FC2ブログ

鶏スペアリブの唐揚げ ~塩こうじと旨たれ味

torikara61


大好物の鶏唐揚げを、色々な下味で試してみる実験シリーズ


【材料】    ※レシピは2人分です。 

鶏スペアリブ・・・7本
塩こうじ・・・大さじ1
カルディの旨たれドレッシング・・・大さじ2
おろしニンニク・・・少々
黒胡椒・・・少々
片栗粉・・・適量

スイートチリソース・・・適量


【作り方】
1.鶏スペアリブの水気を拭き、包丁でとこ
ろどころ突き刺す。
ポリ袋に鶏肉と塩こうじ・旨たれ・ニンニクを
入れてよく揉み込み、冷蔵庫に一晩置く。
2.黒胡椒を振り、片栗粉をたっぷりとまぶし
てから油で揚げる。
スイートチリソースをつけていただく。

   torikara62


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

思ったより塩味が薄かったが、必殺技のスイートチリ
をたっぷりとつけると、見違えるように美味くなった。

醤油味じゃないので、サッパリ感はあるが、完成度は
まだ低い?


スポンサーサイト

スキレット de モダン焼き

modan1


中華麺が残っているので、モダン焼きを焼いてみよう。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

豚バラ肉・・・50g
キャベツ・・・適量
刻みネギ・・・少々
お好み焼き粉・・・70ccほど
水・・・50ccほど
卵・・・1個
中華麺・・・1/2玉
かつお粉・・・少々

お好み焼きソース・・・適量
マヨネーズ+牛乳・・・大さじ2
練り辛子・・・少々
青のり・・・少々


【作り方】
1.キャベツを千切りにする。
ボウルに生地を作り、キャベツ・ネギ・卵を
入れて混ぜる。
フライパンに油を熱し、生地を丸く流し入れ、
上に麺と豚肉を置く。

   modan2

かつお粉を少し振った。
2.中弱火でじっくりと両面を焼く。

   modan3

合計10分以上焼いてからスキレットに移
し、ソース・マヨミルク・辛子・青のりを掛け
る。

   modan4


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

ふっくらコックリとして、抜群に美味い。
「鶴橋風月」をイメージして焼いた。
分厚い生地を充分に時間を掛けて焼いたのが
勝因のようだ。

味を付けずに乗せただけの中華麺も良かった。


6分ナポリタン

6napo1


神戸北野ホテルの山口シェフが、お手軽なナポリタンを紹介。
スパゲティを予め、水に浸しておく。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

ベーコン・・・2枚
玉ねぎ、ピーマン・・・適量
スパゲティ(1.7mm)・・・1人前
塩・・・適量

オリーブ油・・・大さじ1
ケチャップ・・・大さじ2
ウスターソース・・・大さじ1
焼き肉のたれ・・・大さじ0.5
黒胡椒・・・少々
粉チーズ・・・適量


【作り方】
1.スパゲティを水に浸して、3時間ほど置く。

   6napo2

それを3分間塩茹でする。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、ソーセー
ジ・玉ねぎ・ピーマンを炒める。
ケチャップ・ソース・たれを加えて水分を飛ば
してから、スパゲティを入れて混ぜる。
皿に盛り、粉チーズを振る。

   6napo3


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは予想した以上の出来だ。
プリシコのパスタが美味い。固すぎず、やわらかすぎず
丁度良い。

具材もソースも平凡だが、”焼肉のたれ”が入るため、
やや甘ったるく感じた。
次回は赤唐辛子を加えたい。


さば缶の炊き込みご飯

saba-gohan1


人気の「さば缶」を使った炊き込みご飯を作ってみたい。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

さば水煮缶・・・1缶(160g)
人参・・・1/2本
生姜・・・1片
米・・・2合
水・・・2合分
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
塩・・・小さじ0.5
青ネギ・・・適量


【作り方】
1.人参と生姜を千切りする。
米を研ぎ、炊飯器にセットする。
さば缶の汁と水を(2合の)目盛りまで注ぎ入
れ、鯖・人参・生姜・調味料を加える。

   saba-gohan2


2.普通に炊飯し、ネギを乗せていただく。

 ※芽キャベツのおひたし
   塩茹でした芽キャベツを半分に切り、2倍に薄めた
   めんつゆに浸けた。
   mekya


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

テレビで「さば缶炊き込みご飯」を見た時は、”わあ、うまそう!”
と思ったが、作ってみると、そうでもない。
やや塩味も弱いので、醤油か塩をもっと足すべきだった。
味付きの”さば缶”を使った方が、味がハッキリするかな?

「芽キャベツのおひたし」はほろ苦くて、春の味がした。


袋麺で長崎名物「皿うどん」

saraudon1


イケメンの料理家・寺田君が紹介していた「皿うどん」を作ってみる。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

豚バラ肉・・・50g
キャベツ、玉ねぎ、ニラ・・・適量
カニカマ・・・4本

袋麺(マルちゃん正麺:豚骨醤油)・・・1袋
水・・・500cc
おろし生姜・・・1片分
片栗粉・・・大さじ2ほど
酢、練り辛子・・・適量


【作り方】
1.豚肉と野菜を食べやすい大きさに切る。
鍋に500ccの湯を沸かし、袋麺の麺を1分
30秒ほど茹でてから、フライパンで(たっぷ
りの油で)焼く。
2.フライパンに油を熱し、豚肉と野菜、カニ
カマを炒め、先の茹で汁を入れる。
その中へ添付スープの素、おろし生姜と水
溶き片栗粉を加えて混ぜる。
とろみが付けば、麺の上に掛ける。
好みで、酢と練り辛子を足す。

   saraudon2


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

寺田君が使った「とんこつ味」ではなく、「豚骨醤油」
にしてみたが、予想した通リ美味い。
餡の味がやや濃く感じるが、パリッとした麺のうまさ
が際立った。

量が多かったが、完食してしまった。


ポテトグラタン ~スウェーデン「ヤンソン氏の誘惑」

yanson1

yanson2


スウェーデンでよく食べられる家庭料理だそうだ。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

じゃがいも・・・大2個
玉ねぎ・・・1/2個
塩・・・少々
バター・・・適量
アンチョビフィレ・・・2枚
胡椒・・・少々
生クリーム・・・200cc
粉チーズ・・・大さじ1
パン粉・・・大さじ2


【作り方】
1.じゃがいもの皮を剥き、太目に軸切り
する。皿に乗せ、5分間ほどレンチンした。
玉ねぎを薄切りし、バターで炒めておく。
少しだけ塩を振った。
アンチョビを粗く刻む。
2.耐熱皿にじゃがいもを敷き、玉ねぎ・アン
チョビを乗せ、胡椒を振る。これを繰り返す。
生クリームを回し掛け、上に粉チーズとパン
粉を振る。
ガスグリルで20分間ほど焼く。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

あらら、じゃがいもが固い。
味はミルク感が強くて、かなり好みであるが、
如何せん、固い。
ザンネン。

事前にしっかりと茹でればよかった。


春キャベツの肉巻き ~豚しょうが焼き風

kya1

kya2


季節の春キャベツを使った肉巻き料理を作る。
タレの味は「しょうが焼き」風にしよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

豚ロースしゃぶ肉・・・15枚ほど(250g)
キャベツ・・・1/4個
塩・・・少々
小麦粉・・・適量

たれ
おろし生姜・・・大さじ1
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ2

ベビーリーフ、サラダセロリ、ラディッシュ、ミニトマト・・・適量


【作り方】
1.キャベツを千切りにし、塩を振って揉み、
しばらく置いてから水気を絞る。
<たれ>を混ぜ合わせておく。
2.まな板に豚肉を縦に重ねながら並べ、上に
キャベツを置きクルクルと巻く。小麦粉を振る。
フライパンに油を熱し、肉巻きを焼く。

   kya3

充分に火が通れば脂を拭き、たれを回し掛け
る。

   kya4

粗熱を取り、3センチ幅にカットする。
盛り付けて、たれを掛ける。

  ※じゃがいもと玉ねぎの味噌汁
   娘からプレゼントされた出汁パック(博多 茅乃舎だし)
   を使って、みそ汁を作った。
   kya5



【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

予想したよりも2倍おいしく出来た。
肉もうまいが、キャベツの歯触りも良い。
何よりおろし生姜をたっぷり入れたタレがしっくり来る。

家族も喜んでくれた。
味噌汁も、しっかりとした出汁の味があって好評だった。


「旨たれ」風味のサイコロステーキ

saikoro1

saikoro2


今夜は牛ステーキとパンのディナーにする。
イタリア・プーリア州の赤ワイン(ラベル買い?したルカレッリ・
プリミティーボ
)を出してみよう。


【材料】    ※レシピは3人分です。 

牛肩ロースかたまり肉(豪州産)・・・1本(500g)
カルディの旨たれドレッシング・・・大さじ3ほど
塩・黒胡椒・・・少々
ニンニク・・・2片
市販ステーキソース・・・適量

かぼちゃ、菜の花・・・適量
ベビーリーフ、胡瓜、人参、りんご・・・適量
イタリアンドレッシング・・・適量
 (オリーブ油、レモン汁、塩、砂糖、胡椒)


【作り方】
1.牛かたまり肉を10cmX10cmほどのブロ
ックに分け、肉タタキで叩いてからフォークで
穴をあける。

saikoro3

ポリ袋に肉を入れ、”旨たれ”を加えて揉む。
冷蔵庫に半日ほど置く。
鍋に湯を沸かし、ポリ袋のまま5分間ほど湯
せんする。
2.取り出して、塩少々と黒胡椒を振る。
フライパンにオリーブ油を熱し、スライスした
ニンニクを炒め、肉を焼く。
焼き目がついたら取り出して休ませ、サイコロ
状にカットする。
盛り付けてからステーキソースを掛ける。
茹でたかぼちゃ・菜の花と野菜のサラダを添
えた。

     saikoro4


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

苦心して作ったが、肉が固い。
赤身の肉に見えたが、輸入ロース肉はやはり難敵だ。
如何にマリネしようが、湯せんしようが、ガンコに固い。

おいしいワインの存在が、かすんでしまった。
ザンネン。


きょうのランチは「札幌味噌ラーメン」

miso-ra1

miso-ra4


スーパーの生ラーメン売り場で、「さっぽろ純連ラーメン」を発見。
思わず買ってしまった。


【材料】    ※レシピは1人分です。 

袋入り生ラーメン(菊水:さっぽろ純連みそ)・・・1玉
豚バラ肉・・・適量
白菜、玉ねぎ、人参、もやし、ニラ・・・適量
刻み青ネギ・・・適量
七味唐辛子・・・少々

   miso-ra3


【作り方】
1.熱湯で、生麺を2分間茹でる。
フライパンに油を熱し、豚肉と野菜を炒め、湯
270ccを加える。
2.丼に添付の味噌だれを空け、フライパンか
ら湯を注ぎ入れる。
湯切りした麺を入れ、肉・野菜をトッピングする。


【レビュー】   ★★★ (満点は三ッ星)

これは実によく出来ている。
味噌スープのコクと甘味、中太麺の歯ざわり共
完成度が高い。
野菜の風味も良く、特にもやしのシャキシャキ感
がサイコーだ。

大満足。


リンゴとベーコンのバター炒め

ringo-b1

ringo-b2


気になっていた「リンゴ+ベーコン」のソテーを作ってみる。
パンを添えて、ブランチに。


【材料】    ※レシピは2人分です。 

リンゴ・・・1/2個
ベーコン・・・小5枚ほど
バター・・・小さじ2
粒マスタード・・・少々
シナモンP・・・少々


【作り方】
1.リンゴの皮を剥き、スライスする。
ベーコンも同じ大きさにカットする。
フライパンを熱し、ベーコンを炒める。
カリッとなれば、一旦取り出す。
2.フライパンにバターを熱し、リンゴ
を炒める。
とろりとしてくれば、ベーコンとマスタ
ード、シナモンを加える。


【レビュー】   ★★☆ (満点は三ッ星)

うむ、もちろんすべてが想定内の出来栄え。
悪くはないが、特段驚くこともない。

残ったものを翌朝温めて、トーストに載せて
食べたら、コクがあって良かった。



 | HOME |  »

いらっしゃいませ

こんにちは。
「おやじ食堂」のジミヘンです。
家族のためにおいしい料理を作っています。 さて、今夜のメニューは何でしょう?

おやじ食堂ロゴ


カテゴリー


食材別

鶏肉 豚肉 ベーコン サバ缶 じゃがいも キャベツ 牛肉 もやし りんご 菜の花 蓮根 ぶり まぐろ えのき茸 穴子 イカ チーズ  牡蠣 ソーセージ ハム 塩さば 長芋 ごぼう カニ サワラ かぶ アボカド 大根 海老 ニラ 春菊 明太子  サンマ  塩鮭 かぼちゃ さつまいも ちくわ 春雨 豚ひき肉 合いびき肉 万願寺唐辛子 トマト缶 ぶなしめじ サーモン イワシ ラム肉 舞茸 ハマチ 小松菜 椎茸 豆腐 生ハム ナス 焼き豚  ズッキーニ オクラ 海苔 ハモ カニカマ アスパラ あさり 鶏ひき肉 梅干 鶏レバー 胡瓜 ヒラメ トマト 大葉 香草 しらす 香菜 アジ カレイ ローストビーフ ブロッコリー 貝柱 白菜 人参 タコ とうもろこし インゲン うなぎ蒲焼き パプリカ ちりめんじゃこ イチゴ スモークサーモン 鴨肉 たらこ アスパラガス 厚揚げ みょうが 焼豚 バナナ 竹の子 タラ ほうれんそう わかめ ナッツ  いか スナップエンドウ リンゴ 水菜 ゆりね ブリ オイルサーディン カリフラワー ふぐ ピーマン マッシュルーム 缶詰 納豆 ひよこ豆 ひじき キムチ 合びき肉 しめ鯖 こんにゃく かますご 牛ひき肉 長いも 甘納豆 チンゲンサイ ハタハタ 油揚げ 里芋 しし唐 ハーブ 温泉卵 レタス ホタテ ぎんなん 数の子 チャーシュー きずし 松茸 砂ずり かつお フキ あんこう もち 干し柿 干物 鮭フレーク 中華麺 セロリ  玉ねぎ カシューナッツ かにかま 焼酎 素麺 塩昆布 キクラゲ  うどん ネギ 生クリーム ゆず 枝豆 サバ 牛すじ肉 鶏皮 いかなご 銀杏 すりゴマ 鶏つくね ラー油  カニ缶 冷凍シーフードミックス ししゃも 山菜 ツナ缶 


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


プロフィール

ジミヘン

Author:ジミヘン
サラリーマン時代の単身赴任生活で料理の楽しさに目覚め、以来簡単でおいしい料理作りを続けている。
1999年、メールマガジン「おやじのための自炊講座」を発行し、現在も継続中。
2008年、日労研より単行本「おやじのための自炊講座」を出版し、好評を得る。
関西のお好み焼きをテーマにした兄弟ブログ「関西お好み焼き総研」も運営している。



◇レシピブログのランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。↓↓

ジミヘンの書籍紹介


iPhone版電子書籍「おやじのための自炊講座~おやじの旬魚旬菜」が発売されました!   350円
iphone-ebook1


ジミヘンが書いた男の料理エッセイ「おやじのための自炊講座」    好評発売中!         

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター