鰻のせいろ蒸し風

unadon1


土用の丑の日に「うな丼」を作る。
福岡県柳川の郷土料理「うなぎのせいろ蒸し」風にアレンジして、
やってみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鰻の蒲焼・・・大1尾
鰻丼のたれ・・・1本
ご飯・・・3人前
卵・・・3個
刻み海苔・・・適量

粉山椒・・・少々


【作り方】
1.デパ地下でゲットした専門店の鰻蒲焼なので、温
めるだけにする。
2つに切り分けてからフライパンに(皮目を下にして)
乗せて焼く。酒を50ccほど注ぎ入れてフタをし、蒸し
焼きにした。最後にタレを回し掛ける。

     unadon2

食べやすい大きさにカットする。
溶き卵に砂糖と塩と出汁を加えて、錦糸卵を作る。
2.ボウルに炊き立てのご飯を入れ、市販のたれを加
えて混ぜる。これを丼に盛り、刻み海苔を散らす。
上にカットした鰻蒲焼と錦糸卵を乗せ、ラップをして1
分間ほど電子レンジでチンする。

     unadon4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ほぼ想定した通りの美味さだ。
鰻が香ばしくてgoodなので、丼はうまい筈。

タレを混ぜたご飯(つや姫)も、ふっくらした錦糸卵も
すべてが良いマッチングだ。
家族も喜んでくれた。


スポンサーサイト

ねぎとろと山芋の彩りちらし寿司

magu-susi1

magu-susi2


思いつくままに夏仕様のカラフルちらし寿司を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

すし飯・・・2人前
まぐろたたき・・・1パック
長芋・・・10cm
青ネギ・・・適量
卵・・・2個
オクラ・・・2本
赤パプリカ・黄パプリカ・・・適量
大葉・・・3枚
茗荷・・・1本
貝割れ大根・・・適量
甘酢生姜・・・適量

わさび醤油・・・適量


【作り方】
1.長芋の皮を剥き、小さいアラレに切る。
まぐろたたきに長芋とネギみじん切りを加えて混ぜ
る。
パプリカと甘酢生姜も同様にアラレに切り、大葉と
茗荷は細く千切りにする。
オクラとパプリカを軽く塩ゆでする。
溶き卵に砂糖と塩を入れて、炒り卵を作る。
炊き立てのご飯にすし酢を加えて、すし飯を作る。
2.器にすし飯を盛り、上に「ねぎとろ」と炒り卵、
オクラ、パプリカ、甘酢生姜等を飾り、刻んだ大葉
と貝割れ菜を散らす。
わさび醤油を掛けて、いただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは良い。出汁昆布を入れて炊いたすし飯が抜群に
うまくて、”ねぎとろ”だけでもモリモリ食えそう。
オクラ・茗荷・大葉・貝割れ菜など薬味が口の中で踊る。

たっぷりの具材が混然一体となって、豪華な味だ
さやつきの枝豆をいれた味噌汁も良かった。

     magu-susi3


オージービーフのガーリックステーキ ~焼肉のたれを使って

ogsteak1


冷たい麺やサラダばかり作っているので、塊り肉が食べたくなった。
安価な豪州産オーガニックビーフを買い求めた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛肉ロースステーキ用・・・1枚(150g)
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・少々
バター・・・適量
ガーリックチップ・・・適量
焼肉のたれ(大阪”もんくたれ”)・・・適量

          monku

ベビーリーフ、レモン・・・適量


【作り方】
1.ステーキ肉を常温に戻し、筋を切って肉叩きで叩く。
塩・胡椒を振り、おろしニンニクを塗る。

     ogsteak2

2.フライパンに油を入れ、冷たい状態で肉を入れる。
弱めの中火でじっくりと両面を焼き、最後にバターと
焼肉のたれ、ガーリックチップを加えて、焼き目を付け
て取り出す。アルミホイルに包んで、しばらく置いた。
食べやすい大きさにカットしてからカッティングボードに
盛る。

     ogsteak3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やわらかくて、なかなかウマイ。
筋っぽくないし、パサついてもいない。
高温になり過ぎないように、注意して焼いたのが良かった
のか?
妻も「やわらかくて、おいしい」と、喜んでくれた。
パンとサラダだけのシンプルな夕食だったが、満足した。


台湾の屋台風「ネギ餅」

negimo1


業務スーパーで台湾屋台グルメの「葱抓餅」(冷凍)を発見。
いわゆる薄いパイ生地のようなネギ餅だ。
プレーンタイプと、溶きをかぶせた物の2種を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

冷凍ネギ餅・・・2枚
・・・1/2個分
スライスチーズ・・・1枚
ごま油・・・少々
醤油・・・適量

       negimochi


【作り方】
1.フライパンを熱し、油を引かずに冷凍のネギ餅
を焼く。両面に焼き目がつけば、取り出す。
プレーンで食べるものは、フライ返し等で挟み込んで
クシャクシャにする。(これが”抓=つねる”だ)
2.フライパンにごま油を熱し、溶きを広げ、上に
チーズを置き、更に焼いたネギ餅をかぶせる。
しばらく焼いてから裏返し、クシャクシャ作業。
食べやすいように、切り分けた。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

味にクセがないので、食べやすい。
をかぶせたものは、焼き過ぎたせいか、ふっくら感
が不足して、良さが出ていない。
個人的にはプレーンタイプが好きだ。

よだれ鶏」とよくマッチした。

     negimo2


さっぱりポン酢の「よだれ鶏」

yodare1


ピリ辛で食欲をそそる中華前菜「よだれ鶏(口水鶏)」を作ってみよう。
タレには好物のポン酢を使う。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏むね肉・・・1枚

ピリ辛タレ
ゆで汁・・・大さじ2
ポン酢・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
ごま油・・・小さじ2
酢・・・小さじ2
ラー油・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ2
豆板醤・・・少々
炒りごま・・・小さじ1
おろしニンニク・・・1片
おろし生姜・・・1片

トマト・・・1/2個
胡瓜・・・1/2本
ピーナツ・・・適量
三つ葉・・・適量


【作り方】
1.鍋にチキンスープを沸かし、皮を取り除いた鶏肉
を沈め、青ネギ・生姜皮を加える。
10分間程茹で、そのままスープにつけたまま、粗熱
を取る。
冷めたら薄くスライスして冷蔵庫で冷やす。
胡瓜とトマトを薄くスライスする。
ピリ辛タレ>を混ぜ合わせる。
2.器に野菜を敷き、鶏肉を載せる。
タレを掛け、砕いたピーナツと刻んだ三つ葉を散らす。

     yodare2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うーむ、鶏肉はしっとりジューシーにできたが、タレが
ややぼんやりしている?
茹で汁は要らなかったかも知れない。

トマトと胡瓜がよく合っていたので、妻は喜んでくれた。


焼肉の春巻と、とうもろこしの春巻

haruma1

    haruma2


神戸の立ち飲み居酒屋で食べた変わり春巻を思い出して、2種の春巻を
揚げてみる。
本来は酒のツマミだが、ご飯にも合うだろう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

春巻の皮・・・中10枚
牛肉切り落とし・・・100gほど
玉ねぎ・・・適量
大葉・・・3枚
スライスチーズ・・・2枚
焼肉のたれ(大阪「もんくたれ」)・・・適量

とうもろこし・・・1/2缶
枝豆・・・適量
マヨネーズ・・・適量
塩・胡椒・・・少々
スライスチーズ・・・2枚

ペッパーソルト(塩+黒胡椒)・・・適量
チリケチャソース(スイートチリ+ケチャップ)・・・適量
レモン・・・適量


【作り方】
1.<焼肉の春巻>を作る。
フライパンに油を熱し、串切りした玉ねぎをしんなりするまで
炒め、和牛薄切り肉を入れ、炒める。
市販の焼肉のたれを加えて混ぜ、粗熱を取る。
春巻の皮を斜めに広げ、大葉+焼肉+チーズを乗せて巻く。

     haruma4

2.<とうもろこしの春巻>を作る。
ボウルに缶詰のとうもろこしと茹でた枝豆を入れ、マヨネー
ズと塩・胡椒で味を付けて混ぜる。
春巻の皮を広げ、豆とチーズを乗せてくるくるっと巻く。

     haruma5

3.油でカリッと揚げ、お好みで塩・ソースを付けていただく。

     haruma3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

焼肉がウマイから、春巻もウマイ。
旨味が強いので、ご飯よりもやはりビールの方が
合うかな?
とうもろこしの方も、甘くてリッチな味だ。

私は、塩やソースをつけずにレモンだけ絞った。
家族も喜んでくれた。



彩り冷やし中華

irodori1


残っている肉と野菜を使って、サラダ感覚の冷やし中華を作る。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

チルド冷やし中華・・・1袋(2人前)
日清:中華風涼麺しょうゆだれ
牛肉・鶏肉・・・適量
レタス・玉ねぎ・トマト・人参・小松菜・茗荷・・・適量
刻みネギ・・・適量
めんつゆ、すし酢・・・適量


【作り方】
1.牛しゃぶ肉を熱湯でしゃぶしゃぶし、水を絞って
市販”めんつゆ”を振りかける。
鶏むね肉の茹で鶏を用意する。
野菜を千切り、小松菜は塩ゆでし、千切りした人参
を塩もみする。茗荷と小松菜・人参をすし酢に浸けた。
2.麺を指定時間より早く引き上げ、冷水で締める。
皿に盛り、タレをからめ、上に肉と野菜を配置する。

     irodori2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ハムもキュウリも錦糸卵もカニカマもないが、かなり
美味くできた。
特に牛肉、レタス、トマトが良かった。

タレが濃厚なので、サラダ風の生野菜がマッチした。


小松菜と卵の肉吸い

nikusui


牛小間切れ肉を使って、浪花名物「肉吸い(にくすい)」を作り、TKG
(卵かけごはん)に合わせる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

市販うどんつゆ・・・1袋
和牛切り落とし・・・50gほど
玉ねぎ・小松菜・・・適量
卵・・・1個
刻みネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.牛肉と玉ねぎ・小松菜を食べやすい大きさに切る。
鍋にうどんつゆを温め、牛肉と野菜を入れ、アクを取る。
生卵を割り入れて、しばらく煮る。
2.器に盛り、ネギを散らす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

うまくない訳がない。身も心も温かくなる。
牛肉の甘い香りと小松菜のシャキシャキ歯触りの
コンビネーション。そこにプルンとした卵だ。

大満足のお手軽ランチ。


チキンのパイヤール 

paiya1

paiya2


「マーサの楽しい料理教室」で紹介されたシンプル・メニューを作ってみよう。
パイヤールとは、子牛や鶏肉などを薄くなるまで叩き、焼いたり、茹でたり
する料理を指すらしい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏むね肉・・・1.5枚
塩・胡椒・・・少々
クレージーソルト・・・少々
オリーブ油・・・大さじ1
バター・・・大さじ1

マスタードドレッシング
赤パプリカ・胡瓜ピクルス・・・適量
黒オリーブ・グリーンオリーブ・・・適量
オリーブ油・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・大さじ1
粒マスタード・・・小さじ1
砂糖・・・少々
塩・胡椒・・・少々
レモン汁・・・適量


【作り方】
1.鶏むね肉の皮を取り除き、横方向に薄くスライスする。
合計7枚ほどできた。
これをラップに挟んで、肉叩きで叩いて6ミリ厚ほどに薄く
延ばす。
マスタードドレッシング>を合わせておく。
2.鶏肉の両面に塩・胡椒・クレージーソルトを振り、オリー
ブ油を塗ってマリネする。

     paiya3

フライパンにオリーブ油とバターを同量熱し、肉を焼く。
表面がカリッとすれば皿に盛り付け、<マスタードドレッシ
ング>を掛けていただく。

     paiya4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

シンプル過ぎるので心配したが、好きな味だ。
鶏肉の塩加減が丁度よくて、思い付きで作った
ドレッシングがさっぱりしてデリシャス。

冷たいトマトのサラダ(玉ねぎ・大葉・レモン汁・
オリーブ油・塩・胡椒)も爽やかでよかった。


鶏と夏野菜の焼きびたし

yakibi


夏野菜をたっぷりと食べたいので、「焼きびたし」を作ってみる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1/2枚
塩こうじ・・・大さじ1ほど
小麦粉・・・適量
ナス・・・1本
パプリカ・・・1/2個
かぼちゃ・・・適量
モロッコインゲン・・・4本
厚揚げ・・・適量

つけ出汁
かつお昆布出汁・・・1C
醤油・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1.5
酒・・・大さじ1
酢・・・少々
生姜・・・1片
赤唐辛子…1本分


【作り方】
1.鶏肉を一口大に切り、塩こうじをまぶして半日置く。
野菜と厚揚げを食べやすい大きさに切り分ける。
かぼちゃとインゲンを軽く塩ゆでし、厚揚げは熱湯を
掛けて油抜きをする。
2.フライパンに油を熱し、小麦粉をつけた鶏肉を焼く。
野菜と厚揚げも一緒に焼く。
鍋に<つけ出汁>を沸かし、焼いた肉と野菜などを
入れる。しばらく煮てから、火を止め冷ます。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

鶏肉が焦げて黒くなってしまったが、味の方は
なかなか良い。
そして、野菜と厚揚げはすべて旨い。
ナスはとろりとし、かぼちゃはこっくりしている。

煮物と南蛮漬けの中間のような料理になったが、
暑い時期には、こんな冷たい料理が良い。
妻も喜んでくれた。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ

powered by レシピブログ

カテゴリー


食材別

うなぎ蒲焼き 長芋 まぐろ 牛肉  鶏肉 とうもろこし 小松菜 かぼちゃ パプリカ イカ 胡瓜  ちりめんじゃこ ナス 豚肉 イチゴ ハモ 合いびき肉 ごぼう 豚ひき肉 アジ ローストビーフ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ 海老 じゃがいも 焼豚 みょうが  もやし サーモン バナナ ソーセージ キャベツ ニラ 竹の子 タラ チーズ ちくわ 豆腐 アボカド ベーコン ほうれんそう わかめ ヒラメ カレイ トマト 生ハム 香菜 オクラ しらす 菜の花 ハム  ハマチ ナッツ  塩さば 大根 いか スナップエンドウ 鶏ひき肉 白菜 ブロッコリー 蓮根 リンゴ 水菜 ゆりね カニカマ ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ 塩鮭 牡蠣 ピーマン マッシュルーム 春菊 ぶなしめじ トマト缶 サンマ タコ 缶詰 あさり 納豆 ひよこ豆 ひじき 椎茸 キムチ 万願寺唐辛子 ズッキーニ イワシ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく 鶏レバー かますご 貝柱 牛ひき肉 大葉 長いも 甘納豆 かぶ りんご 明太子 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ さつまいも 里芋 香草 しし唐 ハーブ 温泉卵 インゲン えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー ぶり きずし 松茸 梅干 砂ずり ラム肉 かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 サバ缶 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 焼き豚 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター