糖             大さじ 1
          白ごま            少々
          七味唐辛子           〃


【作り方】
   1.ごぼう、人参、インゲン、こんにゃくを同じ大きさの軸状に切り
     分ける。 ごぼうは水にさらし、こんにゃくは一旦塩茹でする。
   2.フライパンにサラダ油とごま油を熱し、細かく切った鶏せせり
     を炒め、次に野菜とこんにゃくを加える。
     火がある程度通れば、酒・醤油・砂糖を加えて、全体をからめ
     ながら水分がなくなるまで炒める。
     最後に白ごまを振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    やや味が薄いかなと心配したが、冷めるうちに味が入ったよう
    で、なかなか美味しくなった。
    脇役の鶏肉とこんにゃくがイイ感じだった。


味噌ちゃんこ鍋

miso-chanko


 「ぼたん鍋」のような、「豚汁」のような”味噌ちゃんこ鍋”を作ってみたい。
さて、どうなるだろうか?


【材料】           ※レシピは3人分です。

          豚切り落とし肉       250g
          鶏せせり肉         適量

          大根            10cm
          人参             5cm
          ごぼう           小1本
          白菜            1/8個
          ほうれん草         1把
          水菜            1把
          ぶなしめじ         1/2パック
          豆腐            1丁
          こんにゃく         適量

          水             4.5C
          鶏ガラスープの素      大さじ 1
          味噌            大さじ 4
          醤油            小さじ 2
          酒             大さじ 3

          青ネギ           適量
          七味唐辛子         少々


【作り方】
   1.土鍋に鶏スープを作り、せせり肉と大根・人参・ごぼうを入れて
     10分間ほど煮る。
   2.味噌その他の調味料を加えてから、野菜類と豆腐を入れ、煮る。
     最後に水菜を載せて、そのままいただく。
     刻んだ青ネギと七味を振る。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    ふむ、こんなもんだろう。
    限りなく”豚汁”に近い。
    鶏せせりの出汁とごぼうの風味が良い。

    最初に味噌味を決めても、野菜から水分が出るので、やや薄味に
    なってしまった。


ごぼう牛丼

gobou-gyudon


 妻から”すき焼き用牛肉”を自由に使って!というお題をもらった。
さて、どうしよう? 息子が好きな牛丼にでもしてみるか。


【材料】                 ※レシピは3人分です。

       牛ロース薄切り肉 300g
       ごぼう      1/2本
       こんにゃく    適量
       おろし生姜    少々

       かつお出汁    1.5C
       酒        大さじ 2
       砂糖       大さじ 1
       みりん      大さじ 2
       醤油       大さじ 3
       めんつゆ     少々

       紅生姜      適量
       七味唐辛子    少々

   
【作り方】
1.ごぼうを笹がきにして水にさらす。
 こんにゃくを細く切ったものと一緒に軽く茹でた。
2.鍋に出汁を作って沸かし、ごぼうこんにゃくをしばらく煮込む。
 出汁の味を見て、めんつゆを少しだけ足した。
 4センチ幅にカットした牛肉を加えて4~5分間煮る。
 最後におろし生姜を入れてから火を止める。


【レビュー】 ★★★  (満点は三ツ星)

 ご飯に乗せると味付けがやや薄く感じるが、なかなか美味い。
 紅生姜と七味唐辛子が良いアクセントになる。

 ごぼうこんにゃくは、狙い通りよく合っている。
 しゃぶしゃぶ用の薄い肉を使ったらもっと美味かった筈だ。

   ※出汁が相当余ってしまった。1カップで良かった。




◇レシピブログのランキングに参加中です。
よろしければクリックしてください。↓↓



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

タラ ちくわ チーズ  豆腐 じゃがいも アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ 厚揚げ 豚肉 ヒラメ カレイ イカ 鶏肉 生ハム トマト キャベツ  アスパラガス 香菜 オクラ 牛肉 しらす 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ  塩さば ニラ 焼豚 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 蓮根 ブロッコリー リンゴ ごぼう まぐろ 水菜 カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜  さつまいも 里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター