鶏と夏野菜の焼きびたし

yakibi


夏野菜をたっぷりと食べたいので、「焼きびたし」を作ってみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1/2枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
小麦粉・・・適量
ナス・・・1本
パプリカ・・・1/2個
かぼちゃ・・・適量
モロッコインゲン・・・4本
厚揚げ・・・適量

つけ出汁
かつお昆布出汁・・・1C
醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1.5
酒・・・大さじ1
酢・・・少々
生姜・・・1片
赤唐辛子…1本分


【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り、塩こうじをまぶして半日置く。
野菜と厚揚げを食べやすい大きさに切り分ける。
かぼちゃとインゲンを軽く塩ゆでし、厚揚げは熱湯を
掛けて油抜きをする。
2.フライパンに油を熱し、小麦粉をつけた鶏肉を焼く。
野菜と厚揚げも一緒に焼く。
鍋に<つけ出汁>を沸かし、焼いた肉と野菜などを
入れる。しばらく煮てから、火を止め冷ます。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏肉が焦げて黒くなってしまったが、味の方は
なかなか良い。
そして、野菜と厚揚げはすべて旨い。
ナスはとろりとし、かぼちゃはこっくりしている。

煮物と南蛮漬けの中間のような料理になったが、
暑い時期には、こんな冷たい料理が良い。
妻も喜んでくれた。


スポンサーサイト

ソーセージと夏野菜の「ぎゅうぎゅう焼き」

     gyu1


最近話題の料理法「ぎゅうぎゅう焼き」をTVで紹介していた。
食べなくても何となく味の想像はできるが、作ってみよう。


【材料】       ※レシピは2人分です。 

・ウインナーソーセージ   3本
・玉ねぎ、オクラ      適量
かぼちゃ、ミニトマト    〃
・マッシュルーム       〃
・ニンニク         1片

・オリーブ油        適量(たっぷり目)
・市販ハーブソルト     少々
 (「ローズマリーチキン」)
・クレージーソルト      〃
・レモン           〃


【作り方】
1.ソーセージと野菜を適当な大きさにカットする。
  かぼちゃはレンジで柔らかくし、ニンニクは半分に
  カットした。
2.耐熱容器に並べ、ハーブソルトとオリーブ油を掛け
  オーブントースターで20分間ほど焼く。
  レモンを絞っていただく。
 
   gyu2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、もっと期待していたんだけど・・。
この料理は、言ってみれば、”焼きアヒージョ”みたいなものだ。
ニンニク・オリーブ油・塩のシンプルな味付けで素材の美味さ
を味わう料理だろう。

今回のお試しでは、塩がやや少なく、オイルがやや多かった。


キャンプ(camp)風 野菜を食べるカレー

camp1


 東京からやってきたカレー専門店「camp」の野菜たっぷりカレーが
大好きだが、その雰囲気を味わえる簡単レシピを紹介していた。
煮込まないカレーなので、10分ほどで出来上がるらしい。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
     
     鶏もも肉        150g
     玉ねぎ・人参      適量
     ナス・ズッキーニ     〃
     ピーマン・パプリカ    〃
     椎茸・トマト・かぼちゃ  〃
     カレー粉        小さじ 1
     昆布水         適量
     塩           少々

   (カレーベース
     市販カレールウ     4片
     (ジャワカレー中辛
     水           300cc~

 
【作り方】
   1.カレールウを包丁で刻み、1.5Cの水に入れる。
     これを電子レンジで1分間ほど加熱し、混ぜると
     カレーベースが出来上がる。
   2.次に肉・野菜を蒸し焼きにする。
     フライパンに油を熱し、鶏肉と玉ねぎ・人参・ナス・
     ズッキーニを炒め、昆布水(水+出汁昆布)と塩
     を加えて1分間ほど蓋をして蒸す。
     次に、ピーマン・パプリカ・椎茸・かぼちゃを投入し、
     蓋をして蒸し焼きにする
   3.最後にトマトを加えて炒め、カレー粉をからめる。
     カレーベースを入れて、全体を混ぜ合わせる。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     全体を混ぜ合わせたので、ビジュアルは汚くなったが、味は
     なかなか良い。家族はスパイシーだね、と口を揃えた。
     (カレーソースがやや濃くなった)
     
     時短クッキングとは言うものの、心配性の私は事前に少し
     下準備をした。
     鶏肉に塩こうじをまぶして2時間ほど置き、火の通りが悪そうな
     人参とかぼちゃは、軽く下茹でした。
     作りだしてから家族が揃うまでに10分間ほど置いたので、その
     間にも野菜に火が通り、シャキシャキ感がなくなり、色がくすんだ。
     
     次回作るとしたら、玉ねぎやピーマン、パプリカなどは混ぜずに
     トッピングしたい。もっと美しくしたい。


     (大阪・梅田「キャンプcamp」の”一日分の野菜カレー”)
       camp2


イワシの天ぷら

iwashiten1

iwashiten2


 スーパーにキレイな”まいわし(真鰯)”が並んでいた。
開いた方のイワシを買って帰り、天ぷらにしてみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 

     イワシ            6尾
     (長崎県産 中羽いわし
     椎茸             3枚
     かぼちゃ           適量
     味付け海苔          2枚

   (天ぷら衣)
     天ぷら粉           1/2C
     水              1/2C強
     マヨネーズ          少々

   (天つゆ)
     めんつゆ           1/4C
     湯              1/2C


【作り方】
   1.イワシを塩水で洗い、水気を拭いてから軽く小麦
     粉をまぶす。
     椎茸かぼちゃを食べやすい大きさに切り分ける。
   2.天ぷら衣を作り、イワシその他を油でカリッとなる
     まで揚げる。
     天つゆか、”山椒塩”に浸けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     心配したイワシだが、思ったよりも数段美味い。
     塩味もバッチリだ。
     山椒塩よりも天つゆの方がウマイなあ。

     妻も喜んでくれた。


かぼちゃの豆乳味噌汁

tounyu-misoshiru


 豆乳と白味噌を使った味噌汁を(初めて)作ってみた。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

     かぼちゃ        適量
     ハム           〃

     かつお昆布ダシ     2C
     無調整豆乳       1C
     白味噌         大さじ 1
     合わせ味噌       大さじ 1
     青ネギ         適量


【作り方】
   1.鍋にかつお昆布ダシを作り、かぼちゃとハムを煮る。
     味噌を2種溶き入れ、最後に豆乳を加えて温まれば
     火を止める。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

     豆乳の味を心配したのだが、何の問題もない。
     全体的に(クリームシチューのように)甘くて美味い。

     かぼちゃはもっと大きくカットした方が良かったか。


マロンかぼちゃの塩煮

maron-kabocha


 スーパーへ行くと色が濃い北海道産「マロンかぼちゃ」を発見。
「栗かぼちゃ」がいつの間にか「マロンかぼちゃ」に変わった?
いかにも甘そうなので、塩だけで煮てみよう。


【材料】           ※レシピは2人分です。 
 
     マロンかぼちゃ      1/8個
     豚肉           適量
     塩・酒          少々


【作り方】
   1.鍋に2/3Cほどの湯を沸かし、塩・酒を加え、
     旨味出しに豚肉を入れた。
     かぼちゃの皮を部分剥きし、乱切りにして鍋に
     そっと入れる。
   2.落としぶたをして、5~6分間煮る。
     すぐに柔らかくなるので、火を止めて冷ます。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     思った通り、すごく甘い。
     ホクホクして、なるほどウマイぞ。

     ただ、湯の量が多かったか? やや水分が多い。
     むしろ”蒸す”方が正解かもしれない。


かぼちゃと茄子の煮もの

kabocha-nasuni


 かぼちゃナスと豚肉を炊いてみようと思う。最近、こんな
和風の小鉢がほしくなる。


【材料】           ※レシピは2人分です。 
 
     かぼちゃ          1/4個
     ナス            1本
     豚バラ肉          適量

     かつお出汁         1C
     醤油            大さじ 1
     みりん           大さじ 1
     塩             少々
     赤唐辛子           〃


【作り方】
   1.かぼちゃナス、豚肉を一口大にカットする。
     フライパンに油を熱し、豚肉・かぼちゃナスを軽く炒
     め、鍋に沸かしたダシに投入する。
   2.落としブタをして6~7分間煮て、火を止める。
     そのまま冷ます。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

     甘辛く煮ただけの野菜だが、なかなか美味い。
     かぼちゃのそこはかとない甘さ、ナスのとろんとした
     食感と風味。

     冷蔵庫で少し冷して食べたが、予想したより倍ほど
     よく出来た。


かぶのそぼろあんかけ

kabu-soboro


 やや大きい”かぶ”が半分残っていたので、簡単な煮ものを考えた。


【材料】           ※レシピは3人分です。 

        大かぶ             半分
        鶏ももひき肉          60gほど

        かつお出汁           1C
        みりん             大さじ 1
        醤油              大さじ 1
        塩               少々
        生姜汁              〃
        水溶き片栗粉          適量


【作り方】
   1.かぶの皮を厚めにむき、一口大に切り分ける。
     鍋に出汁を作り、かぶを入れてしばらく煮る。
     やわらかくなれば、調味料を加えて更に数分煮る。
   2.かぶを一旦取り出し、鶏ひき肉と生姜汁を加え、最後に水溶
     き片栗粉でとろみをつけた。
     かぶを戻し、加熱して火を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    ”かぶ”がやや固く感じるものの味は抜群だ。
    かぶは、すぐに柔らかくなり過ぎるので、早めに火を止めた。
    箸でスッと切れる位の出来栄えだったら、満点だった。


    ※後日、同様に「かぼちゃのそぼろあんかけ」を作った。
     ややとろみが強くなったが、味は素晴らしかった。
     kabocha-soboro



かぼちゃのそぼろあんかけ

kabocha-soboroan


 茹でたかぼちゃに、”肉そぼろ餡(あん)”をかけた小鉢を作ってみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。 
  
        かぼちゃ          1/8個
        豚ひき肉          50gほど
        刻み生姜          1片分
        水             150ccほど
        醤油            大さじ 1
        みりん           大さじ 1
        水溶き片栗粉        適量
       

【作り方】
   1.かぼちゃを適当な大きさにカットし、1Cほどの湯で塩茹で
     する。楊枝で刺して、柔らかくなれば湯を捨てる。
   2.別の小鍋に湯を沸かし、調味料と豚ひき肉、刻んだ生姜を
     加えてしばらく煮る。
     水溶き片栗粉でとろみをつける。
   3.小鉢に茹でたかぼちゃを置き、温めた”そぼろあん”を掛ける。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    おおっ、ウマイじゃないか!
    かぼちゃがほくほくしているし、生姜が効いた肉あんもグッド。

    もう一品欲しくて作った小鉢だったが、大成功。



かぼちゃの塩煮

kabocha-shioni


 かぼちゃが残っているので、カンタンな煮物にしてみよう。


【材料】           ※レシピは3人分です。

        かぼちゃ        1/5個ほど
        豚バラ肉        適量
        
        かつお出汁       1C
        酒           大さじ 1
        塩           小さじ 0.5

        かつおぶし       適量

                 
【作り方】
   1.かばちゃを5センチ角ほどに切り分ける。
     (今回は、皮を削ぎ切りしなかった。そんな気分だっただけ・・)
     豚肉を一度熱湯で茹でて、準備した。
   2.鍋に出汁・酒・塩を沸かし、かぼちゃと豚肉を並べ、落し蓋を
     して、柔らかくなるまで6~7分間煮た。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

    上品な塩味が良い。
    かぼちゃそのものは水っぽくて、余り上質ではなかったが、味付
    けは成功した。
    妻も喜んでくれた。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

海老 豚肉 鶏肉 明太子 ブロッコリー 牛肉 ナス  さつまいも 白菜 大根 ぶなしめじ 塩鮭 人参 ローストビーフ トマト 合いびき肉 椎茸  まぐろ タコ 小松菜 ハム じゃがいも サンマ 胡瓜 もやし イカ ニラ 長芋 アスパラ 豚ひき肉 とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き かぼちゃ パプリカ ちりめんじゃこ  イチゴ ハモ ごぼう アジ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ みょうが 焼豚  サーモン バナナ ソーセージ キャベツ 竹の子 タラ ちくわ チーズ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ 生ハム 香菜 しらす 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 トマト缶 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター