FC2ブログ

イサキの唐揚げ ~おろし天つゆにつけて

isaki1

isaki2

   isaki4


白身魚の唐揚げを作りたくて、デパ地下の鮮魚コーナーを物色。
長崎県産の天然イサキを発見した。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

イサキ(三枚おろし)・・・1尾分
塩、酒・・・少々
小麦粉・・・適量
しし唐、パプリカ・・・適量


めんつゆ・・・60cc
水・・・100cc
大根おろし・・・50ccほど
刻みネギ・・・適量
おろし生姜・・・1片分
七味唐辛子・・・少々

   isaki3


【作り方】
1.イサキを削ぎ切りにして、塩と酒を振って
しばらく置く。
水気を拭いてから小麦粉をつけて油で揚げる。
しし唐とパプリカを素揚げする。
2.小鍋に麺つゆと水を入れて沸かす。
火を止め、大根おろしとネギ・生姜を混ぜる。
イサキ唐揚げをおろし天つゆに浸けていただく。

※「あさりの炊き込みご飯
  (市販炊き込みご飯の素、米、油揚げ)

   isaki5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

揚げたてのイサキは身が淡白で、なかなかウマイ。
温かい天つゆに浸すと、おかずになる。
炊飯器で普通に炊いた「あさりの炊き込みご飯」も
イイ感じで、家族に好評。

イサキは1尾買ったが、3人で分けると少なかった。


スポンサーサイト

海老とニラのチヂミ

ebi-chi1


神戸のグロサリーで見つけた「海鮮チヂミの粉」。
さて、どんな味だろう。


【材料】    ※レシピは3人分(2枚分)です。 

徳山物産「海鮮チヂミの素」・・・1袋
 (チヂミ粉150g、海鮮ダシ40g、たれ1袋30g)
水・・・150cc

むき海老・・・20尾ほど
豚バラ薄切り肉・・・100gほど
ニラ・・・3把
人参・・・1/2本
玉ねぎ・・・適量
ごま油・・・適量

ポン酢・・・適量
サムジャン・・・適量
白ごま・・・少々

     ebi-chi2


【作り方】
1.むき海老をよく洗い、少し茹でておく。
ニラ・人参・玉ねぎを同じサイズになるよ
う、千切りにする。
チヂミ粉、海鮮ダシ、所定の水を加えて
練り、野菜を加える。
2.フライパンにごま油を熱し、1枚には
海老を乗せ、1枚には豚肉を乗せてしっ
かりと焼く。
包丁で切り分け、添付のたれ、または
ポン酢+サムジャンにつけていただく。

   ebi-chi3


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、味は良いのだが、生地がもったりする。
もう少し薄くして、油をたっぷり注ぎ、揚げ焼きにすれば
良かった。

海老とにらの香りが生地とたれの味に隠れてしまった。


チーズオムカツライス

omkatu1


ライスの上にチーズオムレツをかぶせ、市販のカツを乗せる。
週末のランチはこんなものでイイだろう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

市販チキンカツ・・・1枚
・・・1個
塩・胡椒・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量
ご飯・・・1人前
とんかつソース+ケチャップ・・・適量
レタス、ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.カツをオーブントースターで温め、1センチ
幅にカットする。
小フライパンに油を熱し、溶いた(塩・胡椒)
を流し入れチーズを散らす。
皿にご飯を盛り、チーズ入り焼きを被せる。
2.上にカツを置き、ソースをたっぷりと掛ける。
横にサラダを添えた。

   omkatu2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

なるほどそうか? 
チキンライスやドライカレーをベースにした時の
ような程よい塩味がない。
白ご飯は素っ気ない。

デミソースを溢れるくらい掛けたら良いのだが・・。(汗)


ヤリイカの酒肴2品 ~バター炒めと生姜煮

   (ヤリイカと椎茸のバター炒め)
yariika1

   (ヤリイカの生姜煮)

yariika3

yariika2



鮮魚店で安価な子ヤリイカをゲットした。さて、簡単な酒のアテ2品を
作ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ヤリイカ・・・中7杯
塩・酒・・・適量

バター炒め
椎茸・・・3枚
バター・・・大さじ1
香りソルト・・・少々
黒胡椒・・・少々
韓国唐辛子・・・少々
レモン・・・適量

生姜煮
生姜・・・1片
酒・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
めんつゆ・・・大さじ0.5
砂糖・・・少々


【作り方】
1.ヤリイカを掃除し、骨を抜く。
鍋に湯を沸かし、塩と酒を加え、イカ
軽く茹でてから水に落とす。
水気を拭き、2センチ幅にカットする。
2.<ヤリイカのバター炒め>を作る。
フライパンにバターを熱し、スライスした
椎茸とイカ半分を炒める。
塩・胡椒を振って、手早く皿に盛る。
3.<ヤリイカの生姜煮>を作る。
鍋に酒・醤油・みりんと千切り生姜を熱
し、イカ半分を入れる。
3~4分間ほど煮て火を止める。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ヤリイカのバター炒めは、風味がよく、イカもやわらかくて
思った以上にGOOD。
韓国唐辛子とレモン汁もよく合っていた。

和風の生姜煮はやや甘みが不足して濃く感じたが、家族
はご飯のおかずに合うと言った。
わたしは酒肴のつもりなのだが・・・。


野菜の肉巻き~すき焼き風

sukini5

sukini2


簡易なすき焼きを作りたいが、鉄鍋を使わずに作ってみよう。
やわらかい牛肉で野菜を巻く。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

A)肉巻き焼きチーム
すき焼き用牛肉・・・250g(12枚)
えのき茸、人参、春菊・・・適量
エバラすき焼きのタレ・・・適量

B)野菜すき煮チーム
水菜、椎茸、玉ねぎ・・・適量
豆腐・・・1丁
割り下
醤油・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ1.5
酒・・・少々
昆布出汁・・・1C

   sukini4


【作り方】
1.牛肉2枚を一組にして、まな板に縦に置
き、千切り人参・えのき・春菊を巻く。
これを6本作る。

   sukini3

小フライパンに油を熱し、肉巻きを中火で
転がしながら焼く。
最後に市販すき焼きタレを掛けて、絡める。
2.野菜と豆腐を割り下で煮込む。
鍋に割り下の材料を沸かし、カットした野菜
と豆腐を入れて、10分間ほど煮る。

   sukini6

最後に肉巻きを鍋に入れて温め、半分に
切ってから器に盛り付ける。

   sukini1


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

「美味しんだけど、すき焼きの醍醐味はないよね。」
これが家族の一致した意見だった。
寒くなったこの季節、やはりぐつぐつと煮えた鍋の方が
良かった。

野菜を肉で巻くという工夫も、却って煩わしかった。(汗)


明太子とアスパラ菜のパスタ

mentai-p2

mentai-p1


冷蔵庫に明太子とアスパラ菜があるので、簡単パスタを作った。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

スパゲティ・・・1人前
明太子・・・1本
アスパラ菜・・・1把

バター・・・大さじ1
めんつゆ・・・小さじ1
ケイパー・・・5粒
黒オリーブ・・・3個
レモン汁・・・少々


【作り方】
1.スパゲティを指定時間通リ茹でる。
茹であがる1分前にカットしたアスパラ菜を投入
する。
2.ボウルに明太子、バター、めんつゆ、ケイパ
ー、オリーブなどを入れて、混ぜる。
そこへ茹であがったパスタとアスパラ菜を加えて
和える。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やっぱり、明太子パスタはウマイなあ。
何というか、魚卵+バター+醤油の組み合わせは
黄金のマッチングだ。

今回、遊び心で黒オリーブ、ケイパー、レモン汁を
加えたが、やはり盤石のウマサだった。


海老バターライスのドリア ~クラムチャウダーソースで

ebi-do1


カルディの「クラムチャウダー」を買い求めたが、そのままスープで
飲むだけではつまらない。
ドリアに使うことを思いついた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

ご飯・・・2人前
むきえび・・・20尾ほど
玉ねぎ、人参、インゲン・・・適量
椎茸・・・2枚
バター、塩、胡椒・・・少々

KALDI「クラムチャウダー」・・・1袋(160g)
牛乳・・・50cc
ローリエP、ディル<ホール>・・・少々
ピザ用チーズ・・・適量

     ebi-do2


【作り方】
1.バターライスを作る。
フライパンにバターを熱し、むきえび、カッ
トした玉ねぎ、人参、椎茸を炒める。
ご飯を加えて塩・胡椒を振る。
バターライスを耐熱容器に移す。

   ebi-do3

2.小鍋にクラムチャウダーを空け、牛乳
とむきえび少量を入れて煮る。
これをグラタン皿に掛け、チーズを乗せる。

   ebi-do4

オーブントースターで7~8分間焼く。

   ebi-do5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思った通リにできた。旨い。
海老入りバターライスはウマイし、牛乳で延ばした
クラムチャウダーソースもGOODだ。

スパイスの貢献度は不明だが、大成功!


一口チキンカツ

chi-katu1

chi-katu2


夕食に一口かつを作りたいが、今回は鶏もも肉を使う。
シンプルなものにしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

鶏もも肉・・・1枚(300g)
酒・・・大さじ1
香りソルト、黒胡椒・・・少々

バッター液
卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ2~
水・・・大さじ2
粉チーズ・・・適量

パン粉・・・適量
パセリ・・・適量

・とんかつソース・・・適量
・大根おろし+ポン酢・・・適量
・ケチャップ+スイートチリソース・・・適量


【作り方】
1.鶏肉の皮を取り除き、1センチ幅に
削ぎ切りして、酒をまぶす。
しばらく置いてから香りソルト・黒胡椒を
振る。
バッター液を付け、刻みパセリを混ぜた
パン粉をまぶしてから油で揚げる。
2.とんかつソース、「おろしポン酢」「チ
リケチャソース」を掛けていただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

クリスピーに揚がった鶏もも肉のカツは、むね肉よりも
旨味がしっかりしている。
只、薄く切ると、身が崩れやすいので扱いが難しい。

とんかつソース&チリケチャが基本であるが、おろし
ポン酢も好評だった。


サバの梅みそ煮

saba-miso4


デパ地下の鮮魚コーナーで新鮮な青森県産”真さば”をゲット。
滅多に作らない味噌煮にチャレンジしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

の切身・・・片身3枚
梅干・・・3粒
生姜・・・2片

煮汁
合わせ味噌・・・大さじ2
白味噌・・・大さじ1.5
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1
酒・・・50cc
水・・・150ccほど


【作り方】
1.を水洗いし、熱湯を掛けて霜降りにする。
生姜を千切りにし、梅干を軽くつぶす。

   saba-miso2

2.フライパンに煮汁と梅干を入れて沸かす。
と生姜を入れ、落し蓋をして10分間ほど煮る。

   saba-miso3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

目指したのは、甘くて塩辛くないコクのある味噌味。
煮汁は何度も味見をしながら作った。
結果として、かなり満足のできる「サバ梅みそ煮」ができた。

梅の効果は分からないが、生姜のピリ辛が効いて、ご飯の
おかずになった。家族も喜んでくれた。


えび天津飯

tenshin1

tenshin2


先日作った餡掛けスープたっぷりの天津飯が美味かったので、
再度”むきえび”を使ってやってみた。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

むきえび・・・15尾ほど
インゲン・・・3本
・・・2個
塩・胡椒・・・少々

ご飯・・・1人前

スープ餡
チキンスープ・・・150cc
塩・胡椒・・・少々
醤油、オイスターソース・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量


【作り方】
1.むきえびを水洗いし、塩と酒を振る。
インゲンを塩茹でし、残った湯で海老
茹でる。
小鍋にチキンスープを沸かし、調味料と
海老とカットしたインゲンを入れる。
水溶き片栗粉でとろみを付ける。
2.皿の真ん中に白ご飯を盛る。
小フライパンに油を熱し、溶いて塩・胡椒
を入れた液を注ぎ入れ、半熟状でご飯
の上にかぶせる。
上から<スープ餡>を掛ける。

   tenshin3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

今回もウマ~イ。
シンプルな塩・胡椒味であるが、餡がたっぷりなので
スイスイと食べ進むことができる。

定期的に作りたい経済料理になった。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

大根 ニラ 海老  イカ 牛肉 春菊 明太子 鶏肉  蓮根 豚肉 もやし じゃがいも サンマ ソーセージ  塩鮭 かぼちゃ さつまいも ちくわ 春雨 豚ひき肉 合いびき肉 万願寺唐辛子 トマト缶 ぶなしめじ まぐろ サーモン 長芋 イワシ ラム肉 舞茸 ハマチ 小松菜 椎茸 塩さば 生ハム 豆腐 ナス 焼き豚  ズッキーニ オクラ 海苔 ハモ キャベツ カニカマ アスパラ あさり 鶏ひき肉 梅干 チーズ 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ ごぼう トマト アボカド 大葉 香草 しらす 香菜 アジ ベーコン カレイ ローストビーフ ぶり ブロッコリー サバ缶 牡蠣 貝柱 白菜 人参 タコ ハム とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが バナナ 竹の子 タラ ほうれんそう わかめ 菜の花 ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター