サラダチキンの香味だれ ~熱い油をジュッと掛ける

komidare1


またしてもコンビニの優れもの「サラダチキン」を使って、中華に挑戦。
ユーリンチーに使う香味だれを掛けてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

サラダチキン・・・1/2個
レタス・ベビーリーフ・ミニトマト・・・適量
パクチー・・・1把
くるみ・・・適量

香味ダレ
長ネギ・・・1/4本
生姜・・・1片
ごま油・・・大さじ1.5ほど
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
一味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.チキンと野菜類をカットして準備する。
金属ボウルにみじん切りした長ネギと生姜を入れる。
小フライパンにごま油を熱し、熱々になればネギ・生
姜の上にジュッと掛ける

そこへ醤油などの調味料を加えてよく混ぜる。
2.皿にチキンと野菜を並べ、香味ダレをたっぷりと
かける。上にパクチーとくるみをトッピングした。

     komidare2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

香味ダレの香りがよくて、食欲を刺激する。
チキンもうまいし、野菜もうまい。
パクチーとくるみも効いている。
妻も絶賛。大成功!


スポンサーサイト

牛カルビと豚肉オクラ巻きの焼肉


yaki1

   yaki2

yaki3

yaki4


久しぶりにファミリー焼肉パーティーをしたいが、今回はシンプルな
ものにする。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉(焼肉用)・・・300g
もみダレ
市販ステーキソース・・・適量
アップルジュース・・・適量

オクラ・・・10本
豚バラ薄切り・・・10枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
黒胡椒・・・少々

パプリカ、しいたけ・・・適量

つけダレ
市販焼肉のたれ・・・適量
サムジャン・・・適量

ポン酢・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉には直前に<もみダレ>を掛けて、絡める。
豚肉に塩こうじを塗り、生オクラに巻き付け、ギュッ
と握り、黒胡椒を振る。
野菜を食べやすい大きさに切り分ける。
2.卓上鉄板を熱し、各人肉と野菜を焼き、好みの
タレにつけていただく。

     yaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

タレをつけてから焼いた牛肉。味は良いが焦げやすい
ので、せわしない。
豚肉で巻いた生オクラは、ややレアっぽい状態で
食べたので、マイナス5点。

漬物が美味しかったので、ご飯を山盛り2杯食べた。


しらすと大葉のスペインオムレツ

siras1

  siras2


スーパーで釜揚げの「しらす」をゲット。
簡単なスペイン風?のオムレツにしてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

卵・・・3個
玉ねぎ・・・適量
おろしニンニク・・・少々
しらす・・・1パック
大葉・・・4枚
椎茸・・・1枚
粉チーズ・・・適量
牛乳・・・大さじ1
ガーリックハーブソルト・・・少々
塩・・・少々
胡椒・・・少々

ケチャップ・・・適量
ウスターソース・・・少々
粒マスタード・・・適量


【作り方】
1.卵液を作る。
ボウルに卵を割りほぐし、しらす+刻んだ大葉・椎
茸+チーズ+ミルク+調味料を入れて、混ぜる。
玉ねぎを適当なサイズにカットする。
2.スキレットにオリーブ油を熱し、玉ねぎとおろし
ニンニクを炒める。
卵液を流し入れ、両面をじっくりと焼く。
3.焼けたら6等分に切り分け、しらすをトッピング。
黒胡椒を振り、オリーブ油を掛けた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

なかなか上手くできた。
仮にしらすと大葉がなくても、これは旨いだろう。(笑)
特に玉ねぎと椎茸がイイ感じだ。

そのままでも良いが、ケチャップソースをつけると
更にGOOD!
パンとよく合ったので、食べ過ぎた。


ココナッツミルク味噌ラーメン

cocoramen


カレーに使ったココナッツミルクが残っているので、味噌ラーメンに
入れてみた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

冷凍味噌ラーメン・・・1袋
豚バラ肉・・・適量
キャベツ・・・適量
水・・・200cc
ココナッツミルク・・・100cc
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.冷凍麺を電子レンジで指定時間通りチンする。
鍋に湯を沸かし、豚肉と千切りキャベツをしばらく
煮てからラーメンに添付された”タレ”とココナッツ
ミルクを加えてひと煮たちさせる。
丼に麺を入れ、スープを注ぎ入れて七味を振った。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

マイルドな味で悪くはないのだが、ココナッツミルクの甘さが
勝っている。
青森の名物”味噌カレー牛乳ラーメン”は、ミルクの甘さ+
カレー粉のピリ辛でバランスを取っていた。
豆板醤か、サムジャンでも溶かし入れるべきだった?


パクチー入り三角餃子

pacgyo1

     (パクチーが入らないタイプも作った)
pacgyo2


たまには焼き餃子を作ってみたい。
餡にパクチーを加え、形を三角形にしてみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

餃子の皮・・・20枚
豚ひき肉・・・150g
キャベツ・・・1/8個ほど
長ネギ・・・10センチ
パクチー・・・1把
スクランブルエッグ・・・1個分
おろしニンニク・・・少々
おろし生姜・・・少々
塩・胡椒・・・少々
オイスターソース・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1

酢醤油タレ
酢・醤油・・・適量
ラー油・・・少々

胡麻ダレ
鍋用ごまだれ・・・適量
酢・・・少々
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.ボウルに豚ひき肉を入れ、塩を振って叩きつける
ようにしっかりと混ぜて、粘りを出す。
塩もみしたキャベツ+刻んだネギ・パクチー+炒り
玉子+調味料を加えてよく混ぜ合わせる。
餡を皮に包む。三角錐の形にする。

     pacgyo3

2.フライパンに油を熱し、餃子を並べしばらく焼く。
底に焦げ目がつけば、湯を1/2Cほど注ぎ入れ、
蓋をして水分がなくなるまで蒸し焼きにする。
タレ2種につけて、いただく。
(スイートチリソースが在庫切れなので、胡麻ダレを
用意した)

     pacgyo4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、ちょっとザンネン。
大判の皮はもっちりして、しっかりとし過ぎている。
餡は肉が多くて、味付けはメリハリ不足。
中華スープの素でも入れるべきだったか?

数年ぶりに作ったが、餃子もカンタンじゃない。


春色かつ煮

katuni1

katuni2


若い頃から「かつ丼」よりも、セパレートタイプの「かつ煮」が
好きだ。
残っている菜の花やキヌサヤを加えて、”春のかつ煮”にしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

市販ロースとんかつ・・・大2枚
玉ねぎ・・・1/2個
卵・・・3個
菜の花・・・適量
キヌサヤ・・・適量

丼つゆ
出汁・・・1C
醤油・・・大さじ4
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1


【作り方】
1.菜の花とキヌサヤを塩茹でして用意する。
とんかつを1cm幅にカットし、玉ねぎは串切りする。
卵を軽く割りほぐしておく。(10回ほど溶く)
2.大きなフライパンに丼つゆと玉ねぎを入れて、
しばらく煮る。
とんかつを加えて、蓋をして2分間ほど煮てから、
溶き卵を回し掛け、野菜を乗せて火を止める。

   (シニア夫婦は、1/2枚で充分だ。)
   katuni3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは旨い。とんかつに”甘辛つゆ”がしみ込んで、
良いおかずになる。
分厚いとんかつに、丼つゆの味がよく合っている。

出汁の量がぴったりで、つゆだくにはならなかったが、
大満足。家族も喜んでくれた。


ハムと菜の花のフィットチーネ

fet1


「酒のやまや」で、袋入り生パスタをGETして来た。
和風パスタにして試してみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

生フィットチーネ」・・・1袋(100g)
ロースハム・・・2枚
菜の花・・・適量

オリーブ油・バター・・・適量
おろしニンニク・・・1片分
輪切り赤唐辛子・・・少々
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・少々


【作り方】
1.半生のパスタを約5分間、塩茹でする。
フライパンにオリーブ油・バター・ニンニク・赤唐
辛子を熱し、ハムと塩茹でした菜の花を炒める。
2.茹で汁を加え、パスタを投入する。
塩・胡椒を振り、香りづけの醤油を振って混ぜる。

     fet2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

パスタをしっかりと茹でたので、もっちりとして
思ったより美味い。
シンプルなガーリック醤油風味が菜の花によく
合っている。
この生パスタは使える。


サラダチキンと胡瓜の酢のもの

suno1


副菜として、簡単な酢の物を作る。
コンビニで買ったサラダチキンは優れものだ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

サラダチキン・・・1/2個
胡瓜・・・1本
塩蔵わかめ・・・適量
すし酢・・・適量
梅干・・・1個
炒りごま・・・少々


【作り方】
1.サラダチキンを半分にカットし、手で裂く。
胡瓜を小口切りし、軽く塩もみしてから水洗いし、
絞る。
水に浸して戻した塩蔵わかめ+鶏肉胡瓜
ボウルに入れ、すし酢+刻んだ梅干しで和える。

     suno2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これはもう、間違いない。
チキンが際立ってウマイ。
もっとたっぷりと乗せればよかった。


照り焼きチキン南蛮

terinan1


照り焼きチキンにたっぷりのタルタルソースを掛ける。
宮崎の名物料理「チキン南蛮」をちょっとアレンジした。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
片栗粉・・・適量

照り焼きダレ
醤油・・・大さじ1
ポン酢・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
酢・・・小さじ1

タルタルソース
マヨネーズ・・・大さじ3
プレーンヨーグルト・・・大さじ1
茹で卵・・・1~2個
玉ねぎ・・・適量
ピクルス・・・適量
レモン汁・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々
砂糖・・・少々


【作り方】
1.事前に<照り焼きダレ>と、<タルタルソース>を
準備しておく。
鶏もも肉を広げて、厚さを均一にする。
塩・胡椒を振り、たっぷりの片栗粉をまぶす。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉の皮目の方から焼く。
両面を焼いてから<照り焼きダレ>を入れて絡める。
包丁でカットして皿に盛り、タルタルソースを掛ける。

   terinan2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

粉をつけて揚げ焼きにしてから、タレをからめたので
予想した通り、鶏肉にかなりとろみがついた。
もっとサッパリさせたかったが・・。

やはり、オーソドックスな”チキン南蛮”にした方が
良かったかな。(汗)


しめぶりと昆布じめ鯛のちらし寿司

susi1

   (”しめ鯖”ならぬ、酢で締めた「しめぶり」)
susi2

   (昆布じめした真の刺身)

susi3


酢で締めた”ハマチ”と、昆布じめしたを乗せて、春らしい寿司を
作りたい。
ネタとトッピングをちょっと工夫してみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

刺身・・・10枚
(愛媛県産)
刺身用ハマチ・・・1サク
(千葉県産:天然)
出汁昆布・・・1枚
昆布茶・・・少々
塩・酢・・・適量
菜の花・・・3把
キヌサヤ・・・6枚

すし飯・・・1.5合分
大葉・・・4枚
卵・・・1個
スイートピクルス・・・適量


【作り方】
1.「しめぶり」を作る。
ハマチのサクを10センチ長さに切って、たっぷりの
天然塩を振り、1時間ほど置く。

     susi4

水洗いし、酢と昆布と共にビニール袋に入れて冷蔵
庫に3時間ほど置く。
の昆布じめ」を作る。
出汁昆布を平皿に置いて塩を振り、刺身を並べる。

     susi5

更に塩と昆布茶を振ってクルクルと巻き、ラップに包
んで冷蔵庫に3時間ほど置く。
卵を溶いて片栗粉を足し、錦糸卵を焼く。
2.すし飯を作り、白炒りごまと刻み大葉を混ぜ込む。
皿に盛り、刺身と錦糸卵、塩ゆでした菜の花・キヌサ
ヤなどを飾り、盛り付ける。
思い付きで、刻んだピクルスを散らした。
刺身をわさび醤油につけていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

すし飯が抜群に美味い。
ほんのりと温かさが残って、すし酢の加減も良いので
箸がススム。
昆布じめしたはリッチな味、酢じめハマチはポン酢
を掛けたので、ややワイルド系。

妻も喜んでくれた。大成功。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ




カテゴリー


食材別

鶏肉 香菜 牛肉 オクラ しらす 豚肉 豚ひき肉 菜の花 ハム 胡瓜 ハマチ  ナッツ アスパラガス じゃがいも  塩さば 豆腐 ニラ 焼豚 ヒラメ 大根 スナップエンドウ いか 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ ごぼう まぐろ アボカド 水菜  ベーコン カニカマ ゆりね 合いびき肉 ブリ オイルサーディン  生ハム カニ カリフラワー 海老 ふぐ ソーセージ 塩鮭 ほうれんそう 牡蠣 ピーマン マッシュルーム チーズ サーモン 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 長芋 もやし 缶詰 あさり イカ 納豆 トマト ひよこ豆 椎茸 ひじき キムチ ナス 万願寺唐辛子 アジ かぼちゃ とうもろこし 厚揚げ うなぎ蒲焼き ズッキーニ スモークサーモン ちくわ イワシ ハモ 穴子 合びき肉 バナナ キャベツ しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー 竹の子 かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 鴨肉 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 小松菜 さつまいも  里芋 パプリカ 香草 しし唐 みょうが ハーブ 温泉卵 インゲン ちりめんじゃこ えのき茸 レタス たらこ ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお カレイ フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ ローストビーフ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 わかめ 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 タラ 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 イチゴ 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター