FC2ブログ

豚とレタスのだししゃぶ鍋 ~生姜の風味を活かして

dasishab1

dasishab2

dasishab3

   dasishab4


朝晩ひんやりする季節になりました。
いつもの豚しゃぶではなく、今晩は「出汁しゃぶ」にしてみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚しゃぶ肉(ロース、バラ)・・・350g
長ねぎ・・・1本
レタス・・・3枚
水菜・・・1束
人参・・・1/2本
えのき茸・・・1/2袋
生姜・・・2片
豆腐・・・1/2丁
細うどん・・・1玉

鍋つゆ
かつお昆布だし・・・5C
酒・・・大さじ3
薄口醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
塩・・・小さじ1.5

ポン酢+そうめんつゆ(1:4)・・・適量
刻みネギ・・・適量
七味唐辛子、柚子胡椒・・・少々


【作り方】
1.レタス、人参などの野菜を5センチ長さの
千切りにする。
長ねぎは斜め切りして水にさらす。
鍋に鍋つゆを作って沸かし、野菜と千切りした
生姜を入れてから豚肉をしゃぶしゃぶして、
野菜を巻いていただく。
お好みで、”そうめんつゆポン酢”に浸ける。

   dasishab5


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

豚肉も千切り野菜も食べ易くて、イイ感じだ。
肉巻き野菜を”そうめんつゆポン酢”に浸けて食べると
アアッ、ウマイ!

個人的には、今回は「生姜鍋」であったが、家族は意識
せずに喜んでくれた。
最後に「締めの細うどん」を作ってみたが、これも好評だ
った。


スポンサーサイト

ひと晩漬けこんだ「鶏の唐揚げ」

torikara11


ずっとやってみたかった実験料理です。
ニンニク醤油ダレに鶏肉をひと晩漬けこんでから揚げる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・1枚分
塩・胡椒・・・少々
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
おろし生姜・・・1片分
おろしニンニク・・・1片分
ごま油・・・小さじ1
卵・・・1/2個分
片栗粉・・・大さじ4ほど

レモン・・・1/2個


【作り方】
1.鶏肉を大きめにカットし、塩・胡椒を
振る。
ボウルに入れ、調味料とニンニク・生姜
、溶き卵・片栗粉を加えてよく揉み込み、
ビニール袋に入れて冷蔵庫に一晩置く。
2.フライパンに油を熱し、一晩漬けた
鶏肉に更に片栗粉をたっぷり付けて揚
げる。
カリッとすれば、皿に盛りレモンを添える。

   torikara12


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

カラッと揚がっていて美味い。
衣のサクサク食感と、下味のニンニク・生姜の
香りが良い。
しかし、塩味が思ったほど効いていない!?

一晩漬けこんでも、塩味は「時間」よりも「量」だ
った。


甘長唐辛子のオイスターソース炒め

amanaga21


甘長唐辛子がたくさん残っている。ごま油で炒めてみよう。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

甘長唐辛子・・・5本
ぶなしめじ・・・適量
豚バラ肉・・・適量
塩・胡椒・酒・・・少々

ごま油・・・小さじ1
オイスターソース・・・小さじ0.5
めんつゆ・・・小さじ0.5
みりん・・・小さじ0.5
七味唐辛子・・・少々


【作り方】
1.甘長唐辛子を縦半分に切り分けて、
種を取り除く。
豚肉としめじを適当な大きさに切る。
2.フライパンにサラダ油+ごま油を熱し、
豚肉、甘長、しめじを入れて炒める。
軽く、塩・胡椒を振り、酒も加える。
最後にオイスターソース他の調味料を
入れて絡める。

   amanaga22


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思い付きで作った炒め物だが、なかなかグッド。
甘長のピリ辛が良くて、家族は「おいしいね」と
ほめてくれた。

そして、主役の甘長より、しめじの方が美味しかった。


牛肉のトマトソース煮 ~きのこの和風パスタと共に

gyu-toma1

gyu-toma2


牛肉とトマトの相性は良い。イタリアンな煮込みに挑戦だ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肉切り落とし・・・200g
塩・胡椒・・・少々
玉ねぎ・・・1/2個
ホウルトマト缶・・・1缶(400g)
ニンニク・・・1片
赤ワイン・・・大さじ2
チキンスープ・・・1/2C
砂糖、ドライバジル・・・少々
生バジル・・・1把


【作り方】
1.先ず、トマトソースを作る。
鍋にオリーブ油を熱し、みじん切りニンニク
を入れる。
手でつぶしたトマト缶を入れて、混ぜながら
10分間ほど煮詰める。
塩と生バジルを加えた。
2.牛肉に塩・胡椒し、玉ねぎを薄く切る。
フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎと牛肉
を炒める。
赤ワインを振ってから、トマトソースを加え、
しばらく煮る。
(トマトソースが少なかったので、チキンスー
プを足した。)
最後に刻んだフレッシュバジルを乗せる。

 ※きのこの和風パスタ
  (ベーコン、ぶなしめじ、マッシュルーム、ニンニク、
   赤唐辛子、昆布茶、バター、醤油)

   gyu-toma3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

かなり良く出来た。
特にトマトソースが濃く、甘くておいしい。
牛肉も和牛切り落としを使ったので、それなりに
良い味わいである。

簡単に作った「きのこの醤油バターパスタ」も
家族に好評だった。


さんまの塩焼き ~きのこの炊き込みご飯と

sanma-s1

sanma-s2


いよいよ食欲の秋、到来。 ぷっくり太った秋刀魚を塩焼きにしてみよう。
MUJIで買った「かしわめし」にきのこを足した炊き込みご飯と共に。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

サンマ・・・3尾
塩・・・小さじ1ほど
大根・・・10センチ
すだち・・・2個
醤油・・・適量


【作り方】
1.サンマを水洗いし、包丁でうろこを取り除く。
水気を拭き、両面に塩を振る。
10分間ほど置いて、水分を拭きとる。
2.予熱で温めた魚焼きグリルにサンマを並べ
片面6分間、裏返して4分間ほど焼く。
皿に盛り、大根おろしとすだちを添える。

 ※無印良品「かしわめし」+ぶなしめじ+人参+三つ葉
   sanma-s3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

一年振りの”さんま塩焼き”はやはり美味い。
脂がほどよく乗っていて、濃厚な旨味がある。
ほろ苦いはらわたも、GOODだ。

MUJIの「かしわめし」は、甘さが勝っていて、
個人的にはもっと出汁の風味と塩味が欲しかったが、
家族には好評だった。


鶏ちゃんピーマン ~生のこどもピーマンを添えて

keichan1

keichan2


岐阜の郷土料理「鶏(けい)ちゃん」を焼いて、生ピーマンと一緒に
食べてみよう。
味噌ダレはオリジナルで、甘めに仕上げる。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏もも肉・・・250g
玉ねぎ・・・1/4個
パプリカ・・・適量
こどもピーマン・・・4本

味噌だれ
赤味噌(カクキュー:味わい味噌たれ)・・・大さじ1
白味噌・・・大さじ1
焼き肉のたれ・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ2
おろしニンニク・・・2センチ
おろし生姜・・・1センチ
豆板醤・・・少々
韓国唐辛子・・・少々


【作り方】
1.鶏肉をひと口大に切り分け、野菜も
カットする。
ボウルに<味噌だれ>を作り、鶏肉
浸け込んで4時間ほど冷蔵庫に置く。
2.フライパンに油を熱し、鶏肉を焼く。
香ばしくなってくれば、玉ねぎとパプリカ
を加えてしばらく炒める。
皿に盛り、生のピーマンを添える。

   keichan3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは旨い。大成功だろう。
かなり甘いのだが、唐辛子のピリ辛もある。
そして、思い付いて添えた「こどもピーマン」が良い。
爽やかな清涼感があって、こってりとした鶏肉
マッチした。
家族も褒めてくれた。


オリーブ油と柚子胡椒の海鮮丼

kaisendon31


和・イタリアン折衷のカルパッチョ風海鮮丼を作ってみたい。
刺身盛り合わせをオイル醤油に浸けてみた。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

刺し身盛り合わせ・・・1パック
 (マグロ、サーモン、鯛、ハマチ、イカ、赤海老

漬けダレ
醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
オリーブ油・・・大さじ2
すだち汁・・・少々
柚子胡椒、わさび・・・少々

ご飯・・・2人分
レタス、ミニトマト、すだち・・・適量
大葉・・・2枚
グリーンオリーブ実・・・2粒

   kaisendon32


【作り方】
1.ボウルに漬けダレを作り、カットした刺身を
30分間ほど浸ける。
レタス、大葉を刻んでおく。
丼にご飯を盛り、レタスを広げ、づけ刺し身そ
の他を並べる。
大葉をトッピングする。

   kaisendon33


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、これは完全にアイデア倒れだ。
づけ刺身と温かい白ご飯とレタスがしっくりと来ない。
むしろ、すし飯の方が合っていただろう。

途中、温泉卵(添付のタレを掛けた)を加えて混ぜて
みたら、断然旨くなった。


居酒屋の牛すじ煮込み

suji-n1


ケンミンショーで、兵庫県民熱愛の「ぼっかけ(すじこん)
が紹介された。
何だか身内を見ているようで、ちょっと気恥しかった。
私が料理を作るきっかけがこの「牛すじ煮込み」だった。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

牛すじ肉・・・200g
こんにゃく・・・1/2枚
生姜・・・適量

煮汁
酒・・・100cc
水・・・50cc
醤油・・・50cc
みりん・・・50cc
砂糖・・・大さじ1
白味噌・・・大さじ1

輪切り唐辛子・・・少々
青ねぎ・・・適量


【作り方】
1.すじ肉を下茹でする。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、すじ肉と生姜の皮
を入れて沸騰させる。
10分間ほど下茹でてから水洗いし、適当な大
きさにカットする。
こんにゃくも一緒に茹でてから細く切る。
2.鍋に<煮汁>を作り、沸かす。
すじ肉とこんにゃくを入れて、中火で15分間ほ
ど煮る。落し蓋をして、焦げないように注意する。

   suji-n2


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

やや濃い味になったが、旨味も濃厚だ。
本当なら30分間以上煮込むべきだろうが、短時間煮た
ものは、その分歯ごたえがあってウマイ。
ご飯に載せても、湯豆腐に載せても、またお好み焼きに
入れても良いだろう。

 ◆ところで、神戸市民は「ぼっかけ」とは云わず、
   「すじこん」と言いますよね。(汗)


海老とイカのかき揚げ

ebiika1

ebiika2


「えびイカミックス」という冷凍シーフードミックスをゲット。
カラッとしたかき揚げを揚げてみたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

冷凍えびイカミックス・・・1袋(165g)
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/2本
三つ葉・・・1束

舞茸・・・1/2パック
すだち・・・2個

天ぷら衣
天ぷら粉・・・150cc
水・・・120ccほど
マヨネーズ・・・大さじ1
塩・・・少々

めんつゆ・・・1/2C
水・・・1C


【作り方】
1.冷凍「えびイカミックス」を解凍し、水洗い
する。
海老イカを1センチ角に切り、玉ねぎと人参、
三つ葉を千切りにする。
2.ボウルに衣を作り、小麦粉をまぶしたえび
イカ+玉ねぎ・人参・三つ葉に加えて混ぜる。
6等分して油でじっくりと揚げる。
舞茸にも衣を付けて揚げる。
鍋に天つゆ(めんつゆ+水)を作る。
天ぷらを器に盛り、すだちを添える。

     ebiika3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

天ぷらの中でも、かき揚げはハードルが高いが、
今回は成功だろう。
パリッと揚がっていて、イカ海老の風味がとても
良い。
天つゆに浸けると、ご飯がススム。
家族も喜んでくれた。


思いつきフライパンパエリア

pae51

   pae52


残っている「サフラン」を使って、フライパン・パエリアに挑戦してみたい。
うまくできたらラッキーという位の実験料理だ。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

米・・・1C
水・・・250cc
鶏肉・・・適量
ハーブソーセージ・・・1本
玉ねぎ、パプリカ、インゲン・・・適量
ニンニク・・・1片
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
塩・・・小さじ0.5
サフラン・・・少々
レモン・・・1/4個


【作り方】
1.鶏肉、ソーセージ、パプリカ、インゲン
をひと口大に切り、玉ねぎ・ニンニクを
みじん切りする。
サフランを計量した水に入れる。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉
ソーセージとニンニク、玉ねぎを炒める。
サフラン入りの水と塩を加え、沸騰させる。
米を入れて3分間ほどゆっくりと混ぜる。

   pae53

パプリカとインゲンを散らし、蓋をして16~
17分間
ほど(弱火で)炊く。
蓋を取って、1分間加熱し、火を止める。

   pae56


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

惜しい。米が少しアルデンテだ。
炊く時間がちょっと短かったようだ。
自分好みに、もっとやわらかくするべきだった。

でも、味は抜群に良かったので次回に期待。


 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

豚肉 鶏肉 万願寺唐辛子 トマト缶 牛肉 ぶなしめじ サンマ まぐろ 海老 サーモン イカ 長芋 蓮根 かぼちゃ 春雨 イワシ ラム肉 舞茸 豚ひき肉 ソーセージ ハマチ 小松菜 椎茸 合いびき肉 塩さば 生ハム 豆腐 ナス 焼き豚  ズッキーニ オクラ もやし 海苔 ハモ キャベツ カニカマ あさり アスパラ 鶏ひき肉 梅干 チーズ  鶏レバー  胡瓜 大根 ヒラメ ごぼう じゃがいも トマト アボカド 大葉 香草 しらす 明太子 香菜 アジ ベーコン さつまいも カレイ ローストビーフ ぶり ブロッコリー サバ缶 牡蠣 貝柱 白菜 塩鮭 人参 タコ ハム ニラ とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ みょうが 焼豚  バナナ 竹の子 タラ ちくわ ほうれんそう わかめ 菜の花 ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カニ カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 春菊 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 穴子 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 かぶ りんご チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 えのき茸 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ サワラ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター