豚しゃぶサラダ ~南蛮だれを掛けて

reishabu-s1


薄切り肉活用メニューとして紹介された一品を作ってみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・200g
塩、酒・・・少々
レタス、人参、パプリカ、ラディッシュ、貝割れ菜・・・適量

南蛮だれ
刻みネギ・・・大さじ1
刻みニンニク・・・小さじ1
刻み生姜・・・小さじ1
醤油・・・大さじ2
酢・・・大さじ2
水・・・大さじ2
ポン酢・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1
赤唐辛子・・・1本分


【作り方】
1.先に<南蛮だれ>を作る。
ねぎ、ニンニク、生姜を刻み、調味料と合わ
せて用意する。
鍋に湯を沸かし、塩・酒を少し加えてからレタ
ス・人参・パプリカをさっと茹でて水気を拭く。
その湯に豚肉を入れて、色が変わるまで茹
でる。
2.大皿に野菜と豚肉を盛り、南蛮だれを掛
ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

水に落とさなかった豚肉は、ほんのり温かくて、甘くて
おいしい。
南蛮だれがやや薄く感じたのは、水を加えるレシピに
したからだ。後でポン酢を足した。

これはご飯のおかずになるサラダである。
暑い夏場にまた作ろう。


スポンサーサイト

海老のコーンフレーク揚げ

ebifly1

ebifly2


サクッとした食感のコーンフレーク揚げを一度作りたいと
思っていた。和洋2種類のソースを用意する。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

無頭海老(バナメイエビ)・・・10尾
塩・胡椒・・・少々
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
コーンフレークス(プレーン)・・・3Cほど

甘長唐辛子、パプリカ・・・適量
レタス、ベビーリーフ・・・適量

ケチャソース(ケチャップ+ウスターソース)・・・適量
おろしポン酢(大根おろし+ポン酢+青ねぎ)・・・適量


【作り方】
1.海老をよく洗い、皮を剥いて背を切り広げる。
軽く塩・胡椒を振り、小麦粉>溶き卵>砕いた
コーンフレークを付けて油で揚げる。
2.ありあわせの野菜を素揚げし、塩を振った。
お好みの”ソース”でいただく。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

一口食べた瞬間、今回の成功を確信した。
衣のコーンフレークがベリー・クリスピーで、海老
下味も的確で、好みである。

妻はケチャップソースを掛けて食べていたが、私は
おろしポン酢が、新鮮な感じで良かった。


レッドカレー照り焼きチキン

red-cc1


レッドカレー風味・ペースト調味料のモニターになった。
とりあえず、照り焼きチキンに使ってみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・200g
塩・胡椒・・・少々
卵・・・1/3個分
片栗粉・・・大さじ2ほど
玉ねぎ・・・適量
レタス、大根、人参・・・適量

スパイシー照り焼きダレ
ペースト調味料・・・大さじ0.5
 (ハウスエスニックガーデン クッキングペースト<レッドカレー味>
醤油・・・大さじ0.5
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ0.5

     redc-spice


【作り方】
1.鶏肉をぶつ切りにし、塩・胡椒を振る。
溶き卵にくぐらせてから片栗粉をまぶす。
玉ねぎも同じ大きさにカットする。
照り焼きダレ>を混ぜ合わせておく。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉の皮を下にして
焼く。皮に焦げ目が付けば裏返し、玉ねぎを加
える。
最後にタレを回し入れて絡め、器に盛る。
黒胡椒を挽いた。

   red-cc2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

モニター商品のスパイシーペーストを少量加えた
だけだが、香りが立って美味い。
ココナッツミルクが入っているので、辛いばかり
ではなく、マイルドな風味だ。
玉ねぎが甘くて、よく合っていた。



   スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


ポテトニョッキのトマトソース

nyokki1


カルディで思わずゲットした「ニョッキ」を使って、簡単なイタリアンの
一皿を作る。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

市販ニョッキ・・・1/2袋
 (カルディ:ポテトニョッキ)
バジルソーセージ・・・1本
玉ねぎ・・・1/4個
小松菜・・・2本
市販トマトソース・・・大さじ4
 (イタリア産:レッドペストソース)
GABANあらびきガーリック・・・少々
粉チーズ・・・適量
トマト、ルッコラ・・・適量

     nyokki2


【作り方】
1.ソーセージ・玉ねぎを薄くカット。
鍋に沸かした熱湯に塩を入れ、ニョッキを3分間
ほど茹でて、浮いてくれば取り出す。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、ソーセージ
玉ねぎ・小松菜を炒める。
塩・胡椒・あらびきガーリックを振る。
トマトソースを加えてからニョッキも入れて、混ぜ
合わせる。
器に盛り付け、粉チーズと刻んだルッコラを振る。

   nyokki5


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

味付けは悪くないと思うが、ニョッキがボリューミーで
もたつく感じ。
少ない目に作ったが、全部は食べ切れなかった。

ショートパスタの方が圧倒的に食べやすい。



スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


ミニッツステーキ ~じゃがバター添え

steak22

steak21


薄い肉を短時間で焼いて食べる「ミニッツステーキ」を作る。
数分で焼き上げるので、この名がついた。


【材料】    ※レシピは2人分です。

牛ももステーキ肉(国産)・・・2枚
塩・胡椒・・・少々
おろしニンニク・・・適量
オリーブ油・・・大さじ1

新じゃがいも・・・小4個
塩・胡椒・・・少々
バター・・・適量
レタス、ルッコラ、ラディッシュ・・・適量

オリーブソース
新玉ねぎ・・・適量
グリーンオリーブ・・・2個
レモン汁・・・小さじ1
オリーブ油・・・大さじ1
塩・胡椒・・・少々


【作り方】
1.牛肉に塩・胡椒し、おろしニンニクを塗ってか
らオリーブ油をまぶして10分間ほど置く。
フライパンにオリーブ油を熱し、牛肉をさっと焼き、
切り分ける。
2.じゃがいもをよく洗い、皮をつけたまま太い
拍子木状にカットして水に晒す。
電子レンジで3分間ほど加熱した。
小フライパンに油とバターを熱し、じゃがいもを
揚げ焼する。最後に塩・黒胡椒を振る。
3.肉とじゃがいもを器に盛り、刻んだ新玉ねぎ
・レモン汁・オリーブ油等で作ったオリーブソー
スを肉に掛ける。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

残念ながらステーキ肉がちょっと固い。
国産牛だが、もも肉であるし、ちょっと焼き過ぎた?
しかし、オリーブソースがサッパリとして、味はgoodだ。

次回は厚い肉を使って、ミディアムレアに焼いてみよう。


鮭の焼きづけ

yakizuke3


魚を素焼きして、甘辛酸っぱいタレに浸ける。
そんな簡単な魚料理に惹かれた。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

生鮭・・・3切
甘長唐辛子・・・3本
パプリカ・・・適量

浸けだれ
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1
生姜汁・・・少々
昆布茶・・・少々


【作り方】
1.鮭の骨を取り除き、3つに切り分けて
魚焼きグリルで、焦げ目がつくまで焼く。
野菜を大きく切り分け、油を熱したフライ
パンで焼く。塩を軽く振る。
バットに<浸けだれ>を作り、魚と野菜
を半日ほど浸ける。

   yakizuke2

2.鮭と野菜を一緒に器に盛る。

   yakizuke1


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思ったより滋味深い味わいの「焼き浸け」になった。
結局、タレに5時間ほど浸け込んだが、丁度良かった。

更にレベルアップするには「すだち」や「かぼす」などの
柑橘系がほしい。


砂肝と小松菜のしょうが炒め

sunagimo11


スーパーで思わず買った「砂肝」を、どう料理しようか?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

砂肝・・・10個ほど
小松菜・・・1把
生姜・・・1片
岩塩・黒胡椒・・・少々
酒・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1


【作り方】
1.砂肝をキレイに掃除し、切れ目を入れる。
下味に岩塩と黒胡椒を振る。
小松菜を5センチ長さにカットする。
2.フライパンに油を熱し、千切りした生姜を
炒める。
香りが出てくれば、砂肝を入れて炒める。
次に小松菜を入れ、軽く塩・胡椒を振る。
最後に酒・醤油を振り、皿に盛る。

   sunagimo12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

砂肝がコリコリして、実にウマイ。
下味が効いていて、生姜の香りもイイ感じだ。

残り半分は、和風の「砂肝の生姜煮」にしてみようか。


大阪「コロンビア8」のレトルトカレー

colo1


   (焙煎カシューナッツとらっきょを加えて)
colo2



一度訪問したいと思っている大阪スパイスカレーの人気店
コロンビア8」のレトルトカレーを見つけた。
どんなスパイスが使われているのだろう?


【材料】    ※レシピは1人分です。 

レトルトカレー・・・1箱
(S&B噂の名店 コロンビア8 大阪スパイスキーマカレー)
ご飯・・・1人前
ゆで卵・・・1個
レタス、ルッコラ、胡瓜、紫キャベツ、スナップエンドウ、そら
    ・・・適量
らっきょ・・・適量

   colo3


【作り方】
1.レトルトカレーを湯せんして温める。
皿にご飯を盛り、トッピング1(香りスパイス)
振り、カレーを掛ける。
更にトッピング2(焙煎カシューナッツ)を振り、
ゆで卵と野菜を飾り付けた。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

すさまじいスパイス感だ。
終始、カルダモンの香りが鼻腔に漂い、鶏ひき肉と
カシューナッツの甘みがかすかにやって来る。
ルッコラなどのサラダを混ぜると食べ易くなった。

かなり前衛的なレトルトカレーだった。


辛味大根そば ~豚ロースの味噌漬け焼きを添えて


karami-d1

   karami-d2

   (神戸「新生公司」の”豚ロースの味噌漬け”を焼いた)
karami-d3


神戸の地産マルシェで、淡路島産の「辛味大根」をゲット。
とりあえず「流水麺そば」の薬味として味見してみよう。
付け合わせは、元町「新生公司」で買った「豚ロースの味噌漬け」を。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

流水麺(そば)・・・1袋(2人前)
市販そばつゆ・・・適量
辛味大根・・・1/2個
刻みねぎ、白ごま・・・適量
刻み海苔・・・適量
練りわさび・・・適量

市販「豚ロースの味噌漬け」・・・2枚
大葉、貝割れ菜・・・適量

     karami-d4


【作り方】
1.辛味大根の皮を剥き、摩り下ろす。
流水麺を冷水で洗い、ザルに盛る。
2.豚肉を常温に戻し、表面の味噌をぬぐい
取る。
魚焼き用グリルで両面を10分間ほど焼く。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

蕎麦がうまい、豚ロース味噌焼きもうまい。
初めて試す辛味大根は、大根おろしの風味がよく、
辛さはマイルドだった。

すべてが美味くて、妻と二人で大満足した。


豚しそ天と、ナス唐揚げ

butaten21


豚ロース薄切り肉を使った「豚天」がテレビで紹介された。
おいしそうだったので、試してみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚薄切り肉(肩ロース+バラ肉)・・・250g
大葉・・・10枚
白ごま・・・大さじ1

豚天の衣
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
水・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
おろし生姜・・・小さじ0.5
塩、胡椒・・・少々

卵・・・1個
小麦粉・・・大さじ4


ナス・・・1本

ナス唐揚げの衣
花椒塩・・・小さじ0.5
片栗粉・・・大さじ1


【作り方】
1.豚肉を5センチ長さにカットし、大葉を細い千切
りにする。
豚肉をボウルに入れた醤油・酒などを混ぜた調味
液に浸ける。
更に卵と小麦粉、大葉、白ごまを入れてよく混ぜる。
フライパンに油を熱し、カラッと揚げる。
2.ナスを乱切りし、花椒塩を振る。
片栗粉をまぶして油で揚げる。

   butaten22


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

やや味が濃いが、ご飯のおかずになる豚天だ。
生姜の風味がどうしても欲しかったので加えた。

思い付きで作った「ナス唐揚げ」は、かすかに花椒の
香りがして気に入った。
レモンを絞ったら、もっとサッパリしただろう。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚肉 海老 鶏肉 ソーセージ 牛肉 サーモン 鶏レバー 小松菜 胡瓜  大根 ナス ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト イカ アボカド 椎茸 大葉 梅干 合いびき肉  まぐろ 焼き豚 アスパラ 香草 明太子 しらす イワシ キャベツ 豆腐 香菜 アジ ベーコン トマト缶 さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり 蓮根 ブロッコリー サバ缶 カニカマ ぶなしめじ ラム肉 牡蠣 チーズ 生ハム 長芋 かぼちゃ 貝柱 豚ひき肉 白菜 塩鮭 人参  タコ ハム サンマ もやし ニラ とうもろこし ズッキーニ 塩さば オクラ 鶏ひき肉 インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ ハモ スモークサーモン 鴨肉 アスパラガス たらこ 厚揚げ 焼豚 みょうが  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ハマチ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 あさり 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 万願寺唐辛子 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 春雨 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん 海苔 ネギ 生クリーム ゆず 舞茸 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター